2011年09月30日

■■コンサルタントの提案受け入れ 連載先見思考経営 106

■■コンサルタントの提案受け入れ 連載小説 経営コンサルタント竹根好助の「先見思考経営」 No.106 昼休みのブログ

 

 昼は休みに読むブログ連載小説です。経営コンサルタントとどのようにつきあうと経営者・管理職として、プロ士業として一歩上を目指せるのか、小説を通じて体感してください。

 昼は休みに読むブログ連載小説です。経営コンサルタントとどのようにつきあうと経営者・管理職として、プロ士業として一歩上を目指せるのか、小説を通じて体感してください。

【本書の読み方】 脚注参照

 

 

■10 厳しい取締役会 4 通算106回 竹根の提案受け入れ 

 

 印刷会社であるラッキーの社長である幸と竹根は靖国神社境内を散策しながら、二人が再会した1980年代のことを思い出している。

 ラッキー取締役を対象とした取締役研修、社長の幸の「経営理念」の構築、顧問契約と波乱はあったものの進展してきた。

 1980年代のラッキーの社長室である。

 

【回想2 1980年代】 

 

 会長の幸育太郎は、実務面では次第に口を出さなくなっている。社長になったばかりの幸は、経営者として最後の判断をするのが怖く、会長に相談することが多い。

 

「先生、先日のご提案ですが、会長とも相談した結果、先生のご提案にそってやって行きたいと考えています。よろしくご指導のほどお願いします。本来は、電話ではなく、直接お会いして話すべきなのですが、決めたからには早い方がよいと思い、お伺いもせずに電話で失礼しています」

 

 幸は、竹根をまねて、電話の向こう側にいる竹根に深々と頭を下げた。

 

「社長、よく決断できましたね」

 

 竹根は、珍しく言葉が少ない。いつものようには言葉が出てこないのである。

 

――もし、自分が経営者であったとしたら、幸のような決断ができるだろうか。それができるくらいなら、自分は経営コンサルタントにならず、経営者になっていたかもしれない。経営のことがわかっているのだから、むしろ経営コンサルタントより、経営者としての成功を目指すべきという生き方もあったはずだ。それをしなかったのは、経営者としてより、経営コンサルタントの方が自分に適していると判断したからだ。そんな自分の今日まで歩んできたことを考えると、やはり、幸は経営者として立派である。それに、幸会長の判断力があればこそ、幸社長も私の顧問就任を決断できたのであろう――

 

 幸も、言葉が出てこず、無言状態がしばらく続いた。

 

「先生、次は役員会にかけますが、その際に先生から詳細説明をお願いできますか。基本方向については当然私からお話します。とにかく、わが社にとっては大転換になるので、へたな説明をしては大きな反対につながり、実行に移せなくなってしまいかねません。甘えるようですが、私も必死です。説明は先生にお願いするのが最適と考えています」

 

 本来は経営者である社長がなすべきことと考える。しかし、社長に成り立てで、実績もなく、その地位が確立しているわけではない。役員は幸よりは先輩ばかりである。その立場を考慮に入れて、竹根は判断した。

< 次回に続く お楽しみに >

 

■■ 脚注

 本書は、現代情景と階層部分を並行して話が展開する新しい試みをしています。読みづらい部分もあろうかと思いますので、現代情景部分については【現代】と、また過去の回想シーンについては【回想】と表記します。回想シーンも、回想1は1970年代前半にはじめて幸が竹根に会ったときと、回想2は、その十数年後、二度目にあったときの二つの時間帯があります。

■■ これまでのあらすじ PC←クリック

■■ これまでのあらすじ mobile ←クリック

■■ ブログポリシー  ←クリック

 

  


2011年09月30日

■■経営士補資格取得の方法 コンサルタントの使い方のQ&A

■■経営士補資格取得の方法 経営コンサルタントの使い方・資格取得のQ&A

 

 1970年代から経営コンサルタントをやっている経験から、独断と偏見でもって皆様からのご質問にお答えします。また、一般企業の経営者・管理職には、経営士・コンサルタントがどのように誕生し、どのように研鑽しているのかを知っていただける機会でもあります。

 

【質問】経営士補資格取得の方法

 

 (特)日本経営士協会の「経営士補」資格取得にはどのような方法があるのでしょうか?

 

【回答】

 

 経営士補資格取得をするにはいくつかの方法があります。

 

◇ 方法1 一般会員入会

 

 経営士資格取得試験は非常に難問で受験入会は年々難しくなっています。まず、書類審査が中心の一般会員として入会して、協会で各種の講習会・研修会・講演会を受講しながら実力をつけて、経営士補、経営士に昇格するのが比較的容易なステップであり、一般的と言えます。

 

◇ 方法2 受験入会

 

 経営士資格取得は、一次審査として書類審査があります。これまでの経験を申込書に記載するだけではなく、業歴書や過去に作成した論文や出版物を添付・紹介するとよいでしょう。自己推薦書的な堅苦しくない文書を同封すると好感を持ってもらえるようです。

 

 一次審査に合格すると、二次審査としての論文提出が求められます。期限内に提出することは言うまでもなく、自分が経営士補としてふさわしいということを照明する場ですから、論理思考的な書き方をお奨めします。

 

 第三次審査は口頭試問です。大学の経営学概論程度の基礎力が試されます。自分の専門分野が何かを強調することにより、合格率を高めることができるようです。

 

 大学や大学院の経営関連の学部・学科・研究科を卒業されたり、在籍したりする方は一般会員として入会するのではなく、資格会員・経営士補という選択がお薦めです。すでに経営関連の科目を履修しているとそれが審査で加味されるので、口頭試問も受けやすいでしょう。

 

◇ 方法3 経営士補資格取得講座

 

 同協会の関連団体である日本コンサルタントアカデミーが行う経営士補資格取得講座を受講すると、所定のレベル以上の場合には、4ヶ月でペーパーテストが免除されます。

 

■■ 日本経営士協会第二サイト ←クリック   

 

  経営士補資格取得保証講座 ←クリック

  (特)日本経営士協会入会案内 ←クリック

 

【このコーナーの目的】

 

「経営コンサルタントって、一体何をやってくれるのですか?」と企業の経営者・管理職から訊かれることがあります。ガクッとしてしまいますが、われわれ経営コンサルタントが、平素きちんと説明をしたり、その仕事ぶりを見ていただいたりすることが少ないからと反省をしています。

 

 また、これから経営コンサルタントを目指す人たちは、「中小企業診断士資格を取らないと経営コンサルタントにはなれない」「経営コンサルタントになるにはどうしたらよいのでしょうか」「高校生ですが、経営コンサルタントになるには大学のどの学部がよいでしょうか」等々いろいろな質問を受けます。

 

 そのような質問にお答えして参りたいと思いますので、ご質問がありましたらお寄せください。

 

■■ 社長さん達のためのページ ←クリック

■■ 経営コンサルタントのメールマガジン  ←クリック

■■ 経営コンサルタントをめざす人のページ  ←クリック

■■ 経営コンサルタントQ&A ←クリック

■■ 当ブログの発行ポリシー ←クリック

 

GoogleYahooなどの検索サイトで「経営コンサルタント」をキーワードで検索すると、「経営コンサルタントへの道」がトップページに表示されます。

 

  


Posted by 経営士 at 10:28Comments(0)経営のカンどころ

2011年09月30日

■■ポルノ小説の読み方 経営のカンどころ  9月30日(金)

■■ポルノ小説の読み方 テレビ・新聞に学ぶ経営のカンどころ  9月30日(金)

 

・・・ 意識をすると

・・・ 新聞やテレビの見方も変わってくる

 

 今日は各省庁から色々な発表があります。財務省からは、円高の中での9月度の為替介入実績が発表されます。その他、総務省から、8月度の家計調査と完全失業率が、それに関連して厚労省からは有効求人倍率が発表されます。

 

 経産省からは8月度の鉱工業生産指数速報、国交省からは、8月度の住宅着工戸数および建設工事受注が発表されます。

 

 今年度の上半期が終わるところで、経済同友会の長谷川代表幹事の会見、日銀西村副総裁の講演があり、それぞれどのようなことを聞けるのか興味深いものがあります。

 

 アメリカでは、8月度の個人所得・個人消費支出、9月度の消費者態度指数とシカゴ購買部協会景気指数(PMI)が発表されます。ユーロ圏では、失業率、インフレ率が発表されます。

 

■セミナー 東京:初級財務研修「キャッシュフロー計算書」

 

◇ 日時:平成23年10月1日(土)13:30~15:15

◇ 会場:東京都文京区 日本経営士協会事務所

  (※今月から会場が変更になります)

◇ http://info.jmca.or.jp/seminar/301/detail/zai_s20111001.htm

 

■「JOYLAND」を導入してワーク・ライフ・バランスを取り入れよう!

 

 人気のアミューズメントやリゾート施設等充実したサービスメニューでローコストな福利厚生制度の実現をお手伝いします!

http://www.fukuri-navi.jp/

 

  資料出典: (公財)東京都中小企業振興公社

 

【昨日人気のブログ】

 

 平日は毎日時間帯に応じて6本以上のブログを提供しています。昨日はやはり「経営四字熟語」がなんと言っても圧倒的な人気でした。「ポルノ小説の読み方」は少々行き過ぎかと思いましたが、多数の皆様からエールをいただきました。

 

 詳細は、お手数でも昨日のブログを見てくださると幸いです。

 

【今日のブログの読みどころ】 

 

 今日のブログは、16時の「発展し続ける企業の“秘密”の道」を見落とせません。経営コンサルタントを使いこなす為の社長・経営者の講座です。

 

 毎日下記のスケジュールでブログをお送りしています。スケジュールの都合で変更になることもありますが、皆さんのご関心の高いブログをお読みくださると幸いです。なお、週末は通常スケジュールとは異なる内容をお送りします。

 

朝一   テレビ・新聞に学ぶ経営のカンどころ

10   経営コンサルタントに関するQ&A

12   連載小説「経営コンサルタント竹根好助の先見思考経営」

15   日替わり

16   連載「発展し続ける企業の“秘密” の道」

夕刊   経営士・コンサルタント日記

 

■■ 当ブログの読み方  ←クリック

   毎日6本の有益情報を流しています

  


2011年09月29日

■■ポルノ小説の読み方 経営コンサルタント日記 9月29日

■■ポルノ小説の読み方 経営士・コンサルタント日記  9月29日(木)

 

 1972(昭和47)929日、「日中共同声明」の調印式が北京で行われ、それを記念して「日中国交正常化の日」が制定されました。田中角栄首相と周恩来首相が署名したことはよく知られています。

 

 第二次大戦後、中国は日本に対する賠償箒など、人間味のあることをしてきたのに、今日の中国の様変わりは信じられませんね。

 

 日中国交が成立したということは、この日が台湾との国交断絶の日でもあるわけです。今日、馬英九総統の中国寄りの政治姿勢ですが、台湾の人の多くは日本びいきです。中国は日本にとって大切な国ではありますが、一方で、我々はもっと台湾の人達の心情も理解すべきではないでしょうか。

 

 日中国交正常化という一面を見るだけではなく、このように違う角度で物事を考える思考方法ができないと経営コンサルタントはやって行けません。ものごとの一面を見ただけでは正しい判断はできないのです。

 

 今日の12時昼休みのブログ「ポルノ小説の読み方」は、少々行き過ぎかと思いましたが、多くの方からエールをいただきました。

 

■■ パソコンのトラブル回避テクニック クリック

 転ばぬ先の杖、誰もが経験するトラブル対策

  


2011年09月29日

■■専門分野で判断する コンサルタントの選び方10のポイント

■■専門分野で判断する 経営コンサルタントの選び方 10のポイント

 

~ 経営コンサルタントを使いこなせない社長は引退せよ ~

 

 何万人という中から、自社に最適な経営コンサルタントを見つけ出すことは至難の業です。経営コンサルタントを選定せざるを得ないときにどのようなポイントに重点をおいたらよいのでしょうか?独断と偏見でまとめてみました。

 

■ 専門分野で判断する 

 

 オールランドなコンサルタントもいれば、専門分野を明確にしているコンサルタントもいます。どちらの経営コンサルタントを選ぶべきでしょうか?

 

 

 コンサルタントと言っている人の多くが、コンサルティング現場数を踏む機会の少ない、頭でっかちの研修講師であることに注意をしましょう。社員研修は、不可欠ですが、社員研修だけでは企業は良くなりません。

 

 自社が変革をしたい顕在的な課題解決が明確な場合には、・・・・・続きはアメンバー無料登録>が必要です。

 

■■ 士業の異業種交流会 ←クリック

 毎月集まっています。非会員でも参加できます。

  


Posted by 経営士 at 16:09Comments(0)経営のカンどころ

2011年09月29日

■■経営四字熟語 洛陽紙価 ベストセラー

■■経営四字熟語 洛陽紙価 ベストセラー

 

 四字熟語というのは、漢字4文字で構成された熟語で、中国の故事などに基づくことが多々あります。それを経営コンサルタント歴35年の目で見るといずれも経営に直結する示唆の多いことに気がつきました。

 

 毎週木曜日の15時号で「経営四字熟語」をお届けしています。

 

今日は「洛陽紙価」です。この四字熟語は、経営とどのような関係があるのでしょうか?

 

■ 洛陽紙価(らくようのしか)           ベストセラー

 

 中国西晋の文学者である左思(さ し、生没年不明、一説に252 - 307年頃<Wikipedia>)の作品に「三都の賦」という書物があります。「賦(ふ)」とは「土地または人口に割りあてたみつぎもの。租税。年貢<広辞苑>」という意味で、「三都賦」は三国時代の社会生活を幅広く紹介した本です。当時の皇帝から庶民まで、それだけではなく後世にも、その内容である、国の統一などの問題等に言及したこともあり、評判となりました。

 

 序文に、当時著名であった皇甫謐が欠いた入り、張載が注釈を加えたりしたこともあり、こぞってこの書物を・・・・・<経営四字熟語サイト> または アメンバー無料登録> ←クリックで続きをご覧下さい。

 

【 注 】「三都賦」(←クリック)は、下記URLにて紹介されています。

 http://japanese.cri.cn/chinaabc/chapter16/chapter160411.htm

 

■■ 士業に特化したセミナー  ←クリック

 コンサルタント・士業のために特化したセミナーが盛りだくさん

  


2011年09月29日

■■ポルノ小説の読み方 連載竹根好助の先見思考経営105

■■ポルノ小説の読み方 連載小説 経営コンサルタント竹根好助の「先見思考経営」 No.105 昼休みのブログ

 

 昼は休みに読むブログ連載小説です。経営コンサルタントとどのようにつきあうと経営者・管理職として、プロ士業として一歩上を目指せるのか、小説を通じて体感してください。

 昼は休みに読むブログ連載小説です。経営コンサルタントとどのようにつきあうと経営者・管理職として、プロ士業として一歩上を目指せるのか、小説を通じて体感してください。

【本書の読み方】 脚注参照

 

■10 厳しい取締役会 3 通算105回 ポルノ小説の読み方 

 

 印刷会社であるラッキーの社長である幸と竹根は靖国神社境内を散策しながら、二人が再会した1980年代のことを思い出している。

 ラッキー取締役を対象とした取締役研修、社長の幸の「経営理念」の構築、顧問契約と波乱はあったものの進展してきた。

 幸と竹根の二人は、再び靖国神社の境内散策の現代シーンに戻った。竹根が幸に「昼休みは普段どうしていますか?」と問いかけられた。

 

【現代】 

 

ポルノ小説を読んでいても、社員が尊敬する方法があるのですよ

 

 笑いながら「まさか~」と素っ頓狂な声を上げた。周りにいる人が幸と竹根の方に視線を投げてよこした。

 

「実は、毎日、皆さんに気楽に読んでいただけるように、平日の昼休み前後に、経営コンサルタント小説をお届けしているのです」

 

「エッ!?小説を、ですか?」

 

「ええ、経営コンサルタントを主人公とした小説です」

 

「いわゆる電子出版ですね」

 

「ブログですから、いわゆる電子出版とはちょっと異なります。テキストファイル形式で、必要な部分に挿絵風に何かを入れることはできます」

 

「なるほど、それならポルノ小説を読んでいても、社員から見たら昼休みでも仕事をしているように見えるわけですね」

 

 合点のいく竹根の説明である。

 

「経営コンサルタントとはどのような職業なのか、どのように仕事をしているのか、どのような発想で問題発見、問題解決、意思決定しているのかなどを感じ取っていただき、経営コンサルタントに対する理解を深めていただければと考えています」

 

「なるほど、小説を読ませながら、経営コンサルタント業のPRをはかっているわけですね」

 

「そう言われると身も蓋もないですけど、確かにPRですね」

 

「ところで、どのようなストーリーなのですか?」

 

「主人公は、経営コンサルタント歴の長い先生で、彼を中心とした多数の経営コンサルタントの失敗や活躍の物語です」

 

「おもしろそうですね。早速読ませていただきます」

 

 幸は、竹根と話をしているうちに先日、ヨーロッパの出張から竹根が帰ってきて、愛子にお土産を買ってきたことを思い出した。あの翌々日か、その次の日に確か、愛子はいつもより早く帰宅したけど、あのときは絶対に竹根とデートしたと幸は確信している。

 

 その後、二人ともそのことについては一切触れないが、そんな二人をますます怪しく思えたことを思い出した。

 

「育さん、何を思い出し笑いしているの?」

 

 二人はまた昔に戻った。

 

< 次回に続く お楽しみに >

 

■■ 脚注

 本書は、現代情景と階層部分を並行して話が展開する新しい試みをしています。読みづらい部分もあろうかと思いますので、現代情景部分については【現代】と、また過去の回想シーンについては【回想】と表記します。回想シーンも、回想1は1970年代前半にはじめて幸が竹根に会ったときと、回想2は、その十数年後、二度目にあったときの二つの時間帯があります。

■■ これまでのあらすじ PC←クリック

■■ これまでのあらすじ mobile ←クリック

■■ ブログポリシー  ←クリック

  


2011年09月29日

■■ロジカル・プレゼンテーション入門 【最先端の情報源】

■■ロジカル・プレゼンテーション入門 【展示会・セミナーは最先端の情報源】

 

 経営者・管理職たる者、経営コンサルタントや各種士業・コンサルタントは、明日を読めなければなりません。各種の展示会は、世の中の動向、近未来の動向、業界の動向等々多くの情報や示唆を提供してくれます。

 

 その一環として、独断と偏見でも持って選択した展示会やセミナー・シンポジウムなどをご紹介します。ただし、各自の判断で行動してください。

 

■無料セミナー「ロジカル・プレゼンテーション入門 東京:知修塾

 

 ロジカル・プレゼンテーション入門

 【無料】 知修塾が生まれ変わる体感研修

 

 【講師】 経営士 今井 信行 氏(日本経営士協会 理事長)

      http://www.jmca.or.jp/meibo/pd/0017.htm?s

 

 パワーポイントやキーノートの普及とともに、プレゼンテーション技術が全般に向上しています。そのような中で、経営士・コンサルタントは、存在感を示すために単なるプレゼンテーションではなく、ロジカル・プレゼンテーションが求められます。

 

両者の違いとロジカル・プレゼンテーションのエッセンスを習得しましょう。知識の習得と表現力を養う、新生知修塾を体感して下さい。

 

 

■概 要

 

経営士・コンサルタントとして知っておくべきロジカル・プレゼンテーションと通常のプレゼンテーションの違いを要領よく学べます。同じテーマのプレゼンテーションを、8通りの実例で示し、その違いを明確にします。それによりロジカル・プレゼンテーションとは何かを理解でき、早速今日からプレゼンテーションの大家となれます(保証はしませんので、あしからず)

 

同時に、生まれ変わる知修塾を体感して頂き、営業戦略についてもあわせて学びます。

 

対 象:プレゼンテーションやパワーポイント、表現力などに関心があり、それらを駆使してビジネスチャンスを拡大したい人

 

日 時:平成23年10月13日(木) 18:00~18:50

 

会 場:白王ビル2F 大ホール ※9月から会場が変更になりました

     東京都文京区後楽2-3-10

 

受講料:当日会場にてお支払い下さい

     会員・塾員  無料

     ビジター   無料(ただし、別途経営革新セミナー受講料が必要)

 

締切り:平成23年10月11日(火)

 

問合せ:日本経営士協会 事務局

>> http://www.jmca.or.jp/toiawase/

 

詳細情報・受講申込み

>> http://info.jmca.or.jp/seminar/301/detail/chi20111013.htm

 

【 注 】

 同じ内容を重複して紹介することがあります。ご容赦ください。

 

■■ 経営コンサルタントへの道  ←クリック

 Googleで「経営コンサルタント」をキーワードで検索すると、「経営コンサルタントへの道」がトップページ表示されます。

■■ 内閣府認証特定非営利活動法人・日本経営士協会  ←クリック

 コンサルタント・士業の知的頭脳集団 日本最初の経営コンサルタント団体

  


2011年09月29日

■■経営士補資格取得費用 コンサルタントの使い方・資格取得

■■経営士補資格取得費用 経営コンサルタントの使い方・資格取得のQ&A

 

 1970年代から経営コンサルタントをやっている経験から、独断と偏見でもって皆様からのご質問にお答えします。また、一般企業の経営者・管理職には、経営士・コンサルタントがどのように誕生し、どのように研鑽しているのかを知っていただける機会でもあります。

 

【質問】経営士補資格取得費用

 

 (特)日本経営士協会の「経営士補」となった場合に、どのくらいの費用がかかりますか?

 

【回答】

 

 経営士補は、経営関連の大学生や大学院生の入会者が多く期待されることもあり、入会金が比較的低く抑えられているだけではなく、年会費も一般会員と同額に抑えられています。

 

 ただし、入会審査料は無料ですが、一般会員とは異なり入会金が4万円で、経営士補登録料として10,000円が別途必要となります。年会費は一般会員と同額の24,000円となっています。詳細は、下記 URLを参照されるか、同協会事務局までお問い合わせください。

 

  費用詳細 ←クリック

 

■■ 日本経営士協会第二サイト ←クリック   

 

  経営士補資格取得保証講座 ←クリック

  (特)日本経営士協会入会案内 ←クリック

 

【このコーナーの目的】

 

「経営コンサルタントって、一体何をやってくれるのですか?」と企業の経営者・管理職から訊かれることがあります。ガクッとしてしまいますが、われわれ経営コンサルタントが、平素きちんと説明をしたり、その仕事ぶりを見ていただいたりすることが少ないからと反省をしています。

 

 また、これから経営コンサルタントを目指す人たちは、「中小企業診断士資格を取らないと経営コンサルタントにはなれない」「経営コンサルタントになるにはどうしたらよいのでしょうか」「高校生ですが、経営コンサルタントになるには大学のどの学部がよいでしょうか」等々いろいろな質問を受けます。

 

 そのような質問にお答えして参りたいと思いますので、ご質問がありましたらお寄せください。

 

■■ 社長さん達のためのページ ←クリック

■■ 経営コンサルタントのメールマガジン  ←クリック

■■ 経営コンサルタントをめざす人のページ  ←クリック

■■ 経営コンサルタントQ&A ←クリック

■■ 当ブログの発行ポリシー ←クリック

 

GoogleYahooなどの検索サイトで「経営コンサルタント」をキーワードで検索すると、「経営コンサルタントへの道」がトップページに表示されます。

  


Posted by 経営士 at 09:54Comments(0)経営のカンどころ

2011年09月29日

■■マーケティング思考で営業強化 経営のカンどころ9月29日

■■マーケティング思考で営業強化 テレビ・新聞に学ぶ経営のカンどころ 9月29日(木)

 

・・・ 意識をすると

・・・ 新聞やテレビの見方も変わってくる

 

 経産省から8月度の商業販売統計速報が、また財務省からは9月度上旬分の貿易統計が発表されます。

 

 日本建設機械工業会が、8月度の建設機械出荷額を発表します。

 

 日銀白川総裁が全国信用金庫協会記念大会で挨拶します。

 

 アメリカでは第2四半期(4~6月)の実質国内総生産(GDP)の確定値が、また仮契約住宅販売指数が発表されます。

 

 ギリシャ問題で注目を浴びているドイツ経済ですが、9月の失業率が発表され、結果が悪いとギリシャ問題の進展方向に変化のきっかけになりかねません。

 

■平成2310月から中小企業倒産防止共済制度が充実します

 

 「中小企業倒産防止共済法の一部を改正する法律の施行期日を定める政令」が昨日(913日)閣議決定されました。

 

 本政令は、平成22421日に公布された中小企業倒産防止共済法の一部を改正する法律における改正事項(共済金の貸付限度額の引き上げ等)の施行期日を本年101日と定めるものです。

 

 詳しくは、以下サイトをご覧下さい。

 http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/kyosai/2011/110913KyosaiKijitu.htm

 

  資料出典: J-NET21

 

■月刊『石垣』9月号の発刊

 

 本誌は、中小企業経営者らの経営判断に資するような、上質でしかも俯瞰的に選別された情報を提供する「日本商工会議所のビジネス情報誌」です。

 

【特集】地域から感謝される企業になろう

【まちの解体新書】愛知県岡崎市

 http://www.jcci.or.jp/nissyo/publication/ishigaki/ishigaki.html

 

【昨日人気のブログ】

 

 平日は毎日時間帯に応じて6本以上のブログを提供しています。昨日は「マーケティング思考で営業強化」が人気でした。

 

 詳細は、お手数でも昨日のブログを見てくださると幸いです。

 

【今日のブログの読みどころ】 

 

 今日のブログの読みどころは、なんと言っても経営四字熟語です。「洛陽紙価」をお見逃しなく。

 

 毎日下記のスケジュールでブログをお送りしています。スケジュールの都合で変更になることもありますが、皆さんのご関心の高いブログをお読みくださると幸いです。なお、週末は通常スケジュールとは異なる内容をお送りします。

 

朝一   テレビ・新聞に学ぶ経営のカンどころ

10   経営コンサルタントに関するQ&A

12   連載小説「経営コンサルタント竹根好助の先見思考経営」

15   日替わり

16   連載「発展し続ける企業の“秘密” の道」

夕刊   経営士・コンサルタント日記

 

■■ 当ブログの読み方  ←クリック

   毎日6本の有益情報を流しています

  


2011年09月28日

■■コンサルティングフィーで判断する コンサルタントの選び方

■■コンサルティング・フィーで判断する 経営コンサルタントの選び方 10のポイント

 

~ 経営コンサルタントを使いこなせない社長は引退せよ ~

 

 何万人という中から、自社に最適な経営コンサルタントを見つけ出すことは至難の業です。経営コンサルタントを選定せざるを得ないときにどのようなポイントに重点をおいたらよいのでしょうか?独断と偏見でまとめてみました。

 

■ コンサルティング・フィーで判断する 

 

 「経営コンサルタントに依頼するのはお金がかかる」と決めつけていませんか?「費用対効果」の問題です。投資以上の成果を上げるのがプロ経営コンサルタントです。

 

 大手コンサルティング・ファームのコンサルティング・フィーは、何千万から何億というのが相場です。しかし、提供されるコンサルティング内容は、既述の通りです。フィーが高いのは、質の高さではなく、固定費の高さに基づくものです。

 

 一方で、無料とか微々たるコンサルティング・フィーで・・・・・ < 続き > 経営コンサルタントの選び方 ←クリック

 

■■ しらないと損をする税金 クリック

 脱税は教えませんが、節税情報は無料で提供

  


Posted by 経営士 at 16:43Comments(0)経営のカンどころ

2011年09月28日

■■靖国神社の秘密の場所 連載竹根好助の先見思考経営 105

■■靖国神社の秘密の場所 連載小説 経営コンサルタント竹根好助の「先見思考経営」 No.105 昼休みのブログ

 

 昼は休みに読むブログ連載小説です。経営コンサルタントとどのようにつきあうと経営者・管理職として、プロ士業として一歩上を目指せるのか、小説を通じて体感してください。

 昼は休みに読むブログ連載小説です。経営コンサルタントとどのようにつきあうと経営者・管理職として、プロ士業として一歩上を目指せるのか、小説を通じて体感してください。

【本書の読み方】 脚注参照

 

■10 厳しい取締役会 2 通算105回 靖国神社の秘密の場所 

 

 印刷会社であるラッキーの社長である幸と竹根は靖国神社境内を散策しながら、二人が再会した1980年代のことを思い出している。

 ラッキー取締役を対象とした取締役研修、社長の幸の「経営理念」の構築、顧問契約と波乱はあったものの進展してきた。

 幸と竹根の二人は、再び靖国神社の境内散策の現代シーンに戻った。

 

【現代】 

 

「先生、靖国神社って、どのように書きます?」

 

「どのようにって?普通に靖子とかという女性の名前と同じ字ではないのですか?篇が立つで、旁が青でしょ?違うのですか?」

 

「一般的にはそのように書きますよね。でも、正式には違うのです。旁の青の下が仁丹の丹の横棒が左右にでない字です。もちろん、「くに」というほうも古い漢字が使われています。すなわち、『靖國神社』と書くのです」

 

 幸が手帳の一ページに大きく書いて示した。

 

「本当ですか?」

 

「博学な先生でも、知らないことがあるのですね」

 

「さすが、文学部ですね」

 

 幸は、竹根と再会した時に、竹根が経営コンサルタントであることを知った。彼の人柄や能力を知ってはいたが、そのとき、顧問になってもらうべきかどうか、会長が認めてくれるのか、取締役会が顧問就任をすんなりと受け入れるだろうか、取締役会でもめたら収集できるだろうか、いろいろなことを悩んだ。とりわけ、金山工場長は、筆頭常務である、ナンバー・ツーの立場であり、うるさ型でもある。その金山がどう出てくるのか、これが一番の心配だった。

 

 今は、竹根のおかげでこうして社長を続けていられるが、そのときはなんと心許ない経営者だったのだろうということも思い出された。竹根が顧問になってくれたとして、何をやってくれるのだろう、そもそも経営コンサルタントとは何かということすら社長である自分自身が知らなかったのだ。どのように使ったらよいのかもわかっていなかったし、どのようなメリットがあるのかもわかってなく、漠然と何かよい結果を生んでくれる人だろうということくらいの期待感だけで、不安材料ばかりが次々と湧き起こってきた。

 

 二人は、またもとの小道を戻りながら、会話に戻った。

 

 幸は、また育猛のことを考えていた。

 

「育さんは、昼休みは普段どうしていますか?」

 

「私ですか。いろいろですけど、できるだけ気分転換をするようにしています」

 

「文学部出身ですから、本を読んだりもしますか?」

 

「本を読むことはあまりしませんけど・・・」

 

「なぜですか?」

 

「だって、社員が突然社長室を覗いたときに、だらしない顔をしてポルノ小説を読んでいたなんていうのでは様になりませんからね」

 

ポルノ小説を読んでいても、社員が尊敬する方法があるのですよ

 

< 次回に続く お楽しみに >

 

■■ 脚注

 本書は、現代情景と階層部分を並行して話が展開する新しい試みをしています。読みづらい部分もあろうかと思いますので、現代情景部分については【現代】と、また過去の回想シーンについては【回想】と表記します。回想シーンも、回想1は1970年代前半にはじめて幸が竹根に会ったときと、回想2は、その十数年後、二度目にあったときの二つの時間帯があります。

■■ これまでのあらすじ PC←クリック

■■ これまでのあらすじ mobile ←クリック

■■ ブログポリシー  ←クリック

 

  


2011年09月28日

■■海外展開セミナー他 【展示会・セミナーは最先端の情報源】

■■海外展開セミナー他 【展示会・セミナーは最先端の情報源】

 

 経営者・管理職たる者、経営コンサルタントや各種士業・コンサルタントは、明日を読めなければなりません。各種の展示会は、世の中の動向、近未来の動向、業界の動向等々多くの情報や示唆を提供してくれます。

 

 その一環として、独断と偏見でも持って選択した展示会やセミナー・シンポジウムなどをご紹介します。ただし、各自の判断で行動してください。

 

■東京:日本経営士協会会員限定研修会

 

 中級財務研修 第6回

 事例演習 その6 中小企業の決算書を読む その6

 

 【講師】 経営士・税理士  谷澤 佳彦 氏(日本経営士協会 理事)

      http://www.jmca.or.jp/meibo/pd/1065.htm?s

 

■目 的

 

経営コンサルタントがコンサルティング開始前に会社の概要を財務面から把握し

その後の推移も財務面から把握できることを目的とします。

 

■対 象:日本経営士協会会員(入会申請中の方を含みます)

     財務の基礎を理解する意欲ある人

 

■日 時:平成23年10月1日(土) 15:30~17:15

 

■会 場:日本経営士協会事務所 ※9月から会場が変更になりました

     東京都文京区後楽2-3-10 白王ビル4F

 

■受講料:出席当日お支払い下さい

     会員 5,000円/回

     塾員 2,500円/回

 

■問合せ:日本経営士協会 事務局

>> http://www.jmca.or.jp/toiawase/

 

●詳細情報・受講申込み

>> http://info.jmca.or.jp/seminar/301/detail/zai20111001.htm

 

■海外展開セミナー「初めての海外展開を考える」の開催

 

 中小機構北陸支部では、富山、石川、福井の3県で、初めての海外展開を考えている中小企業を対象に、中国に関するセミナーを開催します。併せて、個別相談会も開催します。

  

[日時・場所]

 927日(火)13301600 富山銀行駅南別館(富山県高岡市)

 928日(水)13301600 中小機構北陸支部(石川県金沢市)

 929日(木)13301600 福井商工会議所ビル(福井県福井市)

[参加費]無料

 http://www.smrj.go.jp/hokuriku/seminar/061908.html

 

■技術講演会「都市の安全、安心、快適 ~どのように形成するのか?」の開催

 

 (財)明石市産業振興財団では、安全、安心に加え、快適性を確保した「都市づくりの技術」を紹介する講演会を開催します。

 

[日時]928日(水)14:0016:00

[場所]明石市立産業交流センター(兵庫県明石市)

[参加費]無料 [定員]40名(先着順)

 http://www.aicc.or.jp/jigyou/230928gijyutu.pdf

 

■シンポジウム「まちづくりと一体となった地域商業のあり方について」の開催

 

 全国商店街支援センターでは、地域の人口規模や商業量を勘案した商業集積や地域商業の活性化に向けた分析評価を行い、今後の地域商業の活性化に係る方策を議論するシンポジウムを開催します。

 

[日時]929日(木)14:0017:00

[場所]オームタガーデンホテル(福岡県大牟田市)

[参加費]無料[定員]200名(定員になり次第、締切)

 http://www.syoutengai-shien.com/project-guide/project-guide23/646-project-guide23area-research.html#bosyu

 

■販路開拓セミナー「3日で変わる!ネットショップ運用術」の開催

  

 中小機構中部支部では、ネットショップを活用した新規顧客獲得に関するセミナーを開催します。

 

[日時]930日(金)14001600

[場所]中小機構中部支部(名古屋市中区) 

[参加費]無料 [定員]20名(申し込み先着順)

 http://www.smrj.go.jp/chubu/seminar/062279.html

 

■若手商人研究会「地震対応マニュアル」を作る(全6回)

 

~商店街だから出来る「大切なお客様の命を守る」ということ~

 

(申込締切930日。参加無料)

http://www.tokyo-kosha.or.jp/topics/1108/0018.html

 

  資料出典: (公財)東京都中小企業振興公社

 

【 注 】

 同じ内容を重複して紹介することがあります。ご容赦ください。

 

■■ 経営コンサルタントへの道  ←クリック

 Googleで「経営コンサルタント」をキーワードで検索すると、「経営コンサルタントへの道」がトップページ表示されます。

 

  


2011年09月28日

■■経営士補はアシスタントコンサルタントの資格

■■経営士補はアシスタントコンサルタントの資格 経営コンサルタントの使い方・資格取得のQ&A

 

 1970年代から経営コンサルタントをやっている経験から、独断と偏見でもって皆様からのご質問にお答えします。また、一般企業の経営者・管理職には、経営士・コンサルタントがどのように誕生し、どのように研鑽しているのかを知っていただける機会でもあります。

 

【質問】経営士補とは

 

 (特)日本経営士協会には、資格会員というのがありますが、その中の「経営士補」とは、どのような資格なのでしょうか。 

 

【回答】

 

 同協会の資格会員には、経営士と経営士補とがあります。

 

 経営士補というのは資格会員に分類される会員種の一つであり、経営士を補佐して企業・組織の経営支援の手助けをできる資格でもあります。プロの経営コンサルタントとしてやっていこうとする人、プロ経営者・管理職として経営コンサルタント的手法や発想を自分の経営管理に取り入れたいという先進的な考えの人などが対象です。

 

 主に、下記のような人にお勧めできます。

 

 ◇ 経営コンサルタントとして独立起業準備を進めている人

 ◇ コンサルティング・ファーム勤務者あるいは類似業務

 ◇ 経営関連の学部の大学卒業生または大学院在学・卒業された方

 ◇ 企業内で企画部門や社内コンサルタント業務に従事している人

 ◇ 先進的な経営に関心の高い経営者・管理職・社員

 ◇ 「士業」と呼ばれる国家資格またはそれに準ずる資格を有する人

 

 経営士補は、アシスタントコンサルタント的な活動をしながら、経営士・コンサルタントとしての独立を目指し、経営士の資格取得をめざす人には最適です。

 

■■ 日本経営士協会第二サイト ←クリック   

 

  経営士補資格取得保証講座 ←クリック

  (特)日本経営士協会入会案内 ←クリック

 

【このコーナーの目的】

 

「経営コンサルタントって、一体何をやってくれるのですか?」と企業の経営者・管理職から訊かれることがあります。ガクッとしてしまいますが、われわれ経営コンサルタントが、平素きちんと説明をしたり、その仕事ぶりを見ていただいたりすることが少ないからと反省をしています。

 

 また、これから経営コンサルタントを目指す人たちは、「中小企業診断士資格を取らないと経営コンサルタントにはなれない」「経営コンサルタントになるにはどうしたらよいのでしょうか」「高校生ですが、経営コンサルタントになるには大学のどの学部がよいでしょうか」等々いろいろな質問を受けます。

 

 そのような質問にお答えして参りたいと思いますので、ご質問がありましたらお寄せください。

 

■■ 社長さん達のためのページ ←クリック

■■ 経営コンサルタントのメールマガジン  ←クリック

■■ 経営コンサルタントをめざす人のページ  ←クリック

■■ 経営コンサルタントQ&A ←クリック

■■ 当ブログの発行ポリシー ←クリック

 

GoogleYahooなどの検索サイトで「経営コンサルタント」をキーワードで検索すると、「経営コンサルタントへの道」がトップページに表示されます。

  


Posted by 経営士 at 10:06Comments(0)経営のカンどころ

2011年09月28日

■■今日明日のセミナー 経営のカンどころ 9月28日(水)

■■今日明日のセミナー テレビ・新聞に学ぶ経営のカンどころ 9月28日(水)

 

・・・ 意識をすると

・・・ 新聞やテレビの見方も変わってくる

 

 自動車各社から8月度の生産・販売実績が発表されます。

 

 アメリカでは、8月度の耐久財受注額が発表されます。

 

■中小機構虎ノ門セミナー

 「企業のドライブファクターとしてのコンプライアンス・CSR経営」の開催

 

 中小機構では、中小企業が実践すべきコンプライアンスやCSR(企業の社会的責任)を社内に浸透させるためのセミナーを開催します。

 

[日時]929日(木)14001650

[場所]中小機構(東京都港区)

[参加費]無料[定員]50名(申し込み先着順)

 http://www.smrj.go.jp/jinzai/tokutei/062190.html

 

■資源エネルギー庁の委託事業の入札におけるISO50001認証取得の考慮

 

 資源エネルギー庁では、513日に電力需給緊急対策本部において決定された「夏期の電力需給対策について」を踏まえ、総合評価落札方式の委託事業(調査、広報、研究開発など)の評価項目に、エネルギー管理システム規格(ISO50001)の認証取得※の有無を加点要件として加えることとしました。

 

 http://www.enecho.meti.go.jp/info/tender/tenddata/1108/110831a/110831a.pdf

 

ISO50001及びその認証取得については、以下をご参照下さい。

 http://www.jisc.go.jp/mss/enms.html

 

  資料出典: J-NET21

 

TOKYO起業塾「第3回 出会いの場」~専門家との交流(前編)~

 

「コストかけず、自分で更新できるHPの作り方」

 

928日開催。参加無料)

http://www.tokyo-kosha.or.jp/topics/1108/0009.html

 

  資料出典: (公財)東京都中小企業振興公社

 

【昨日人気のブログ】

 

 平日は毎日時間帯に応じて5本以上のブログを提供しています。昨日は「名言格言で経営を考える」が圧倒的な人気でした。

 

 詳細は、お手数でも昨日のブログを見てくださると幸いです。

 

【今日のブログの読みどころ】 

 

 いよいよ最後のまとめに入った「マーケティング思考で営業強化」講座をお見逃しなく。

 

 毎日下記のスケジュールでブログをお送りしています。スケジュールの都合で変更になることもありますが、皆さんのご関心の高いブログをお読みくださると幸いです。なお、週末は通常スケジュールとは異なる内容をお送りします。

 

朝一   テレビ・新聞に学ぶ経営のカンどころ

10   経営コンサルタントに関するQ&A

12   連載小説「経営コンサルタント竹根好助の先見思考経営」

15   日替わり

16   連載「発展し続ける企業の“秘密” の道」

夕刊   経営士・コンサルタント日記

 

■■ 当ブログの読み方  ←クリック

   毎日6本の有益情報を流しています

  


Posted by 経営士 at 07:21Comments(0)経営のカンどころ

2011年09月27日

■■女性ドライバーの日 経営コンサルタント日記9月27日

■■女性ドライバーの日 経営士・コンサルタント日記 9月27日(火)

 

 9月27日は「女性ドライバーの日」です。

 

 OCN週間スペシャルには、下記のように紹介されています。

 

 1917(大正6)年、栃木県の渡辺はまが警視庁の自動車試験に合格し日本ではじめての女性ドライバー1号となったことに由来。当時23歳だった渡辺はまはその年の1月に栃木から東京へ上京し自動車学校へ入学、4月に卒業してからは自動車商会で運転手見習いをしながら自動車試験に臨んだのだそうだ。その甲斐あって結果はみごと合格、試験官たちも驚くほどの運転技術だったという。

 

 以前は、女性ドライバーというと評判が悪かったのですが、最近はタクシーに乗ったときに女性の運転手さんにあうことはあまり珍しくなくなりました。テレビドラマの高島礼子さん扮する「流れ星のお銀」でおなじみのトラックの運転手にも女性が結構進出してきています。

 

 多くの世界で、男女の壁が次第になくなってきています。

 

 それがよい面もありますが、女性が女性らしさを失い、昔の男性のような大黒柱的な男性が少なくなってくるのも寂しいですね。

 

■■ ブログの読み方がわかれば情報通  ←クリック

 ブログの性質を知ると情報の質が上がります。

  


2011年09月27日

■■規模から判断する経営コンサルタントの選び方10のポイント

■■規模から判断する 経営コンサルタントの選び方 10のポイント

 

~ 経営コンサルタントを使いこなせない社長は引退せよ ~

 

 何万人という中から、自社に最適な経営コンサルタントを見つけ出すことは至難の業です。経営コンサルタントを選定せざるを得ないときにどのようなポイントに重点をおいたらよいのでしょうか?独断と偏見でまとめてみました。

 

■ 規模から判断する 

 

 経営コンサルタントが大きなコンサルティング・ファームなのか、それとも一人で自営業としてやっているのか、どちらから選ぶべきかの判断に困ったら.....

 

 日本には、2万人の経営コンサルタントがいると言われています。一方で、コンサルタントとか、それに準じた専門職に従事している人は6万人とも言われています。

経営コンサルタントと呼ばれる人の半数は、大手コンサルティング・ファームに所属していると考えられます。残りが中小のコンサルティング・ファームか個人事業形態でのコンサルタントです。

 

 大手コンサルティング・ファームには・・・・・ < 続き > 経営コンサルタントの選び方 ←クリック

 

 

【閑話休題】 社長にコンサルタント情報はいらない??

 

 経営者・管理職というのは、専門莫迦であってはならないと考えています。広い視野を持たない経営者・管理職は、自社の経営上においても狭い見方しかできません。

 

 経営者・管理職が「経営コンサルタントとは何か」をきちんと理解していなければ、経営コンサルタントに依頼することはないでしょう。

 

 大企業が経営コンサルタントに多大なお金を投じていると言うことをお聴きになると思います。世の中に経営コンサルタントという職業が存在し続けると言うことは、それなりの価値があるからです。

 

 逆に、経営コンサルタントには、経営に関する知識・情報が不可欠です。ですから、私どものブログでは両者に関する情報をお届けしています。

 

 ものごとは、一面からのみ見るのではなく、裏を返していることも大切と信じています。

 

■■ 経営コンサルタント体験談を参考にする ←クリック

 経営コンサルタントを目指す人必見の先輩体験談

  


Posted by 経営士 at 17:18Comments(0)経営のカンどころ

2011年09月27日

■■ 名言格言から経営を感じ取る 「お節介」1

■■ 名言格言から経営を感じ取る 「お節介」1

 

 毎週火曜日15時に提供している「名言格言から経営を感じ取る」「今日の経営四字熟語」は「経営四字熟語」とともに益々人気上昇中です。名言格言や四字熟語を学びながら、経営のヒントを併せて得ることができるという切り口が好評の理由です。話材にも使えて、益々面白くなります。

 

 お節介こそ人間が生きていることの保証である

 

 梅崎春生(19151965)の小説「ボロ屋の春秋」の一節です。平素「お節介焼きコンサルタント」として、人様の懐を豊かにするコンサルティングという仕事を生き甲斐としている者に取っては、この言葉は我が意を得たりという思いです。

 

 電車内で主人公がスリを見つけたことを契機に、自分の人生に波風が立つ物語です。お節介ながら、その小説を読んだ読後感を以下に書かせていただきます。

 

■ボロ家の春秋(梅崎春生作)読後感1

 

 野呂旅人という31歳の小男 栄養を取っていないのでやせて背も低い。

 

 四畳半の和室が東西にあり、中央に八畳の洋室がある築三十年のボロ家、台所、便所、風呂場、50坪の庭を共有する。

 

 ある日都電の中で、座っている主人公の前に立っていた不破一馬、彼の隣に立って足っていたサラリーマン風の男が財布をすり撮る現場を目撃した。スリは、出口の方向に移動したので、お節介にも主人公は不破にそれを告げ、下車したスリを二人で捕まえた。スリは手慣れたもので、すった財布を不破に返すと逃げて言ってしまった。

 

「すられたものと諦めて豪勢に行きましょう」という不破の誘いに乗ったが、最後は不破は酔いつぶれてしまった。不破の財布には225円しか残っていないので、主人公が飲み代を支払い、終電に間に合わないので、不破の家に泊まることになった。

 

 不破は夫婦二人の生活だが、家財道具は最低限度のものしか持っていなかった。四畳半の和室が東西にあり、中央に八畳の洋室がある築三十年のボロ家、台所、便所、風呂場、50坪の庭がある。

 

 ひょんないきさつから主人公は不破の家に間借りをすることになり、契約をした。一週間ほどしたある朝、不破夫婦は失踪した。この間に、契約金や家賃の前払いなどをしただけに不安になった。

 

 不破の置き手紙にあった野呂旅人という31歳の小男が数日後やってきて不破の部屋に住むこととなった。そこに二人の男が不破の借金を取りにやってきた。一人は台湾生まれの陳は不破に18万円貸しがあるという。

 

 だまされた三人は、陳の中華飯店の二階で対策を練ることにした。おいしい老酒を飲まされた後で、二人は陳の差し出した書類に拇印を押したことはおぼろげながら覚えている。

 

 名言格言から経営を感じ取る「お節介」2に続く。お楽しみに

 

<続く> 次回掲載をお楽しみに

 

■■ 日常生活雑学博士で話し上手 ←クリック

 仕事上手は、話し上手。話のネタがゴロゴロ

■■ 経営コンサルタント歴35年の足跡 クリック

 Googleでトップ表示されるコンサルタントがあなたの身近にいます。

  


2011年09月27日

■■靖国神社の秘密の場所 連載竹根好助の先見思考経営 104

■■靖国神社の秘密の場所 連載小説 経営コンサルタント竹根好助の「先見思考経営」 No.104 昼休みのブログ

 

 昼は休みに読むブログ連載小説です。経営コンサルタントとどのようにつきあうと経営者・管理職として、プロ士業として一歩上を目指せるのか、小説を通じて体感してください。

 昼は休みに読むブログ連載小説です。経営コンサルタントとどのようにつきあうと経営者・管理職として、プロ士業として一歩上を目指せるのか、小説を通じて体感してください。

【本書の読み方】 脚注参照

 

■10 厳しい取締役会 1 通算104回 靖国神社の秘密の場所 

 

 印刷会社であるラッキーの社長である幸と竹根は靖国神社境内を散策しながら、二人が再会した1980年代のことを思い出している。

 ラッキー取締役を対象とした取締役研修は、ビジネスドックという竹根が開発した思考ツールを使いながら進められる。荒れた研修も終わったものの個別課題は宿題となった。社長の幸も「経営理念」という課題が与えられたが、幸の案は真っ赤な添削という結果になった。

 研修後、顧問契約が交わされた。一時はラッキーの管理職の反乱が起こりそうなほどコンサルタントとの対立があった。竹根マジックで社内の雰囲気ががらりと変わり、コンサルタントとの摩擦が解消した。

 幸と竹根の二人は、再び靖国神社の境内散策の現代シーンに戻った。

 

【現代】 

 

 靖国神社らしからぬ相撲場から、もとの道を戻ると、先ほどのベンチがおいてある広場に戻った。

 

「靖国神社を訪れる人が多い中、今見た相撲場だけではなく、多くの人が見落としているところがほかにあります」

 

「まだ、そのような秘密の場所がこの限られた範囲内にあるのですか?」

 

 竹根は、相撲場を背にして幸を先導した。たくさんの木が並ぶ中の小道のようなところを通っていくと、ちょっとした広さのところにでた。小さな鳥居とその両サイドに石灯籠がある。周囲は、低い格子垣根で囲まれている。

 

「ここは招魂斎庭と言われています」

 

「しょうこんとは、どのような字を書くのですか」

 

「魂を招くと書いて、招魂です。明治二年(一八六九)、戊辰戦争の時に、朝廷方の戦死者を慰霊するために創建されたそうです。これにも大村益次郎が絡んでいると聞いています。彼が提案してできたようですね。正式には、『献策』と言うそうです」

 

「私も文学部の出ですから献策という言葉は聞いたことがありますが、今はあまり使わない言葉ですよね」

 

「招魂斎庭は例大祭で合祀を行なう時に、最初に神霊を招き下ろす祭壇だそうです」(以上、靖国神社公式サイトを参照)

 

「社長は、下関の桜山神社へ行ったことはありますか?」

 

「行ったことはありませんが、桜の名所ですか?」

 

「桜で知られていますが、吉野山とか髙遠とか、全国規模の名所とは言えません。下関駅から歩いても二十分ほどのところにあります。そこには、幕末や維新に活躍した高杉晋作や吉田松陰らだけではなく、無名の人たち四百柱もが祀られています。我が国の招魂社の始まりといわれています」(桜山神社記パンフレット)

 

「それほど重要な場所なのに、駐車場の隅に追いやられている感じですね」

 

「関係者の中には、そんな扱いについて不謹慎だと批判している人もいるようです」

 

「そうですね。その扱いは私でも何となく違和感を持ちます」

 

 政治や宗教にはあまり関心のない竹根であるので、今までそのように考えたことはなかった。宗教という観点で常識的に考えると、幸と同じように感じた。

 

 靖国神社には、招魂斎庭のように一般にはあまり知られていない場所がまだ他にもある。鎮霊社は、戦争などで亡くなられ、靖国神社に合祀されない国内だけでなく海外の人々を慰霊するために、昭和四十年に建てられた。

 

 本宮は、小さなお社で、明治維新のさきがけとなって斃た志士の霊を祀るため同士によって京都にひそかに建てられたものである。七十年後の昭和六年にここ靖国神社に奉納され、この場所に移された。国を守るために尊い生命を捧げた方々の神霊を祀る靖国神社の前身となったことから、「元宮」と呼ばれ、それが本宮と表記されるようになった。(靖国神社公式サイト)

 

< 次回に続く お楽しみに >

 

■■ 脚注

 本書は、現代情景と階層部分を並行して話が展開する新しい試みをしています。読みづらい部分もあろうかと思いますので、現代情景部分については【現代】と、また過去の回想シーンについては【回想】と表記します。回想シーンも、回想1は1970年代前半にはじめて幸が竹根に会ったときと、回想2は、その十数年後、二度目にあったときの二つの時間帯があります。

■■ これまでのあらすじ PC←クリック

■■ これまでのあらすじ mobile ←クリック

■■ ブログポリシー  ←クリック

  


2011年09月27日

■■起業家支援セミナー 【展示会・セミナーは最先端の情報源】

■■起業家支援セミナー 【展示会・セミナーは最先端の情報源】

 

 経営者・管理職たる者、経営コンサルタントや各種士業・コンサルタントは、明日を読めなければなりません。各種の展示会は、世の中の動向、近未来の動向、業界の動向等々多くの情報や示唆を提供してくれます。

 

 その一環として、独断と偏見でも持って選択した展示会やセミナー・シンポジウムなどをご紹介します。ただし、各自の判断で行動してください。

 

■起業家支援セミナー実践編起業者のための再挑戦セミナー(全3日間)

 

 起業後に訪れる悩みの数々をプロのコンサルタントと相談しながらここで一気に解決しましょう。個別相談(111時間×4回まで)

 

 102日・9日・16日の全3日間コースです。

 

 受講料:テキスト代¥3,000

 

http://www.city.kita.tokyo.jp/docs/inform/702/070277.htm

 

[問い合わせ先]

産業振興課経営支援係

電話:03-5390-1237

 

  資料出典: (公財)東京都中小企業振興公社

 

【 注 】

 同じ内容を重複して紹介することがあります。ご容赦ください。

 

■■ 経営コンサルタントへの道  ←クリック

 Googleで「経営コンサルタント」をキーワードで検索すると、「経営コンサルタントへの道」がトップページ表示されます。