2011年06月24日

■■P-D-C-Aは間違えている?コンサルタント日記6/24

■■P-D-C-Aは間違えている? 経営士・コンサルタント日記 6月24日(金)

 

 6月24日は「ドレミの日」です。ドレミというと「サウンド・オブ・ミュージック」を連想する人も多いでしょう。

 

 1024624日にイタリアの僧侶G.ダレッツオがドレミの音階を定め、それを記念しています。

 

 この日、「洗礼者ヨハネの祭」が開かれますが、合唱隊による「聖ヨハネ賛歌」の各小節の最初の音がドレミの音階ができることがもとになりました。音楽を伝える革命と言えます。

 

 経営士・コンサルタントは、企業に変革をもたらすことにより成果が評価されます。「変革」というと大げさで「V字回復」を想定する人も多いと思います。

 

 私は1970年代より永年経営コンサルタント業に携わってきましたが、一般論的な「変革」というようなことよりも「当たり前のことが当たり前にできる企業作り」を標榜してやってきました。

 

 「わが社の当たり前」が何なのかがわからない企業が意外と多いのです。「わが社の当たり前づくり」からお手伝いすることが多々あります。わが社の当たり前が明確になると、それを実行するのに何をするのか、実効策を効果的に進めるにはどうしたら良いのか、実行した結果の総括と次へのアクションということを基本としています。

 

 「P-D-C-Aのデミングサイクルではないですか」とご指摘を受けますが、「いえ、P-D-C+S/Aです」と答えます。

 

 デミングサイクルを誤解されている人が多いですね。正解は弊著「発展し続ける企業の“秘密”の道」第三章をご覧ください。また、当ブログの16時刊「発展し続ける企業の“秘密” の道」でもいつかご紹介します。

 

【 注 】

 弊著、経営者・管理職のための「発展し続ける企業の“秘密”の道」(グロマコン出版、A5サイズ約60ページ)は1,000円(税/送料込み)でおわけしています。

  


Posted by 経営士 at 18:05Comments(0)経営のカンどころ

2011年06月24日

■■ 発展し続ける企業が辿る“秘密” の道No.15 分類2

■■ 発展し続ける企業が辿る“秘密 の道 No.15 コンサルタント分類2

 

~ 経営コンサルタントを使いこなせない社長は引退せよ ~

 

【 重要 】

 

 この連載ブログは、原則としてアメブロの読者登録(アメンバー)された方に全文を無料で提供しています。アメンバーになるのは簡単ですので、アメブロサイトでご登録ください。前回との続きの場合には、理解度を高めるために一部重複して掲載します。

 

■ 1-6 目指すは経営資源の良質化 1 通算15

 

 このようにして管理職がリーダーシップを発揮できると部下が自然と育ってきます。すなわちヒト・モノ・カネという経営資源の中の中核をなすヒトが良質化されるのです。

 

 ヒトが良質化されるとそこから生まれてくる商品やサービスも良質化します。その結果業績が向上すると金利負担の少ない良質な資金(カネ)が入ってきます。

 

 有能な社員も・・・・・図版及び続きはクリックして読者登録(アメンバー)が必要です> ←クリック

 

【 注 】

 弊著、経営者・管理職のための「発展し続ける企業の“秘密”の道」(グロマコン出版、A5サイズ約60ページ)は1,000円(税/送料込み)でおわけしています。

 

■■ 当ブログ発行ポリシー ←クリック

  


Posted by 経営士 at 17:57Comments(0)経営のカンどころ

2011年06月24日

■■ 経営士・コンサルタントだけの情報 バランス感覚

■■ 経営士・コンサルタントだけの情報

 

 プロの経営士・コンサルタントだけではなく、これから経営コンサルタントを目指す人、将来経営コンサルタントになろうかと考えている人、経営コンサルタント業に関心のある人、等々に、経営コンサルタントとして成功する“秘密”の道をご紹介します。

 

■■ 有能な経営コンサルタントが持っている資質  ~バランス感覚

 

「木を見て森を見ず」とよく言われますが細かいことばかりに目が行くと大局を見失いかねません。しかし、大きな部分にだけ目を向けていると、ちょっとした細かなことを見落とし、失敗する可能性があります。

 

 一部分だけに目を奪われていると失敗につながることがあります。売上が減少している企業に・・・・・

    <続き> ←クリック

 

■■ 当ブログ発行ポリシー ←クリック

■■ 経営コンサルタントのメールマガジン  ←クリック

 

  


2011年06月24日

■■アメリカ景気の先行き不透明 経営のカンどころ6月24日


■■アメリカ景気の先行き不透明 テレビ・新聞に学ぶ経営のカンどころ  6月24日(金)

 

・・・ 意識をすると

・・・ 新聞やテレビの見方も変わってくる

 

 アメリカ政府は、昨年11月から実施してきた金融緩和策を今月末で終了すると発表しました。デフレを封じ込める策であったが、長期金利も低下し、その結果設備投資も回復し、デフレ懸念も緩和されたという判断です。

 

 しかし、副作用として巨額なマネーが市場に溢れ、原油や穀物価格の高騰を招き、アメリカ景気の先行き不透明感は強くなってしまいました。

 

 今日は、日銀が5月度の企業向けサービス価格指数を発表します。

 

 3月決算の上場企業が連日のように株主総会を開催しています。孫社長のソフトバンクの株主総会も今日開催されます。

 

 アメリカでは第一四半期の実質国内総生産(GDP)の確定値、5月度の耐久財受注額が発表されます。

 

 ドイツでは6月度の企業景況感指数が発表されます。ギリシャ支援の継続が発表されましたが、その核となるドイツの状況はどうなのでしょうか。

 

 

【今日のブログ】

 

朝一   テレビ・新聞に学ぶ経営のカンどころ

10   経営コンサルタントに関するQ&A

12   連載小説「経営コンサルタント竹根好助の先見思考経営」

15   日替わり「経営コンサルタント初心者へのメッセージ」

16   連載「発展し続ける企業の“秘密” の道」

夕刊   経営士・コンサルタント日記

 

 15時刊の日替わりは、「経営コンサルタント初心者へのメッセージ」というテーマで毎週金曜日のこの時間に提供しています。これから経営コンサルタントを目指そうという人、経営コンサルタントとしてスタートしたけどなかなかうまく仕事ができない人、士業資格で業務をしている付加価値を高めることを模索している人などを対象として、そのヒントを提供しています。

 今日は、午後外出時間が長いので午後のブログ発行がイレギュラーになりそうです。

 

■■ 経営コンサルタントQ&A ←クリック

  


Posted by 経営士 at 09:03Comments(0)経営のカンどころ