2018年12月11日

■【心 de 経営】59 有為の人となって組織戦略の思考を磨く ~ 人間力 9 ~

■【心 de 経営】59 有為の人となって組織戦略の思考を磨く ~ 人間力 9 ~

【筆者紹介】  日本経営士協会理事長 経営士   藤原 久子

 北海道札幌市出身、20年間の専業主婦を経て、会計事務所に約4年半勤務。その後平成元年7月に財務の記帳代行業務並びに経理事務員の人材派遣業の会社を設立し、代表取締役として現在に至る。従業員満足・顧客満足・地域貢献企業を目指し、企業の永続的発展を願う。
 平成22年には横浜型地域貢献企業の最上位を受賞、続いてグッドバランスの受賞により、新聞、雑誌の掲載をはじめ、ラジオやWebTV(日本の社長100・神奈川県社長t v)に出演したりして、各種メディアで紹介されている。





■ ご挨拶
 自社の経営に当たりまして、何かと忙しい経営者に安心して事業に専念してほしいとの想いと、そして忙しい経営者に、私たちからは「もっと心の通いあうサービス提供を」という原点を忘れてはならないと常に考えております。また、「顧客第一主義」と「企業は人なり」の精神を揺るぎないものとして持ち続けることも大切です。

 その信念に「学び」をプラスして更なる人間的魅力を形成してはじめて、従業員やお客様から信頼されるのです。そのためにも、まず自分自身を磨くことが大切です。

 人にはそれぞれ自分なりの生き方があります。経営者様をはじめ、これから経営者として歩み始めるみなさまや経営コンサルタント・士業の気づきや学ぶ機会になれば、これほどに嬉しいことはございません。




 平素、自社おいては、従業員満足・顧客満足地域貢献企業を目指し、「心で経営」を実践し、経営士・コンサルタントとしての専門知識を活用しながら、客観的に現状を認識し、問題発見や解決策の提案や業務改善案・経営戦略への提言など、企業の様々な問題の共有を図りながらアドバイスをしています。


■ 有為の人となって組織戦略の思考を磨く ~ 人間力 9~

 私の現時点の持論ですが、組織力=人間力と考えるがゆえに「死生観」をつかむと「逆境に耐える力」が身につく(~田坂広志ダイジェスト(3)参考)のです。たった一度の人生を変える学びとして例えば老舗ファミリー企業から学ぶ「事業継承」の要諦であります。予測不可能な時代を生き抜くための「教育」と人を通して起きている問題を打破するために企業は何をすべきでしょう

 人と組織の関係が、一方通行~双方向、さらには共創へと向かうベクトルは、顧客と企業・組織の未来を考えながら「志」に真剣にむきあって前進すべきと願っております。

 具体的にはまず「我が身を厳しい環境・境涯に置かなければ志を磨くことはできない」ということであります。日常の心構えや所作をも磨くこと、身を修めること、特に重要なのは自制心・自己抑制の心かと思います。私は、自分を無にして志を高く心構えも合わせて磨いてこそ、志の達成に繫がることができるだろうと考えます。

 人生において、一人一人が理想を掲げ、目標を持って前進します。志を磨くために全身全霊で精進すると思います。それは最も美しい人間の姿かと思います。物事に対する真剣さ、問題意識を持って、向き合う、真剣さ、一生懸命さこそが、多くの人々に感銘あたえ、周りの人々をも突き動かすことになります。

 志の定義の要件を磨き高めてゆくことになります。

 共に生きる、思いやりの精神を持って精進して参りましょう。

「人間力」を語り続けてこの度で9回目を迎えました。私にとりましては「人間力」は永遠のテーマであり、限りないものではありますが、次回を一区切りにし最終回として新春は装いを新たにテーマの一新を図りたく熟考中です。

これまで、拙い文章にも拘わらずご愛読賜りました皆々様に深く感謝の意を申し上げます。また今しばらくは5日号を引き続きご愛読を賜りたく何卒よろしくお願い申しあげます。

■ 【心 de 経営】ブログのバックナンバーを閲覧するには
 下記URLのいずれかををクリックしてください。



【経営コンサルタントの育成と資格付与】
 
since 1951 特定非営利活動法人・日本経営士協会
 
 日本経営士協会は、戦後復興期に当時の通産省や産業界の勧奨を受け、日本公認会計士協会と母体を同じくする、日本で最初にできた経営コンサルタント団体です。
 詳しくは、サイトでご覧下さい。 
    ↓ ↓  クリック

 日本最古の経営コンサルタント団体・日本経営士協会とは
 資格取得についてや入会の手続等
 コンサルタントへの依頼、講師捜しに関する情報
 コンサルタントとして成功するための各種情報
 経営や管理などに関する各種有益情報
 経営コンサルタントによるセミナー
 お問い合わせや入会・資格取得のお申し込み
 会員専用のID/パスワードが必要です


 
  


Posted by 経営士 at 12:01独立起業支援

2015年01月24日

■■起業ビジネスのアイディア創出法1 【独立起業・転職支援】

■■起業ビジネスのアイディア創出法1 【独立起業・転職支援】

 

 これから起業をしたい人、起業をしたけれども経営がなかなか軌道に乗らない人、それが一般企業であっても、経営コンサルタントなど士業であっても、悩みは類似していますし、解決策も類似して、応用が利きます。

 ここでは、イレギュラーな発行となりますが、当ブログで質問に対して、独断と偏見で回答して参ります。参考にしていただければ幸いです。

 独立起業に関する無料相談有料相談をお受けしています。


 【 注 】一部重複掲載することがあります。


 

【質問】起業ビジネスのアイディア創出法1 

 

 起業に当たって、自分のやりたいことと適性などを考えていますが、企業を成功させるためのアイディアをどのように生み出していったらよいのでしょうか?

 

【回答】

 

 新しく事業を創造するには、「ビジネスアイデア」を創出することからはじまります。闇雲に起業したところで、ビジネスが成功するほど生やさしい社会ではありません。 顧客から見て魅力的、かつ競合と差別化できているのかが重要です。

 

 そもそも自分自身が、どんな一体ビジネスをやりたいのかという事業理念を、明確にすることが大事です。理念の実現のためには、まず「ビジネスアイデア」を創出することが重要です。 「ビジネスアイデア」は、事業を持続的に成長させていくうえで、非常に重要です。 「ビジネスアイデア」とは、さまざまな創出パターンが存在しています。

 

 ベンチャー企業には、大企業では成しえない「ビジネスアイデア」を創出し、それを実現することこそが求められています。それでは、新しいビジネスの創造において、「ビジネスアイデア」をどのように創出したいったらよいのでしょうか? 「ビジネスアイデア」の創出方法として、大きな2つの観点に基づいて捉えることができます。 具体的には、「個人的観点」と「社会的観点」といった大きな2つの観点を基に、「ビジネスアイデア」を創出することができます。

 

<続き> J-NET21

 

■■ 士業に特化したセミナー  ←クリック

 コンサルタント・士業のために特化したセミナーが盛りだくさん

 

  


Posted by 経営士 at 12:02Comments(0)独立起業支援

2014年12月22日

■■仕事におけるやりがいの探し方 【独立起業・転職支援】00

■■仕事におけるやりがいの探し方 【独立起業・転職支援】00

 

 これから起業をしたい人、起業をしたけれども経営がなかなか軌道に乗らない人、それが一般企業であっても、経営コンサルタントなど士業であっても、悩みは類似していますし、解決策も類似して、応用が利きます。

 ここでは、イレギュラーな発行となりますが、当ブログで質問に対して、独断と偏見で回答して参ります。参考にしていただければ幸いです。

 独立起業に関する無料相談有料相談をお受けしています。

 【 注 】一部重複掲載することがあります。

 

【質問】仕事におけるやりがいの探し方 

 

 仕事には適性もあるのかも知れませんが、やりがいがいある仕事という観点も重要だと思います。起業に当たって「やりがいのある仕事」、やりがいをどのように探したらよいのでしょうか?

 

【回答】

 

 自分自身の「適性」とは、いったい何をするのが向いているかということで、比較的わかりやすいと思いますが、「やりがい」となると少し異なり、人それぞれより感じ方に差異があります。

 

 そういう意味では「幸せ」と似ているかもしれません。同じ状況にあっても「幸せ、不幸、どちらでもない」と意見が分かれるように、同じ業務をこなしていても、「やりがい」を感じる人と、そうでない人がいるでしょう。

 

 逆に不満すら訴える人がいてもおかしくはありません。どうしてそのような差が出るのでしょう。簡単にいってしまえば、感じ方、感覚の違いによるものですが、本質的には気持ちの持ちようではないかと考えます。ある程度の年齢に達すると、感じ方や感覚を変えることは難しいですが、気持ちの持ちようということであれば、自分の意識で変えることができるはずです。

 

 仕事における「やりがい」とは、本来探すものではなく、見出すものではないでしょうか。過去の仕事のなかにも、そして気乗りがしなかった業務のなかにも「やりがい」は見つけだせるかもしれません。

 

<続き> J-NET21

 

■■ ブログの読み方がわかれば情報通  ←クリック

 ブログの性質を知ると情報の質が上がります。



  


Posted by 経営士 at 12:00Comments(0)独立起業支援

2014年11月24日

■■自分の適性を考える 【独立起業・転職支援】01

■■自分の適性を考える 【独立起業・転職支援】01

 

 これから起業をしたい人、起業をしたけれども経営がなかなか軌道に乗らない人、それが一般企業であっても、経営コンサルタントなど士業であっても、悩みは類似していますし、解決策も類似して、応用が利きます。

 ここでは、イレギュラーな発行となりますが、当ブログで質問に対して、独断と偏見で回答して参ります。参考にしていただければ幸いです。

 独立起業に関する無料相談有料相談をお受けしています。

 【 注 】一部重複掲載することがあります。

 

【質問】自分の適性を考える 

 

 起業を考えていますが、自分がやりたいことと適性ということが一致する必要はあるのでしょうか?

 

【回答】

 

 自分自身の「適性」とは、いったい何をするのが向いているかということで、比較的わかりやすいと思いますが、「やりがい」となると少し異なり、人それぞれより感じ方に差異があります。

 

 そういう意味では「幸せ」と似ているかもしれません。同じ状況にあっても「幸せ、不幸、どちらでもない」と意見が分かれるように、同じ業務をこなしていても、「やりがい」を感じる人と、そうでない人がいるでしょう。

 

 逆に不満すら訴える人がいてもおかしくはありません。どうしてそのような差が出るのでしょう。簡単にいってしまえば、感じ方、感覚の違いによるものですが、本質的には気持ちの持ちようではないかと考えます。

 

 ある程度の年齢に達すると、感じ方や感覚を変えることは難しいですが、気持ちの持ちようということであれば、自分の意識で変えることができるはずです。仕事における「やりがい」とは、本来探すものではなく、見出すものではないでしょうか。過去の仕事のなかにも、そして気乗りがしなかった業務のなかにも「やりがい」は見つけだせるかもしれません。

 

<続き> J-NET21

 

■■ 経営コンサルタントをめざす人が必ず見る情報  ←クリック

 経営コンサルタント歴35年の智恵が凝集されています

 

  


Posted by 経営士 at 12:00Comments(0)独立起業支援

2014年10月27日

■■【独立起業・転職支援】 円満退社と家族の理解

■■【独立起業・転職支援】 円満退社と家族の理解


 これから起業をしたい人、起業をしたけれども経営がなかなか軌道に乗らない人、それが一般企業であっても、経営コンサルタントなど士業であっても、悩みは類似していますし、解決策も類似して、応用が利きます。

 ここでは、イレギュラーな発行となりますが、当ブログで質問に対して、独断と偏見で回答して参ります。参考にしていただければ幸いです。

 独立起業に関する無料相談有料相談をお受けしています。

 【 注 】一部重複掲載することがあります。

 

【質問】起業で最も大切なことは? 


 サラリーマンをしていますが、起業をするのに最も気をつけるべき子とはなんでしょうか?


【回答】円満退社と家族の理解


 起業を目指す場合のみならず、転職する場合においても円満な退職と、家族の理解、それに関わってきたすべての人と、可能な限り良好なコミュニケーションを築くことは大変重要です。


 とくに起業をする場合においては、できるだけ多くの支援・協力者を得ることが、成功を収めるための大きな鍵ともなってきます。協力や支援を得られないまでも、少なくとも悪意を持って邪魔をされたり、足を引っ張られたりすることがないようにだけはしておく必要があります。


  同様に、家族の理解が得られないまま起業をすることは、決して良好なスタートとは言えません。従業員を雇えない起業当初は、実務を手伝ってもらう可能性が高く、また資金的な援助も必要にもなります。事業が軌道に乗ってからも、いざというときにサポートをしてくれるのは家族です。まずは家族の理解を得、進んで協力をしてもらうことが肝要です。


 ◇ 円満退社

 ◇ 家族の理解

 ◇ 良好なコミュニケーション


  出典: J-NET21


■■ 経営コンサルタント体験談を参考にする ←クリック

 経営コンサルタントを目指す人必見の先輩体験談

  


Posted by 経営士 at 12:00Comments(0)独立起業支援

2014年09月17日

■■【独立起業・転職支援】ライフプラン(人生計画)を立てよう

■■ライフプラン(人生計画)を立てよう 【独立起業・転職支援】

 

 これから起業をしたい人、起業をしたけれども経営がなかなか軌道に乗らない人、それが一般企業であっても、経営コンサルタントなど士業であっても、悩みは類似していますし、解決策も類似して、応用が利きます。

 ここでは、イレギュラーな発行となりますが、当ブログで質問に対して、独断と偏見で回答して参ります。参考にしていただければ幸いです。

 独立起業に関する無料相談有料相談をお受けしています。

 【 注 】一部重複掲載することがあります。

 

【質問】自分の生き方と起業 

 

 自分なりのライフプランを考えたいと思いますが、どのようにしたら良いのかわかりません。ご指導ください。


 

【回答】ライフプラン(人生計画)を立てよう

 

 起業とは、転職や新しい職につく以上に、人生にとって大きな転機となり、同時に自分自身をはじめ家族の生活とも密着していきます。男性の場合は、家族の生活がすべてかかってくるケースが多いですが、女性の場合には、結婚、出産、育児、介護など、とくに生活との関わりが大きくなっています。

 

 起業家の場合、売上や収入が入ってきていれば何をしていても誰にとがめられることもありませんが、逆に精神的には24時間365日、仕事に拘束されているといっても過言ではありません。「1日くらいは・・・」と安易に過ごし、仕事を先延ばしにしていては、どこかで行き詰まってしまいます。

 

 しかしながら、健康や、ストレスをためないためには休息を取ることや、余暇を楽しむことも必要です。1日、1週間、1ヶ月、1年と、きっちりと予定を立てることが重要です。もちろん何事も予定通りに進まないのがつねですから、検証をして変更や修正を加えていくことを心がけてください。

 

 「ライフプラン」による人生の設計図と、「ビジネスプラン」による事業の設計図が明確になり一体となったとき、起業家として成功の一歩を踏み出すことができます。

 

 ◇ ライフプランを立てよう

 ◇ 起業家のライフプラン・ワークシート

 

  出典: J-NET21

 

■■ PC利用とインターネット クリック

 意外と知らないで損をしている人が多いのです

 

  


Posted by 経営士 at 12:00Comments(0)独立起業支援

2014年08月20日

■■起業の方向性を考える 【独立起業・転職支援】

■■起業の方向性を考える・障害・リスクを考える 【独立起業・転職支援】

 

 これから起業をしたい人、起業をしたけれども経営がなかなか軌道に乗らない人、それが一般企業であっても、経営コンサルタントなど士業であっても、悩みは類似していますし、解決策も類似して、応用が利きます。

 ここでは、イレギュラーな発行となりますが、当ブログで質問に対して、独断と偏見で回答して参ります。参考にしていただければ幸いです。

 独立起業に関する無料相談有料相談をお受けしています。

 【 注 】一部重複掲載することがあります。

 

【質問】自分の生き方と起業 

 

 自分なりのライフプランを考えたいと思いますが、どのようにしたら良いのかわかりません。ご指導ください。

 

【回答】ライフプラン(人生計画)を立てよう

 

 起業とは、転職や新しい職につく以上に、人生にとって大きな転機となり、同時に自分自身をはじめ家族の生活とも密着していきます。男性の場合は、家族の生活がすべてかかってくるケースが多いですが、女性の場合には、結婚、出産、育児、介護など、とくに生活との関わりが大きくなっています。

 

 起業家の場合、売上や収入が入ってきていれば何をしていても誰にとがめられることもありませんが、逆に精神的には24時間365日、仕事に拘束されているといっても過言ではありません。「1日くらいは・・・」と安易に過ごし、仕事を先延ばしにしていては、どこかで行き詰まってしまいます。

 

 しかしながら、健康や、ストレスをためないためには休息を取ることや、余暇を楽しむことも必要です。1日、1週間、1ヶ月、1年と、きっちりと予定を立てることが重要です。もちろん何事も予定通りに進まないのがつねですから、検証をして変更や修正を加えていくことを心がけてください。

 

 「ライフプラン」による人生の設計図と、「ビジネスプラン」による事業の設計図が明確になり一体となったとき、起業家として成功の一歩を踏み出すことができます。

 

 ◇ ライフプランを立てよう

 ◇ 起業家のライフプラン・ワークシート

 

<続き> J-NET21

 

■■ しりとく経営情報 クリック

 経営のヒントが見つかるかも知れません

■■ コンサルタント向け研修情報  ←クリック

 士業に特化したセミナーが目白押し。あなたも講師に・・・

 

  


Posted by 経営士 at 12:00Comments(0)独立起業支援

2014年07月05日

■■自分の進むべき方向性の見極め 【独立起業・転職支援】

■■自分の進むべき方向性の見極め 【独立起業・転職支援】

 

 これから起業をしたい人、起業をしたけれども経営がなかなか軌道に乗らない人、それが一般企業であっても、経営コンサルタントなど士業であっても、悩みは類似していますし、解決策も類似して、応用が利きます。

 ここでは、イレギュラーな発行となりますが、当ブログで質問に対して、独断と偏見で回答して参ります。参考にしていただければ幸いです。

 独立起業に関する無料相談有料相談をお受けしています。

 【 注 】一部重複掲載することがあります。

 

【質問】自分の進むべき方向性の見極め 

 

 自分がどの方向に進むべきか、起業に当たっての方向性はどのように見極めたらよいのでしょうか?

 

【回答】

 

 新規事業の方向性は、自信が持ちえている強みからのアプローチ、自分のやりたいことからのアプローチ、自分のライフスタイルからのアプローチ、社会の変化からのアプローチから考える必要があります。

 

 それぞれが関係しあってくることも多く、新規事業を考えるうえでは、それぞれバランスよく取り入れていく必要 があります。そのうえで、その新規事業は立ち上げられるのか見極める必要があります。

 

 見極めには自分の考えをまとめることも大事ですが、それ以上に周囲の人に話してみて評価をしてもらうことも不可欠です。自分の判断と周囲の反応から総合的にどんな方向性の新事業を立ち上げたらいいのかを見極めましょう。

 

 ◇ 社会的意義と個人的な動機から見極める

 ◇ 自分の強みから新規事業を見極める

 ◇ ライフスタイルから見極める

 ◇ やりたいことから見極める

 

<続き> J-NET21

 

■■ 経営コンサルタントは何をする人か? ←クリック

 経営コンサルタントの仕事を知って実務に活かそう

  


Posted by 経営士 at 12:00Comments(0)独立起業支援

2014年06月07日

■■起業の方向性を考える 【独立起業・転職支援】

■■起業の方向性を考える・障害・リスクを考える 【独立起業・転職支援】

 

 これから起業をしたい人、起業をしたけれども経営がなかなか軌道に乗らない人、それが一般企業であっても、経営コンサルタントなど士業であっても、悩みは類似していますし、解決策も類似して、応用が利きます。

 ここでは、イレギュラーな発行となりますが、当ブログで質問に対して、独断と偏見で回答して参ります。参考にしていただければ幸いです。

 独立起業に関する無料相談有料相談をお受けしています。

 【 注 】一部重複掲載することがあります。

 

【質問】起業に当たっての方向性 

 

 起業するに当たって、どのようなことを検討すればよいのでしょうか?

 

【回答】起業の方向性を考える

 

 起業家をめざす場合には、起業するに至ったきっかけがあるはずです。起業を考えた際には、まず何を目的として、どのような事業を行うのか、その方向性を考え、見極める必要があります。

 

 同時に、その目的には社会的意義があるのか、また事業内容に経済的意義があるのかも考えなければなりません。社会的意義と経済的意義は決して相反するものではなく、どちらか片方だけでは、その事業は継続することが困難となります。

 

 ちょっとした風評や、何かのアクシデントが切っかけとなり、破綻してしまいます。さらに、個人的な動機だけでなく、第三者から見ても共感できるような目的や事業であることも大変重要です。第三者の共感が得られるということは、支援者や協力者が大勢集められるということに繋がります。ひとりよがりの計画では、誰からも共感されることはありません。

 

 ◇ 自分が持っている強みからのアプローチ

 ◇ 自分がやりたいことからのアプローチ

 

<続き> J-NET21

 

■■ しりとく経営情報 クリック

 経営のヒントが見つかるかも知れません

■■ コンサルタント向け研修情報  ←クリック

 士業に特化したセミナーが目白押し。あなたも講師に・・・

 

  


Posted by 経営士 at 12:00Comments(0)独立起業支援

2014年04月05日

■■起業までの課題・障害・リスクを考える【独立起業転職支援】

■■起業までの課題・障害・リスクを考える 【独立起業・転職支援】

 

 これから起業をしたい人、起業をしたけれども経営がなかなか軌道に乗らない人、それが一般企業であっても、経営コンサルタントなど士業であっても、悩みは類似していますし、解決策も類似して、応用が利きます。

 ここでは、イレギュラーな発行となりますが、当ブログで質問に対して、独断と偏見で回答して参ります。参考にしていただければ幸いです。

 独立起業に関する無料相談有料相談をお受けしています。

 【 注 】一部重複掲載することがあります。

 

【質問】起業の障害 

 

 起業家としての向き不向きについてご紹介をいただきましたが、起業における失敗を避けるにはどうしたらよいのでしょうか?

 

【回答】起業までの課題・障害・リスクを考える

 

 起業することを決意し、ビジネスモデルや起業の目的が定まり、「さぁ、はじめよう!」と、はじめられればよいのですが、多くの場合、この段階から起業までの間に数々の課題や障害、そして起業のリスクが出てきます。細かいことまで取りあげると数限りなくありますが、主なものを挙げましょう。

 

 ◇ 諸手続

 ◇ 資金調達

 ◇ 販路開拓

 ◇ 経営ノウハウ

 ◇ 従業員の雇用

 

<続き> J-NET21

 

■■ しりとく経営情報 クリック

 経営のヒントが見つかるかも知れません

■■ コンサルタント向け研修情報  ←クリック

 士業に特化したセミナーが目白押し。あなたも講師に・・・

 

  


Posted by 経営士 at 12:00Comments(0)独立起業支援

2014年03月01日

■■起業すべきかどうか? 経営・独立起業に関するQ&A

■■起業すべきかどうか? 経営・独立起業に関するQ&A サラリーマンをしながらの独立起業

 

 これから起業をしたい人、起業をしたけれども経営がなかなか軌道に乗らない人、それが一般企業であっても、経営コンサルタントなど士業であっても、悩みは類似していますし、解決策も類似して、応用が利きます。

 ここでは、イレギュラーな発行となりますが、当ブログで質問に対して、独断と偏見で回答して参ります。参考にしていただければ幸いです。

 独立起業に関する無料相談有料相談をお受けしています。

 【 注 】一部重複掲載することがあります。

 

【質問】起業に向くタイプか? 

 

 起業で成功する人もいれば、失敗する人もいるようです。自分は起業家として適しているのかどうか心配です。

 

【回答】起業に向くタイプとは?

 

 起業するだけなら誰にでもできますが、継続・成長・拡大をさせていくために、どのようなスキルが必要かということです。何事にも向き・不向き、そして誰にでも得手・不得手があり、それを見誤ると起業は失敗に終わります。起業を考えたなら、まずは、自らを見極めることが必要となります。自身の過去を振り返り、得意な面や培った技術や技能をどう伸ばすか、苦手とする部分をどう補っていくかを適確に、可能な限り客観的に分析することが大変重要です。しかしながら、あまり深刻に考え過ぎると、最初の一歩が踏み出せなくなってしまいますから、時期を決めて思い切ることも必要といえます。

 

 さらに、起業をするということは、自らの夢や志、そして自己実現を具現化することですから、以降の人生プランをも同時に考えることが必要になります。5年後、10年後、20年後、何をしていたいか、どうありたいか、などを、人生設計(ライフプラン)とともに起業のプランを考える必要があります。

 

 ◇ 自らの棚卸し

 ◇ 仕事・趣味の面

 ◇ 人脈面

 ◇ 資金面

 

<続き> J-NET21

 

■■ しりとく経営情報 クリック

 経営のヒントが見つかるかも知れません

■■ コンサルタント向け研修情報  ←クリック

 士業に特化したセミナーが目白押し。あなたも講師に・・・

  


Posted by 経営士 at 21:00Comments(0)独立起業支援

2013年01月25日

■■【独立起業教室】起業すべきかどうか?

■■【独立起業教室】起業すべきかどうか? 経営・独立起業に関するQ&A サラリーマンをしながらの独立起業


 これから起業をしたい人、起業をしたけれども経営がなかなか軌道に乗らない人、それが一般企業であっても、経営コンサルタントなど士業であっても、悩みは類似していますし、解決策も類似して、応用が利きます。

 ここでは、イレギュラーな発行となりますが、当ブログで質問に対して、独断と偏見で回答して参ります。参考にしていただければ幸いです。

 独立起業に関する無料相談 有料相談 をお受けしています。

 【 注 】一部重複掲載することがあります。



【質問】起業すべきかどうか? 


 サラリーマンをしていますが、自分は起業すべきかどうか迷っています。今日、なぜ起業する人が多いのでしょうか?



【回答】 今、なぜ起業する人が多いのか?


 企業の終身雇用制度の崩壊とともに「働く」ことに対する意識が変化し、働き方が多様化してきたことに起因し、その選択肢のひとつとして起業・ベンチャーが注目を集めています。また行政をはじめとしてさまざまな支援施策が打ち出され、新たな会社法により「1円から起業」が可能になったことで、よりハードルが低くなったことも大きな要因のひとつと考えられます。



 他方、年金給付年齢の引き上げにともない、定年後も仕事をしたいと考える高齢者、リストラなどの雇用調整にともなう早期退職プログラムによる中高年層の退職者数に対し、再雇用が狭き門となっていることも否めません。また、各業界において合理化を目的とした大々的な再編が行われ、在籍した企業で培ってきた技術や技能が活かせる先を見つけるのは至難の業でもあります。



 さらに「地球温暖化」をはじめとするさまざまな環境問題や「少子高齢化」、またインターネットの普及やインフラ整備が整ったことによる「情報化」、そして「安全・安心」「健康・美」に対する意識が高くなってきたことなどにより、新たなビジネスチャンスが出てきたことが大きいといえます。


 ◇ 終身雇用制度

 ◇ 働き方が多様化

 ◇ 新会社法による起業ハードルが低下



<続き>  J-NET21



■■ しりとく経営情報  クリック

 経営のヒントが見つかるかも知れません

■■ コンサルタント向け研修情報   ←クリック

 士業に特化したセミナーが目白押し。あなたも講師に・・・

  


Posted by 経営士 at 17:28Comments(0)独立起業支援

2012年12月21日

■■起業すべきかどうか? 経営・独立起業に関するQ&A

■■起業すべきかどうか? 経営・独立起業に関するQ&A サラリーマンをしながらの独立起業

 

 これから起業をしたい人、起業をしたけれども経営がなかなか軌道に乗らない人、それが一般企業であっても、経営コンサルタントなど士業であっても、悩みは類似していますし、解決策も類似して、応用が利きます。

 ここでは、イレギュラーな発行となりますが、当ブログで質問に対して、独断と偏見で回答して参ります。参考にしていただければ幸いです。

 独立起業に関する無料相談有料相談をお受けしています。

 【 注 】一部重複掲載することがあります。

 

【質問】起業すべきかどうか? 

 

 サラリーマンをしていますが、自分は起業すべきかどうか迷っています。今日、なぜ起業する人が多いのでしょうか?

 

【回答】 今、なぜ起業する人が多いのか?

 

 企業の終身雇用制度の崩壊とともに「働く」ことに対する意識が変化し、働き方が多様化してきたことに起因し、その選択肢のひとつとして起業・ベンチャーが注目を集めています。また行政をはじめとしてさまざまな支援施策が打ち出され、新たな会社法により「1円から起業」が可能になったことで、よりハードルが低くなったことも大きな要因のひとつと考えられます。

 

  他方、年金給付年齢の引き上げにともない、定年後も仕事をしたいと考える高齢者、リストラなどの雇用調整にともなう早期退職プログラムによる中高年層の退職者数に対し、再雇用が狭き門となっていることも否めません。また、各業界において合理化を目的とした大々的な再編が行われ、在籍した企業で培ってきた技術や技能が活かせる先を見つけるのは至難の業でもあります。

 

  さらに「地球温暖化」をはじめとするさまざまな環境問題や「少子高齢化」、またインターネットの普及やインフラ整備が整ったことによる「情報化」、そして「安全・安心」「健康・美」に対する意識が高くなってきたことなどにより、新たなビジネスチャンスが出てきたことが大きいといえます。

 

 ◇ 終身雇用制度

 ◇ 働き方が多様化

 ◇ 新会社法による起業ハードルが低下

 

<続き> J-NET21

 

■■ しりとく経営情報 クリック

 経営のヒントが見つかるかも知れません

■■ コンサルタント向け研修情報  ←クリック

 士業に特化したセミナーが目白押し。あなたも講師に・・・

  


Posted by 経営士 at 20:28Comments(0)独立起業支援

2012年12月07日

■■中小企業基盤人材確保助成金 経営・独立起業に関するQ&A

■■中小企業基盤人材確保助成金 経営・独立起業に関するQ&A サラリーマンをしながらの独立起業

 

 これから起業をしたい人、起業をしたけれども経営がなかなか軌道に乗らない人、それが一般企業であっても、経営コンサルタントなど士業であっても、悩みは類似していますし、解決策も類似して、応用が利きます。

 ここでは、イレギュラーな発行となりますが、当ブログで質問に対して、独断と偏見で回答して参ります。参考にしていただければ幸いです。

 独立起業に関する無料相談有料相談をお受けしています。

 【 注 】一部重複掲載することがあります。

 

【質問】起業すべきかどうか? 

 

 サラリーマンをしていますが、自分は起業すべきかどうか迷っています。今日、なぜ起業する人が多いのでしょうか?

 

【回答】 今、なぜ起業する人が多いのか?

 

 企業の終身雇用制度の崩壊とともに「働く」ことに対する意識が変化し、働き方が多様化してきたことに起因し、その選択肢のひとつとして起業・ベンチャーが注目を集めています。また行政をはじめとしてさまざまな支援施策が打ち出され、新たな会社法により「1円から起業」が可能になったことで、よりハードルが低くなったことも大きな要因のひとつと考えられます。

 

  他方、年金給付年齢の引き上げにともない、定年後も仕事をしたいと考える高齢者、リストラなどの雇用調整にともなう早期退職プログラムによる中高年層の退職者数に対し、再雇用が狭き門となっていることも否めません。また、各業界において合理化を目的とした大々的な再編が行われ、在籍した企業で培ってきた技術や技能が活かせる先を見つけるのは至難の業でもあります。

 

  さらに「地球温暖化」をはじめとするさまざまな環境問題や「少子高齢化」、またインターネットの普及やインフラ整備が整ったことによる「情報化」、そして「安全・安心」「健康・美」に対する意識が高くなってきたことなどにより、新たなビジネスチャンスが出てきたことが大きいといえます。

 

 ◇ 終身雇用制度

 ◇ 働き方が多様化

 ◇ 新会社法による起業ハードルが低下

 

<続き> J-NET21

 

■■ しりとく経営情報 クリック

 経営のヒントが見つかるかも知れません

■■ コンサルタント向け研修情報  ←クリック

 士業に特化したセミナーが目白押し。あなたも講師に・・・

 

  


Posted by 経営士 at 19:24Comments(0)独立起業支援

2012年11月30日

■■中小企業基盤人材確保助成金 経営・独立起業に関するQ&A

■■中小企業基盤人材確保助成金 経営・独立起業に関するQ&A サラリーマンをしながらの独立起業

 

 これから起業をしたい人、起業をしたけれども経営がなかなか軌道に乗らない人、それが一般企業であっても、経営コンサルタントなど士業であっても、悩みは類似していますし、解決策も類似して、応用が利きます。

 ここでは、イレギュラーな発行となりますが、当ブログで質問に対して、独断と偏見で回答して参ります。参考にしていただければ幸いです。

 独立起業に関する無料相談有料相談をお受けしています。

 【 注 】一部重複掲載することがあります。

 

【質問】中小企業基盤人材確保助成金 

 

 中小企業基盤人材確保助成金の内容が変更になったようですが、その内容はどのようなものなのでしょうか?

 

【回答】

 

 中小企業基盤人材確保助成金は、生産性向上に係る助成が廃止されました。

 

 対象分野が新成長戦略において重点強化の対象となっている健康、環境分野等(下記参照)に限定されました。

 

 実施計画認定申請を廃止し手続きが簡素化されました。

 

1.概 要

 

 都道府県知事の認定を受けた改善計画に従い、人材需要が見込まれる成長分野等において新分野進出等(創業・異業種進出)を行い、新たに経営基盤の強化に資する労働者(基盤人材)を雇い入れた場合、これらの基盤人材の賃金相当額として一定額を助成します。

 

2.支給額

基盤人材の雇入れ・・・140万円/人 ※1企業あたり5人までを限度とします。

 

<手続き>平成23年4月1日以降に改善計画を提出されたものに適用されます。

 

  詳細 クリック

  http://www.ehdo.go.jp/new/n_2011/pdf/0401_01.pdf

 

■■ しりとく経営情報 クリック

 経営のヒントが見つかるかも知れません

■■ コンサルタント向け研修情報  ←クリック

 士業に特化したセミナーが目白押し。あなたも講師に・・・

 

  


Posted by 経営士 at 20:46Comments(0)独立起業支援

2012年11月17日

■■【本日開催 セミナー】まだ間に合うかも? 受講者に弊著を

■■【本日開催 セミナー】 受講者に弊著を差し上げます

 下記のように、11月17日(土)に、私が講師となって、経営コンサルタントを目指す人のための“秘密”をご披露いたします。

 ご出席された方には、弊著「経営コンサルタントへの“秘密”の道」という書籍を謹呈いたします。(除:日本経営士協会会員)

ただし、お申し込みは、info2@jmca.or.jp まで、メールにて、ご芳名とご購読のブログ・メルマガ名をご連絡ください。

知人・友人をお誘いくださると大変幸甚です。

■■ 公開セミナー 経営コンサルタントへの近道 コンサルティング技術初級講習会 信頼される経営コンサルタントになるには  【講師】  経営士  今井 信行 氏(日本経営士協会 理事長)        
■講習趣旨経営コンサルタントの資格を取ることも容易ではありませんが、独立起業して成功することはさらに困難を伴います。しかし、何ごとにも「押さえておくべきポイント」があり、これを掴むとスムーズに行くことがあります。経営コンサルタントを目指す方は、経営コンサルタント資格取得をするには、中小企業診断士か経営士か、それぞれどのような違いがあるのか、どのようにして資格取得ができるのかなどを知っておく必要があります。また資格を取得しても、独立企業して成功することはさらに困難が伴います。本講習会では、経営コンサルタントとして成功するための基本である「信頼される経営コンサルタントとは」等、経営コンサルタントとして成功するためのノウハウをご披露いたします。■日 時:平成24年11月17日(土) 13:15~16:45■対 象◇経営コンサルタントを目指す方、経営コンサルタントとして開業している方◇当協会の会員の方でコンサルタント技術を学びたい方◇当協会の会員で、下記の方は受講が必須となります。 ・新規に入会した一般会員及び資格会員の方 ・会員歴5年未満の会員の方 ・新規昇格会員の方■会 場:日本経営士協会 研修室     東京都文京区後楽2-3-10 白王ビル4F     http://www.jmca.or.jp/pdf/JMCA_Map.pdf■受講料:振込先はお申込み確認後に各自にご連絡致します。会員外  3,000円 (前納振込)会員   2,000円 (前納振込)【 注 】 ビジター様には講師著の「経営コンサルタントへの“秘密”の道」を謹呈致します。■問合せ日本経営士協会 事務局 http://www.jmca.or.jp/toiawase/詳細情報・受講申込み  ←クリック  http://info.jmca.or.jp/seminar/301/detail/kiso8-con_s20121117_tokyo.htm
  


Posted by 経営士 at 10:28Comments(0)独立起業支援

2012年11月16日

■■中小企業基盤人材確保助成金 経営・独立起業に関するQ&A

■■【独立起業支援】中小企業基盤人材確保助成金 経営・独立起業に関するQ&A サラリーマンをしながらの独立起業

 

 これから起業をしたい人、起業をしたけれども経営がなかなか軌道に乗らない人、それが一般企業であっても、経営コンサルタントなど士業であっても、悩みは類似していますし、解決策も類似して、応用が利きます。

 ここでは、イレギュラーな発行となりますが、当ブログで質問に対して、独断と偏見で回答して参ります。参考にしていただければ幸いです。

 独立起業に関する無料相談有料相談をお受けしています。

 【 注 】一部重複掲載することがあります。

 

【質問】中小企業基盤人材確保助成金

 

 中小企業基盤人材確保助成金というものがあり、それが平成23年に改正されたという情報を入手しました。これはどのようなものなのでしょうか?

 

【回答】

 

 中小企業基盤人材確保助成金は、平成234月1日より、中小企業労働力確保法に基づく助成金が改正されました。

 

1.概要

 

 都道府県知事の認定を受けた改善計画に従い、人材需要が見込まれる成長分野等において、新分野進出等(創業・異業種進出)に伴い新たに経営基盤の強化に資する労働者(基盤人材)を雇入れた場合、この基盤人材の賃金相当額として一定額を助成します。

 

2.支給額

 

 基盤人材の雇入れ・・・140万円/人

 基盤人材については、1企業あたり5人までが限度となります。

 

 お問い合わせ先:雇用・能力開発機構都道府県センター

 http://www.ehdo.go.jp/loc/1.html

 

■■ しりとく経営情報 クリック

 経営のヒントが見つかるかも知れません

■■ コンサルタント向け研修情報  ←クリック

 士業に特化したセミナーが目白押し。あなたも講師に・・・

 

  


Posted by 経営士 at 19:28Comments(0)独立起業支援

2012年11月02日

■■脱サラの人材確保助成金 経営・独立起業に関するQ&A

■■【独立起業支援】 脱サラの人材確保助成金 経営・独立起業に関するQ&A サラリーマンをしながらの独立起業


 これから起業をしたい人、起業をしたけれども経営がなかなか軌道に乗らない人、それが一般企業であっても、経営コンサルタントなど士業であっても、悩みは類似していますし、解決策も類似して、応用が利きます。

 ここでは、イレギュラーな発行となりますが、当ブログで質問に対して、独断と偏見で回答して参ります。参考にしていただければ幸いです。

 独立起業に関する無料相談有料相談をお受けしています。

 【 注 】一部重複掲載することがあります。

 

【質問】脱サラの人材確保助成金 

 

 脱サラして起業を考えています。人材確保助成金を利用することができますか?

 

【回答】

 

 創業時にもらいやすい助成金として、人材確保のための「中小企業基盤人材確保助成金」があります。誰もが受けられるわけではないのですが、その条件としては下記があります。

 

 脱サラして起業する人には「受給資格者創業支援助成金」が便利です。

 

 雇用保険の受給資格者(5年以上雇用保険加入)が会社を退職し創業し、雇用保険の適用事業所になったときに資金を負担してもらうことができます。すでに会社を登記してしまったり、個人事業を開業してしまったりした後では対象になりません。創業前に手続きに入る必要があります。

 

●給付内容

 

 設立後3ヶ月間に使用した主な以下の経費が該当し、これらの経費の合計額に3分の1を乗じた金額で200万を限度として支給されます(経費は600万が対象限度額となります)。

 

 これら以外にも新規創業・異業種進出に活用できる助成金には、下記のものがあります。

 

1.介護基盤人材確保助成金

  介護関連の事業主が新サービスの提供等に伴って社員を雇入れるとき

 

2.域創業助成金

  地域再生の核となる産業で創業したとき

 

3.高年齢者等共同就業機会創出助成金

 45歳以上の者が法人を設立創業し、雇用保険の適用事業所となったとき

 

4.不良債権処理就業支援特別奨励金

 

 支援対象者が起業して失業状態を脱却し、非自発的離職者等を雇入れたとき

 

 また、上記以外にも下記の目的に活用できる助成金もあります。詳しくは、厚生労働省を参照してください。

 

1.人材の活用・雇用時にもらえる助成金

 

2.雇用維持・労働維持を図るときにもらえる助成金

 

3.雇用管理・研修を行ったときにもらえる助成金

 

4.高齢者関係の助成金

 

5.女性関係の助成金

 

6.障害者関係の助成金

 

  資料出典: J-NET21 中小企業ビジネス支援サイト

  http://j-net21.smrj.go.jp/well/zeikin/001/20080909_14.html

 

■■ しりとく経営情報 クリック

 経営のヒントが見つかるかも知れません

■■ コンサルタント向け研修情報  ←クリック

 士業に特化したセミナーが目白押し。あなたも講師に・・・


  


Posted by 経営士 at 19:28Comments(0)独立起業支援

2012年10月19日

■■中小企業基盤人材確保助成金 経営・独立起業に関するQ&A

■■中小企業基盤人材確保助成金 経営・独立起業に関するQ&A サラリーマンをしながらの独立起業

ニコニコ

 これから起業をしたい人、起業をしたけれども経営がなかなか軌道に乗らない人、それが一般企業であっても、経営コンサルタントなど士業であっても、悩みは類似していますし、解決策も類似して、応用が利きます。

 ここでは、イレギュラーな発行となりますが、当ブログで質問に対して、独断と偏見で回答して参ります。参考にしていただければ幸いです。

 独立起業に関する無料相談 有料相談 をお受けしています。

 【 注 】一部重複掲載することがあります。

!?

【質問】中小企業基盤人材確保助成金 

 中小企業基盤人材確保助成金の内容が変更になったようですが、その内容はどのようなものなのでしょうか?

!!

【回答】

 中小企業基盤人材確保助成金は、生産性向上に係る助成が廃止されました。

 対象分野が新成長戦略において重点強化の対象となっている健康、環境分野等(下記参照)に限定されました。

 実施計画認定申請を廃止し手続きが簡素化されました。

1.概 要

 都道府県知事の認定を受けた改善計画に従い、人材需要が見込まれる成長分野等において新分野進出等(創業・異業種進出)を行い、新たに経営基盤の強化に資する労働者(基盤人材)を雇い入れた場合、これらの基盤人材の賃金相当額として一定額を助成します。

2.支給額

基盤人材の雇入れ・・・140万円/人 ※1企業あたり5人までを限度とします。

<手続き>平成23年4月1日以降に改善計画を提出されたものに適用されます。

  詳細  クリック

  http://www.ehdo.go.jp/new/n_2011/pdf/0401_01.pdf

■■ しりとく経営情報  クリック

 経営のヒントが見つかるかも知れません

■■ コンサルタント向け研修情報   ←クリック

 士業に特化したセミナーが目白押し。あなたも講師に・・・

 

  


Posted by 経営士 at 20:28Comments(0)独立起業支援

2012年10月05日

■■中小企業基盤人材確保助成金 経営・独立起業に関するQ&A

■■中小企業基盤人材確保助成金 経営・独立起業に関するQ&A サラリーマンをしながらの独立起業

ニコニコ

 これから起業をしたい人、起業をしたけれども経営がなかなか軌道に乗らない人、それが一般企業であっても、経営コンサルタントなど士業であっても、悩みは類似していますし、解決策も類似して、応用が利きます。

 ここでは、イレギュラーな発行となりますが、当ブログで質問に対して、独断と偏見で回答して参ります。参考にしていただければ幸いです。

 独立起業に関する無料相談 有料相談 をお受けしています。

 【 注 】一部重複掲載することがあります。


!?

【質問】中小企業基盤人材確保助成金



 中小企業基盤人材確保助成金というものがあり、それが平成23年に改正されたという情報を入手しました。これはどのようなものなのでしょうか?


!!

【回答】



 中小企業基盤人材確保助成金は、平成234月1日より、中小企業労働力確保法に基づく助成金が改正されました。



1.概要



 都道府県知事の認定を受けた改善計画に従い、人材需要が見込まれる成長分野等において、新分野進出等(創業・異業種進出)に伴い新たに経営基盤の強化に資する労働者(基盤人材)を雇入れた場合、この基盤人材の賃金相当額として一定額を助成します。



2.支給額



 基盤人材の雇入れ・・・140万円/人

 基盤人材については、1企業あたり5人までが限度となります。



 お問い合わせ先:雇用・能力開発機構都道府県センター

 http://www.ehdo.go.jp/loc/1.html



■■ しりとく経営情報  クリック

 経営のヒントが見つかるかも知れません

■■ コンサルタント向け研修情報   ←クリック

 士業に特化したセミナーが目白押し。あなたも講師に・・・


■■ 経営士・コンサルタントのブログ

  


Posted by 経営士 at 23:28Comments(0)独立起業支援