2013年06月25日

■■【カシャリ!一人旅】 長崎県・壱岐 小さなバス旅

■■【カシャリ!一人旅】 長崎県・壱岐 小さなバス旅
                          
 
思い立ったらカシャリ! 皆様にご披露するというより、自分の記録
 

 

 

 カシャリ! 一人旅

 
 
 
 壱岐島(いきのしま)は、九州北方の玄界灘にある南北17km・東西14kmの島である。九州と対馬の中間に位置する。 周囲には21の属島(有人島4・無人島17)が存在し、まとめて壱岐諸島と呼ぶ。ただし、俗にこの属島をも含めて壱岐島と呼び、壱岐島を壱岐本島と呼ぶこともある。官公庁の定義では「壱岐島」と呼ぶ場合、周囲の属島は含めない。 現在は長崎県壱岐市の1市体制で、長崎県では島内に壱岐振興局(旧・壱岐支庁、壱岐地方局)を置いている。また、全域が壱岐対馬国定公園に指定されている。 (出典:【Wikipedia】)  
 平成25(2013)年6月に、西鉄旅行社のバスハイクで一人旅をしてきました。 午前9時30分集合ですので、博多駅・福岡銀行前のバス停Eから、博多港第2ターミナルに向かいました。バスは、埠頭近くまで行くルートが、一時間に数本出ているし、埠頭近くまでならさらに本数が多くあります。地下鉄の駅からですと15分くらい歩くのでしょうか。 あいにくの雨模様でしたが、郷の浦港まで約2時間半の船旅は大きく揺れることもなく、まずまずでした。 壱岐島は、佐賀県の北にあるのですが、長崎県に属します。島民は、福岡との馴染みが深いそうです。
小さなバス旅行
島内巡りのバスすぐに皆仲良し 一富士さんは島内有数の料亭

総勢17名の人達が乗れる、かわいいバスでした。
添乗員さんは、壱岐出身のアラサーという感じ。
ご自身の小太りをセールスポイントとしています。
このような少人数なのにガイドさんもつきました。
ガイドさんは、大ベテラン。
年齢を、巧みな話術でカバーしていました。

 名所旧跡 インデックス
 copyright N. Imai All rights reserved
  


2013年06月24日

■■【カシャリ!一人旅】 長崎県・壱岐 博多港を出る

■■【カシャリ!一人旅】 長崎県・壱岐 博多港を出る
                          
 
思い立ったらカシャリ! 皆様にご披露するというより、自分の記録

 

 

 カシャリ! 一人旅

 
 
 
 壱岐島(いきのしま)は、九州北方の玄界灘にある南北17km・東西14kmの島である。九州と対馬の中間に位置する。 周囲には21の属島(有人島4・無人島17)が存在し、まとめて壱岐諸島と呼ぶ。ただし、俗にこの属島をも含めて壱岐島と呼び、壱岐島を壱岐本島と呼ぶこともある。官公庁の定義では「壱岐島」と呼ぶ場合、周囲の属島は含めない。 現在は長崎県壱岐市の1市体制で、長崎県では島内に壱岐振興局(旧・壱岐支庁、壱岐地方局)を置いている。また、全域が壱岐対馬国定公園に指定されている。 (出典:【Wikipedia】)  
 平成25(2013)年6月に、西鉄旅行社のバスハイクで一人旅をしてきました。 午前9時30分集合ですので、博多駅・福岡銀行前のバス停Eから、博多港第2ターミナルに向かいました。バスは、埠頭近くまで行くルートが、一時間に数本出ているし、埠頭近くまでならさらに本数が多くあります。地下鉄の駅からですと15分くらい歩くのでしょうか。 あいにくの雨模様でしたが、郷の浦港まで約2時間半の船旅は大きく揺れることもなく、まずまずでした。 壱岐島は、佐賀県の北にあるのですが、長崎県に属します。島民は、福岡との馴染みが深いそうです。
博多港から壱岐までの船旅
雨にかすむ博多港 
 私が乗船する「きずな号」が雨にかすむ港に 姿を現しました。
予想以上に大きな船でした。
大きな船を上手に操るモノですね。 
 名所旧跡 インデックス
 copyright N. Imai All rights reserved
  


2013年06月23日

■■【カシャリ!一人旅】 長崎県・壱岐 壱岐島の砲台跡

■■【カシャリ!一人旅】 長崎県・壱岐 壱岐島の砲台跡
 
思い立ったらカシャリ! 皆様にご披露するというより、自分の記録
 

 

 

 カシャリ! 一人旅

 
 
 
 壱岐島(いきのしま)は、九州北方の玄界灘にある南北17km・東西14kmの島である。九州と対馬の中間に位置する。 周囲には21の属島(有人島4・無人島17)が存在し、まとめて壱岐諸島と呼ぶ。ただし、俗にこの属島をも含めて壱岐島と呼び、壱岐島を壱岐本島と呼ぶこともある。官公庁の定義では「壱岐島」と呼ぶ場合、周囲の属島は含めない。 現在は長崎県壱岐市の1市体制で、長崎県では島内に壱岐振興局(旧・壱岐支庁、壱岐地方局)を置いている。また、全域が壱岐対馬国定公園に指定されている。 (出典:【Wikipedia】)  
 平成25(2013)年6月に、西鉄旅行社のバスハイクで一人旅をしてきました。 午前9時30分集合ですので、博多駅・福岡銀行前のバス停Eから、博多港第2ターミナルに向かいました。バスは、埠頭近くまで行くルートが、一時間に数本出ているし、埠頭近くまでならさらに本数が多くあります。地下鉄の駅からですと15分くらい歩くのでしょうか。 あいにくの雨模様でしたが、郷の浦港まで約2時間半の船旅は大きく揺れることもなく、まずまずでした。 壱岐島は、佐賀県の北にあるのですが、長崎県に属します。島民は、福岡との馴染みが深いそうです。
壱岐島の砲台
日露戦争でバルチック艦隊に大勝利に浮かれ第二次大戦時に、交通要衝の対馬海峡を守るために壱岐島に砲台が作られました。しかし、戦争で一発も発砲せず、終戦を迎えました
 
 車窓から見る砲台跡手前砲弾は、戦艦大和の主砲の砲弾
砲台跡戦後、再使用できないようにと米軍が破壊を試みたが断念  
砲台の記録写真 許可を頂き、記録写真を撮影 
 
 名所旧跡 インデックス
 copyright N. Imai All rights reserved
  


2013年06月22日

■■【カシャリ!一人旅】 長崎県・壱岐 黒崎・猿島

■■【カシャリ!一人旅】 長崎県・壱岐 黒崎・猿島

 
思い立ったらカシャリ! 皆様にご披露するというより、自分の記録

 

 

 

 カシャリ! 一人旅

 
 
 
 壱岐島(いきのしま)は、九州北方の玄界灘にある南北17km・東西14kmの島である。九州と対馬の中間に位置する。 周囲には21の属島(有人島4・無人島17)が存在し、まとめて壱岐諸島と呼ぶ。ただし、俗にこの属島をも含めて壱岐島と呼び、壱岐島を壱岐本島と呼ぶこともある。官公庁の定義では「壱岐島」と呼ぶ場合、周囲の属島は含めない。 現在は長崎県壱岐市の1市体制で、長崎県では島内に壱岐振興局(旧・壱岐支庁、壱岐地方局)を置いている。また、全域が壱岐対馬国定公園に指定されている。 (出典:【Wikipedia】)  
 平成25(2013)年6月に、西鉄旅行社のバスハイクで一人旅をしてきました。 午前9時30分集合ですので、博多駅・福岡銀行前のバス停Eから、博多港第2ターミナルに向かいました。バスは、埠頭近くまで行くルートが、一時間に数本出ているし、埠頭近くまでならさらに本数が多くあります。地下鉄の駅からですと15分くらい歩くのでしょうか。 あいにくの雨模様でしたが、郷の浦港まで約2時間半の船旅は大きく揺れることもなく、まずまずでした。 壱岐島は、佐賀県の北にあるのですが、長崎県に属します。島民は、福岡との馴染みが深いそうです。
黒崎の猿島
壱岐島を南北に、島内唯一の国道382号が走っています。東西の中央が亀石という地名でそこから西に行くと黒崎・猿岩があります。
  黒崎半島のさらに先端にある高さ45mの海蝕崖の玄武岩。そっぽを向いた猿にそっくりで、気紛れな自然の造形に驚かされる。壱岐島誕生の神話によると、「壱岐の国は生き島である。 神様が海の中でこの島をお産みになったとき、流されてしまわないようにと八本の柱を立てて繋いだ。その柱は折れ残り、今も岩となって折柱(おればしら)といわれている」とある。その八本の柱のひとつが猿岩である。駐車場脇には郷ノ浦町のアンテナショップ「お猿のかご屋」がある。 出典: http://ikikankou.com/kankou/index.php?k_cat=1
 
「猿というよりゴリラかキングコングだね」 と 誰かが言っていました。
 
 
 名所旧跡 インデックス
 copyright N. Imai All rights reserved
  


2013年06月21日

■■【カシャリ!一人旅】 長崎県・壱岐 壱岐島の”松島”

■■【カシャリ!一人旅】 長崎県・壱岐 壱岐島の”松島”

  
思い立ったらカシャリ! 皆様にご披露するというより、自分の記録

 

 

 

 カシャリ! 一人旅

 
 
 
 壱岐島(いきのしま)は、九州北方の玄界灘にある南北17km・東西14kmの島である。九州と対馬の中間に位置する。 周囲には21の属島(有人島4・無人島17)が存在し、まとめて壱岐諸島と呼ぶ。ただし、俗にこの属島をも含めて壱岐島と呼び、壱岐島を壱岐本島と呼ぶこともある。官公庁の定義では「壱岐島」と呼ぶ場合、周囲の属島は含めない。 現在は長崎県壱岐市の1市体制で、長崎県では島内に壱岐振興局(旧・壱岐支庁、壱岐地方局)を置いている。また、全域が壱岐対馬国定公園に指定されている。 (出典:【Wikipedia】)  
 平成25(2013)年6月に、西鉄旅行社のバスハイクで一人旅をしてきました。 午前9時30分集合ですので、博多駅・福岡銀行前のバス停Eから、博多港第2ターミナルに向かいました。バスは、埠頭近くまで行くルートが、一時間に数本出ているし、埠頭近くまでならさらに本数が多くあります。地下鉄の駅からですと15分くらい歩くのでしょうか。 あいにくの雨模様でしたが、郷の浦港まで約2時間半の船旅は大きく揺れることもなく、まずまずでした。 壱岐島は、佐賀県の北にあるのですが、長崎県に属します。島民は、福岡との馴染みが深いそうです。
壱岐島の松島
「壱岐島の松島」と呼ばれる湯ノ本湾です。手前に海水浴もできそうな浜があります。真珠貝の養殖筏が浮かんでいました。
 
光学ズームからデジタルズームに入ってしまったのとバスの窓の雨滴のためにかすんでしまいました。天気の良い日は、松島の名にふさわしく 素晴らしいそうです。
 
 
 名所旧跡 インデックス
 copyright N. Imai All rights reserved
  


2013年06月20日

■■【カシャリ!一人旅】 長崎県・壱岐 壱岐島の見どころ

■■【カシャリ!一人旅】 長崎県・壱岐 壱岐島の見どころ
 
思い立ったらカシャリ! 皆様にご披露するというより、自分の記録
 

 

 

 カシャリ! 一人旅

 
 
 壱岐島(いきのしま)は、九州北方の玄界灘にある南北17km・東西14kmの島である。九州と対馬の中間に位置する。  周囲には21の属島(有人島4・無人島17)が存在し、まとめて壱岐諸島と呼ぶ。ただし、俗にこの属島をも含めて壱岐島と呼び、壱岐島を壱岐本島と呼ぶこともある。官公庁の定義では「壱岐島」と呼ぶ場合、周囲の属島は含めない。現在は長崎県壱岐市の1市体制で、長崎県では島内に壱岐振興局(旧・壱岐支庁、壱岐地方局)を置いている。また、全域が壱岐対馬国定公園に指定されている。 (出典:【Wikipedia】)
 平成25(2013)年6月に、西鉄旅行社のバスハイクで一人旅をしてきました。 午前9時30分集合ですので、博多駅・福岡銀行前のバス停Eから、博多港第2ターミナルに向かいました。バスは、埠頭近くまで行くルートが、一時間に数本出ているし、埠頭近くまでならさらに本数が多くあります。地下鉄の駅からですと15分くらい歩くのでしょうか。あいにくの雨模様でしたが、郷の浦港まで約2時間半の船旅は大きく揺れることもなく、まずまずでした。壱岐島は、佐賀県の北にあるのですが、長崎県に属します。島民は、福岡との馴染みが深いそうです。
壱岐島の見どころ
 壱岐島には、種々の見どころがあります。 残念ながら、バスツアーではそれらを全て見ることはできません。バスの車窓から見ました見どころをここにご紹介します。
鬼の岩屋 壱岐島には、いろいろな鬼伝説があります。 このうっそうと茂った森はいかにも鬼が住んでいそうな雰囲気です。鬼の岩屋と共に「鬼の足跡」もありますが、残念ながら今回はコースに含まれていませんでした。郷ノ浦町の西端に位置します牧崎地区に、玄武岩が海蝕された絶壁の崖があり、周囲110mの大穴があいているそうです。長い時間をかけて波が浸食した海蝕洞の先端部が、 陥没してできた穴とのことです。大鬼が鯨をすくい捕るために踏ん張ってできた片足跡という伝説で「鬼の足跡」と名付けられました。 他方の足跡は、勝本町辰ノ島の蛇ケ谷にあるそうです。ここ牧崎の海岸には「ゴリラ岩」もあります。
 
壱岐島の中心地、「へそ石」、すなわち「壱岐島のへそ」です。国道のほぼ中央の亀石地区から東にやや寄った場所にあります。
 安国寺へそ石から南西方向に行った所に安国寺があります。住吉神社と並んで壱岐島では代表的な 神社仏閣です。写真左手に大きな杉の木があります。
 
 名所旧跡 インデックス
 copyright N. Imai All rights reserved
  


2013年06月19日

■■【カシャリ!一人旅】 長崎県・壱岐 一岐国博物館

■■【カシャリ!一人旅】 長崎県・壱岐 一岐国博物館
 
思い立ったらカシャリ! 皆様にご披露するというより、自分の記録

 

 

 カシャリ! 一人旅

 
 
 
 壱岐島(いきのしま)は、九州北方の玄界灘にある南北17km・東西14kmの島である。九州と対馬の中間に位置する。 周囲には21の属島(有人島4・無人島17)が存在し、まとめて壱岐諸島と呼ぶ。ただし、俗にこの属島をも含めて壱岐島と呼び、壱岐島を壱岐本島と呼ぶこともある。官公庁の定義では「壱岐島」と呼ぶ場合、周囲の属島は含めない。 現在は長崎県壱岐市の1市体制で、長崎県では島内に壱岐振興局(旧・壱岐支庁、壱岐地方局)を置いている。また、全域が壱岐対馬国定公園に指定されている。 (出典:【Wikipedia】)
 平成25(2013)年6月に、西鉄旅行社のバスハイクで一人旅をしてきました。 午前9時30分集合ですので、博多駅・福岡銀行前のバス停Eから、博多港第2ターミナルに向かいました。バスは、埠頭近くまで行くルートが、一時間に数本出ているし、埠頭近くまでならさらに本数が多くあります。地下鉄の駅からですと15分くらい歩くのでしょうか。 あいにくの雨模様でしたが、郷の浦港まで約2時間半の船旅は大きく揺れることもなく、まずまずでした。 壱岐島は、佐賀県の北にあるのですが、長崎県に属します。島民は、福岡との馴染みが深いそうです。                                         
一岐国博物館
 一支国博物館(いきこくはくぶつかん)は、壱岐島の代表的な見どころの一つです。 中国の歴史書『魏志倭人伝』に「一支国」という記述があります。入館すると、まず最初に魏志倭人伝の説明があります。そのエリアに足を踏み入れると、魏志倭人伝のキーワードが床に表示されます。 古代日本を物語る貴重な資料が島内から多数出土していますが、それらを一堂に展示しています。 ユニークな建物は、故黒川紀章氏のデザインで、周囲の山並みに沿って曲線を描く天然芝の屋根が印象的です。 展望室からは「原(はる)の辻遺跡」を望むことができます。                                                                                  一支国博物館パンフレット ←クリック                                                                                 
                                        
                                                                                 博物館から臨む「原(はる)の辻」                                         
                                         豊かな田園が広がっています。古代米の栽培をされています。                                                                                 「辻」とは、小高いところという意味で道の交わったところという意味ではありません。                                                                                 
                                          原(はる)の辻遺跡
                                         紀元前2~3世紀から紀元3~4世紀にかけての多重環濠集落です。芦辺町と石田町にまたがっています台地に、東西南北約1km四方に広がっています。                                                                                 平成7年、魏志倭人伝で、一支国の王都と特定されました。発掘調査途中で、吉野ヶ里遺跡のような展示物はありません。ムンクの絵を彷彿させるような「人面石」が最近話題になり、聞きお呼びの方も多いのではないでしょうか。                                                                                 
                                  
 名所旧跡 インデックス
 copyright N. Imai All rights reserved