2011年06月14日

■■日本は中国の一部? 経営コンサルタント日記 6月14日

■■日本は中国の一部? 経営士・コンサルタント日記 6月14日(火)

 

 アメリカでは6月14日は「フラッグデー」という国民の祝日です。

 

 1777614日に、今日の星条旗のもととなるアメリカ合衆国の国旗が定められました。ご存知の方も多いでしょうが、7つのストライプに多数の星をちりばめたデザインです。

 

 このデザインは、フィラデルフィアの旗作り職人であるベッツイ・ロスによるものです。7つのストライプは、アメリカが独立したときに7つの集があったことを示しています。星の数は、その時の週の数を表します。従って、週の数が増減するたびに星条旗のデザインが変わるのです。

 

 ロスのデザインは、7つのストライプを背景に、13の星が円形に並べられていたものです。近年は48州に、アラスカとハワイが加わった50の星が並んでいます。

 

 私のつたない経験では、アメリカの学校では、教室に星条旗が掲げられているところが多いですね。多民族国家ですので、国を愛する気持ちを束ねるためには必要なことなのでしょう。

 

 日本の学校で、もしそのようなことをする教師がいたらどうなるでしょうか?

 

 国を象徴する国旗が軽んじられている国は、数少ないと思います。戦後65年も経った今日です。私にはよく解りませんが、日章旗を掲揚しても国粋主義者呼ばわりをされることはないのではないでしょうか。

 

 オリンピックで、日章旗が掲揚されるとうれしいですね。

 

 ちなみに6月14日は「オリンピック大会旗制定記念日」でもあります。1914年に今日の5色のオリンピック大会旗が制定されました。5色は5大陸を象徴すると聞いています。

 

  青  ヨーロッパ

  黄  南北アメリカ

  黒  アフリカ

  緑  アジア

  赤  オセアニア

 

 あれ??? 日本は何処に?

 

 アジア大陸の一部なのですね。

 

 余談になりますが、私がはじめてアメリカに行った1970年には、日本が何処にあるのかを知らない人が多かったことに驚きました。中には、中国の一部と考えている人もいたのです。信じられますか?

 

 今日は、出張残務に追われる一日でした。出張で、いろいろな人にお会いできるのは嬉しいのですが、仕事が溜まるのはいやですね。

 

■■ 人事活用マニュアル ←クリック

 

  


2011年06月14日

■■製造業経営革新セミナー 従業員雇用

■■製造業経営革新セミナー 従業員雇用

 

 従業員を雇用するときに支給される助成金と雇用の際に必要な

 労務管理の基礎知識

 ~貴方の会社に役立つ助成金と会社に貢献できる従業員の育成について~

 

 【講師】 社会保険労務士  有賀 ヒメ子 氏

 

■概 要

 

 経営者の皆様方、助成金についてご存知ですか。助成金には、中小企業の経営をサポートしたり社員教育を行う際の講師料に関する助成金など、様々な種類があります。助成金は返済の必要がありません。是非とも助成金の種類と活用方法を知り、あなたの会社の経営にお役立てください。

 

 本セミナーの前段では、助成金を専門とする講師が、ハローワークを通じて新しく従業員を採用すると支給される助成金を中心に、経営に役立つ最新の助成金についてご紹介いたします。

 

 後段では、折角時間と経費をかけて教育した新社員が直ぐに辞めてしまう原因について分析し、どのようにしたら社員の定着化を図り売上アップにつながる人材を育成することができるのか、そのノウハウをご紹介致します。また、雇用に必要な労務管理の基礎知識と社会保険料制度のからくり、経費節約につながる賃金の設定術についてお話します

 

■日 時:平成23年6月25日(土) 13:30~16:30

 

■会 場:大田区産業プラザPIO 6階 F会議室

>> http://www.pio-ota.jp/plaza/map.html

 

■参加費:1,500円(当日徴収させていただきます)

 

■締切り:平成23年6月24日(金)

 

■問合せ:日本経営士協会 事務局

>> http://www.jmca.or.jp/toiawase/

 

●詳細情報・受講申込み

>> http://www.consultor.jp/seminor2/seminor3.html

 

 

■■ 士業向けセミナー  ←クリック

 

  


2011年06月14日

■■ 発展し続ける企業が辿る“秘密” の道 No.7

■■ 発展し続ける企業が辿る“秘密 の道 No.7

 

~ 経営コンサルタントを使いこなせない社長は引退せよ ~

 

【 重要 】

 

 この連載ブログは、原則としてアメブロの読者登録(アメンバー)された方に全文を無料で提供しています。アメンバーになるのは簡単ですので、アメブロサイトでご登録ください。前回との続きの場合には、理解度を高めるために一部重複して掲載します。

 

■ 1-2 コンサルタントを使う目的をはっきりしよう 1 通算7回

 

 経営に関するコンサルタントといっても、いわゆる経営コンサルタントもいるし、税務や財務などの相談者としては、公認会計士や税理士といった先生もいます。

 

 しかし、目先の資金繰りに困ったときには、その道専門のコンサルタントもいます。労務関係としては、社会保険労務士がいますし、官公庁向けや公的な書類を作成するためには司法書士や行政書士という先生がいます。

 

 また、経営情報関連では、ITコーディネータや情報関連の各種資格を持っているコンサルタントがいます。経営者としての個人資産の管理に関しては、ファイナンシャル・アドバイザがいます。

 

 一口にコンサルタントと言ってもこの様に・・・・・<続きはクリックして読者登録が必要です> ←クリック

 

■■ 歴史に学ぶ経営 ←クリック

 

  


Posted by 経営士 at 15:52Comments(0)経営のカンどころ

2011年06月14日

■■ 経営士・コンサルタントだけの情報

■■ 経営士・コンサルタントだけの情報

 

 プロの経営士・コンサルタントだけではなく、これから経営コンサルタントを目指す人、将来経営コンサルタントになろうかと考えている人、経営コンサルタント業に関心のある人、等々に、経営コンサルタントとして成功する“秘密”の道をご紹介します。

 

■■ 有能な経営コンサルタントが持っている資質  ~知的ハングリー

 

 経営コンサルタントは、お節介焼きでなければならないと考えています。逆に、自分の知っていること、経験したことを出し惜しんでいてはだめです。わずかしか持ち合わせていない知識の切り売りをするだけの経営コンサルタントでは、遠からず行き詰まってしまいます。

 

 経営環境というのは常に変化しており、企業は生き物・・・・・

    <続き> ←クリック

 

■■ 当ブログ発行ポリシー ←クリック

■■ コンサルタント向け研修情報  ←クリック

 

  


2011年06月14日

■■連載小説 経営コンサルタント竹根好助の先見思考経営 40

■■連載小説 経営コンサルタント竹根好助の先見思考経営 40

 

 昼は休みに読むブログ連載小説です。経営コンサルタントとどのようにつきあうと経営者・管理職として、プロ士業として一歩上を目指せるのか、小説を通じて体感してください。

 

【本書の読み方】 脚注参照

 ブログ発行の不手際により、一部の原稿が重複していることがあります。

 

■■ 3 再会 8 通算40

 

【回想2】

 

 アメリカで初めて会ってから10年も経っており、竹根の訪問を受けた幸は、何から話して良いのか迷った。竹根の人柄から、まさか竹根が経営コンサルタントになっているとは・・・・・という驚きのような気持ちでいたので、それが口をついて出てきた。

 

 「経営コンサルタントになっていたのでは悪いですか?」

 

 「いえいえ、そんなつもりでは・・・だいたい、竹根さん、先生は、もともとお役人とか、銀行マンとか、そんなお堅い仕事をするような雰囲気の人です。商社マンというのですら、何となく竹根先生の雰囲気というのか、人柄とはぴんと来ないものを感じています」

 

 「そんなに融通の利かない風体ですかネ?」

 

 「いやいや、そうじゃなくて、世間では経営コンサルタントといった時によいイメージを持たない人が結構います」

 

 「確かに、経営コンサルタントと名乗って、悪いことをしている人もいますからね」

 

 「実は、私の知り合いの経営者が、経営コンサルタントには守秘義務があるからとすっかり裸になっていろいろと話をしたそうです。その中には私的なこと、そう女性問題も含めて話したんだそうです。そうしたら、それをネタに揺すられてしまい、顧問料の何倍かのお金を巻き上げられたそうです。結局、その男は捕まったそうですが、そんなこともあって、経営コンサルタントというのが何となく竹根先生の堅実な雰囲気とは異質のように思っていたのです」

 

 「大変残念なことに、一部の悪徳コンサルタントのおかげで、経営コンサルタントに対するよくないイメージの色眼鏡で見られることが結構あります。節税ならぬ脱税の手口を教えてくれる人とか、巧妙な詐欺の手口を伝授する人などと思われている人もいるようです」

 

 「時々そのようなことも聞きますので、経営コンサルタントにはそう言う人が多いのでしょうね」

 

 「育さん、たとえあなたでもそんなことを言うのであればおつきあいをやめさせてもらいます」

 

 「先生、失礼しました」

 

■■ 脚注

 本書は、現代情景と階層部分を並行して話が展開する新しい試みをしています。読みづらい部分もあろうかと思いますので、現代情景部分については【現代】と、また過去の回想シーンについては【回想】と表記します。回想シーンも、回想1は1970年代前半にはじめて幸が竹根に会ったときと、回想2は、その十数年後、二度目にあったときの二つの時間帯があります。

 ブログ発行の不手際により、一部の原稿が重複していることがあるかも知れませんので、ご容赦ください。

 

■■ これまでのあらすじPC←クリック

■■ これまでのあらすじmobile ←クリック

■■ ブログポリシー クリック

 

  


2011年06月14日

■■経営士・コンサルタントのプロ・志望に関するQ&A

■■経営士・コンサルタントのプロ・志望に関するQ&A

 

 1970年代から経営コンサルタントをやっている経験から、独断と偏見でもって皆様からのご質問にお答えします。

 

【質問】

 

 内閣府認証特定非営利活動法人・日本経営士協会はどのような経緯で設立された団体ですか?日本公認会計士協会と何か関係がありますか? 

 

【回答】

 

  昭和2年計理士法が制定され、全国各地に計理士会が誕生しましたが、その後、昭和15年に「社団法人日本計理士協会」に統合されました。これが日本経営士協会の母体です。

 

 昭和23年、計理士法が廃止され、公認会計士制度が発表された後、昭和 24年に「社団法人日本計理士協会」が「日本計理協会」となり、公認会計士制度移行準備団体になりました。そしてその後「日本公認会計士協会」が独立しました。

 

 その当時、欧米先進国では、すでに経営コンサルタントは極めて高く評価されていました。我が国においても、政府をはじめ産業経済の各界から経営コンサルタントの誕生を強く要望されており、当時の財界指導者有志の勧奨によって、昭和28年に「民間における経営コンサルタント育成機関」の先駆者として、日本経営士協会が設立されました。

 

 日本経営士協会は、着々と地歩を固めつつ60年近くをも経過し、満50年を契機にして2003年9月10日に、内閣府認証特定非営利活動法人日本経営士協会として再スタートを切りました。

 

 平成23年には60周年を迎え、職業人としての経営士の地位は揺るぎなく、社会的承認と信任を得ています。

 

  経営士補資格取得保証講座 ←クリック

  入会案内 ←クリック

 

【このコーナーの目的】

 

「経営コンサルタントって、一体何をやってくれるのですか?」と企業の経営者・管理職から訊かれることがあります。ガクッとしてしまいますが、われわれ経営コンサルタントが、平素きちんと説明をしたり、その仕事ぶりを見ていただいたりすることが少ないからと反省をしています。

 

 また、これから経営コンサルタントを目指す人たちは、「中小企業診断士資格を取らないと経営コンサルタントにはなれない」「経営コンサルタントになるにはどうしたらよいのでしょうか」「高校生ですが、経営コンサルタントになるには大学のどの学部がよいでしょうか」等々いろいろな質問を受けます。

 

 そのような質問にお答えして参りたいと思いますので、ご質問がありましたらお寄せください。

 

■■ 社長さん達のためのページ ←クリック

■■ 経営コンサルタントのメールマガジン  ←クリック

■■ 経営コンサルタントをめざす人のページ  ←クリック

■■ 当ブログ発行ポリシー ←クリック

 

GoogleYahooなどの検索サイトで「経営コンサルタント」をキーワードで検索すると、「経営コンサルタントへの道」がトップページに表示されます。

  


2011年06月14日

■■テレビ・新聞に学ぶ経営のカンどころ 6月14日(火)

■■テレビ・新聞に学ぶ経営のカンどころ 6月14日(火)

 

・・・ 意識をすると

・・・ 新聞やテレビの見方も変わってくる

 

 経産省から4月度の鉱工業生産指数の確定値ができます。内閣府と財務省から第一四半期の法人企業景気予測調査の結果が発表されます。

 

 日銀の白川総裁、経済同友会の長谷川代表幹事はそれぞれの会見で何を言うのでしょうか。

 

 アメリカでは5月度の卸物価指数が発表されます。バーナンキ連銀議長がどのようにコメントするでしょうか。

 

 イギリスと中国では消費者物価指数、インドでは卸売物価指数がそれぞれ発表されます。

 

■■ 士業の異業種交流会 ←クリック