2014年08月15日

■■【経営士塾】00プロを自育・共育 10期生募集 8/15

■■【経営士塾】00 プロ中のプロを自育・共育 第10期生募集 2014/08/15


 この記事は、日本経営士協会独自の「経営士塾」塾員のためのブログです。

  経営士塾
  http://www.glomaconj.com/seminar/shutokuhosho/shutokuhosho.htm

 

  第10期生募集 2014/08/15


 皆様ご存知の経営士塾ですが、「プロ中のプロ経営士・コンサルタントを自育、共育する」をスローガンとしています。また、「教えてもらうのではなく、感じ取る」という奇妙さもあります実践的な力を付けていただこうという講習会(日本経営士協会の単位取得可能)です。さらに特異なこととして、「インターネットを利用して、自宅でも学習できる」ということも挙げられます。


 このように、経営士塾は、非常に珍しい形態の講習会ですので、受講者の希望にそぐわないこともあり得ます。その場合には、「反面教師として受講する」という姿勢で、じっと耐えている内に別の良さが見えてくるかもしれないという、勝手な言い分を“塾長”が述べています。




 

 2クラスがあり、第10期より、各クラスの内容やレベルが変わります。(詳細は下記URL


  水曜クラス(中級) 第二水曜日15:15~


  土曜クラス                第二土曜日10:15~



 下記URLより、説明を見ることができますので、納得され、受講してみたいという方は、是非ご参加下さい。



  経営士塾第10期生募集 ←クリック


  http://www.jmca.or.jp/index.htm#notice


 


【現塾員】



すでに受講されている塾員で、退塾希望者のみ、8月末日まで経営士塾事務局までその旨をご連絡ください。



現土曜クラスで、水曜クラス(中級)にクラス変更を希望される塾員も同上の様に連絡をして下さい。



現水曜クラスの受講者で継続受講される塾員は、原則としてそのまま水曜クラスに留まって受講してください。もちろん土曜クラスに編入することは可能です。



いずれにしましても、各クラス定員8名(1名ゲスト用予備ですので塾員7名)ですので、その範囲内でのクラス変更、新規入塾の受付となります。従いまして、ご希望に添えないこともありますので、ご容赦ください。



「塾長の知識・経験に基づく財産を引き継ぎたい」という会員さんは、ベテランも、会員歴の浅い人も、是非コンタクトをしてください。




  


Posted by 経営士 at 15:32Comments(0)【経営士塾】

2014年07月14日

■■【経営士塾】プロ自育・共育 初心を思いだそう 7/14

■■【経営士塾】プロ中のプロを自育・共育 初心を思いだそう 2014/07/14

 この記事は、日本経営士協会独自の「経営士塾」塾員のためのブログです。

  経営士塾
  http://www.glomaconj.com/seminar/shutokuhosho/shutokuhosho.htm

 

  原点に戻ろう ~ 気持ちの緩みが出る時期  2014/07/14

 

 経営士塾第9期が始まってから、早3か月、塾長の気の向くまま、風の吹くまま、勝手に採り上げたテーマで、しゃべりたいようにしゃべり、やりたいようにやってきています。その中から、何かを感じ取っていただこうという、これが、経営士塾のやり方です。

 

 受講される方の中には、ご自身のやり方や考え方に合わない人もいるでしょう。その場合には、塾長を「反面教師」と見て、何かを感じ取ってください。自分の考え方に固執していますと、感じ取れるものを感じ取れません。

 

 反面教師について行くことは、時には苦痛であり、時には馬鹿げた行為と思ったりするかもしれません。私にも、そのような人とガマンしながらつきあわなければならない時期がありました。その時に私が学んだ体験や知識は、今日までいろいろな局面で活かすことができました。どの様な体験でもムダなことはないと言う、大切な教えをその人から学ぶことができました。


 自分の殻に閉じこもっていては、自分の成長の機会を損失することになるのです。

 

 経営士塾のコンセプトを思いだしてください。そして、自分なりの受講姿勢を再考してください。今日から、4つのタスクを準備でき次第順次ブログにアップロードします。お忙しいでしょうが、取り組んでみてください。

 

    • 真のプロを目指す

    • 仲間の体験から、何かを感じ取ろう

    • 他の塾員の意見やアイディア、提出物を参考にし、自分自身の財産にする

    • まず謙虚に受け入れ、謙虚に考察し、自分なりのものを“創”る

      • 自分の考えと異なるからといって拒否をするのではなく、反面教師としてそれを受け入れる

    • 謙虚さの上に、クリティカルな視点を忘れない

      • 矛盾を楽しむ

         


  


Posted by 経営士 at 10:47Comments(0)【経営士塾】

2014年07月04日

■■【経営士塾】 プロ中のプロを自育・共育 質問と相談

■■【経営士塾】 プロ中のプロを自育・共育 質問と相談

 この記事は、日本経営士協会独自の「経営士塾」塾員のためのブログです。

  経営士塾
  http://www.glomaconj.com/seminar/shutokuhosho/shutokuhosho.htm

 

■■ 2014/07/04 質問と相談


経営士塾では、「共育・自育」を掲げています。「教えてもらうのではなく、感じ取る」ということや「質問は受け付けません」などという、一般的な研修では考えられないことも受講者に“押しつけられ”ています。


それでも、皆様が受講してくださっていることをありがたいことと思っています。


質問は受け付けていませんが、自分が成長し、一歩でも“真”のプロに近づくためにはどうしたらよいのか、建設的な相談は受け付けています。受け付けていると言うよりは、歓迎します。

一方で、それに対してキチンとした回答ができるかどうか、私のつたない経営コンサルティング経験では自信がありません。しかし、塾員というすばらしい“共育”仲間がいるではありませんか。塾員の皆さんと、一緒になって私も悩むというスタンスで“建設的なご相談”を受け付けていますので、遠慮なくコンタクトをして下さい。


共育仲間が、“一人は共育仲間のために、共育仲間は一人のために”という三銃士に出てきます有名な言葉をもじった形で協力して下さるでしょう。


  


Posted by 経営士 at 17:34Comments(0)【経営士塾】

2014年06月18日

■■【経営士塾】00 すすめ方の復習 2014/06/18

■■【経営士塾】00 プロ中のプロを自育・共育 経営士塾のすすめ方の復習 2014/06/18

 この記事は、日本経営士協会独自の「経営士塾」塾員のためのブログです。

  経営士塾
  http://www.glomaconj.com/seminar/shutokuhosho/shutokuhosho.htm

 

■ 経営士塾のすすめ方の復習  014/06/18

 

経営士塾では、「塾長の永年の体験から、何かを感じ取ろう」という、教えてもらう講習会・研修会・講演会等とはことなるコンセプトで進行して行きます。従いまして、受講者によっては、その手法が合わない人もいると思います。

 

まず、謙虚に受け入れ、その後、自分自身で謙虚にそれを考察し、自分の考えと異なるからと言って拒否をするのではなく、反面教師としてそれを受け入れ、自分なりのものを“創”ってください。

 

コンサルティングにのは、いろいろなやり方があります。自分の考えに合わないからと言って、それを受け入れないのでは、自分の成長の機会を損失することになります。

 

また、経営士塾では、できるだけ事例をもとに、実践的な実力養成を図って行きたいと考えています。経営士塾では、事例を紹介したり、他の塾員の意見やアイディア、提出物を参考にしたりして、自分自身の財産にして下さい。

 

前述の「謙虚さ」の上に、「クリティカルな視点・批判的精神」を持って取り組み、自分自身の商品創りをして下さい。いろいろな事例を、そのまま受け入れるだけではなく、それを自分独自の商品や知識として“昇華”させることが、経営士塾での実力養成の手法です。


経営士塾では、上述のように、教えてもらうのではなく、塾員からいろいろなことを“感じ取る”こととともに、プロは“自育“が基本です。


毎月、その月の課題が決まり、その課題について、カタライザーを立てて、短時間ですが、その課題について討議をし、その課題の概要を把握するようにします。その課題に基づき、タスクが課されますので、自分で挑戦してみて下さい。その段階で、他の塾員やその他の人の意見を聞いたり、調べたりすることも積極的に行って下さい。


翌月、そのタスクに基づき、塾長から経験に基づく資料や情報が出されたり、カタライザーによる討議が行われたりして、自分のタスクを見直す情報を集めることができます。SKYPEによるスクーリングの後は、やりっ放しではなく、自分で前月のタスクを見直して下さい。それを“商品化”したり、知識を整理したりすることにより、深めて下さい。


経営士塾は、時間の有効活用の契機と考えて、それに取り組むことにより、経営士塾受講の効果を高めることができると信じています。




  


Posted by 経営士 at 10:36Comments(0)【経営士塾】

2014年06月18日

■■【経営士塾】00 プロ中のプロを自育・共育 カタライザー

■■【経営士塾】00 プロ中のプロを自育・共育 カタライザー

 この記事は、日本経営士協会独自の「経営士塾」塾員のためのブログです。



  経営士塾 http://www.glomaconj.com/seminar/shutokuhosho/shutokuhosho.htm#01


 カタライザーでコーディネート役の力を付けよう



私ども経営コンサルタントは、クライアント様の経営者・管理職や社員の皆様を前にして、グループ討議をしたり、社員研修をしたりして、リーダーシップをとりながら、スムーズに業務が進むように、取りはからう機会が多々あります。

その際に、「カタライザー」のスキルが役に立つことが多いのです。

経営士塾では、課題に対して塾員から積極的な意見やアイディアを引き出せる進行役的な役割を指します。塾員が交代でカタライザー役として、一つのテーマに取り組むことにより、そのスキルを、体験を通じて磨いていただきたいと思います。

必要に応じて、カタライザー役を指名しますので、指名された方はそれを意識して取り組んでください。その他の塾員は、カタライザーが実力を高められるように協力をしたり、そのすすめ方を見ながら、ご自身の実力養成に務めてください。

経営士塾では、失敗を怖れずに積極的に挑戦することで、プロへに近づけることを期待しています。他の人を、単に批判するだけではなく、それを反面教師として、自分の力の養成に努力をしましょう。

十人十色、百社百容ですので、ご自身にあったものを「感じ取る」ことに務めてください。
そのためには、批判的な見方だけではなく、「謙虚さ」も重要であることを忘れないで下さい。


  


Posted by 経営士 at 09:56Comments(0)【経営士塾】

2014年05月28日

■■【経営士塾】00 プロ中のプロを自育・共育 塾員紹介

■■【経営士塾】00 プロ中のプロを自育・共育 塾員紹介


 この記事は、日本経営士協会独自の「経営士塾」塾員のためのブログです。

  経営士塾 http://www.glomaconj.com/seminar/shutokuhosho/shutokuhosho.htm#01


 経営士塾自己紹介を上手に活用しよう

経営士塾塾員の自主的活動として、一般企業・組織団体の皆様に塾員を紹介します。

塾員は、ご自身の魅力を十分に伝えられるように工夫をして下さい。


フォントは、明朝体よりゴシック体の方が、私には見やすいように思えます。特殊なフォントを使いますと、正しく表示されないことがありますので、ご注意ください。また、プロポーショナル・フォント(フォント名に「MSPゴシック」のようにPがフォント名に含まれている)は、避けた方が、レイアウトが崩れなくて良いのではないでしょうか。


私は、「MSゴシック」をよく使います。


今後、自己紹介文を変更したい場合には、全文入れ替え方式で行います。お送りくださったファイルを、当方ではC&Pするだけですので、レイアウトが崩れることがあります。微調整をした上で、再送してくだされば置き換えます。


このブログから、皆さんのウェブサイトやブログ、その他のSNSにリンクを貼りますと、一層効果が上がると思います。

 

すでに開業している先生には、引き合いがあることを期待します。まだ、サラリーマンをしている人は、引き合いがあれば、自分の表現力に自信を持ち、将来の参考にしてください。先輩コンサルタントにその引き合いを引き継いでいただき、自分は勉強のために同行したり、情報をいただいたりしては如何でしょうか。


皆様の、益々のご活躍を祈念しています。



  


Posted by 経営士 at 17:28Comments(0)【経営士塾】

2014年05月22日

■■【経営士塾】00 プロ中のプロを自育・共育 タスクの提出

■■【経営士塾】00 プロ中のプロを自育・共育 タスクの提出


  この記事は、日本経営士協会独自の「経営士塾」塾員のためのブログです。

  経営士塾 http://www.glomaconj.com/seminar/shutokuhosho/shutokuhosho.htm#01


毎月、タスクが出されますが、タスクの回答方法は、タスク名により2種の方法に分けられます。

「ブログタスク」は、当該するタスクのブログにコメント形式で回答して下さい。

「メールタスク」は、指示に従って回答を作成し、メールにファイルを添付してinfo2@jmca.or.jpにお送りください。特に指示がない限り、作成はどの様なアプリケーションを用いても結構ですが、word文書で提出してください。


提出期限は、プロとしての常識の範囲で判断して下さい。

  


Posted by 経営士 at 14:34Comments(0)【経営士塾】

2014年04月08日

■■【経営士塾】00 プロ中のプロを自育・共育 直前確認 8

■■【経営士塾】00 プロ中のプロを自育・共育 直前確認 2014/04/08


  この記事は、日本経営士協会独自の「経営士塾」塾員のためのブログです。

  経営士塾 http://www.glomaconj.com/seminar/shutokuhosho/shutokuhosho.htm#01



いよいよ第一回の経営士塾が始まります。


SKYPE確認ができていないかどうかについて経営士塾事務局(今後、本部事務局との混同が生じない場合には「事務局」と記述)のホストより連絡があると思います。これまでホストとは個人のアカウントでSKYPEコンタクトをしていた塾員も、SKYPEで利用するアカウントと異なりますので、事前に接続確認をしておいてください。


念のため、経営士塾で使うSKYPEアカウントは下記のようになっています。


  jmcamtg1


経営士塾直前に、ホスト個人アカウントや上記のSKYPE名へのコンタクトは「絶対に」しないで下さい。直前にコンタクトの必要がある場合には、携帯電話でコンタクトをして下さい。(塾員は、ホストに携帯電話番号を連絡しておくことが原則)


なお、受講前に、必ず経営士塾ブログを見ておいてください。とりわけ、下記URLの「00」がタイトルについていますブログは、必ず読んでおいてください。


http://keieishi.dgblog.dreamgate.gr.jp/e111310.html


http://keieishi.dgblog.dreamgate.gr.jp/e110989.html


それでは、楽しみにしています。


  


Posted by 経営士 at 11:08Comments(0)【経営士塾】

2014年04月07日

■■【経営士塾】00 はじめに 受講前準備

■■【経営士塾】 00 プロ中のプロを自育・共育 はじめに 受講前準備

 ここでお届けする情報は、経営士塾塾員(受講者)のためにお送りするものです。


 受講開始前準備

 

経営士塾受講者は、下記3項の準備ができているかどうか確認し、まだの項目がありましたら、開始前までに準備をしておいてください。

 

1.共通テキスト

 

下記書籍を共通テキストとして使用します。お持ちでない塾員は、購入しておいてください。

 

  クリティカル・シンキングがよ~くわかる本

今井信行著、秀和システム、\1,400+税

 

2.SKYPE関連

 

SKYPEの登録は済んでいますか?

 

SKYPE名を経営士塾事務局(榎本先生)へ通知し、事前に榎本先生とコンタクトができるかどうかを確認しておいてください。経営士塾で使う榎本先生のSKYPE名は、先生個人のものではなく、協会の共通SKYPE名(jmcamtg1)ですので、榎本先生個人のアカウントで過去にコンタクトがあっても、このSKYPE名でコンタクトができるかどうかはわかりません。

 

経営士塾では、ビデオSKYPE機能を利用しますので、音声の双方向コミュニケーションだけではなく、受講者全員の顔を見ながら、また講師からの研修資料を見ながら受講することができます。Webカメラが必須となりますので、お持ちでない方は事前に購入しておいてください。

 

3.ロジカル・シンキングe-Learning受講

 

私が、科学技術振興機構(JST)様に協力して開発しましたロジカル・シンキングのe-Learning講座があります。こちらを受講開始までに受講完了しておいてください。この受講により、コンサルティング技術科目の単位を取得することができます。

 

受講手順 クリック

 

4.経営士塾ブログ

 

ときどき、経営士塾ブログを参照して下さい。

 

  http://keieishi.dgblog.dreamgate.gr.jp/

 

  【経営士塾】ブログの見方

1. 先ず、ブログを開いてください ←クリック

2. 画面左の「カテゴリ」エリア下方にあります、【経営士塾】というテーマをお選びください。

3. 下方へスクロールしますと関連するブログをご覧いただけます。

 

 

  


Posted by 経営士 at 07:53Comments(0)【経営士塾】

2014年03月31日

■■【経営士塾】00 プロ中のプロを自育・共育 はじめに

■■【経営士塾】 00 プロ中のプロを自育・共育 はじめに

 ここでお届けする情報は、経営士塾塾員(受講者)のためにお送りするものです。


■ 経営士塾コンセプトの理解


当講座で目指すのは、「共業・共用・共育を実践し、自育により個人の知的財産のみならず、協会共有資産の構築」です。


教えてもらうのではなく、「自育」と「共業・共用・共育」が基本です。講師陣は、質問や相談・悩み事に直接回答することはありません。しかし、それを拒否するものではないですが、まずは仲間同士で解決することが原則です。


■ 受講のメリット

ご存知の通り、当講座は、協会本部主催の講習会です。従いまして、当講座受講により、下記の単位(経営管理およびコンサルティング技術)を取得できます。ただし、「受講」とは、水曜日または土曜日のスクーリングの出席だけではなく、それ以外に出されるホームタスクやチャレンジタスク(自由タスク)への内容・レベル等により、単位数が少なくなったり、単位取得ができなかったりする月があります。

  経営管理・コンサルティング技術科目の単位取得対象

   経営管理科目                0.5単位/月

   コンサルティング技術科目     0.5単位/月


これから、6か月を単位に受講申し込みを受け付けますが、特に申し出のない限り、継続受講とみなします。継続受講を希望されない場合には、期末2か月以上前に経営士塾事務局までご連絡ください。


■ タスクと回答

タスクや情報等は、ブログまたはメールを用いてご連絡いたします。ブログは、当面ドリームゲートの経営士ブログを用います。

  http://keieishi.dgblog.dreamgate.gr.jp/


ブログを開いたら、左欄にあります「カテゴリ」を下方にスクロールしてください。「【経営士塾】」というカテゴリが出てきますので、クリックしてください。画面に経営士塾関連のブログのみが表示されます。必要なブログをスクロールして選んで、作業をして下さい。


重要

ブログから出されたタスクで「回答はメールで」という記述がない限り、当該するブログへのコメントとして回答して下さい。



■ メール交換のルール

ルによる回答ややりとりにおきましてはルの件名欄経営士塾ドを記述してさい


経営士塾        JKJ1402


なおルはテキスト形式」ではなくhtml」形式受信できるように設定をしてさいまた、使用フォントは「MS明朝」「MSゴシックなどを使、「MSP明朝」「MSPゴシックなどプロポショナルフォントをいないでさい

■ 受講開始前準備

 受講を認められた人は、下記のことを受講開始前に行うこと。ただし、済んでいる人はその限りではない。

  •  クリティカル・シンキングがよ~くわかる本(今井信行著、秀和システム、\1,400+税)購入
  •  SKYPE登録と事務局への通知、Webカメラ購入
  •  ロジカル・シンキングe-Learning受講 受講手順 ←クリック

■ お問い合わせ

 本講座に関しては、経営士塾受付までお問い合わせください。


http://stat100.ameba.jp/blog/ucs/img/char/char2/026.gif  【経営士塾】ブログの見方

1. 先ず、ブログを開いてください ←クリック

2. 画面左の「テーマ」エリア下方にあります、【経営士塾】というテーマをお選びください。

3. 下方へスクロールしますと関連するブログをご覧いただけます。

http://stat100.ameba.jp/blog/ucs/img/char/char2/026.gif  非会員様の【経営士塾】受講申し込み

この講座は、日本経営士協会会員のみならず、非会員様も受講ができる公開講座です。プロの経営コンサルタントに直接交流することができます。経営コンサルタントを目指す人には、資格取得の道に繋がりますので、是非受講をして、キャリアアップを図ってください。 情報・申し込み ←クリック

http://stat100.ameba.jp/blog/ucs/img/char/char2/026.gif  日本経営士協会会員の【経営士塾】受講申し込み

日本経営士協会会員は、プロへに近づくだけではなく、受講により経営士・経営士補への昇格の機会に繋がります。 情報・申し込み ←クリック


■■ 経営コンサルタントを目指す人のための特訓教室(公募講座) ←クリック

  日本経営士協会会員向けの情報は、別に用意していますので、そちらをご連絡いたします。


  


Posted by 経営士 at 14:32Comments(0)【経営士塾】

2014年03月30日

■■【経営士塾】01 プロ中のプロを自育・共育

■■【経営士塾】 01 プロ中のプロを自育・共育

 ここでお届けする情報は、経営士塾塾員(受講者)のためにお送りするものです。


■ 経営士塾とは


 経営士塾とは、真のプロフェッショナルな経営コンサルタントを目指す人を「手作りで育てる」ために、日本経営士協会が2004年に開講しました。

 基礎力の裾野を広げると共に、実践重視の、個人の能力や経験に即した個別指導に重点をおきます。

 40年近い経営士・コンサルタント経験およびそこから得てきた知恵・ノウハウを、受講者(経営士塾員と称し、以下「塾員」と記す)に継承し、会員の益々の活躍を期待します。

 塾員は、知恵やノウハウを盗み取ったり、学だりするだけではなく、将来的には収益活動も行い、その活動から経営士・コンサルタントとしての実践的実務を体得できることを目指します。

 教えてもらうのではなく、感じ取ることにより体得し、実力を向上することを望む人を受講対象とします。


■■ 経営コンサルタントを目指す人のための特訓教室(公募講座) ←クリック

  日本経営士協会会員向けの情報は、別に用意していますので、そちらをご連絡いたします。


  


Posted by 経営士 at 14:30Comments(0)【経営士塾】

2014年03月29日

■■【経営士塾】02 プロの自育・共育 対象とクラス編成

■■【経営士塾】 02 プロ中のプロを自育・共育 対象とクラス編成

 ここでお届けする情報は、経営士塾塾員(受講者)のためにお送りするものです。


■ 対象とクラス編成

 経験・実力レベルに応じたクラス編成
 当初は、塾員は、協会の会員歴・会員種や実力の如何を問わず、同一スタートラインに立ちます。受講の過程でクラス編成を進め、次第に塾員のレベルに応じたコース構成を整えてゆきます。
 入塾時に、簡単な審査があり、受講できないことがあります。

◆ 上級コース

 経営士BクラスまたはBクラスへの昇格を目指すにふさわしい人を対象とし、自分の専門性を高め、実践的なコンサルティング・ツール作成などにより、主催者のノウハウを含む知識・経験を継承し、実務に直結する実力養成を中心に行い、協会の後進育成ができる会員に育つことを期待します。
 また、論理思考や発想の瞬発力を強化し、講師から問題・課題や解決手法その他諸々のことに気づきを見出し、その解決策は発展策を追求できる力を養ってゆきます。
 初級コースの塾員指導を通じて、研修講師としての実力を養成し、それが社員研修にも活かせるような知識と手法・技術を体得します。

◆ 中級コース

 経営士CクラスおよびCクラスへの昇格を目指すにふさわしい人を対象とします。
 どの様な経営士・コンサルタントを目指すか、そのためには何をすべきかを意識し、自分の”商品”づくりを進めながら、実践的な力を養成してゆきます。
 論理思考や発想の瞬発力を養成し、受講を通じて問題・課題の発見・構築力や解決策を養成します。

◆ 初級コース
 経営士・コンサルタントとしての業務を理解し、意識を高め、基礎的な知識や技術を習得し、共業・共用・共育を推進できる実務力を養成します。
 論理思考力を養成し、問題・課題の発見・構築や解決の方策を体得します。


■■ 経営コンサルタントを目指す人のための特訓教室(公募講座) ←クリック

  日本経営士協会会員向けの情報は、別に用意していますので、そちらをご連絡いたします。


  


Posted by 経営士 at 18:00Comments(0)【経営士塾】

2014年03月28日

■■【経営士塾】03 プロ中のプロを自育共育 内容・すすめ方

■■【経営士塾】 03 プロ中のプロを自育・共育 内容・すすめ方

 ここでお届けする情報は、経営士塾塾員(受講者)のためにお送りするものです。

■ 内容・すすめ方

◆ すすめ方
 当面は毎月第二土曜日午前10時からSKYPEによる集合研修を開催します。クラスが分化するに従い、中・上級コースは平日に日時が変更となることもあります。
 一般的な研修のようにテーマに基づき、講師の話を聞くことが中心の研修とは異なり、アメリカのビジネススクール(大学院)式の授業と個別指導型のハイブリッドな研修です。双方向のコミュニケーションを中心とした独特のすすめ方です。
 与えられた課題に基づき、塾員との交流や講師とのコミュニケーションを通じて自己研鑽を行います。

◆ 内容
 テーマは、各回講師から発表されます。事前に発表された場合には、そのテーマに関して予め資料や情報収集をしておいていただきます。
 テーマは、経営管理やそれに付帯したコンサルティング技術が中心ですが、講師から投げかける質問は多岐にわたります。6か月毎にジャンル(テーマ分類)が替わります。

◆ 実習
 受講が進むにつれ、中・上級コースでは実習も含まれるようになります。実習内容は、受講進捗内容を勘案しながら設定してゆきます。


■■ 経営コンサルタントを目指す人のための特訓教室(公募講座) ←クリック

  日本経営士協会会員向けの情報は、別に用意していますので、そちらをご連絡いたします。


  


Posted by 経営士 at 18:00Comments(0)【経営士塾】

2014年03月27日

■■【経営士塾】04 プロ中のプロを自育・共育 主催者・講師

■■【経営士塾】 04 プロ中のプロを自育・共育 主催者および講師

 ここでお届けする情報は、経営士塾塾員(受講者)のためにお送りするものです。

■ 主催者および講師

◆ 主催者 今井信行

 アメリカ留学で経営学、マーケティングを学び、日本の商社で輸出入業務や新製品開発と市場導入などを担当。ニューヨーク駐在所長、アメリカ法人役員などを歴任後、経営コンサルタントとして独立。パソコン揺籃期から中堅・中小企業のパソコン活用の啓蒙をし、今日のIT経営の先見性を持った経営戦略指導をし、国内だけではなくグローバルな活動をしている。

 ソフトバンク「営業管理職のためのパソコンノウハウ」、アメリカ・マグローヒル社「アメリカにとって今が対日進出のチャンス」をはじめ、著書や論文・寄稿・講演など多数。

 今日では、日本のコンサルタントの地位向上・若手育成に力を注いでいて、「コンサルタントのコンサルタント」と呼ばれる。日本経営士協会理事長他各種の要職についている。

◆ 講師

 主催者が認めた協会会員が講師を担当します
 当面は、主催者が講師を務めます。
 受講者の中から講師にふさわしい会員が誕生したとき、クラスが分化する場合に、認定された講師が担当することがあります。


■■ 経営コンサルタントを目指す人のための特訓教室(公募講座) ←クリック

  日本経営士協会会員向けの情報は、別に用意していますので、そちらをご連絡いたします。


  


Posted by 経営士 at 18:00Comments(0)【経営士塾】

2014年03月26日

■■【経営士塾】05 プロ中のプロを自育・共育 受講メリット

■■【経営士塾】 05 プロ中のプロを自育・共育 受講者のメリット

 ここでお届けする情報は、経営士塾塾員(受講者)のためにお送りするものです。


■ 受講者のメリット

◆ 個別指導
 個別にメールやSNS等を利用して指導を受けられます。

◆ 経営士補・経営士推薦制適用
 塾員が、所定のレベル以上の成績を修め、コンサルティング技術を習得できたと評価された場合には、日本経営士協会の経営士補または経営士およびその上級クラスへの推薦制度を適用し、資格取得支援を行います。

◆ 主催者の知識・経験から滲み出るノウハウを吸収
 主催者が永年培ってきた各種コンサルティングツール等を、単なる共有ではなく、「共用」できるようにしながら、実践利用ノウハウを吸収して行きます。

◆ 共業・共用・共育の実践
 塾員同士が塾員の専門性や人となりを知る機会となります。当協会会員のみならず、入会・資格取得希望者が受講することもあり、人脈作りを通じて、共業・共用・共育を進める基本ができます。

◆ 情報提供
ブログ等を通じて、各種の情報提供を受けられます。


■■ 経営コンサルタントを目指す人のための特訓教室(公募講座) ←クリック

  日本経営士協会会員向けの情報は、別に用意していますので、そちらをご連絡いたします。


  


Posted by 経営士 at 18:15Comments(0)【経営士塾】

2014年03月25日

■■【経営士塾】06 プロ中のプロを自育・共育 受講要件

■■【経営士塾】 06 プロ中のプロを自育・共育 受講要件

 ここでお届けする情報は、経営士塾塾員(受講者)のためにお送りするものです。


■ 受講要件

  •  受講者は、日本経営士協会会員に限ります。ただし、当協会が認めた団体の所定の受講者も受講することができます


  •  いずれの場合も、受講者は下記の要件を満たす必要があります


  •  プロの経営士・コンサルタントに強い興味と関心がある


  •  ウェブカメラ付きブロードバンド利用ができ、SKYPE利用ができる


  •  MSオフィスのWord、Excel、Power Pointの基本操作ができる


  •  会員は、当該期間の年会費/受講料が納入済みである


  •  受講日以外にも自己研鑽する時間がある                 


【 注 】 SKYPE
 SKYPE登録していない人は、登録をして下さい。


http://stat100.ameba.jp/blog/ucs/img/char/char2/026.gif  【経営士塾】ブログの見方

1. 先ず、ブログを開いてください ←クリック

2. 画面左の「テーマ」エリア下方にあります、【経営士塾】というテーマをお選びください。

3. 下方へスクロールしますと関連するブログをご覧いただけます。

http://stat100.ameba.jp/blog/ucs/img/char/char2/026.gif  非会員様の【経営士塾】受講申し込み

この講座は、日本経営士協会会員のみならず、非会員様も受講ができる公開講座です。プロの経営コンサルタントに直接交流することができます。経営コンサルタントを目指す人には、資格取得の道に繋がりますので、是非受講をして、キャリアアップを図ってください。 情報・申し込み ←クリック

http://stat100.ameba.jp/blog/ucs/img/char/char2/026.gif  日本経営士協会会員の【経営士塾】受講申し込み

日本経営士協会会員は、プロへに近づくだけではなく、受講により経営士・経営士補への昇格の機会に繋がります。 情報・申し込み ←クリック


■■ 経営コンサルタントを目指す人のための特訓教室(公募講座) ←クリック

  日本経営士協会会員向けの情報は、別に用意していますので、そちらをご連絡いたします。


  


Posted by 経営士 at 18:00Comments(0)【経営士塾】

2014年03月25日

■■【経営士塾】07 プロ中のプロを自育・共育 受講申込

■■【経営士塾】 07 プロ中のプロを自育・共育 受講申し込み

 ここでお届けする情報は、経営士塾塾員(受講者)のためにお送りするものです。


■ 受講申込

 募集人数は、一クラス8名です。空き席がある場合には、随時入会が可能です。受講希望者が少ない場合には、開催時期がずれることがあります。また、受講希望者が多い場合には、複数のクラスを開催することがあります。受講者の状況を見て、上級・中級・初級に分化してゆきます。
 正式開講は、平成26年4月度より開講し、募集は半期毎に行います。
 現在平成26年度上期受講者をプレ募集しています。受講が認められた塾員は、プレ講座を、特別料金なしで受講することができます。

 申込を希望される方は、メールで、下記項目を記載またはファイル添付してお送りください。

  ① 氏名、資格名・会員種、スカイプ名
  ② 自分自身の売り込み(文字数条件なし)
  ③ なぜ経営士塾受講を希望するのか、何を期待するのか(文字数条件なし)
  ④ 非会員様の場合には、略歴(様式条件なし)

 申込順に審査し、審査通過者数が定員に達した場合には、順番待ちになります。各コース最低実施人数を割った場合には、他のコースと合同となることもあります。また、募集時に応募者が定員を大きく超えるような場合には、抽選などの方法を取ることもあります。


■ お問い合わせ

 本講座に関しては、経営士塾受付までお問い合わせください。


http://stat100.ameba.jp/blog/ucs/img/char/char2/026.gif  【経営士塾】ブログの見方

1. 先ず、ブログを開いてください ←クリック

2. 画面左の「テーマ」エリア下方にあります、【経営士塾】というテーマをお選びください。

3. 下方へスクロールしますと関連するブログをご覧いただけます。

http://stat100.ameba.jp/blog/ucs/img/char/char2/026.gif  非会員様の【経営士塾】受講申し込み

この講座は、日本経営士協会会員のみならず、非会員様も受講ができる公開講座です。プロの経営コンサルタントに直接交流することができます。経営コンサルタントを目指す人には、資格取得の道に繋がりますので、是非受講をして、キャリアアップを図ってください。 情報・申し込み ←クリック

http://stat100.ameba.jp/blog/ucs/img/char/char2/026.gif  日本経営士協会会員の【経営士塾】受講申し込み

日本経営士協会会員は、プロへに近づくだけではなく、受講により経営士・経営士補への昇格の機会に繋がります。 情報・申し込み ←クリック


■■ 経営コンサルタントを目指す人のための特訓教室(公募講座) ←クリック

  日本経営士協会会員向けの情報は、別に用意していますので、そちらをご連絡いたします。


  


Posted by 経営士 at 07:02Comments(0)【経営士塾】

2014年03月22日

■■【経営士塾】08 プロ中のプロを自育共育 受講開始前準備

■■【経営士塾】 08 プロ中のプロを自育・共育 受講開始前準備

 ここでお届けする情報は、経営士塾塾員(受講者)のためにお送りするものです。


■ 受講開始前準備

 経営士塾受講者は、下記3項の準備ができているかどうか確認し、まだの項目がありましたら、開始前までに準備をしておいてください。

1.共通テキスト

 下記書籍を共通テキストとして使用します。お持ちでない塾員は、購入しておいてください。

  クリティカル・シンキングがよ~くわかる本

今井信行著、秀和システム、\1,400+税

2.SKYPE関連

 SKYPEの登録は済んでいますか?

 SKYPE名を経営士塾事務局(榎本先生)へ通知し、事前に榎本先生とコンタクトができるかどうかを確認しておいてください。経営士塾で使う榎本先生のSKYPE名は、先生個人のものではなく、協会の共通SKYPE名(jmcamtg1)ですので、榎本先生個人のアカウントで過去にコンタクトがあっても、このSKYPE名でコンタクトができるかどうかはわかりません。

 経営士塾では、ビデオSKYPE機能を利用しますので、音声の双方向コミュニケーションだけではなく、受講者全員の顔を見ながら、また講師からの研修資料を見ながら受講することができます。Webカメラが必須となりますので、お持ちでない方は事前に購入しておいてください。

3.ロジカル・シンキングe-Learning受講

 主宰者が、科学技術振興機構(JST)様に協力して開発しましたロジカル・シンキングのe-Learning講座があります。こちらを受講開始までに受講完了しておいてください。この受講により、コンサルティング技術科目の単位を取得することができます。

受講手順 クリック

■ お問い合わせ

 本講座に関しては、経営士塾受付までお問い合わせください。


http://stat100.ameba.jp/blog/ucs/img/char/char2/026.gif  【経営士塾】ブログの見方

1. 先ず、ブログを開いてください ←クリック

2. 画面左の「テーマ」エリア下方にあります、【経営士塾】というテーマをお選びください。

3. 下方へスクロールしますと関連するブログをご覧いただけます。

http://stat100.ameba.jp/blog/ucs/img/char/char2/026.gif  非会員様の【経営士塾】受講申し込み

この講座は、日本経営士協会会員のみならず、非会員様も受講ができる公開講座です。プロの経営コンサルタントに直接交流することができます。経営コンサルタントを目指す人には、資格取得の道に繋がりますので、是非受講をして、キャリアアップを図ってください。 情報・申し込み ←クリック

http://stat100.ameba.jp/blog/ucs/img/char/char2/026.gif  日本経営士協会会員の【経営士塾】受講申し込み

日本経営士協会会員は、プロへに近づくだけではなく、受講により経営士・経営士補への昇格の機会に繋がります。 情報・申し込み ←クリック


■■ 経営コンサルタントを目指す人のための特訓教室(公募講座) ←クリック

  日本経営士協会会員向けの情報は、別に用意していますので、そちらをご連絡いたします。


  


Posted by 経営士 at 10:28Comments(0)【経営士塾】