2011年10月25日

■■1ドル360円の時代【今日は何の日】(日記)10月25日

■■1ドル360円の時代【今日は何の日】(コンサルタント日記) 10月25日(火)

 

 1951(昭和26)年10月25日に、戦後最初の国内民間航空会社として日本航空が設立され、それを記念して「民間航空記念日」が制定されました。一番機は「ど星号」で、当時は、東京・大阪・福岡の3空港間の運航でした。

 

 私の記憶では、DC-3だったと思うのですが、JAL最初の飛行機は、マーチン2-0-2であると記述されています。この飛行機は信頼性が高いということから、DC-4の時代になってもなおかつ運航が続けられました。

 

 私が初めてアメリカへ飛んだのは1970126日でしたが、その頃はDC-8でした。空を舞う美人の愛称で親しまれた、スリムな体型は飛行機ファンには今日でも人気が高いと聞いています。

 

 当時は、サンフランシスコまでしかフライトが認可されていなかったこともあり、そこで下ろされ、アメリカン航空機でケネディ空港まで飛んで行きました。初めての海外と言うことから、心細い思いをしました。

 

 1ドルが360円で、日本製品は「安かろう、悪かろう」という評価の時代でした。いわゆる「企業戦士」の最前線に飛ばされました。自分で言うのもおこがましいですが、当時、海外赴任を命じられる人間はエリート中のエリートと言われていました。今日では考えられないような感覚の時代だったのです。

 

 経営コンサルタントとして独立してからは、ヨーロッパを始め、海外をあちらこちらと飛び回り、1年の三分の二近くを海外で過ごす年もありました。訪問した国の数は30カ国程度ですので、数としては多い方ではないかも知れません。先進国が中心でしたが、南アフリカにも行ったことがあると言うと、驚かれるのです。

 

 私を主人公のモデルにした経営コンサルタント小説「竹根好助シリーズ」でも、海外での場面を描いた小説が幾つか出てきます。出版の暁には、是非ご覧下さい。尚、現在、当ブログで掲載中のこのシリーズもアメリカでの幸と竹根の出会いなどが登場します。このブログ小説は毎日昼休みに発信していますので、食事をしながらでもお気軽に読んでいただけると幸いです。

 

 あらすじは、下記リンクよりどうぞ

 

■■ 小説 経営コンサルタント竹根好助の先見思考経営 クリック

 昼休みに小説を読みながらヒントを得る

 

  写真:日本航空サイトから http://www.jal.co.jp

  


Posted by 経営士 at 17:17Comments(0)【今日は何の日】

2011年10月25日

■■円満退社と家族の理解 【独立起業・転職支援】

■■【独立起業・転職支援】 円満退社と家族の理解


 これから起業をしたい人、起業をしたけれども経営がなかなか軌道に乗らない人、それが一般企業であっても、経営コンサルタントなど士業であっても、悩みは類似していますし、解決策も類似して、応用が利きます。

 ここでは、イレギュラーな発行となりますが、当ブログで質問に対して、独断と偏見で回答して参ります。参考にしていただければ幸いです。

 独立起業に関する無料相談有料相談をお受けしています。

 【 注 】一部重複掲載することがあります。

 

【質問】起業で最も大切なことは? 

 

 サラリーマンをしていますが、起業をするのに最も気をつけるべき子とはなんでしょうか?

 

【回答】円満退社と家族の理解

 

 起業を目指す場合のみならず、転職する場合においても円満な退職と、家族の理解、それに関わってきたすべての人と、可能な限り良好なコミュニケーションを築くことは大変重要です。

 

 とくに起業をする場合においては、できるだけ多くの支援・協力者を得ることが、成功を収めるための大きな鍵ともなってきます。協力や支援を得られないまでも、少なくとも悪意を持って邪魔をされたり、足を引っ張られたりすることがないようにだけはしておく必要があります。

 

  同様に、家族の理解が得られないまま起業をすることは、決して良好なスタートとは言えません。従業員を雇えない起業当初は、実務を手伝ってもらう可能性が高く、また資金的な援助も必要にもなります。事業が軌道に乗ってからも、いざというときにサポートをしてくれるのは家族です。まずは家族の理解を得、進んで協力をしてもらうことが肝要です。

 

 ◇ 円満退社

 ◇ 家族の理解

 ◇ 良好なコミュニケーション

 

<続き> J-NET21

 

■■ 経営コンサルタント体験談を参考にする ←クリック

 経営コンサルタントを目指す人必見の先輩体験談

  


Posted by 経営士 at 16:59Comments(0)■経営特訓教室

2011年10月25日

■■【名言格言】城山三郎「初心が魅力をつくる1」全文

■■【名言格言】城山三郎「初心が魅力をつくる1」

 

 毎週火曜日15時に提供している【名言格言から経営ノウハウを感じ取る】は「経営四字熟語」とともに益々人気上昇中です。名言格言や四字熟語を学びながら、経営のヒントを併せて得ることができるという切り口が好評の理由です。話材にも使えて、益々面白くなります。

由です。話材にも使えて、益々面白くなります。

 

■ 初心が魅力を作る 1

 

 「初心が魅力をつくる」は、城山三郎がその著「逆境を生きる」の中で述べている言葉です。

 

 「魅力」とは「人の心をひきつける力(広辞苑)」のことですが、「定義するのはむつかしい」と城山は本著で述べています。そして「魅力がない」と逆の方向からアプローチをしています。

 

 まずは、「型にはまった人」を挙げています。

 

 「型」を「椅子」に置き換えて見ると、平社員の時には小さな机が与えられます。学校を卒業して、初めて与えられた席に座って、「よし、これからがんばるぞ」と思い立って40年以上になります。(歳が知れてしまいますね)

 

 係長になると、大きめの机になりました。課長になると・・・・・続きは<アメンバー無料登録>が必要です

 

■■ 人気上昇中<経営四字熟語 ←クリック

 四字熟語の示唆を知ると目から鱗が落ちるでしょう

  


2011年10月25日

■■ワープロの黎明 連載小説 竹根好助の先見思考経営121

■■ワープロの黎明 連載小説 経営コンサルタント竹根好助の「先見思考経営」 No.121 昼休みのブログ

 

 昼は休みに読むブログ連載小説です。経営コンサルタントとどのようにつきあうと経営者・管理職として、プロ士業として一歩上を目指せるのか、小説を通じて体感してください。

【本書の読み方】 脚注参照

 

■11 新しい企業作り 6 通算121回 ワープロの黎明

 

 第11話「新しい企業作り」は、現代に戻り、東京の靖国神社境内である。経営コンサルタントの竹根に誘われて、印刷会社ラッキーの幸社長が肩を並べて散策をしている。

 散策をしながら、幸は竹根のブログへの取り組み姿勢について質問をし、自社にも参考になると考えた。

 竹根に誘われて幸は、洗心亭という靖国神社境内にある茶室に入った。茶道の経験のない幸は、竹根の言葉で観念をしてその席に着いた。落ち着いた雰囲気の中で、幸は再び1980年代に戻り、沈思黙考が始まった。

 顧問を依頼した竹根との相談の上で策定した五カ年計画案の第一議案であるノンファブリック戦略が可決され、第二議案である活版とオフセット印刷の両建て戦略の審議に入った。

 取締役の大松田がオフセット印刷機取り扱いの難しさとして、オフセット印刷機には不可欠な水の話になった。工場長の金山は、オフセット印刷への取り組みには慎重であった。

 

【回想2 1980年代】 

 

 工場長としての苦労があるので、金山からは慎重な発言が出た。

 

「いや、日本ではまだまだ軽オフセットは黎明期で、素人だらけというのは、われわれにとっては好都合ではないだろうか」

 

「なるほどそういう考え方もできますね。でも、日本には、何でそういうお店がなぜ出てこなかったのだろう?」

 

「刷増部長、良いところに気がついたね」

 

 さちは得意顔で語りはじめた。

 

「日本とアメリカ、ヨーロッパも入るかもしれないけど、大きな違いは、タイプライターの普及率の違いにある。一般の日本企業では、タイプがある方が珍しいけど、向こうではタイプがない方が珍しい。従って、版下を容易に作ることができる」

 

「そうなると、日本では、プリントショップは難しいのではないですか?」

 

「確かに、今は難しいけど、ワープロがこれから急激に安くなってくるし、パソコンでもワープロ作業をやれるようになると予測されている」

 

「社長、ワープロやパソコンでは、解像度が低くドットが粗くて版下には不向きなのではないですか」

 

「確かに今のワープロやパソコンのプリンターは解像度の問題で活版印刷のようなシャープさはとても出せない。だけど今後の技術革新はその問題を解決してくれるだろう」

 

「そうそう、先般の研修の時に竹根先生が仰っていたCTPの時代が来れば、プリンターに打ち出して版下を作るという作業もなくなるわけだし、おもしろいかも知れないね」

 

 幸と刷増の会話を聞いていた大松田が口を開いた。

 

< 次回に続く お楽しみに >

 

■■ 脚注

 本書は、現代情景と階層部分を並行して話が展開する新しい試みをしています。読みづらい部分もあろうかと思いますので、現代情景部分については【現代】と、また過去の回想シーンについては【回想】と表記します。回想シーンも、回想1は1970年代前半にはじめて幸が竹根に会ったときと、回想2は、その十数年後、二度目にあったときの二つの時間帯があります。

■■ これまでのあらすじ PC←クリック

■■ これまでのあらすじ mobile ←クリック

■■ ブログポリシー  ←クリック

  


2011年10月25日

■■【閑話休題】2011年10月・月間で200本のブログ達成

■■【閑話休題】2011年10月・月間で200本のブログ達成

 

 平素の後対独を感謝いたします。

 

 平日は、毎日8本のブログをお届けしています。

 

 ターゲット読者は、下記の通りです。

 「経営者・管理職」

 「経営コンサルタント」

 「資格取得を目指す人」

 「元気になりたい人」

 「お節介焼きを嫌いでない人」

 

 ちょっと欲張っていますが、経営者・管理職とコンサルタントは、表裏一体の問題が多いのです。

 

 裏と表を見られる、「複々線思考」ができるようになって欲しいです。

 

 独断と偏見ですが、気に入っていただけたら、読者登録・RSSなどをご利用ください。

 

 アメブロ(http://ameblo.jp/keieishi/)では、アメーバ登録者だけにお届けする無料サービスも提供しています。

 

 皆様のおかげで、今月は月間200本を超えました!!

 

 ありがとうございます。皆様のご声援のおかげです。

 

■■ 経営コンサルタント歴35年の足跡 クリック

 Googleでトップ表示されるコンサルタントがあなたの身近にいます。

  


2011年10月25日

■■輸出好調の韓国・その影で【経営のカンどころ】10月26日

■■輸出好調の韓国・その影で 【経営のカンどころ】 10月26日(水)

 

・・・ 意識をすると

・・・ 新聞やテレビの見方も変わってくる

 

 本日のニュースウオッチ9で「輸出好調の韓国・その陰で中小企業や主婦が悲鳴…」が放送されます。

 

チャンネル:総合

放送日: 20111025日(火)

放送時間:午後9:00~午後10:0060分)

ジャンル:ニュース/報道 >定時・総合

ニュース/報道 > 天気

スポーツ > スポーツニュース

 

番組HPhttp://www.nhk.or.jp/nw9/

 ▽どうする普天間・日米防衛相会談 ▽輸出好調の韓国・その陰で中小企業や主婦が悲鳴… ▽沖縄の教科書問題とは【キャスター】大越健介,井上あさひほか

 【スポーツキャスター】廣瀬智美,【気象キャスター】井田寛子

 【キャスター】大越健介,  井上あさひ,  【スポーツキャスター】廣瀬智美,  【気象キャスター】井田寛子

 

■■ 日常生活雑学博士で話し上手 ←クリック

 仕事上手は、話し上手。話のネタがゴロゴロ

  


Posted by 経営士 at 10:29Comments(0)経営のカンどころ

2011年10月25日

■■入会までの手順 コンサルタントの使い方・資格取得のQ&A

■■入会までの手順 経営コンサルタントの使い方・資格取得のQ&A

 

 1970年代から経営コンサルタントをやっている経験から、独断と偏見でもって皆様からのご質問にお答えします。また、一般企業の経営者・管理職には、経営士・コンサルタントがどのように誕生し、どのように研鑽しているのかを知っていただける機会でもあります。

 

■ 質問 入会までの手順

 

(特)日本経営士協会の入会手順の概要について、簡単にご説明をお願いします。

 

■ 回答

 

当協会への入会までの手順については、このメールマガジンで紹介してきました

が、簡単に復習しておきましょう。詳細は、下記URLからご覧くださるようお願い

します。

   http://www.jmca.or.jp/nyukai/nyukai.htm

 

当協会では、原則として一般会員から入会して、入会後昇格審査により資格取得

をしていただきます。ただし、特別な場合に、資格会員として入会することもで

きます。

 

直接資格会員になるための受験入会制度を利用する場合には、当協会がWebサイト、

メーリングリスト、メールマガジンを通じて案内する入会受験要綱に基づき実施

いたします。

 

【このコーナーの目的】

 

「経営コンサルタントって、一体何をやってくれるのですか?」と企業の経営者・管理職から訊かれることがあります。ガクッとしてしまいますが、われわれ経営コンサルタントが、平素きちんと説明をしたり、その仕事ぶりを見ていただいたりすることが少ないからと反省をしています。

 

 また、これから経営コンサルタントを目指す人たちは、「中小企業診断士資格を取らないと経営コンサルタントにはなれない」「経営コンサルタントになるにはどうしたらよいのでしょうか」「高校生ですが、経営コンサルタントになるには大学のどの学部がよいでしょうか」等々いろいろな質問を受けます。

 

 そのような質問にお答えして参りたいと思いますので、ご質問がありましたらお寄せください。

 

■■ 社長さん達のためのページ ←クリック

■■ 経営コンサルタントのメールマガジン  ←クリック

■■ 経営コンサルタントをめざす人のページ  ←クリック

■■ 経営コンサルタントQ&A ←クリック

■■ 当ブログの発行ポリシー ←クリック

 

GoogleYahooなどの検索サイトで「経営コンサルタント」をキーワードで検索すると、「経営コンサルタントへの道」がトップページに表示されます。

  


2011年10月25日

■■中小企業のための事業承継対策【展示会・セミナーは情報源】

■■中小企業のための事業承継対策【展示会・セミナーは最先端の情報源】

 

 経営者・管理職たる者、経営コンサルタントや各種士業・コンサルタントは、明日を読めなければなりません。各種の展示会は、世の中の動向、近未来の動向、業界の動向等々多くの情報や示唆を提供してくれます。

 

 その一環として、独断と偏見でも持って選択した展示会やセミナー・シンポジウムなどをご紹介します。ただし、各自の判断で行動してください。

 

■「医工連携推進シンポジウム」の開催

 

 経済産業省では、医療現場での課題・ニーズの内容について医療従事者などから発表を行い、併せて、ものづくり中小企業とのマッチングを行うシンポジウムを開催します。

 

[日時]1026日(水)13:0018:00

[場所]ベルサール新宿セントラルパークイベントホール(東京都新宿区)

[サテライト会場(音声・映像)]

    天満研修センターイベントホール(大阪市北区)

    郡山ビューホテルパラシオ(福島県郡山市)

[参加費]無料 [申込み締切り]1024日(月)正午

 http://www.meti.go.jp/press/2011/10/20111011001/20111011001.html

 

  資料出典: J-NET21

 

■「Smart City Week 2011」海外企業との個別商談会の開催

 

 ジェトロでは、「Smart Citye Week 2011」において、外国企業とのマッチングや日本各地への投資誘致のための面談会を開催します。

 

[日時]1026日(水)~28日(金)10:0017:00

[場所]パシフィコ横浜 展示ホールA(横浜市西区)

[参加費]無料 [申込み締切り]1024日(月)

 ※海外企業との面談を申し込みいただいた方に、Smart City Week 2011入場

  無料券を配布。

 http://www.jetro.go.jp/events/tradefair/20110824403-event

 

  資料出典: J-NET21

 

■中小企業のための株式実務・事業承継対策セミナー・個別相談会の開催

 

 岡山商工会議所では、これから事業承継の準備を始められる現経営者・後継者の方や経営権(株式)の承継や少数株主・外部株主について学ぶセミナー及び個別相談会を開催します。

 

[日時]1026日(水) セミナー13:3015:00

            個別相談会15:0016:00

[場所]岡山商工会議所(岡山市北区)

[参加費]無料 [定員]50

 http://www.okayama-cci.or.jp/modules/smartsection/item.php?itemid=939

 

  資料出典: J-NET21

 

【 注 】

 同じ内容を重複して紹介することがあります。ご容赦ください。

 

■■ 経営コンサルタントへの道  ←クリック

 Googleで「経営コンサルタント」をキーワードで検索すると、「経営コンサルタントへの道」がトップページ表示されます。

■■ 内閣府認証特定非営利活動法人・日本経営士協会  ←クリック

 コンサルタント・士業の知的頭脳集団 日本最初の経営コンサルタント団体

  


2011年10月25日

■■TPP~はっきりさせよう【経営のカンどころ】10月25日

■■TPP~はっきりさせよう【経営のカンどころ】 10月25日(火)

 

・・・ 意識をすると

・・・ 新聞やテレビの見方も変わってくる

 

 ニューヨーク外国為替市場で、1ドルが75円台まで上がりましたね。26日に開催が予定されているEUの首脳会議で、信用不安を食い止められる解決策が示されるかどうかで今後の展開が変わりそうですね。

 

 また、国内ではTPP(環太平洋パートナーシップ協定)で紛糾しています。業界によりプラスマイナスは大きな違いがあり、当然のことながら反対派は自らの存続をかけて必死でしょう。

 

 日本政府は、中国や韓国がTPP準備に参画していないので悠長に構えていますが、形ができあがってから参加をしたのでは日本に有利な形にはなりません。参加をする可能性があるのであれば先ず参加をし、日本の考えを通すようにしていくべきで、メリットがないことがわかれば脱退すれば良いと考えます。

 

 一方、参加をしないのであれば、日本だけで経済が成り立つように、国策を切り替える必要があります。

 

 「日本には政治家はいるが政治家がいない」という言葉を聞いたことがあります。どなたかの言葉か存じませんが、至言であると考えます。日本の将来を見据えた政治家が出現するのを期待しなければならないのでしょうか。

 

 今日は、BRIC’sの一つであるインドがその準備銀行金融政策決定の会合を開きます。ギリシャ問題に端を発したヨーロッパの不況の影響をジワジワと受ける可能性の中でどのような政策が決定されるのでしょうか。

 

 カナダ銀行も政策金利を発表します。

 

■東日本大震災及び円高への対応に係る中小企業資金繰り支援策

 

中小企業庁では、東日本大震災及び円高の影響を踏まえ、平成23年度下半期のセーフティネット保証5号の対象業種を、原則全業種(82業種)とする措置などを講じることとしました。

 

併せて、「東日本大震災復興緊急保証」及び「東日本大震災復興特別貸付」につきましても、下半期継続して実施します。

 

詳しくは、以下サイトをご覧下さい。

 http://www.meti.go.jp/press/2011/09/20110927001/20110927001-1.pdf

 

  資料出典: J-NET21

 

■タイ洪水被害を受けた日系企業の関連中小企業者対策

 

 多くの日系企業が被災している状況に鑑み、その関連(国内)中小企業者に対して、以下の措置を講ずることとしました。

 

・国内約1,000箇所に相談窓口を設置

・現地での相談窓口を設置

 日本貿易振興機構(JETRO)バンコク事務所において、「洪水相談窓口」を設

 置し、被災した現地の日系企業からの経営・金融相談に応じています。

詳しくは、以下サイトをご覧下さい。

 http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/antei/2011/111017Thai.htm

 

  資料出典: J-NET21

 

■「平成23年度戦略的基盤技術高度化支援事業(二次公募)」の採択結果

 

 二次公募で、復興に向けた中小企業の新しい研究開発の取組みを支援するため、東日本大震災の被災地域を対象に、公募申請を受け付けたところ、合計80件の申請があり、このうち17件の研究開発計画を採択しました。

 

詳しくは、以下サイトをご覧下さい。

 http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/sapoin/2011/111014senryaku_koubo_kekka.htm

 

  資料出典: J-NET21

 

【昨日人気のブログ】

 

 平日は毎日時間帯に応じて8本以上のブログを提供しています。昨日は「ここが知りたい、税金のQ&A」が圧倒的な人気でした。

 

 詳細は、お手数でも昨日のブログを見てくださると幸いです。

 

【今日のブログの読みどころ】 

 

 毎週水曜日にお送りしている「名言・格言ブログ」は、経営を先人の言葉から考える講座です。お見逃しなく。城山三郎「初心が魅力をつくる1」をお送りします。

 

 毎日8本のブログを発信するように努力をしています。経営者・管理職向けの記事や経営コンサルタント向けの記事があります。それぞれ裏を返すと、それぞれの方々にプラスとなると考えていますので、柔軟な発想で当ブログとお付き合い下さるようお願いします。

 

■■ 当ブログの読み方  ←クリック

   毎日8本の有益情報を流しています

 

■■ 経営コンサルタントQ&A ←クリック

 コンサルタントを使えない社長は・・・ プロコンサルタント情報

  


Posted by 経営士 at 08:28Comments(0)経営のカンどころ