2011年10月05日

■■鵜の目鷹の目 経営士・コンサルタント日記10月5日(水)

■■鵜の目鷹の目 経営士・コンサルタント日記 10月5日(水)

 

 1894(明治27)年10月5日に、庚寅新誌社から日本で最初の時刻表が出版されたの記念して「時刻表記念日」が制定されました。

 

 海外に詳しい福沢諭吉翁の勧めで手塚猛昌が発行しました。当時鉄道の先進国で会ったイギリスの鉄道システムを導入した日本政府ですが、トーマス・クックの時刻表を参考にして発行されました。発車時刻や運賃だけではなく、紀行文等も掲載されていたようです。

 

■鵜の目鷹の目

 

 当ブログ[朝刊号]のテレビ・新聞に学ぶ経営のカンどころを始め、当ブログでは色々な経営情報を提供しています。「経営コンサルタントは、キーワードに敏感たれ」と平素私は口に出していますが、今朝のブログで紹介した内容は下記の通りです。

 

起業家表彰「Japan Venture Awards 2012」の募集

 

 中小機構では、東日本大震災による経済影響の中、高い志を持ち、リスクを恐れず挑戦する創業者やベンチャー企業の経営者を募集・表彰します。

 

 自薦・他薦は問いません。受賞者には経済産業大臣賞、中小企業庁長官賞などが贈呈されます。

 

[応募期間]1130日(水)まで(必着)

[募集対象]企業創設後、概ね15年以内であり、高い志を持ち、自立する中小

      企業等の経営者又は代表者(第二創業を含む)。

  http://j-venture.smrj.go.jp/2012/jva/index.html

 

 クライアント・顧問先や知り合いに、それに該当しそうな会社はないかどうか、鵜の目鷹の目で見ると、受賞できそうな起業が見つかるかも知れませんね。

 

 今日は、日本経営士協会の第一サイト(日本経営士協会案内サイト)の改変の準備で終日追われてしまいました。まだまだ時間がかかりそうです。

 

■■ 小説 経営コンサルタント竹根好助の先見思考経営 クリック

 経営コンサルタントとどのように付き合ったら良いのかが分かります

 

  


2011年10月05日

■■信頼性から判断する コンサルタントの選び方10のポイント

■■信頼性から判断する 経営コンサルタントの選び方 10のポイント

 

~ 経営コンサルタントを使いこなせない社長は引退せよ ~

 

 何万人という中から、自社に最適な経営コンサルタントを見つけ出すことは至難の業です。経営コンサルタントを選定せざるを得ないときにどのようなポイントに重点をおいたらよいのでしょうか?独断と偏見でまとめてみました。

 

■ 信頼性から判断する - 全体最適を重視した漢方薬的治療法と体質強化

 

 企業経営者は、経営コンサルタントに依頼することにより短期間に結果を求めたがります。しかし、プロの経営コンサルタントは、功を焦って部分最適を図ることをしません。常に全体最適の中で、今何をすべきかを見守りながら、企業と一体になって全体最適を求めます。

 

 応急処置的な対応をコンサルタントが取るのではなく、漢方薬的な治療法とリハビリをし、次第に体質強化を図って行きます。その過程で、重要なことは「当たり前のことが当たり前にできる企業」になることです。

 

 依頼企業の「あたり前」がなんであるのかを、企業全体に浸透させ、全社員があたり前を繰り返す中で、その企業のノウハウを蓄積して行きます。そして、蓄積されたノウハウを使いながら、さらに一歩上の「あたり前」に挑戦して行くのです。

 

 プロの経営コンサルタントは、クライアント・顧問先にとって「現在のあたり前」がなんであるのかを気づかせることができるのです。そして、そのあたり前があたり前にできる仕組み作りやその進捗管理ができる支援をして行くのです。

 

 その結果として、企業はゴーイング・コンサーンたり得る健全な体質に変化し、体力を強化できるのです。

 

・・・・・ < 続き > 経営コンサルタントの選び方 ←クリック

 

■■ 経営コンサルタント歴35年の足跡 クリック

 Googleでトップ表示されるコンサルタントがあなたの身近にいます。

 

  


Posted by 経営士 at 15:54Comments(0)経営のカンどころ

2011年10月05日

■■ マーケティングで営業力アップ まとめ4

■■ マーケティングで営業力アップ まとめ4

 

 「マーケティングで営業力アップ」シリーズは、97日で終了しました。このシリーズを終わるに当たって、簡単に各章を振り返っています。詳細はお手数でもバックナンバーをご参照ください。

 

■ 第四章のまとめ1「マーケティングをロジカル・シンキングの視点で活用する」

 

 第4章は、「マーケティングをロジカル・シンキングの視点で活用する」と題して、マーケティングを実践に活かす方法をお話します。

 

 マーケティングというのは、数値データだけではなく、定性的なデータを扱いますが、それらを一つ一つ独立させて扱うとなんだかわからないものを、マトリックスに整理すると見えないものが見えてくることがあります。

 

 それを活用しながらマーケティング戦略を立てる手法を「マトリックス・マーケティング」といいます。

 

 マトリックス・マーケティングは、二次元表示のマトリックスだけで施行するのではなく、二次元データを重ねて串刺しして三次元データでとらえたり、さらには別の視点で組み合わせた多次元利用が基本です。

 

 ロジカル・シンキングのツールを使いながら、マーケティング戦略立案について考えて来ました。

 

 営業部門の強化を中心に、そのポイントをご紹介してきました。第4章からは「マーケティングをロジカル・シンキング視点で活用」というテーマでお話してゆきます。

 

 ロジカル・シンキングは、経営士・コンサルタントにとっても経営者やビジネスパーソンにとっても不可欠です。マーケティング戦略に取り組みながら、ロジカル・シンキングも併せて身につけてください。

 

 ロジカル・シンキングのマトリックス・ツールの代表的なABCDセグメント戦略立案表をご紹介しました。市場戦略を立案するのに、自社が持っている商品・サービスや技術と、市場における顧客とをマトリックスに組み合わせて戦略立案をしてゆきます。アンゾフの戦略マトリックスをベースにして、さらにきめ細かなマーケティング戦略立案に使われます。

 

■■ 経営コンサルタント体験談を参考にする ←クリック

 経営コンサルタントを目指す人必見の先輩体験談

 

  


Posted by 経営士 at 15:15Comments(0)経営のカンどころ

2011年10月05日

■■「ロジカル・プレゼンテーション入門」無料セミナー 東京

■■「ロジカル・プレゼンテーション入門」無料セミナー 東京:知修塾

 

 ロジカル・プレゼンテーション入門

 【無料】 知修塾が生まれ変わる体感研修

 

 【講師】 経営士 今井 信行 氏(日本経営士協会 理事長)

      http://www.jmca.or.jp/meibo/pd/0017.htm?s

 

 パワーポイントやキーノートの普及とともに、プレゼンテーション技術が全般に向上しています。そのような中で、経営士・コンサルタントは、存在感を示すために単なるプレゼンテーションではなく、ロジカル・プレゼンテーションが求められます。

 

両者の違いとロジカル・プレゼンテーションのエッセンスを習得しましょう。知識の習得と表現力を養う、新生知修塾を体感して下さい。

 

 

■概 要

 

経営士・コンサルタントとして知っておくべきロジカル・プレゼンテーションと通常のプレゼンテーションの違いを要領よく学べます。同じテーマのプレゼンテーションを、8通りの実例で示し、その違いを明確にします。それによりロジカル・プレゼンテーションとは何かを理解でき、早速今日からプレゼンテーションの大家となれます(保証はしませんので、あしからず)

 

同時に、生まれ変わる知修塾を体感して頂き、営業戦略についてもあわせて学びます。

 

対 象:プレゼンテーションやパワーポイント、表現力などに関心があり、それらを駆使してビジネスチャンスを拡大したい人

 

日 時:平成23年10月13日(木) 18:00~18:50

 

会 場:白王ビル2F 大ホール ※9月から会場が変更になりました

     東京都文京区後楽2-3-10

 

受講料:当日会場にてお支払い下さい

     会員・塾員  無料

     ビジター   無料(ただし、経営革新セミナー別料金)

 

締切り:平成23年10月11日(火)

 

問合せ:日本経営士協会 事務局

>> http://www.jmca.or.jp/toiawase/

 

詳細情報・受講申込み

>> http://info.jmca.or.jp/seminar/301/detail/chi20111013.htm

 

■■ 経営コンサルタント歴35年の足跡 クリック

 Googleでトップ表示されるコンサルタントがあなたの身近にいます。

 

  


2011年10月05日

■■竹根と幸会長の面談 連載竹根好助の先見思考経営 108

■■竹根と幸会長の面談 連載小説 経営コンサルタント竹根好助の「先見思考経営」 No.108 昼休みのブログ

 

 昼は休みに読むブログ連載小説です。経営コンサルタントとどのようにつきあうと経営者・管理職として、プロ士業として一歩上を目指せるのか、小説を通じて体感してください。

 昼は休みに読むブログ連載小説です。経営コンサルタントとどのようにつきあうと経営者・管理職として、プロ士業として一歩上を目指せるのか、小説を通じて体感してください。

【本書の読み方】 脚注参照

 

■10 厳しい取締役会 6 通算108回 竹根と幸会長の面談 

 

 印刷会社であるラッキーの社長である幸と竹根は靖国神社境内を散策しながら、二人が再会した1980年代のことを思い出している。

 ラッキー取締役を対象とした取締役研修、社長の幸の「経営理念」の構築、顧問契約と波乱はあったものの進展してきた。

 1980年代のラッキーの社長室である。電話で社長の幸が竹根の提案受け入れの話をし、後は取締役会での承認を待つだけとなった。その提案とは、これまでの印刷業界にない突飛なモノであり、それだけに取締役達の説得ができるのか、それが問題である。

 

【回想2 1980年代】 

 

 二十一日十四時十五分に荻野を伴って竹根がラッキーを訪問した。ラッキーの役員たちの反発も、荻野たちが、社内雰囲気改善の努力をしたこともあり、また竹根の何度かの訪問も手伝い、取締役たちはまたもとの協力的な姿勢に戻りつつあった。アポイントメントの時間まで、いつも通り社内を廻る。声をかけられた社員は、竹根から自分の名前で声をかけられることもあり、次第に社員の方も気軽に応対をするようになった。

 

 社内を廻っている間に、愛子が会長とのセッティングに動いてくれた。会長が面会できる旨を竹根に伝え、社長室に誘った。

 

「失礼します。会長、ご無沙汰をお許しください」

 

 竹根は、社長室に入ったところから、声をかけた。幸社長は気を利かせて、席を外している。

 

「やあ、竹根さん、どうぞこちらに・・・」

 

 二人は、ソファーのセンターテーブルを挟んで挨拶をした。足は丈夫だと言っている会長だが、動きは鈍くなってきている。座るときも尻をドスンと落とすようにし、筋力の衰えが気になるほどであった。幸会長が座るのを確認してから竹根もソファーに座った。

 

 昔話、ラッキーの現状、趣味の写真や俳句の話など三十分ほどにわたって歓談した。

「先生のおかげで、うちの会社もなんとかやってこられるようになりました。今回の先生の冒険的なご提案には、正直なところ私も迷いました。しかし、わが社が生き残るためには、あのくらいの英断が必要なのでしょうな」

 

 はじめは「竹根さん」と呼んでいた会長も、仕事の話になると「先生」と言葉を改めた。

 

「会長、今の様に世間全般の企業が成長している時代には、生き残るという姿勢では、いずれ衰退するということではないでしょうか。私は、勝ち残るための戦略をご提案しました」

 

「あいかわらず、竹根先生は強気ですね。でも、その強気と堅実性の両方を兼ね備えているあなたを信頼します」

 

 幸会長は立ち上がって、竹根に頭を下げた。

 

 会長と社長が入れ替わり、会長は社長室を出て行った。その後ろ姿は、ソファーに向かうときのややふらつき気味の会長とは違って、足取りがしっかりしているように竹根の目には映った。

 

「さて、私の悪口を会長からお聞きいただいたところで、本題に入りましょうか」

 

「たくさん聞かせてもらいました」

 

 会長は息子の育雄の経営ぶりに満足し、その経営手腕は自分以上であると話していた。かつての二人の諍いは嘘のように、信頼で結ばれていることを竹根は喜んだ。

 

 その日のメインテーマである『長期経営戦略提案書』について竹根から丁寧な説明を受けた。幸は、その内容には満足である。がしかし、「ラッキーで本当にその計画通りやってゆけるのか」ということになると、社員のレベルを知っているだけに、たとえ竹根たちの支援があったとしても、幸は不安を覚えた。

 

< 次回に続く お楽しみに >

 

■■ 脚注

 本書は、現代情景と階層部分を並行して話が展開する新しい試みをしています。読みづらい部分もあろうかと思いますので、現代情景部分については【現代】と、また過去の回想シーンについては【回想】と表記します。回想シーンも、回想1は1970年代前半にはじめて幸が竹根に会ったときと、回想2は、その十数年後、二度目にあったときの二つの時間帯があります。

■■ これまでのあらすじ PC←クリック

■■ これまでのあらすじ mobile ←クリック

■■ ブログポリシー  ←クリック

 

  


2011年10月05日

■■ソーシャルビジネスセミナー【展示会・セミナーは情報源】

■■ソーシャルビジネスセミナー【展示会・セミナーは最先端の情報源】

 

 経営者・管理職たる者、経営コンサルタントや各種士業・コンサルタントは、明日を読めなければなりません。各種の展示会は、世の中の動向、近未来の動向、業界の動向等々多くの情報や示唆を提供してくれます。

 

 その一環として、独断と偏見でも持って選択した展示会やセミナー・シンポジウムなどをご紹介します。ただし、各自の判断で行動してください。

 

■中国ビジネス支援セミナー「中国における日系企業のM&Aの現状」の開催

 

 名古屋市及び(財)あいち産業振興機構では、中国で増加しているM&Aの現状について学ぶセミナーを開催します。

 

[日時]106日(木)14001600

[場所]愛知県産業労働センター・ウインクあいち(名古屋市中村区) 

[参加費]無料 [定員]70名(申し込み先着順)

 http://news.nna.jp/free/seminar/111006_ngo/

 

  資料出典: J-NET21

 

■セミナー「“知財”を育てて経営に活かす!」の開催

 

 東京商工会議所江東支部では、中小企業の知的財産の具体的な活用事例を説明し、知的財産の基礎から、便利な制度の活用方法などを解説するセミナーを開催します。

 

[日時]106日(木)10:00:12:00

[場所]江東区産業会館(東京都江東区)

[参加費]無料

 http://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-41012.html

 

  資料出典: J-NET21

 

■「ソーシャルビジネスセミナー」の開催

 

 (公財)東京都中小企業振興公社では、地域や社会課題を事業的手法によって解決を目指す「社会的企業」について考えるセミナーを開催します。

 

[日時]106日(木)18:0021:00

[場所]東京都産業労働局秋葉原庁舎(東京都千代田区)

[参加費]無料

 http://www.tokyo-kosha.or.jp/topics/1109/0014.html

 

  資料出典: J-NET21

 

■戦略的営業社員研修の開催

 

 尼崎商工会議所では、営業戦略の考え方・作り方・活かし方を学ぶための研修会を開催します。

 

[日時]106日(木)・13日(木)13:0017:00

[場所]尼崎商工会議所(兵庫県尼崎市)

[参加費]20,000円(尼崎商工会議所会員 15,000円)[定員]15

 http://www.amacci.or.jp/seminar/eigyou1110/

 

  資料出典: J-NET21

 

■営業力パワーアップ講座

 

 2日間の講座で展示会を効果的な販路開拓の場に!

 

 ~受注につなげる「展示・営業手法」~

 

106日・27日開催。参加無料)

http://www.tokyo-kosha.or.jp/topics/1108/0020.html

 

  資料出典: (公財)東京都中小企業振興公社

 

■経営戦略&マーケティングセミナー

 

「成長企業の経営を分析し、自社の売上を増やす」

 

106日・7日開催。受講料:¥16,000

 

*売上増加のための仕組みを作る際に必要となる「経営基礎知識の習得」と「具体的な仕組みの事例」「仕組みの基本形」を学びます。

http://www.tokyo-kosha.or.jp/topics/1107/0019.html

 

  資料出典: (公財)東京都中小企業振興公社

 

 

■事業発展のための事業計画策定講座の開催

 

 神奈川県中小企業団体中央会では、事業計画の立て方について、セミナーを開催します。参加費は全会場とも無料。

 

<平塚会場>

[日時]106日、1027日、1117日(3回シリーズ)

    各回共に13301630

[場所]平塚ラスカ(神奈川県平塚市)

 http://www.chuokai-kanagawa.or.jp/topics/topic.asp?Id=6492&wn=

 

  資料出典: J-NET21

 

■ 展示会

 

10/5()7()  第38回 国福祉展 H.C.R. 2011

 

世界の福祉機器を総合展示

 

 ハンドメイドの自助具から最先端技術を活用した福祉車両まで世界の福祉機器を一堂に集めた国際展示会。保健医療・福祉・介護の各分野の制度改革や事業活動を紹介する国際シンポジウム、セミナー情報など国際福祉機器展H.C.R.に関する情報を掲載しています。

 

期日:2011105()107()

   10:0017:00

会場:東京ビッグサイト東展示ホール(有明)

入場料:無料・登録制(一部プログラムは有料)

 

10/5()7()  食品開2011

 

食品開発展は、食品分野の研究・開発、品質保証、製造技術担当者向けの専門展示会として1990年にスタートし、2011年で第22回を迎えます。

 

食品開発展は、機能性素材・健康素材を集めたHiHealth Ingredients Japan)と分析・計測・衛生資材、製造技術を集めたS-tecSafety and Technology Japan)よりなり、近年の食品分野の2大潮流となっている「健康と安全」に関するアジア最大の技術展として内外の関心を集めています。

 

東京ビッグサイト西12ホール&アトリウム

10001700

900小間 (2010年実績600900小間)

 

後援

 農林水産省/厚生労働省/東京都/()日本貿易振興機構(ジェトロ)()農業・食品産業技術総合研究機構食品総合研究所

 

■■ PC利用とインターネット クリック

 意外と知らないで損をしている人が多いのです

 

【 注 】

 同じ内容を重複して紹介することがあります。ご容赦ください。

 

■■ 経営コンサルタントへの道  ←クリック

 Googleで「経営コンサルタント」をキーワードで検索すると、「経営コンサルタントへの道」がトップページ表示されます。

■■ 内閣府認証特定非営利活動法人・日本経営士協会  ←クリック

 コンサルタント・士業の知的頭脳集団 日本最初の経営コンサルタント団体

  


2011年10月05日

■■経営士資格取得手順 経営コンサルタントの使い方のQ&A

■■経営士資格取得手順 経営コンサルタントの使い方・資格取得のQ&A

 

 1970年代から経営コンサルタントをやっている経験から、独断と偏見でもって皆様からのご質問にお答えします。また、一般企業の経営者・管理職には、経営士・コンサルタントがどのように誕生し、どのように研鑽しているのかを知っていただける機会でもあります。

 

【質問】経営士資格取得手順

 

 (特)日本経営士協会の経営士資格取得の手順を教えてください。

 

【回答】

 

 (特)日本経営士協会が主催する入会試験は、原則として毎年初夏に実施されます。この試験を受験するには、第一次審査(書類審査)に合格することが必要です。

 

 所定の書類に記載し、申請します。このときに、業歴書や論文など、実力を示せる文書を添付することをお薦めします。経営士・コンサルタントは、信用度が重視されるので、誤字脱字の内容に確認しておきましょう。 <関連情報> ←クリック

 

 第二次審査は、ペーパーテストです。入会試験科目は8科目ですが、2科目は入会後講習会・研修会を受講するかレポート提出で代替されます。ペーパーテストは、科目ごとの最低点による足きりがないので、得意科目ではできるだけ点数を稼いでおくというのも合格率を高めるポイントです。

 

 第三次試験は口頭試問です。ペーパーテストに出題された内容から出されることが多いので、試験後、参考書で確認しておき、ペーパーテストで点数が取れなかった分を取り返せるようにしておきましょう。

 

【このコーナーの目的】

 

「経営コンサルタントって、一体何をやってくれるのですか?」と企業の経営者・管理職から訊かれることがあります。ガクッとしてしまいますが、われわれ経営コンサルタントが、平素きちんと説明をしたり、その仕事ぶりを見ていただいたりすることが少ないからと反省をしています。

 

 また、これから経営コンサルタントを目指す人たちは、「中小企業診断士資格を取らないと経営コンサルタントにはなれない」「経営コンサルタントになるにはどうしたらよいのでしょうか」「高校生ですが、経営コンサルタントになるには大学のどの学部がよいでしょうか」等々いろいろな質問を受けます。

 

 そのような質問にお答えして参りたいと思いますので、ご質問がありましたらお寄せください。

 

■■ 社長さん達のためのページ ←クリック

■■ 経営コンサルタントのメールマガジン  ←クリック

■■ 経営コンサルタントをめざす人のページ  ←クリック

■■ 経営コンサルタントQ&A ←クリック

■■ 当ブログの発行ポリシー ←クリック

 

GoogleYahooなどの検索サイトで「経営コンサルタント」をキーワードで検索すると、「経営コンサルタントへの道」がトップページに表示されます。

  


Posted by 経営士 at 10:19Comments(0)経営のカンどころ

2011年10月05日

■■ベンチャー企業・起業家表彰 経営のカンどころ 10月5日

■■ベンチャー企業・起業家表彰 テレビ・新聞に学ぶ経営のカンどころ 10月5日(水)

 

・・・ 意識をすると

・・・ 新聞やテレビの見方も変わってくる

 

 昨日の製造業に続き、アメリカではISM非製造業景況感指数の9月度の値が発表されます。

 

 イギリスでは中銀金融政策委員会が開催されます。

 

■起業家表彰「Japan Venture Awards 2012」の募集

 

 中小機構では、東日本大震災による経済影響の中、高い志を持ち、リスクを恐れず挑戦する創業者やベンチャー企業の経営者を募集・表彰します。

 

 自薦・他薦は問いません。受賞者には経済産業大臣賞、中小企業庁長官賞などが贈呈されます。

 

[応募期間]1130日(水)まで(必着)

[募集対象]企業創設後、概ね15年以内であり、高い志を持ち、自立する中小

      企業等の経営者又は代表者(第二創業を含む)。

 http://j-venture.smrj.go.jp/2012/jva/index.html

 

【昨日人気のブログ】

 

 平日は毎日時間帯に応じて5本以上のブログを提供しています。昨日は「名言格言で経営を考える」が圧倒的な人気でした。

 

 詳細は、お手数でも昨日のブログを見てくださると幸いです。

 

【今日のブログの読みどころ】 

 

 いよいよ最後のまとめに入った「マーケティング思考で営業強化」講座をお見逃しなく。

 

 毎日下記のスケジュールでブログをお送りしています。スケジュールの都合で変更になることもありますが、皆さんのご関心の高いブログをお読みくださると幸いです。なお、週末は通常スケジュールとは異なる内容をお送りします。

 

朝一   テレビ・新聞に学ぶ経営のカンどころ

10   経営コンサルタントに関するQ&A

12   連載小説「経営コンサルタント竹根好助の先見思考経営」

15   日替わり

16   連載「発展し続ける企業の“秘密” の道」

夕刊   経営士・コンサルタント日記

 

■■ 当ブログの読み方  ←クリック

   毎日6本の有益情報を流しています

  


Posted by 経営士 at 07:20Comments(0)経営のカンどころ