2016年12月15日

◆【お節介焼き情報】 カシャリ!一人旅 京都比叡山延暦寺 根本中堂のある東塔の塔は高野山と違い角形

◆【お節介焼き情報】 カシャリ!一人旅 京都比叡山延暦寺 根本中堂のある東塔の塔は高野山と違い角形


カメラ


 ちょっとした情報が、私達の智慧となることは多々あります。


 それが【お節介焼き情報】です。その情報が知恵の源泉であることに気づかないで機会損失を起こしていることは、それ以上に多いのかもしれません。


 下手の横好きで、旅に出たときにカシャリとシャッターを切った記録として【カシャリ!一人旅】をお届けしています。


新幹線後ろ新幹線真ん中新幹線前


 京都へ修学旅行で行った人は、比叡山へ行かれたことがおありでしょう。私の経験では、根本中堂をバックに、階段のところで写真をとった記憶はありますが、それ以外、何も覚えていませんでした。


 その比叡山、山全体が延暦寺で、延暦寺というお寺はありません。


  私どもが観光として訪れる比叡山は、大きく3箇所に分かれています。比叡山観光の中心は、根本中堂のある「東堂(とうどう)」エリアですが、それだけではありません。それ以外に、西塔(さいとう)エリアと横川(よかわ)エリアとがあります


カメラ


京都府 比叡山 延暦寺 東塔エリア 


■■ 東塔
(とうどう)

 東塔は延暦寺発祥の地です。修学旅行でも必ず行くという、本堂である根本中堂のある、比叡山の中でも中心的な区域です。

 「東塔」は「とうとう」と読むのではなく「とうどう」と読みます。

 延暦寺は、伝教大師最澄が開祖で、東堂には総本堂根本中堂をはじめ各宗各派の宗祖を祀っている大講堂や、先祖回向をする阿弥陀堂などがあります。

 ロープウェイ山頂駅からバスで10分程で延暦寺バスセンターに着きます。バスセンター停留所の一つ手前の「東堂」停留所でバスを降りても良いですが、坂を登ることになるので、バスセンターで下車することをお勧めします。

 ここからは、比叡山山頂、西塔、横川地域へのシャトルバスや京都市内行きの路線バスに乗車することができます。琵琶湖側におりる坂本ケーブルへの入口でもあります。

 登叡成佛碑の横を通って入山料を支払い、大講堂に向かいます。途中左手に国宝殿がありますが、時間のことを考えて今回は入館しませんでした。


 


京都 比叡山  戒壇院 

■■ 戒壇院(戒壇堂)(重要文化財) 延暦寺の東塔にある戒壇院は、伝教大師が入寂後、828(天長5)年に創建されました。 重要文化財の戒壇院は天台宗の僧侶が受戒するお堂です。内陣には釈迦如来座像、文殊、弥勒両菩薩が祀られていますが、非公開です。

 

 


 


京都 比叡山  法華総持院東塔 

■■■ 法華総持院東塔 高さ30メートルで、大きなお寺にしては小振りな塔です。朱色と周囲の緑の調和が印象的です。 伝教大師(最澄)は、「一隅を照らす」という教えを示し、宝塔で国土と国民を守ろうと発願し、全国6カ所の聖地に宝塔を建立されました。法華総持院東塔はそれらを総括する宝塔で、根本中堂と共に重要な信仰道場です。 現在の塔は、信長の焼討ちから400年ぶりに昭和55年に建立された物です。

 

高野山は丸みを帯びていますが、 比叡山の総持院東塔は上述のように角角です。


 


  比叡山延暦寺東塔エリア2 その他の写真  ←クリック


カメラ



 


 

  


2016年12月14日

◆【お節介焼き情報】 カシャリ!一人旅 京都比叡山延暦寺 御山中央の西塔エリアは渋みがある

◆【お節介焼き情報】 カシャリ!一人旅 京都比叡山延暦寺 御山中央の西塔エリアは渋みがある


カメラ


 ちょっとした情報が、私達の智慧となることは多々あります。


 それが【お節介焼き情報】です。その情報が知恵の源泉であることに気づかないで機会損失を起こしていることは、それ以上に多いのかもしれません。


 下手の横好きで、旅に出たときにカシャリとシャッターを切った記録として【カシャリ!一人旅】をお届けしています。


新幹線後ろ新幹線真ん中新幹線前


 京都へ修学旅行で行った人は、比叡山へ行かれたことがおありでしょう。私の経験では、根本中堂をバックに、階段のところで写真をとった記憶はありますが、それ以外、何も覚えていませんでした。


 その比叡山、山全体が延暦寺で、延暦寺というお寺はありません。


  私どもが観光として訪れる比叡山は、大きく3箇所に分かれています。比叡山観光の中心は、根本中堂のある「東堂(とうどう)」エリアですが、それだけではありません。それ以外に、西塔(さいとう)エリアと横川(よかわ)エリアとがあります


カメラ


京都府 比叡山 延暦寺 西塔
■■■ 西塔(さいとう)エリア 東堂の西側にある西塔エリアは、東堂に比べて極端に人の数が少なくなります。東塔からバスで10分ほどのところにあります。徒歩では少々きついかもしれませんが、1時間ほどあれば、車の通る道ですがハイキング気分で歩けそうです。 美しい杉木立の間から小鳥がさえずり、その静寂さを際立たせています。 西塔エリアの中心は釈迦堂ですが、にない堂と呼ばれる常行堂と法華堂や椿堂などの見どころがあります。 修行体験ができる居士林研修道場(非公開)もあります。【注意点】  西塔エリア全体をゆっくりまわると120分は必要となりますので、見学場所の多い東堂との時間配分には十分注意が必要です。


 


京都 比叡山  西塔 にない堂 
■■■ にない堂 バス停をおりて、拝観件を見せると視線をやや上げた位置ににない堂があります。 左が常行堂で右が法華堂ですが同じ形をした建物です。その間が渡り廊下でつなげられています。  弁慶がこの渡り廊下をてんびん棒のようにして、この2つ並んだお堂をかついだことから「弁慶のにない堂」と呼ばれています。


 
右が法華堂、左が常行堂


 


  比叡山延暦寺西塔エリア その他の写真  ←クリック


カメラ



 


 

  


2016年12月13日

◆【お節介焼き情報】 カシャリ!一人旅 京都比叡山延暦寺は奥が深い

◆【お節介焼き情報】 カシャリ!一人旅 京都比叡山延暦寺は奥が深い


カメラ


 ちょっとした情報が、私達の智慧となることは多々あります。


 それが【お節介焼き情報】です。その情報が知恵の源泉であることに気づかないで機会損失を起こしていることは、それ以上に多いのかもしれません。


 下手の横好きで、旅に出たときにカシャリとシャッターを切った記録として【カシャリ!一人旅】をお届けしています。


新幹線後ろ新幹線真ん中新幹線前


 京都へ修学旅行で行った人は、比叡山へ行かれたことがおありでしょう。私の経験では、根本中堂をバックに、階段のところで写真をとった記憶はありますが、それ以外、何も覚えていませんでした。


 その比叡山、山全体が延暦寺で、延暦寺というお寺はありません。


  私どもが観光として訪れる比叡山は、大きく3箇所に分かれています。比叡山観光の中心は、根本中堂のある「東堂(とうどう)」エリアですが、それだけではありません。それ以外に、西塔(さいとう)エリアと横川(よかわ)エリアとがあります


カメラ


比叡山 延暦寺 横川エリア


■■ 横川エリア


 比叡山の横川エリアは、比叡山の中でもロープウェイ山頂駅から見ると最も奥に位置します。東塔からは東海道自然歩道を使って徒歩で1時間半ほどの場所にあり、東塔から北へバスで15分強で着くことができます。

 第3世天台座主慈覚大師円仁が開祖で、遣唐使船をモデルとした舞台造りの本堂にあたる横川中堂を中心としています。そのほかには往生要集著者の源信僧都が隠居していたという恵心堂や、変わりダネとしては、おみくじの発祥の地や魔除けの角大師で有名な元三慈恵大師良源を祀っている四季講堂(元三大師堂)などがあります。

 親鸞や日蓮、道元、源信等が修行した地としても知られています。

 3年前は、残念ながら時間的に廻ることができませんでしたが、今回はロープウェイ山頂駅を降りてバス停からはまず横川まで移動しました。


 


京都 比叡山  横川の入口 
  横川の中心は横川中道ですが、根本如法塔や四季講堂(元三大師堂)、恵心堂などがあります。  その入口は、バス停の端にありました。
バス停を降りますと売店があり、その奥に横川への門が見えます。


伝教大師千百五十年遠忌の祈念として昭和46年に復元されました。清水寺に代表されます舞台作りの代表的な寺院のひとつで、 朱塗りがまだ新しく見えました。
横川中道を正面側を望む


 


  比叡山延暦寺横川エリア その他の写真  ←クリック


カメラ



 


 

  


2016年12月12日

◆【お節介焼き情報】 カシャリ!一人旅 京都比叡山延暦寺 最も奥の横川エリアへ行かれました?

◆【お節介焼き情報】 カシャリ!一人旅 京都比叡山延暦寺 最も奥の横川エリアへ行かれました?

カメラ

 ちょっとした情報が、私達の智慧となることは多々あります。

 それが【お節介焼き情報】です。その情報が知恵の源泉であることに気づかないで機会損失を起こしていることは、それ以上に多いのかもしれません。

 下手の横好きで、旅に出たときにカシャリとシャッターを切った記録として【カシャリ!一人旅】をお届けしています。

新幹線後ろ新幹線真ん中新幹線前

 京都へ修学旅行で行った人は、比叡山へ行かれたことがおありでしょう。私の経験では、根本中堂をバックに、階段のところで写真をとった記憶はありますが、それ以外、何も覚えていませんでした。

 その比叡山、山全体が延暦寺で、延暦寺というお寺はありません。

  私どもが観光として訪れる比叡山は、大きく3箇所に分かれています。比叡山観光の中心は、根本中堂のある「東堂(とうどう)」エリアですが、それだけではありません。それ以外に、西塔(さいとう)エリアと横川(よかわ)エリアとがあります

カメラ

比叡山 延暦寺 横川エリア


■■ 横川エリア


 比叡山の横川エリアは、比叡山の中でもロープウェイ山頂駅から見ると最も奥に位置します。東塔からは東海道自然歩道を使って徒歩で1時間半ほどの場所にあり、東塔から北へバスで15分強で着くことができます。

 第3世天台座主慈覚大師円仁が開祖で、遣唐使船をモデルとした舞台造りの本堂にあたる横川中堂を中心としています。そのほかには往生要集著者の源信僧都が隠居していたという恵心堂や、変わりダネとしては、おみくじの発祥の地や魔除けの角大師で有名な元三慈恵大師良源を祀っている四季講堂(元三大師堂)などがあります。

 親鸞や日蓮、道元、源信等が修行した地としても知られています。

 3年前は、残念ながら時間的に廻ることができませんでしたが、今回はロープウェイ山頂駅を降りてバス停からはまず横川まで移動しました。

 

京都 比叡山  横川の入口 
  横川の中心は横川中道ですが、根本如法塔や四季講堂(元三大師堂)、恵心堂などがあります。  その入口は、バス停の端にありました。
バス停を降りますと売店があり、その奥に横川への門が見えます。
伝教大師千百五十年遠忌の祈念として昭和46年に復元されました。清水寺に代表されます舞台作りの代表的な寺院のひとつで、 朱塗りがまだ新しく見えました。
横川中道を正面側を望む

 

  比叡山延暦寺横川エリア その他の写真  ←クリック

カメラ

 

 

  


2016年11月13日

◆【カシャリ!一人旅】 京都・相国寺 京都五山第二位でありながら地方ではあまり馴染みのないお寺さんのひとつ

カシャリ!一人旅】 京都・相国寺 京都五山第二位でありながら地方ではあまり馴染みのないお寺さんのひとつ

 私どもでは、経営やコンサルティングに関する情報以外に、日常生活に役に立つような情報、旅行や写真などの会話を潤滑にするために情報などもお届けしています。

 それらの中から、選りすぐりの情報を中心にご紹介して参ります。

 京都は、何度行っても新しい発見があります。3月初旬に、相国寺の特別展を見てきました。今回は、最初で最後という長得院の特別展もありました。

 とても立派で、由緒あるお寺さんであるにもかかわらず、東京の人間には、あまり馴染みがないお寺さんのひとつです。

 御所の近くにあり、場所的にも足の便も良いので、必見の価値があります。ただし、特別展の時しか参拝できませんので、訪問時には注意が必要です。

 

京都 相国寺

http://www.shokoku-ji.jp/s_about.html

 ■ 相国寺(しょうこくじ)とは 相国寺は、臨済宗相国寺派の大本山で、京都五山第二位に列せられています。正式名称は「萬年山相國承天禅寺」という禅宗のお寺です。 14世紀末の室町時代、三代将軍の足利義満により創建されました。何度も焼失の憂き目に遭遇しましたが、法堂(はっとう)は1605年に再建され、日本最古の法堂建築です。 夢窓疎石を開山とし、創建当時は室町一条あたりに総門があり、50あまりの塔頭寺院があったと伝えられています。■ 名前の由来 「相国寺」は「しょうこくじ」と読みます。「首相」という言葉は、「相」を「しょう」と読むことから違和感はないでしょう。「相国」とは「国をたすける」、「国を治める」という意味です。中国からきた名称で、左大臣の位を「相国」呼び、創建した義満は左大臣であったことから「相国寺」と名付けられました。      資料出典: 相国寺公式サイト

■■ 法堂前の池

放生池

春には蓮の花が池一面に咲き誇ります。

 

相国寺の全体を知る

 相国寺の、いろいろな写真は、下記よりも観ることができます。

 

 

 

  


2016年04月14日

■■【カシャリ!一人旅】 京都 相国寺 養源院1

■■【カシャリ!一人旅】 京都 相国寺 養源院1



思い立ったらカシャリ!


へたの横好きで撮った写真をここにまとめておくことにより、必要なときに見やすいようにと考え、単なる思いつきで着手しました。

他人様に見ていただくというより、自分の作品を整理するためのページです。


 


京都  相国寺 養源院 
 
■ 相国寺(しょうこくじ)とは 相国寺は、臨済宗相国寺派の大本山で、京都五山第二位に列せられています。正式名称は「萬年山相國承天禅寺」という禅宗のお寺です。 14世紀末の室町時代、三代将軍の足利義満により創建されました。何度も焼失の憂き目に遭遇しましたが、法堂(はっとう)は1605年に再建され、日本最古の法堂建築です。 夢窓疎石を開山とし、創建当時は室町一条あたりに総門があり、50あまりの塔頭寺院があったと伝えられています。■ 名前の由来 「相国寺」は「しょうこくじ」と読みます。「首相」という言葉は、「相」を「しょう」と読むことから違和感はないでしょう。「相国」とは「国をたすける」、「国を治める」という意味です。中国からきた名称で、左大臣の位を「相国」呼び、創建した義満は左大臣であったことから「相国寺」と名付けられました。     資料出典: 相国寺公式サイト      パンフレット1  パンフレット2  パンフレット3■ 養源院 https://kyoto-design.jp/event/20589 養源院は、臨済宗相国寺派の塔頭の一つで、相国寺境内南西側に位置します。平素は非公開ですが、京都市特別公開50回を記念して、特別公開されていました。 開祖は曇仲道芳(どんちゅうどうほう)で、詩文に優れたいたことから、室町幕府三代将軍である足利義満やその子義持(よしもち)の親子に寵愛されました。次図から出世を望まず、終生黒衣で通し、禅室「養源軒」に隠棲していました。 幕末の戊辰戦争の際には、薩摩藩の野戦病院となり、イギリス人医師のウィリアム・ウィリスにより、日本で初めてクロロホルム麻酔を使った外科手術が行われました。その部屋の柱には、当時の藩士が付けたという刀傷を処々に見ることができます。 本堂中央には、本尊・薬師如来像が安置され、その奥に毘沙門天(多聞天)が安置されています。鎌倉時代慶派仏師の作と伝わり、像高170cmの立派な寄せ木造りです。左手に檄を掲げ、玉顔をはめ込んだ眼光鋭い表情が憤怒の層を示しています。写実的で若々しく、大変印象深い作品です。 永年、その存在は知られていませんでしたが、江戸時代に相国寺近くに住む奈良屋与兵衛(ならやよへい)の夢枕に、この毘沙門天が現れて「我が像を修復して人々に参拝せしめよ」というお告げがありました。その結果、この木像が発見されたと言い伝えられています。  特別展は、同志社大学の大学生等の学生さん達が案内をしてくれました。



相国寺 養源院1
 
法堂と大塔の間から養源院の門を見る。 その奥は同志社大学構内
鎌倉時代慶派仏師の作と伝わる 毘沙門天の石碑
門正面が本堂
本堂を右手に見ながら 道なりに進みます
本堂前の庭
右手本堂
鎌倉時代慶派仏師の作と伝わる、像高170cmの立派な寄せ木造りの毘沙門天(多聞天) 表の立て看板を撮影


 


 相国寺トップ
 参道・伽藍・方丈
 塔頭
 長得院
 養源院
 瑞春院
 名所旧跡メニュー一覧


 



◆ 【カシャリ!一人旅】 総合メニュー


◆ 経営者・管理職+経営コンサルタント マッチングサイト


◆ 経営コンサルタントになるには

  


2016年04月13日

■■【カシャリ!一人旅】 京都 相国寺 養源院2

■■【カシャリ!一人旅】 京都 相国寺 養源院2



思い立ったらカシャリ!


へたの横好きで撮った写真をここにまとめておくことにより、必要なときに見やすいようにと考え、単なる思いつきで着手しました。

他人様に見ていただくというより、自分の作品を整理するためのページです。


 


京都  相国寺 養源院 
 
■ 相国寺(しょうこくじ)とは 相国寺は、臨済宗相国寺派の大本山で、京都五山第二位に列せられています。正式名称は「萬年山相國承天禅寺」という禅宗のお寺です。 14世紀末の室町時代、三代将軍の足利義満により創建されました。何度も焼失の憂き目に遭遇しましたが、法堂(はっとう)は1605年に再建され、日本最古の法堂建築です。 夢窓疎石を開山とし、創建当時は室町一条あたりに総門があり、50あまりの塔頭寺院があったと伝えられています。■ 名前の由来 「相国寺」は「しょうこくじ」と読みます。「首相」という言葉は、「相」を「しょう」と読むことから違和感はないでしょう。「相国」とは「国をたすける」、「国を治める」という意味です。中国からきた名称で、左大臣の位を「相国」呼び、創建した義満は左大臣であったことから「相国寺」と名付けられました。     資料出典: 相国寺公式サイト      パンフレット1  パンフレット2  パンフレット3■ 養源院 https://kyoto-design.jp/event/20589 養源院は、臨済宗相国寺派の塔頭の一つで、相国寺境内南西側に位置します。平素は非公開ですが、京都市特別公開50回を記念して、特別公開されていました。 開祖は曇仲道芳(どんちゅうどうほう)で、詩文に優れたいたことから、室町幕府三代将軍である足利義満やその子義持(よしもち)の親子に寵愛されました。次図から出世を望まず、終生黒衣で通し、禅室「養源軒」に隠棲していました。 幕末の戊辰戦争の際には、薩摩藩の野戦病院となり、イギリス人医師のウィリアム・ウィリスにより、日本で初めてクロロホルム麻酔を使った外科手術が行われました。その部屋の柱には、当時の藩士が付けたという刀傷を処々に見ることができます。 本堂中央には、本尊・薬師如来像が安置され、その奥に毘沙門天(多聞天)が安置されています。鎌倉時代慶派仏師の作と伝わり、像高170cmの立派な寄せ木造りです。左手に檄を掲げ、玉顔をはめ込んだ眼光鋭い表情が憤怒の層を示しています。写実的で若々しく、大変印象深い作品です。 永年、その存在は知られていませんでしたが、江戸時代に相国寺近くに住む奈良屋与兵衛(ならやよへい)の夢枕に、この毘沙門天が現れて「我が像を修復して人々に参拝せしめよ」というお告げがありました。その結果、この木像が発見されたと言い伝えられています。  特別展は、同志社大学の大学生等の学生さん達が案内をしてくれました。



相国寺 養源院2
五摂家の筆頭・近衛家(このえけ)「桜御所」から移築された書院「相和亭」より 庭を望む
相和亭の池泉式庭は 移築後に忠実に復元されたものです
相和亭庭の左部分
相和亭の池泉式庭 奥が、桜御所から移築した茶室「道芳庵」
茶室「道芳庵」
相和亭の廊下 (右手の室内は撮影できません)
ガラスは移築時代の物を使っているので 平滑ではなく、灯籠がゆがんで見えます


 


 相国寺トップ
 参道・伽藍・方丈
 塔頭
 長得院
 養源院
 瑞春院
 名所旧跡メニュー一覧


 



◆ 【カシャリ!一人旅】 総合メニュー


◆ 経営者・管理職+経営コンサルタント マッチングサイト


◆ 経営コンサルタントになるには

  


2016年04月11日

■■【カシャリ!一人旅】 京都 相国寺 養源院3

■■【カシャリ!一人旅】 京都 相国寺 養源院3



思い立ったらカシャリ!


へたの横好きで撮った写真をここにまとめておくことにより、必要なときに見やすいようにと考え、単なる思いつきで着手しました。

他人様に見ていただくというより、自分の作品を整理するためのページです。


 


京都  相国寺 養源院 
 
■ 相国寺(しょうこくじ)とは 相国寺は、臨済宗相国寺派の大本山で、京都五山第二位に列せられています。正式名称は「萬年山相國承天禅寺」という禅宗のお寺です。 14世紀末の室町時代、三代将軍の足利義満により創建されました。何度も焼失の憂き目に遭遇しましたが、法堂(はっとう)は1605年に再建され、日本最古の法堂建築です。 夢窓疎石を開山とし、創建当時は室町一条あたりに総門があり、50あまりの塔頭寺院があったと伝えられています。■ 名前の由来 「相国寺」は「しょうこくじ」と読みます。「首相」という言葉は、「相」を「しょう」と読むことから違和感はないでしょう。「相国」とは「国をたすける」、「国を治める」という意味です。中国からきた名称で、左大臣の位を「相国」呼び、創建した義満は左大臣であったことから「相国寺」と名付けられました。     資料出典: 相国寺公式サイト      パンフレット1  パンフレット2  パンフレット3■ 養源院 https://kyoto-design.jp/event/20589 養源院は、臨済宗相国寺派の塔頭の一つで、相国寺境内南西側に位置します。平素は非公開ですが、京都市特別公開50回を記念して、特別公開されていました。 開祖は曇仲道芳(どんちゅうどうほう)で、詩文に優れたいたことから、室町幕府三代将軍である足利義満やその子義持(よしもち)の親子に寵愛されました。次図から出世を望まず、終生黒衣で通し、禅室「養源軒」に隠棲していました。 幕末の戊辰戦争の際には、薩摩藩の野戦病院となり、イギリス人医師のウィリアム・ウィリスにより、日本で初めてクロロホルム麻酔を使った外科手術が行われました。その部屋の柱には、当時の藩士が付けたという刀傷を処々に見ることができます。 本堂中央には、本尊・薬師如来像が安置され、その奥に毘沙門天(多聞天)が安置されています。鎌倉時代慶派仏師の作と伝わり、像高170cmの立派な寄せ木造りです。左手に檄を掲げ、玉顔をはめ込んだ眼光鋭い表情が憤怒の層を示しています。写実的で若々しく、大変印象深い作品です。 永年、その存在は知られていませんでしたが、江戸時代に相国寺近くに住む奈良屋与兵衛(ならやよへい)の夢枕に、この毘沙門天が現れて「我が像を修復して人々に参拝せしめよ」というお告げがありました。その結果、この木像が発見されたと言い伝えられています。  特別展は、同志社大学の大学生等の学生さん達が案内をしてくれました。


 


 



相国寺 養源院3
本堂から相和亭への渡り廊下
 
 


 


 相国寺トップ
 参道・伽藍・方丈
 塔頭
 長得院
 養源院
 瑞春院
 名所旧跡メニュー一覧


 



◆ 【カシャリ!一人旅】 総合メニュー


◆ 経営者・管理職+経営コンサルタント マッチングサイト


◆ 経営コンサルタントになるには

  


2016年04月04日

■■【カシャリ!一人旅】 京都 相国寺 瑞春院

■■【カシャリ!一人旅】 京都 相国寺 瑞春院



思い立ったらカシャリ!


へたの横好きで撮った写真をここにまとめておくことにより、必要なときに見やすいようにと考え、単なる思いつきで着手しました。

他人様に見ていただくというより、自分の作品を整理するためのページです。


 


京都  相国寺 養源院 
 

■ 相国寺(しょうこくじ)とは 相国寺は、臨済宗相国寺派の大本山で、京都五山第二位に列せられています。正式名称は「萬年山相國承天禅寺」という禅宗のお寺です。 14世紀末の室町時代、三代将軍の足利義満により創建されました。何度も焼失の憂き目に遭遇しましたが、法堂(はっとう)は1605年に再建され、日本最古の法堂建築です。 夢窓疎石を開山とし、創建当時は室町一条あたりに総門があり、50あまりの塔頭寺院があったと伝えられています。■ 名前の由来 「相国寺」は「しょうこくじ」と読みます。「首相」という言葉は、「相」を「しょう」と読むことから違和感はないでしょう。「相国」とは「国をたすける」、「国を治める」という意味です。中国からきた名称で、左大臣の位を「相国」呼び、創建した義満は左大臣であったことから「相国寺」と名付けられました。     資料出典: 相国寺公式サイト      パンフレット1  パンフレット2  パンフレット3 ■ 瑞春院

 相国寺の塔頭のひとつ、水上勉氏が得度した寺として知られ、「雁の寺」として氏の小説にも重要な塔頭です。水琴窟の音色の良さも見逃せません。

 特別展の時にのみ拝観できますが、事前で直接電話を入れておきますと拝観できることがあるようです。

 

 

瑞春院 ←クリック



 


 相国寺トップ
 参道・伽藍・方丈
 塔頭
 長得院
 養源院
 瑞春院
 名所旧跡メニュー一覧


 



◆ 【カシャリ!一人旅】 総合メニュー


◆ 経営者・管理職+経営コンサルタント マッチングサイト


◆ 経営コンサルタントになるには

  


2014年06月14日

■■【カシャリ!一人旅】京都・大徳寺1

■■【カシャリ!一人旅】京都・大徳寺1

思い立ったらカシャリ! 皆様にご披露するというより、自分の記録としてご紹介しています。

〒603-8231 京都市北区紫野大徳寺町53 http://www.rinnou.net/cont_03/07daitoku/

 臨済宗大徳寺派の大本山で龍寶山と号する。

 鎌倉時代末期の正和4年(1315)に大燈国師宗峰妙超禅師が開創。室町時代には応仁の乱で荒廃したが、一休和尚が復興。桃山時代には豊臣秀吉が織田信長の葬儀を営み、信長の菩提を弔うために総見院を建立、併せて寺領を寄進、それを契機に戦国武将の塔頭建立が相次ぎ隆盛を極めた。

 勅使門から山門、仏殿、法堂(いずれも重文)、方丈(国宝)と南北に並び、その他いわゆる七堂伽藍が完備する。山門は、二階部分が、千利休居士によって増築され、金毛閣と称し、利休居士の像を安置したことから秀吉の怒りをかい利休居士自決の原因となった話は有名。

 本坊の方丈庭園(特別名勝・史跡)は江戸時代初期を代表する枯山水。方丈の正面に聚楽第から移築した唐門(国宝)がある。方丈内の襖絵八十余面(重文)はすべて狩野探幽筆である。什宝には牧谿筆観音猿鶴図(国宝)、絹本着色大燈国師頂相(国宝)他墨跡多数が残されている。(10月第二日曜日公開)現在境内には、別院2ヶ寺、塔頭22ヶ寺が甍を連ね、それぞれに貴重な、建築、庭園、美術工芸品が多数残されている。 <ウェブサイトより>

【アクセス】 京都市バス 1、204、205、206「大徳寺前」下車徒歩5分

【山内地図】 山内地図(PDFファイル)

【注意点】
 大徳寺境内へは無料で入れます。
 山内の各塔頭は、特別拝観時以外は拝観できるところが限られています。また、拝観料は、各処で支払います。

■■ 総門

 旧大宮通から入る門が総門で、北大路通からは南門です。

総門 
勅使門  
三門  
仏殿
法堂  
大仙院  
黄梅院  
芳春院  
龍源院  
高桐院  
TOP  





  


2014年05月10日

■■【カシャリ!一人旅】京都・嵯峨野30 野宮神社

■■【カシャリ!一人旅】京都・嵯峨野30 野宮神社

思い立ったらカシャリ! 皆様にご披露するというより、自分の記録としてご紹介しています。

嵯峨野(さがの)は、京都府京都市右京区にあります。西を太秦、北を桂川、東を小倉山、南を愛宕山に囲まれています。嵐山から小倉山にかけて、社寺が点在していることから、京都を代表する観光地の一つとして、観光客から親しまれています。  嵯峨野の歴史 ←クリック

 ここでは、2013年12月に回った時の写真を中心に紹介します。 渡月橋 ――5分 天龍寺 ――7分 大河内山荘 ――5分 常寂光寺 ――15分野宮神社 ――15分法輪寺

 http://nonomiya.com/

野宮神社は、伊勢斎宮や源氏物語の旧跡として知られています。また、えんむすびの神様、子宝安産の神様として全国から崇敬を集めています。(公式サイトを参照して作成)



↑ クリック私は、天竜寺から常寂光寺を回ってここを訪れましたが、多くの人は、嵯峨野巡りの起点として、ここを訪れます。
黒木鳥居はクヌギの木の皮を剥かないまま使用する、日本最古の鳥居の様式です。 小柴垣はクロモジの木を用います。天皇陛下の御即位式で建てられる「大嘗祭」も黒木鳥居と小柴垣で囲まれます。
えんむすびの神様、子宝安産の神様として、行列をして参拝の順番待ちをしていました。大半が若いカップルでした。
野宮はその昔、天皇の代理で伊勢神宮にお仕えする斎王(皇女、女王の中から選ばれます)が伊勢へ行かれる前に身を清められたところです。
嵯峨野の清らかな場所を選んで建てられた野宮は、黒木鳥居と小柴垣に囲まれた聖地でした。その様子は源氏物語「賢木の巻」に美しく描写されています。

京都 2013年12月 嵯峨野
  


2014年05月10日

■■【カシャリ!一人旅】京都・嵯峨野32 嵯峨野 法輪寺

■■【カシャリ!一人旅】京都・嵯峨野32 嵯峨野 法輪寺

思い立ったらカシャリ! 皆様にご披露するというより、自分の記録としてご紹介しています。

嵯峨野(さがの)は、京都府京都市右京区にあります。西を太秦、北を桂川、東を小倉山、南を愛宕山に囲まれています。嵐山から小倉山にかけて、社寺が点在していることから、京都を代表する観光地の一つとして、観光客から親しまれています。  嵯峨野の歴史 ←クリック

 ここでは、2013年12月に回った時の写真を中心に紹介します。 渡月橋 ――5分 天龍寺 ――7分 大河内山荘 ――5分 常寂光寺 ――15分野宮神社 ――15分法輪寺

嵯峨野 法輪寺
http://www2.ocn.ne.jp/~horinji/虚空蔵法輪寺は京都西山・名勝嵐山の中腹にありますので、渡月橋を訪れた人は多宝塔を直ぐに目にするでしょう。『十三まいり』のお寺としても知られています。春の新緑の季節には、虚空蔵様の恵を得ようと参詣する十三参りの男女で境内は賑わいます。私が訪れたときには、ちょうど七五三の時期でしたので、十三詣りかどうかわかりませんが、女の子が綺麗なきものを着ていました。
↑ クリック
門をくぐると紅葉のトンネルの階段が待っていてくれました。
本尊虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)は嵯峨の虚空蔵さんとして古くから親しまれています。今昔物語、枕草子、平家物語などから、ご存知の方が多いでしょう。
智恵・福徳・技芸上達そして丑寅年生の護本尊の仏様として知られています。また、『針供養』『漆祖神』のお寺として全国から信仰を集めております。
渡月橋から見える多宝塔
境内には電気・電波を守護する鎮守社『電電宮』が祭祀されています。
電電塔

京都 2013年12月 嵯峨野


  


2014年04月26日

■■【カシャリ!一人旅】京都・嵯峨野31 京福電鉄 嵐山駅

■■【カシャリ!一人旅】京都・嵯峨野31 京福電鉄 嵐山駅

思い立ったらカシャリ! 皆様にご披露するというより、自分の記録としてご紹介しています。

嵯峨野(さがの)は、京都府京都市右京区にあります。西を太秦、北を桂川、東を小倉山、南を愛宕山に囲まれています。嵐山から小倉山にかけて、社寺が点在していることから、京都を代表する観光地の一つとして、観光客から親しまれています。  嵯峨野の歴史 ←クリック

 ここでは、2013年12月に回った時の写真を中心に紹介します。 渡月橋 ――5分 天龍寺 ――7分 大河内山荘 ――5分 常寂光寺 ――15分野宮神社 ――15分法輪寺

京福電鉄嵐山駅
 http://www.jojakko-ji.or.jp/ 
テレビなど、マスコミでも採り上げられました、若手デザイナーによる駅構内のデコレーションです。駅舎内や前にお店ができて、昔の駅舎とは大きく異なっているので、驚きました。

京都 2013年12月 嵯峨野


  


2014年04月12日

■■【カシャリ!一人旅】京都・嵯峨野29 常寂光寺 本堂裏

■■【カシャリ!一人旅】京都・嵯峨野29 常寂光寺 本堂裏

思い立ったらカシャリ! 皆様にご披露するというより、自分の記録としてご紹介しています。

嵯峨野(さがの)は、京都府京都市右京区にあります。西を太秦、北を桂川、東を小倉山、南を愛宕山に囲まれています。嵐山から小倉山にかけて、社寺が点在していることから、京都を代表する観光地の一つとして、観光客から親しまれています。  嵯峨野の歴史 ←クリック

 ここでは、2013年12月に回った時の写真を中心に紹介します。 渡月橋 ――5分 天龍寺 ――7分 大河内山荘 ――5分 常寂光寺 ――15分野宮神社 ――15分法輪寺

 http://www.jojakko-ji.or.jp/ 

常寂光寺

慶長年間(1596?~1614)に、

 大本山本圀寺第16世であります究竟院日禛上人により開創されました。

本堂は慶長年間に小早川秀秋の助力を得て、 

伏見桃山城客殿を移築、造営されました。

什物に高倉天皇より小督局に下賜された車琴があります。

これは小早川秀秋より当山に納付されたものです。

(非公開) (公式サイトを参照して作成)

常寂光寺 本堂裏
本堂の後ろ手に池がありちょっとした庭になっています。
本堂(右)の裏手に池があります。本堂の外縁に腰掛けて多宝塔の方を見るのも良いでしょう。
本堂の外縁に腰をかけて右手から水が流れてきます。そこに石橋が架かり、たもとに苔むした石灯籠があります。奥に見えるのは、庫裏の裏手
石灯籠全体が苔むしています
本堂外縁に腰掛けて正面を見ると多宝塔が覗いています。
多宝塔に向かう途中振り向きますと本堂(正面の建物)が見えます。黄葉したかえでが、たくさんの手を広げています。
本堂裏の小山この上に多宝塔が建っています。
本堂から多宝塔に向かう左手に三重の石塔があります

京都 2013年12月 嵯峨野
  


2014年03月22日

■■【カシャリ!一人旅】京都・嵯峨野28 常寂光寺 妙見堂

■■【カシャリ!一人旅】京都・嵯峨野28 常寂光寺 妙見堂

思い立ったらカシャリ! 皆様にご披露するというより、自分の記録としてご紹介しています。

嵯峨野(さがの)は、京都府京都市右京区にあります。西を太秦、北を桂川、東を小倉山、南を愛宕山に囲まれています。嵐山から小倉山にかけて、社寺が点在していることから、京都を代表する観光地の一つとして、観光客から親しまれています。  嵯峨野の歴史 ←クリック

 ここでは、2013年12月に回った時の写真を中心に紹介します。 渡月橋 ――5分 天龍寺 ――7分 大河内山荘 ――5分 常寂光寺 ――15分野宮神社 ――15分法輪寺

 http://www.jojakko-ji.or.jp/ 

常寂光寺

慶長年間(1596?~1614)に、

 大本山本圀寺第16世であります究竟院日禛上人により開創されました。

本堂は慶長年間に小早川秀秋の助力を得て、 

伏見桃山城客殿を移築、造営されました。

什物に高倉天皇より小督局に下賜された車琴があります。

これは小早川秀秋より当山に納付されたものです。

(非公開) (公式サイトを参照して作成)

常寂光寺 妙見堂
妙見堂船乗りが流れ着いたところ、妙見菩薩のご神体を拾い上げたという言い伝えをもとに、そのご神体を祀っています。
本堂と参拝路を挟んだ所にあります
扁額が色あせて読みにくくなっています
妙見堂の前から京都市内を臨む
本堂から男坂の階段を下りきった仁王門の手前を右に行くと修験の瀧があります。 見落としがちです。

京都 2013年12月 嵯峨野
  


2014年03月08日

■■【カシャリ!一人旅】嵯峨野27 常寂光寺庫裏・鐘楼・本堂

■■【カシャリ!一人旅】京都・嵯峨野27 常寂光寺 庫裏・鐘楼・本堂

思い立ったらカシャリ! 皆様にご披露するというより、自分の記録としてご紹介しています。

嵯峨野(さがの)は、京都府京都市右京区にあります。西を太秦、北を桂川、東を小倉山、南を愛宕山に囲まれています。嵐山から小倉山にかけて、社寺が点在していることから、京都を代表する観光地の一つとして、観光客から親しまれています。  嵯峨野の歴史 ←クリック

 ここでは、2013年12月に回った時の写真を中心に紹介します。 渡月橋 ――5分 天龍寺 ――7分 大河内山荘 ――5分 常寂光寺 ――15分野宮神社 ――15分法輪寺

 http://www.jojakko-ji.or.jp/ 

常寂光寺

慶長年間(1596?~1614)に、

 大本山本圀寺第16世であります究竟院日禛上人により開創されました。

本堂は慶長年間に小早川秀秋の助力を得て、 

伏見桃山城客殿を移築、造営されました。

什物に高倉天皇より小督局に下賜された車琴があります。

これは小早川秀秋より当山に納付されたものです。

(非公開) (公式サイトを参照して作成)

常寂光寺 庫裏・鐘楼・本堂
女坂を登り切りますと庫裏の正面に出ます。庫裏の隣が本堂です。本堂の前に鐘楼があります。
右が庫裏、左奥が本堂
本堂の前には苔むした頭を付けた石灯籠がモミジの下に鎮座していました。一週間も早ければ紅葉が素晴らしく、良い写真スポットになると思いながら、シャッターを切りました。本堂は、建立は、慶長年間です。第二世通明院日韶上人が小早川秀秋の助力を得て、桃山城客殿を移築して本堂としました。もともと本堂の屋根は、本瓦葺きの二層屋根でしたが昭和7年の大修理の時に平瓦葺きの屋根になりました。
鐘楼本堂の前には鐘楼があります。ちょうど、男坂を登り切ったところに建っています。鐘楼は、寛永十八年 (1642)第四世、光照院日選上人の時に建立されました。梵鐘は第二次世界大戦中徴資に遭い、現在の梵鐘は、昭和四十八年に青木一郎博士の音響設計により、古律黄鐘調の新鐘として鋳造されたものです。毎日、正午と夕方五時に 所定の数が突かれます 。

京都 2013年12月 嵯峨野
  


2014年02月15日

■■【カシャリ!一人旅】京都嵯峨野26 常寂光寺 女坂を登る

■■【カシャリ!一人旅】京都・嵯峨野26 常寂光寺 女坂を登る

思い立ったらカシャリ! 皆様にご披露するというより、自分の記録としてご紹介しています。

嵯峨野(さがの)は、京都府京都市右京区にあります。西を太秦、北を桂川、東を小倉山、南を愛宕山に囲まれています。嵐山から小倉山にかけて、社寺が点在していることから、京都を代表する観光地の一つとして、観光客から親しまれています。  嵯峨野の歴史 ←クリック

 ここでは、2013年12月に回った時の写真を中心に紹介します。 渡月橋 ――5分 天龍寺 ――7分 大河内山荘 ――5分 常寂光寺 ――15分野宮神社 ――15分法輪寺

 http://www.jojakko-ji.or.jp/ 

常寂光寺

慶長年間(1596?~1614)に、

 大本山本圀寺第16世であります究竟院日禛上人により開創されました。

本堂は慶長年間に小早川秀秋の助力を得て、 

伏見桃山城客殿を移築、造営されました。

什物に高倉天皇より小督局に下賜された車琴があります。

これは小早川秀秋より当山に納付されたものです。

(非公開) (公式サイトを参照して作成)

常寂光寺 女坂を登る
仁王門のすぐ前を右に折れると女坂になります。
女坂を登り切りますと庫裏に出ます。そこから見下ろすと石灯籠があります。
形のおもしろさが気に入りました。
明かり取りの窓が気になり、覗いていました。
覗いた先の景色と石灯籠

京都 2013年12月 嵯峨野
  


2014年01月31日

■■【カシャリ!一人旅】京都・嵯峨野25 常寂光寺 仁王門

■■【カシャリ!一人旅】京都・嵯峨野25 常寂光寺 仁王門

思い立ったらカシャリ! 皆様にご披露するというより、自分の記録としてご紹介しています。

嵯峨野(さがの)は、京都府京都市右京区にあります。西を太秦、北を桂川、東を小倉山、南を愛宕山に囲まれています。嵐山から小倉山にかけて、社寺が点在していることから、京都を代表する観光地の一つとして、観光客から親しまれています。  嵯峨野の歴史 ←クリック

 ここでは、2013年12月に回った時の写真を中心に紹介します。 渡月橋 ――5分 天龍寺 ――7分 大河内山荘 ――5分 常寂光寺 ――15分野宮神社 ――15分法輪寺

 http://www.jojakko-ji.or.jp/ 

常寂光寺

慶長年間(1596?~1614)に、

 大本山本圀寺第16世であります究竟院日禛上人により開創されました。

本堂は慶長年間に小早川秀秋の助力を得て、 

伏見桃山城客殿を移築、造営されました。

什物に高倉天皇より小督局に下賜された車琴があります。

これは小早川秀秋より当山に納付されたものです。

(非公開) (公式サイトを参照して作成)

常寂光寺 仁王門
仁王門仁王門は、もともとは本圀寺客殿の南門として貞和年間(1345頃)に建立されました。それが、元和二年(1616)に移築されて、仁王門となりました。境内建築物の中で最も時代の古い建物です。
三門から入ると左手奥に受付が見えます。その奥が仁王門です。仁王門は、元和二年(1616)に大本山本圀寺客殿の南門(貞和年間の建立)を移築されました。左右の仁王像は運慶作と伝えられています。
茅葺の屋根がめずらしいし造りです。左右の仁王像は、運慶作と伝えられています。身の丈七尺あります。
仁王門像は目と足腰の病にご利益があるとされ、近在の檀信徒がわらじを奉納して祈願しています。 左手に展示場があります。
本堂前から見下ろしますと珍しいといわれる茅葺の屋根が よくわかります。

京都 2013年12月 嵯峨野
  


2014年01月30日

■■【カシャリ!一人旅】京都・嵯峨野24 常寂光寺 山門

■■【カシャリ!一人旅】京都・嵯峨野24 常寂光寺 山門

思い立ったらカシャリ! 皆様にご披露するというより、自分の記録としてご紹介しています。

嵯峨野(さがの)は、京都府京都市右京区にあります。西を太秦、北を桂川、東を小倉山、南を愛宕山に囲まれています。嵐山から小倉山にかけて、社寺が点在していることから、京都を代表する観光地の一つとして、観光客から親しまれています。  嵯峨野の歴史 ←クリック

 ここでは、2013年12月に回った時の写真を中心に紹介します。  渡月橋 ――5分 天龍寺 ――7分 大河内山荘 ――5分 常寂光寺 ――15分野宮神社 ――15分法輪寺

 http://www.jojakko-ji.or.jp/ 
常寂光寺慶長年間(1596?~1614)に、大本山本圀寺第16世であります究竟院日禛上人により開創されました。本堂は慶長年間に小早川秀秋の助力を得て、伏見桃山城客殿を移築、造営されました。什物に高倉天皇より小督局に下賜された車琴があります。これは小早川秀秋より当山に納付されたものです。(非公開)(公式サイトを参照して作成)

常寂光寺 山門
 太い角材を格子に組んで造られた山門は、江戸後期に作り変えられたもので、江戸中期出版の「都名所図会」には、袖に土塀をめぐらした薬医門が図示されています。
閉門しても墨色に塗られた角柱の格子の間から参道が見える開放的な山門です。
三門をくぐり、参道を仁王門に向かって進むと左手に展示場があります。展示場を背に仁王門方向を見る
展示場前の庭

京都 2013年12月 嵯峨野
  


2014年01月29日

■■【カシャリ!一人旅】京都・嵯峨野23 常寂光寺への道

■■【カシャリ!一人旅】京都・嵯峨野23 常寂光寺への道

思い立ったらカシャリ! 皆様にご披露するというより、自分の記録としてご紹介しています。

嵯峨野(さがの)は、京都府京都市右京区にあります。西を太秦、北を桂川、東を小倉山、南を愛宕山に囲まれています。嵐山から小倉山にかけて、社寺が点在していることから、京都を代表する観光地の一つとして、観光客から親しまれています。  嵯峨野の歴史 ←クリック

 ここでは、2013年12月に回った時の写真を中心に紹介します。  渡月橋 ――5分 天龍寺 ――7分 大河内山荘 ――5分 常寂光寺 ――15分野宮神社 ――15分法輪寺

嵯峨野 常寂光寺への道
天竜寺から竹林の道、大河内山荘を経て常寂光寺への道を辿りました。
軽い沢の雲ばの池を思わせる池がありました。モミジの紅葉サザンカの白竹や松の緑 そして背の高い柿の木には朱色の実
モミジのトンネル 通る観光客は皆さんが写真を撮っていました
モミジのトンネルを振り返ってみると 陽光に一層紅葉が映えました

京都 2013年12月 嵯峨野