2011年10月29日

■■平成24年度経済産業政策【経営のカンどころ】10月29日

■■平成24年度経済産業政策【経営のカンどころ】 10月29日(土)

 

・・・ 意識をすると

・・・ 新聞やテレビの見方も変わってくる

 

 わずか30CM立方の小型レーザー機器で配管内の放射性汚染物質を除去できる機器が福井県の「若狭湾エネルギー研究センター」で開発されたという明るいニュースがありました。

 

 福島だけではなく、多少なりとも、多くの人達に朗報ですね。

 

 

■平成24年度経済産業政策の課題と対応、概算要求・税制改正要望

 

 平成24年度における経済産業省の予算要求、税制改正意見などをまとめました。

 

 http://www.meti.go.jp/main/yosangaisan/2012/index.html

 

  資料出典: J-NET21

 

■ プロ志向の隠れた人気ブログ 「経営コンサルタントの日記」

 

 ブログというのは、日記風に、自分が今していること、今日してきたことなどを徒然に書いていく中で、それに共感してくださっている人の存在が嬉しいものです。

 

 当ブログの「経営コンサルタントの日記」は、その日の年中行事、今日は何の日、季節の移ろいなどを気儘に書いていく中に、経営コンサルタントとして感じていることを記述してお届けしています。

 

 もちろん、経営コンサルタントとして、一人の人間としての一日を振り返っての記録もあります。

 

 大変地味なブログですが、「経営コンサルタントらしい発想法を感じ取れて毎日見させていただいています」などという嬉しいコメントを時々いただきます。プロ志向の方の隠れた人気ブログと煽てられながら、休みなく投稿しています。

 

■ 週末のブログ発行

 

 経営情報として「テレビ・新聞を観る経営のポイント」「経営コンサルタントに関するQ&A」は、週末を除く毎日午前中、また「小説 経営コンサルタント竹根好助“先見思考経営”」は毎日昼休みに発行しています。また、好評の「経営コンサルタントの上手な使い方」は、平日16時に発行しています。

 

 本日は週末のため勝手ながら休載させていただき、別の内容でお送りしています。是非、それぞれのバックナンバーを当ブログでご参照ください。

 

■■ 経営コンサルタントへの道  ←クリック

 Googleで「経営コンサルタント」をキーワードで検索すると、「経営コンサルタントへの道」がトップページ表示されます。

 

■■ ブログの読み方で情報価値が上がる  ←クリック

  


Posted by 経営士 at 08:28Comments(0)経営のカンどころ

2011年10月28日

■■起業ビジネスのアイディア創出法1 【独立起業・転職支援】

■■起業ビジネスのアイディア創出法1 【独立起業・転職支援】

 

 これから起業をしたい人、起業をしたけれども経営がなかなか軌道に乗らない人、それが一般企業であっても、経営コンサルタントなど士業であっても、悩みは類似していますし、解決策も類似して、応用が利きます。

 ここでは、イレギュラーな発行となりますが、当ブログで質問に対して、独断と偏見で回答して参ります。参考にしていただければ幸いです。

 独立起業に関する無料相談有料相談をお受けしています。

 【 注 】一部重複掲載することがあります。

 

【質問】起業ビジネスのアイディア創出法1 

 

 起業に当たって、自分のやりたいことと適性などを考えていますが、企業を成功させるためのアイディアをどのように生み出していったらよいのでしょうか?

 

【回答】

 

 新しく事業を創造するには、「ビジネスアイデア」を創出することからはじまります。闇雲に起業したところで、ビジネスが成功するほど生やさしい社会ではありません。 顧客から見て魅力的、かつ競合と差別化できているのかが重要です。

 

 そもそも自分自身が、どんな一体ビジネスをやりたいのかという事業理念を、明確にすることが大事です。理念の実現のためには、まず「ビジネスアイデア」を創出することが重要です。 「ビジネスアイデア」は、事業を持続的に成長させていくうえで、非常に重要です。 「ビジネスアイデア」とは、さまざまな創出パターンが存在しています。

 

 ベンチャー企業には、大企業では成しえない「ビジネスアイデア」を創出し、それを実現することこそが求められています。それでは、新しいビジネスの創造において、「ビジネスアイデア」をどのように創出したいったらよいのでしょうか? 「ビジネスアイデア」の創出方法として、大きな2つの観点に基づいて捉えることができます。 具体的には、「個人的観点」と「社会的観点」といった大きな2つの観点を基に、「ビジネスアイデア」を創出することができます。

 

<続き> J-NET21

 

■■ 士業に特化したセミナー  ←クリック

 コンサルタント・士業のために特化したセミナーが盛りだくさん

 

  


2011年10月28日

■■速記記念日に思う秘書作業【今日は何の日】日記10/28

■■速記記念日に思う秘書作業【今日は何の日】(コンサルタント日記) 10月28日(金)

 

 1882(明治15)年に、日本で最初の速記講習会を開催、1888(明治22)年に、講習会の7周年記念会を開いた時に、日本速記協会が制定しました。

 

 速記の歴史は予想以上に長いものです。その起源は古代ローマ以前に遡るといいます。紀元前400年代の古代ギリシャで速記碑文が発見されています。有名な速記記録としては紀元前63年のキケロによるカティリナ弾劾演説の記録で、当時の速記は知的奴隷が充てられていました。(Wikipedia参照作成)

 

 欧米では、二種の速記が今日でも使われています。私は、その速記の一つである、グレッグ式英文速記の基礎の基礎を学びました。

 

 1970年から5年間ニューヨークの日本商社で仕事をしていました。アメリカ人秘書に口実筆記をしてもらい、タイピングをしてもらう仕事で、先方も日本人の英語になれないことからこの作業が余りうまくいきませんでした。

 

 そこで、どのようなときに秘書が引っかかるのかを知るために英文速記を私自身が学び始めたのです。すると英文速記のなかでも頻度の低い単語などの場合には、秘書がそれを記述するのに時間がかかることを発見しました。

 

 そこで口述するときに、時間がかかりそうな表現の時には、時間を取って上げるようにしたところ、ミスも減り、時間も短縮できました。相手に併せて作業をしてやることの必要性を実感しました。

 

 彼女は、「日本人の思いやり」ということを感じ取ったらしく、秘書とのコンビもうまくいくようになりました。

 

■■ 当ブログ発行ポリシー ←クリック

 当ブログは、毎日6本の有益情報を流しています

  


Posted by 経営士 at 17:24Comments(0)【今日は何の日】

2011年10月28日

■■高価なワープロがネック 竹根好助の先見思考経営122

■■高価なワープロがネック 【連載小説】経営コンサルタント竹根好助の「先見思考経営」 No.122

 

 昼は休みに読むブログ連載小説です。経営コンサルタントとどのようにつきあうと経営者・管理職として、プロ士業として一歩上を目指せるのか、小説を通じて体感してください。

【本書の読み方】 脚注参照

 

■11 新しい企業作り 8 通算123回 マーケティング的発想

 

 顧問を依頼した竹根との相談の上で策定した五カ年計画案の第一議案であるノンファブリック戦略が可決され、第二議案である活版とオフセット印刷の両建て戦略の審議に入った。

 取締役の大松田がオフセット印刷機取り扱いの難しさとして、オフセット印刷機には不可欠な水の話になった。工場長の金山は、オフセット印刷への取り組みには慎重であった。

 営業部長の刷増(すります)は、オフセット時代への突入が始まらんとしている今こそビジネスチャンスであると、大松田に賛意を示した。しかし、アメリカと日本の市場の違いからオフセットビジネスとしてのプリントショップ展開はリスクが潜んでいる。

 欧米では、タイプライターの普及があるのでプリントショップというビジネスモデルが成り立っている。しかるに、日本では和文タイプライターは限られた均か操作ができない。

 

【回想2 1980年代】 

 

「部長の前提は、アメリカのようにタイプやこれから普及されるであろう汎用ワープロやパソコンソフトがあることが前提だよね。その前提を取り払ってごらんよ。それをゼロベース思考と言うんだ。これは竹根先生の受け売りだけどね」

 

 そういいながら幸は、竹根の方を見た。竹根は笑顔を返すだけである。

 

「版下をうちで作ってやればいいじゃないか。会社には、立派な活字印刷をしなくてもいい印刷物がたくさんあるはずだ。例えば社内通達などは、上質紙で充分なのに今はコート紙を使ったりしている。コスト意識をお客が持つようになれば、当然その辺のことを考えてくる。これから需要を掘り起こすのが、部長、あんたの役割ではないか」

 

――需要の掘り起こしか。まさにマーケティングができる営業部長にピッタリの仕事だ――

 

「社長、よくわかりました」

 

「今話したように、待ちの営業から攻めの営業に体質を強化しないとうまくいかないだろうね。それに、見込み客にこの仕事が見えるようにしないとうまくいかないだろう。それには、多店舗展開をして、お店に印刷機を置き、それが外から見えるようにするんだ。仕事場が、即ショールームになり、顧客に新しい業態をアッピールしていくことになる。その結果、プリントショップという便利な施設の存在を知り、利用法をお客が発掘してくれ、ますます需要が広がるというものだ」

 

 経営コンサルタントになる前は、竹根は福田商事という中堅専門商社で貿易をタントし、アメリカに5年ほど現地ビジネス体験をしていた。

 

「竹根先生、福田商事のその辺のユーザー対応はいかがでしょうか」

 

< 次回に続く お楽しみに >

 

■■ 脚注

 本書は、現代情景と階層部分を並行して話が展開する新しい試みをしています。読みづらい部分もあろうかと思いますので、現代情景部分については【現代】と、また過去の回想シーンについては【回想】と表記します。回想シーンも、回想1は1970年代前半にはじめて幸が竹根に会ったときと、回想2は、その十数年後、二度目にあったときの二つの時間帯があります。

■■ これまでのあらすじ PC←クリック

■■ これまでのあらすじ mobile ←クリック

■■ ブログポリシー  ←クリック

  


2011年10月28日

■■初級財務研修【展示会・セミナーは最先端の情報源】

■■初級財務研修【展示会・セミナーは最先端の情報源】

 経営者・管理職たる者、経営コンサルタントや各種士業・コンサルタントは、明日を読めなければなりません。各種の展示会は、世の中の動向、近未来の動向、業界の動向等々多くの情報や示唆を提供してくれます。

 その一環として、独断と偏見でも持って選択した展示会やセミナー・シンポジウムなどをご紹介します。ただし、各自の判断で行動してください。

■初級財務研修 第7回 税効果会計、連結決算

 

【講師】 谷澤 佳彦 氏(日本経営士協会理事、税理士、経営士)

      http://www.jmca.or.jp/meibo/pd/1065.htm?s

■内 容

経営コンサルティングを行う上で、会社を財務面から把握するための基本研修

■対 象:日本経営士協会会員(入会申請中の方を含みます)

     財務の基礎を理解する意欲ある人

■日 時:平成23年11月5日(土) 13:30~15:15

■会 場:日本経営士協会事務所 ※9月から会場が変更になりました

     東京都文京区後楽2-3-10 白王ビル4F

■受講料:当日会場にてお支払い下さい

     ビジター 5,000円/回

     会員   2,000円/回

     塾員   1,000円/回

■問合せ:日本経営士協会 事務局

>> http://www.jmca.or.jp/toiawase/

●詳細情報・受講申込み

>> http://info.jmca.or.jp/seminar/301/detail/zai_s20111105.htm

【 注 】

 同じ内容を重複して紹介することがあります。ご容赦ください。

■■ 経営コンサルタントへの道  ←クリック

 Googleで「経営コンサルタント」をキーワードで検索すると、「経営コンサルタントへの道」がトップページ表示されます。

■■ 内閣府認証特定非営利活動法人・日本経営士協会  ←クリック

 コンサルタント・士業の知的頭脳集団 日本最初の経営コンサルタント団体

  


2011年10月28日

■■ながら方式で資格が取れる 経営コンサルタントのQ&A

■■ながら方式で資格が取れる 経営コンサルタントの使い方・資格取得のQ&A

 1970年代から経営コンサルタントをやっている経験から、独断と偏見でもって皆様からのご質問にお答えします。また、一般企業の経営者・管理職には、経営士・コンサルタントがどのように誕生し、どのように研鑽しているのかを知っていただける機会でもあります。

■ 質問 ながら方式で資格が取れる

(特)日本経営士協会のサイトで「ながら方式」という言葉がありますが、どのようなことなのでしょうか?

■ 回答

多くの資格付与団体が、資格試験に合格しないと入会できません。その多くが、八科目とかそれに類似した多数の科目を勉強し、オールラウンドな知識を暗記していないと試験に合格できません。

試験も年々難しくなってきています。その難しい試験を突破するには、みっちりと勉強して試験に臨まなければなりません。難しいが故に何年もかかり、やっと試験に合格したと思ったら、経営環境が変わってしまっていて、それまでに暗記した知識は陳腐化してしまっているというようなことはしばしば起こります。

当協会では、コンサルタントに必要な知識情報を厳選し、提供しています。必要な知識情報を習得しながら、実力向上に努められます。

その間、いろいろな問題・課題にぶち当たることもあるでしょう。そのようなときに、先輩会員がヒントを提供してくれたり、アドバイスをしてくれたりします。入会すると二年間、先輩会員が相談員としてアサインされます。

資格試験に合格しなくても入会でき、勉強しながら資格を取ることができるのです。これがまた当協会の特徴の一つであり、長所とも言えます。

かつて「ながら族」という言葉がはやりましたが、音楽を聴きながら読書をするなど、二つまたはそれ以上のことを並行して進めることにより、相乗効果を上げてゆこうという試みです。

【このコーナーの目的】

「経営コンサルタントって、一体何をやってくれるのですか?」と企業の経営者・管理職から訊かれることがあります。ガクッとしてしまいますが、われわれ経営コンサルタントが、平素きちんと説明をしたり、その仕事ぶりを見ていただいたりすることが少ないからと反省をしています。

 また、これから経営コンサルタントを目指す人たちは、「中小企業診断士資格を取らないと経営コンサルタントにはなれない」「経営コンサルタントになるにはどうしたらよいのでしょうか」「高校生ですが、経営コンサルタントになるには大学のどの学部がよいでしょうか」等々いろいろな質問を受けます。

 そのような質問にお答えして参りたいと思いますので、ご質問がありましたらお寄せください。

■■ 社長さん達のためのページ ←クリック

■■ 経営コンサルタントのメールマガジン  ←クリック

■■ 経営コンサルタントをめざす人のページ  ←クリック

■■ 経営コンサルタントQ&A ←クリック

■■ 当ブログの発行ポリシー ←クリック

GoogleYahooなどの検索サイトで「経営コンサルタント」をキーワードで検索すると、「経営コンサルタントへの道」がトップページに表示されます。

  


2011年10月28日

■■コンサルタントの使いこなし【経営のカンどころ】10/28

■■経営コンサルタントの使いこなし【経営のカンどころ】  10月28日(金)

・・・ 意識をすると

・・・ 新聞やテレビの見方も変わってくる

 懸念していたEUの包括的な対策が合意されましたね。オバマ大統領も歓迎を表明したと言います。ユーロが安定すると、ドルが売られ、間接的に円がドル高になって日本の経済には厳しさが増しそうです。

 野田首相の所信表明演説があります。成型塾の第一期生らしさある内容が披露されるのでしょうか。

 経産省から9月度の鉱工業生産指数速報値、総務省からは完全失業率、厚労省からはそれに関連した有効求人倍率が発表され、いずれも気になる統計値です。

 総務省から9月度の家計調査が発表されます。経営士・コンサルタントにとっては利用価値のある統計ですが、意外と意識されていません。地域別の需要度、すなわち地域別の市場サイズを把握するのに不可欠な統計です。その利用法をしらないとこの統計の価値はわからず、猫に小判です。

 アメリカでは9月度の個人所得・個人消費支出、第3四半期(7~9月期)の雇用コスト指数など、アメリカ経済を見る重要な指標です。


【昨日人気のブログ】

 平日は毎日時間帯に応じて8本以上のブログを提供しています。昨日はやはり「経営四字熟語」がなんと言っても圧倒的な人気でした。

 詳細は、お手数でも昨日のブログを見てくださると幸いです。

【今日のブログの読みどころ】 

 今日のブログは、16時の「発展し続ける企業の“秘密”の道」を見落とせません。経営コンサルタントを使いこなす為の社長・経営者の講座です。

 毎日8本のブログを発信するように努力をしています。経営者・管理職向けの記事や経営コンサルタント向けの記事があります。それぞれ裏を返すと、それぞれの方々にプラスとなると考えていますので、柔軟な発想で当ブログとお付き合い下さるようお願いします。

■ 江戸塾に学ぶ 大好評

 当ブログでは、毎週水曜日15時に「江戸塾に学ぶ」をお送りしています。

 江戸のエコや風俗習慣などから、現代人は、エコという観点に絞っても学ぶところが多いと思っています。杉浦日向子の江戸塾から学ぶところは多く、話のネタとなります。エッセイ風というと大げさになりますが、独断と偏見で紹介してみたいと思います。

 私がはじめて杉浦日向子女史を知ったのは、「お江戸でござる」というNHKの番組でした。お酒が好きで、飾らない人柄、江戸時代に生きていたかのような話しぶり、そこから江戸のことを知ると、われわれ現代人に反省の機会が増えるような気がします。

 毎週、週末に皆様にお届けします。機能のブログをご覧下さい。

■■ 当ブログの読み方  ←クリック

   毎日8本の有益情報を流しています

  


Posted by 経営士 at 08:28Comments(0)経営のカンどころ

2011年10月27日

■■読書週間と電子書籍【今日は何の日】(日記)10月27日

■■読書週間と電子書籍【今日は何の日】(コンサルタント日記)  10月27日(木)

 今日から読書週間が始まります。本離れ、出版不況などと言われる中、アマゾンが本格的に電子書籍の分野でのビジネスを開始します。アップルに充分対抗できるだけの電子書籍が集まるのでしょうか?

 日本の電子書籍の出版は、これまで漫画本・コミック誌をベースにしている物が多く、テレビドラマ化したりしてマルチメディア的に発表してきました。テレビドラマが面白くないのは、オリジナルの漫画の多くが表層的、受け狙いが中心で、質の低さが目立ってしまっているからであると思います。

 出版社に、電子書籍の出版の話を持ち込んでも、上記のような意識が強く、ビジネス書などへの関心の低い編集者が多いのです。

 すでにアメリカで成功しているアマゾンの電子書籍は英語などが中心で、これまで縦書きやルビなどの日本語独特の表記ができませんでした。それが可能となり、日本の電子書籍に携わってきたこれまでの人達は反省をせざるを得ないでしょうし、それなしには日本の書籍もアマゾンなど海外勢に牛耳られてしまうのではないでしょうか。

 10月27日は、「文字・活字文化の日」でもあります。2005(平成17)年に制定された「文字・活字文化振興法」により、この記念日が制定されました。

 Wikipediaをベースに整理しましたので、参考にしてください。

 文字・活字文化振興法は、文字・活字文化の振興を総合的に推進するための国や自治体の基本的責務を定めた法律である。活字文化というと活版印刷のことかと考えられがちだが、要は出版のことを指している。

 活字文化議員連盟は「文字・活字文化振興法の施行に基づく施策の展開」として、地域における文字・活字文化の振興、学校教育に関する施策の他、出版活動への支援も推進するよう求めており、その具体的な内容として、文字・活字にかかわる著作物再販制度の維持著作者及び出版者の権利保護の充実を挙げている。

 読書週間の初日にあたる1027日を文字・活字文化の日として定めている。



■■ 
内閣府認証特定非営利活動法人・日本経営士協会  ←クリック

 コンサルタント・士業の知的頭脳集団

  


Posted by 経営士 at 18:09Comments(0)【今日は何の日】

2011年10月27日

■■仕事におけるやりがいの探し方 【独立起業・転職支援】

■■仕事におけるやりがいの探し方 【独立起業・転職支援】

 

 これから起業をしたい人、起業をしたけれども経営がなかなか軌道に乗らない人、それが一般企業であっても、経営コンサルタントなど士業であっても、悩みは類似していますし、解決策も類似して、応用が利きます。

 ここでは、イレギュラーな発行となりますが、当ブログで質問に対して、独断と偏見で回答して参ります。参考にしていただければ幸いです。

 独立起業に関する無料相談有料相談をお受けしています。

 【 注 】一部重複掲載することがあります。

 

【質問】仕事におけるやりがいの探し方 

 

 仕事には適性もあるのかも知れませんが、やりがいがいある仕事という観点も重要だと思います。起業に当たって「やりがいのある仕事」、やりがいをどのように探したらよいのでしょうか?

 

【回答】

 

 自分自身の「適性」とは、いったい何をするのが向いているかということで、比較的わかりやすいと思いますが、「やりがい」となると少し異なり、人それぞれより感じ方に差異があります。

 

 そういう意味では「幸せ」と似ているかもしれません。同じ状況にあっても「幸せ、不幸、どちらでもない」と意見が分かれるように、同じ業務をこなしていても、「やりがい」を感じる人と、そうでない人がいるでしょう。

 

 逆に不満すら訴える人がいてもおかしくはありません。どうしてそのような差が出るのでしょう。簡単にいってしまえば、感じ方、感覚の違いによるものですが、本質的には気持ちの持ちようではないかと考えます。ある程度の年齢に達すると、感じ方や感覚を変えることは難しいですが、気持ちの持ちようということであれば、自分の意識で変えることができるはずです。

 

 仕事における「やりがい」とは、本来探すものではなく、見出すものではないでしょうか。過去の仕事のなかにも、そして気乗りがしなかった業務のなかにも「やりがい」は見つけだせるかもしれません。

 

<続き> J-NET21

 

■■ ブログの読み方がわかれば情報通  ←クリック

 ブログの性質を知ると情報の質が上がります。



  


Posted by 経営士 at 17:03Comments(0)■経営特訓教室

2011年10月27日

■■【コンサルタントの選び方・使い方】10 経営体別分類 1

■■ 【経営コンサルタントの選び方・使い方】 No.10 経営体別にみた経営コンサルタントの分類 1

 

~ 経営コンサルタントを使いこなせない社長は引退せよ ~

 

 経営環境のグローバル化や技術革新の収束な発展で、経営者は従来の延長線上での経営ではやって行けない時代になりました。

 このような時には、スピーディな経営意思決定により、臨機応変な時代対応の経営ができなければなりません。

 新興国の急速の発展には、社内だけのでの人材では追いつかなくなってきています。せかいじゅうの先進国は、社外取締役を活用するのが当たり前な時代です。

 

第1章 経営コンサルタントは何をしてくれるか

 

■ 1-3 経営体別にみた経営コンサルタントの分類 1 通算10

 

  前述のように経営コンサルタントの分類基準というのが明確になっているわけではありませんが、企業が経営コンサルタントに依頼をするときに知っておくとその判断の助けになります。どのような先生に頼んだらよいのかという観点から経営コンサルタントを分類すると、経営体別に見て分類する場合と経営コンサルタントの業務推進法から分類する場合になります。

 

    個人経営

 経営コンサルタントの多くは「個人経営」です。独立コンサルタントとも言いますが、町医者のように事務所を開いて、身近にいて経営相談に応じたり、顧問契約をして毎月企業を訪問したりする、小回りがきく相談相手です。

 一方で、一人で仕事をしているために専門外の問題には対応が不充分になることがあります。

 

    コンサルティング・ファーム

 コンサルティング・ファームは、異なる分野の経営コンサルタントを組織化し、組織的なコンサルティング・サービスを提供しています。大手企業が利用することが多く、中堅・中小企業には適さないことがあります。外資系で、会計分野から拡大してきた企業が多く、コンピュータのシステムを利活用することを前面に出してくることがあります。

 日系企業の大手コンサルティング・ファームは、カリスマ的なコンサルタントが起業し、成長し、成功してきて、日本の代表的なコンサルティング・ファームにまでなり大活躍し、知名度も高くなっています。外資系コンサルティング・ファームがどちらかというと財務会計とりわけシステム面を重視しているのと異なり、日系は、社員研修なども含め総合的なコンサルティングをしているところが多いようです。上述のような大手と中堅コンサルティング・ファームとの規模格差は結構あり、二極分化をしている傾向があります。

 中堅・中小のコンサルティング・ファームは特定の業界に特化して、その業界ではナンバーワンという企業もあるので、当該する業界に強い経営コンサルティング・ファームを選ぶのも一つの方法でしょう。ただし、担当するコンサルタントが正社員ではなく、独立コンサルタントと契約した「契約コンサルタント」が担当することが多々あります。この様な場合には担当コンサルタントがしばしば交代し、継続的なコンサルティングではないことがあることから、契約前に確認をするとよいでしょう。

 

【 注 】

 弊著、経営者・管理職のための「発展し続ける企業の“秘密”の道」(グロマコン出版、A5サイズ約60ページ)は1,000円(税/送料込み)でおわけしています。

  申込ページ ←クリック 

 

■■ 経営コンサルタント歴35年の足跡 クリック




経営体分類  


Posted by 経営士 at 15:55Comments(0)■経営特訓教室

2011年10月27日

■■中級財務研修事例演習【展示会・セミナーは最先端の情報源】

■■中級財務研修事例演習【展示会・セミナーは最先端の情報源】

 

 経営者・管理職たる者、経営コンサルタントや各種士業・コンサルタントは、明日を読めなければなりません。各種の展示会は、世の中の動向、近未来の動向、業界の動向等々多くの情報や示唆を提供してくれます。

 

 その一環として、独断と偏見でも持って選択した展示会やセミナー・シンポジウムなどをご紹介します。ただし、各自の判断で行動してください。

 

■中級財務研修事例演習 中小企業の決算書を読む その7

 

【講師】 経営士・税理士  谷澤 佳彦 氏(日本経営士協会 理事)

 http://www.jmca.or.jp/meibo/pd/1065.htm?s

 

■目 的

 

経営コンサルタントがコンサルティング開始前に会社の概要を財務面から把握し

その後の推移も財務面から把握できることを目的とします。

 

 会員限定 

■対 象:日本経営士協会会員(入会申請中の方を含みます)

     財務の基礎を理解する意欲ある会員

 

■日 時:平成23年11月5日(土) 15:30~17:15

 

■会 場:日本経営士協会事務所 ※9月から会場が変更になりました

     東京都文京区後楽2-3-10 白王ビル4F

 

■受講料:出席当日お支払い下さい

     会員 5,000円/回

     塾員 2,500円/回

 

■問合せ:日本経営士協会 事務局

>> http://www.jmca.or.jp/toiawase/

 

●詳細情報・受講申込み

>> http://info.jmca.or.jp/seminar/301/detail/zai20111105.htm

 

【 注 】

 同じ内容を重複して紹介することがあります。ご容赦ください。

 

■■ 経営コンサルタントへの道  ←クリック

 Googleで「経営コンサルタント」をキーワードで検索すると、「経営コンサルタントへの道」がトップページ表示されます。

■■ 内閣府認証特定非営利活動法人・日本経営士協会  ←クリック

 コンサルタント・士業の知的頭脳集団 日本最初の経営コンサルタント団体

  


2011年10月27日

■■【経営四字熟語】実践躬行 高い目標の実現行動

■■【経営四字熟語】実践躬行 高い目標の実現行動

 

 四字熟語というのは、漢字4文字で構成された熟語で、中国の故事などに基づくことが多々あります。それを経営コンサルタント歴35年の目で見るといずれも経営に直結する示唆の多いことに気がつきました。

 毎週木曜日の15時号で「経営四字熟語」をお届けしています。

 

■ 実践躬行(じっせんきゅうこう)  高い目標の実現行動

 

 「実践」は、広辞苑では「実際に履行すること。一般に人間が何かを行動によって実行すること」と解説されさらに哲学的な面では、下記の説明もあります。

 

 人間が行動を通じて環境を意識的に変化させること。この意味での実践の基本形態は物質的生産活動であり、さらに差別に対する闘争や福祉活動のような社会的実践のほか、精神的価値の実現活動のような個人的実践も含まれる。認識(理論)は実践の必要から生まれ、また認識の真理性はそれを実践に適用して検証される、という立場で実践の意義を明らかにしたのはマルクスとプラグマティズムである。

 

 「躬行」の「躬」は「自ら」の意で、「みずから実行すること」を指します。すなわち「口で言う通りを、みずから実際に行うこと」です。

 

 すなわち、「実践躬行」とは・・・・・<経営四字熟語サイト> または アメンバー無料登録> ←クリック

 

■■ ブログの読み方がわかれば情報通  ←クリック

 ブログの性質を知ると情報の質が上がります。  


2011年10月27日

■■高価なワープロがネック 連載竹根好助の先見思考経営122

■■高価なワープロがネック 【連載小説】経営コンサルタント竹根好助の「先見思考経営」 No.122

 

 昼は休みに読むブログ連載小説です。経営コンサルタントとどのようにつきあうと経営者・管理職として、プロ士業として一歩上を目指せるのか、小説を通じて体感してください。

【本書の読み方】 脚注参照

 

■11 新しい企業作り 7 通算122回 高価なワープロがネック

 

 第11話「新しい企業作り」は、現代に戻り、東京の靖国神社境内である。経営コンサルタントの竹根に誘われて、印刷会社ラッキーの幸社長が肩を並べて散策をしている。

 散策をしながら、幸は竹根のブログへの取り組み姿勢について質問をし、自社にも参考になると考えた。

 竹根に誘われて幸は、洗心亭という靖国神社境内にある茶室に入った。茶道の経験のない幸は、竹根の言葉で観念をしてその席に着いた。落ち着いた雰囲気の中で、幸は再び1980年代に戻り、沈思黙考が始まった。

 顧問を依頼した竹根との相談の上で策定した五カ年計画案の第一議案であるノンファブリック戦略が可決され、第二議案である活版とオフセット印刷の両建て戦略の審議に入った。

 取締役の大松田がオフセット印刷機取り扱いの難しさとして、オフセット印刷機には不可欠な水の話になった。工場長の金山は、オフセット印刷への取り組みには慎重であった。

 営業部長の刷増(すります)は、オフセット時代への突入が始まらんとしている今こそビジネスチャンスであると、大松田に賛意を示した。しかし、アメリカと日本の市場の違いからオフセットビジネスとしてのプリントショップ展開はリスクが潜んでいる。

 

【回想2 1980年代】 

 

「だけどワープロは百五十万も二百万もするので、一般企業で一社に一台というわけにはいかないのではないですか?」

 

「ワープロはこれから今の価格の五十分の一くらいになると予測されている」

 

「ということは、三万円と言うことですか?いくら何でも、それは無理ではないだろうか」

 

「一、二年後というわけにはいかないけど、そういう時代がやってくるし、パソコンが普及すればソフトを買うだけで、パソコンがワープロにも早変わりするらしい」

 

「しかし、その時代が来るまではお客をつかむことができないということになりますね」

 

「そこは、営業戦略の問題ではないか?営業部長、あんたの担当だよ」

 

 それまで明るい将来を期待していた刷増の希望が急にしぼんでしまったような顔になった。

 

「部長の前提は、アメリカのようにタイプやこれから普及されるであろう汎用ワープロやパソコンソフトがあることが前提だよね。その前提を取り払ってごらんよ。それをゼロベース思考と言うんだ。これは竹根先生の受け売りだけどね」

 

 そういいながら幸は、竹根の方を見た。竹根は笑顔を返すだけである。

 

< 次回に続く お楽しみに >

 

■■ 脚注

 本書は、現代情景と階層部分を並行して話が展開する新しい試みをしています。読みづらい部分もあろうかと思いますので、現代情景部分については【現代】と、また過去の回想シーンについては【回想】と表記します。回想シーンも、回想1は1970年代前半にはじめて幸が竹根に会ったときと、回想2は、その十数年後、二度目にあったときの二つの時間帯があります。

■■ これまでのあらすじ PC←クリック

■■ これまでのあらすじ mobile ←クリック

  


2011年10月27日

■■海洋工学技術と産学連携【展示会セミナーは最先端の情報源】

■■海洋工学技術と産学連携【展示会・セミナーは最先端の情報源】

 

 経営者・管理職たる者、経営コンサルタントや各種士業・コンサルタントは、明日を読めなければなりません。各種の展示会は、世の中の動向、近未来の動向、業界の動向等々多くの情報や示唆を提供してくれます。

 

 その一環として、独断と偏見でも持って選択した展示会やセミナー・シンポジウムなどをご紹介します。ただし、各自の判断で行動してください。

 

■プレゼンテーション&商談会「とかち食材による開発商品」の開催 

 

 (財)横浜企業経営支援財団及び帯広畜産大学では、十勝地方の食材で開発された機能性が見込まれるオリジナル新商品のプレゼンテーション及び商談会を開催します。

 

[日時]1028日(金)14:0018:30

[場所](財)横浜企業経営支援財団(横浜市中区)

[参加費]1,000円 

 http://joint.idec.or.jp/kenkyu/111028.php

 

  資料出典: J-NET21

 

■技術交流会「海洋工学技術と産学連携」の開催

 

 (公財)りそな中小企業振興財団では、海洋工学技術と産学連携についての講演、研究施設見学などからなる技術交流会を行います。

 

[日時]1028日(金)13:3018:20

[場所]東京海洋大学 越中島キャンパス(東京都江東区)

[参加費]無料 [申込み期限]1025日(火)

 http://www.resona-fdn.or.jp/main/jigyou/111028.html

 

  資料出典: J-NET21

 

■第181回産学交流サロン「しなやかさを備えた街づくり

 ~その実現を目指して~」の開催

 

 (財)横浜企業経営支援財団などでは、安全・安心で災害にも柔軟且つ強靱に対応できる街づくりについて、紹介するセミナーを開催します。

 

[日時]1028日(金)15:0017:30(懇親会~18:30

[場所]慶應義塾大学 日吉キャンパス(横浜市港北区) 

[参加費]無料

 http://www.kll.keio.ac.jp/seminar/index.html

 

  資料出典: J-NET21

 

【 注 】

 同じ内容を重複して紹介することがあります。ご容赦ください。

 

■■ 経営コンサルタントへの道  ←クリック

 Googleで「経営コンサルタント」をキーワードで検索すると、「経営コンサルタントへの道」がトップページ表示されます。

■■ 内閣府認証特定非営利活動法人・日本経営士協会  ←クリック

 コンサルタント・士業の知的頭脳集団 日本最初の経営コンサルタント団体

  


2011年10月27日

■■ 経営コンサルタントの使い方・資格取得のQ&A

■■ 経営コンサルタントの使い方・資格取得のQ&A

 

 1970年代から経営コンサルタントをやっている経験から、独断と偏見でもって皆様からのご質問にお答えします。また、一般企業の経営者・管理職には、経営士・コンサルタントがどのように誕生し、どのように研鑽しているのかを知っていただける機会でもあります。

 

■ 質問 入会事務手続き

 

(特)日本経営士協会に入会した場合の事務手続は複雑なのでしょうか?

 

■ 回答

 

事務的な手続きは、下記のようにお願いしています。

 

1)申込書の入手

 

 下記のいずれかの方法で入手してください。

 

  ◇ Webサイトからダウンロード

  ◇ メール

  ◇ FAX  03-3564-6507

  ◇ 郵送  〒104-0031 

        東京都中央区京橋1-17-12 吉住ビル3F

        (特)日本経営士協会 入会案内係

 

2) 申込関連書類の送付

 

所定の書類を「申請書類」と朱書きし、書留郵便で下記宛にお送りください。

        〒112-0004 

        東京都文京区後楽2-3-10 白王ビル4F

        (特)日本経営士協会 入会審査委員会

 

3) 書類審査

 

書類審査の結果を待ち、次の審査手順をお待ちください。

 

4) 入会手続き

 

審査に合格したら郵送される手順書に基づき入会手続きを進めてください。

 

       http://www.jmca.or.jp/nyukai/nyukai.htm

 

 経営士・コンサルタントとしての資格を持つだけではなく、仲間と交流し、切磋琢磨してはじめてプロのコンサルタントになれるのです。当協会は、それにもっともふさわしい団体の一つといえます。

 

さあ、あなたも明日から私たちの仲間です。

 

■■ 社長さん達のためのページ ←クリック

■■ 経営コンサルタントのメールマガジン  ←クリック

■■ 経営コンサルタントをめざす人のページ  ←クリック

■■ 経営コンサルタントQ&A ←クリック

■■ 当ブログの発行ポリシー ←クリック

 

GoogleYahooなどの検索サイトで「経営コンサルタント」をキーワードで検索すると、「経営コンサルタントへの道」がトップページに表示されます。

  


2011年10月27日

■■職業の適性チェックリスト【経営のカンどころ】10月27日

■■職業の適性チェックリスト【経営のカンどころ】 10月27日(木)

 

・・・ 意識をすると

・・・ 新聞やテレビの見方も変わってくる

 

 ギリシャ問題解決に期待されていた、EU首脳会議は、銀行自己資本大幅増強が正式に決まりましたが、ギリシャ国債の棒引きについては独仏の歩調が合わず、具体策の発表は先送りに成りそうですね。

 

 経産省から9月度の商業販売統計の速報値が発表されます。

 

 日銀政策委・金融政策決定会合開催、10月度の経済・物価情勢の展望(展望リポート)が発表され、白川総裁の会見が開かれます。

 

 アメリカでは、第3四半期(7~9月期)の実質国内総生産(GDP)速報値が発表されます。失業率の高い中、GDPが伸びないとアメリカ経済もなかなか浮揚しませんね。

 

■中小企業総合展 JISMEE 2011
Japan International SMEExhibitionJISMEE2011
・主 催:独立行政法人中小企業基盤整備機構
・開催日:2011119()1111()
     
10:0017:00(最終日は16:00まで)
・会 場:幕張メッセ展示ホール
14ホール
・出展社・小間数:
     国内中小企業ゾーン[ベンチャー企業含む]515社、546小間
パブリックゾーン 8機関、41小間
         
海外展開スクエア 113社・機関、36小間
     震災復興展示即売会 49社、49小間
 
・事前登録
来場事前登録にご登録されますと、当日の受付がスムーズに行えます。
 
http://form.nikkan.co.jp/r/c.do?nrB_r2y_tk_aes

  資料出典: 日刊工業新聞

 

■「Arab Health 2012」ジャパンパビリオン出品者の募集

 

 (独)日本貿易振興機構(ジェトロ)では、アラブ首長国連邦・ドバイで開催される「Arab Health 2012」にジャパンパビリオンを設け、参加します。

 中東および周辺地域における新規取引先開拓を目指す国内医療機器関連企業から出品者を募集しています。

 

[開催期間]2012123日(月)~26日(木)

[開催地]アラブ首長国連邦・ドバイ

[募集小間数] 10小間(9平方メートル/小間)(予定)

[募集期限]1014()まで(但し、延長の可能性あり)

 費用など詳細はサイトをご覧下さい。

 http://www.jetro.go.jp/events/ah2012

 

  資料出典: J-NET21

 

【昨日人気のブログ】

 

 平日は毎日時間帯に応じて8本以上のブログを提供しています。昨日は「杉浦日向子の江戸塾」が人気でした。【独立起業・転職支援】のブログで、職業の適性チェックリストが、独立起業を考えていない人からも好評でした。

 

 詳細は、お手数でも昨日のブログを見てくださると幸いです。

 

【今日のブログの読みどころ】 

 

 今日のブログの読みどころは、なんと言っても経営四字熟語です。「実践躬行」をお見逃しなく。

 

 毎日8本のブログを発信するように努力をしています。経営者・管理職向けの記事や経営コンサルタント向けの記事があります。それぞれ裏を返すと、それぞれの方々にプラスとなると考えていますので、柔軟な発想で当ブログとお付き合い下さるようお願いします。

 

■■ 当ブログの読み方  ←クリック

   毎日8本の有益情報を流しています

  


Posted by 経営士 at 08:28Comments(0)経営のカンどころ

2011年10月26日

■■原子力の日に考える【今日は何の日】(日記)10月26日

■■原子力の日に考える【今日は何の日】(コンサルタント日記) 10月26日(水)

 

 10月26日は「原子力の日」で、日本政府が1964(昭和39)年に制定しました。

 

 1963(昭和38)年に、茨城県東海村に日本で最初の原子力発電が行われました。当時は、原子力発電の怖さについては隠蔽され、記念切手まで発行されました。広島の原子爆弾の話を聞いたりしていたので、子供心に、原子力発電に危険性はないのか心配で、親に尋ねたことがありました。

 

 この日は「反原子力デー」でもあり、2011年3月11日の東日本大震災・福島第一原発の事故以来、この動きが活発になって来ています。日本の第一号機である上述の東海原子炉の廃炉問題がとりだたされていますが、人口密集地の南関東にも近く、50年にもなる今、使い続ける危険性は福島第一原発の比ではないでしょう。

 

 日本人は教育を通じて洗脳されてきているので、原子力の危険性の認識は欧米に比べて低いと思います。日本の国土の狭さと人口密集性から鑑みると、日本に原子力発電所を持つことは危険であるというアメリカのその道の専門家の意見を無視することはできないと思います。

 

 一方で、われわれも電気への過度な依存を止め、節電・省電力を一層意識していかなければならないと思います。わが家では、昨年比で、平均すると毎月30%以上の節電が東電からの領収書印字からわかります。

 

 昨年より、ブログ発信数が倍になっているので、パソコンの使用量は増えていますが、省電力性能が上がっていることから、それが足かせになったりしていないようです。

 

 しかし、まだまだ知恵を絞れば節電・省電力を計れると思います。

 

 尚、東日本大震災後の春、当ブログで提供した「計画停電対策」は人気でした。今でもその時のページビューにかなうブログを書けていないのは残念で、平日8本のブログ発信だけではなく、ブログの質にも努力をして、皆様のご愛顧に応えて行きたいと思います。

 

 今日の【独立起業・転職支援】ブログで職業の適性チェックリストが、サラリーマンの人からも好評でした。ちょっとした湖面を下さる読者の皆様、励みになります。

 

 わたくしのブログは、平日8本と本数が多いので、RSS設定をされると少々煩いかも知れません。毎日訪問されて、お好みのカテゴリー・書庫をご覧下さい。

 

 特にお薦めは、「アメブロでアメンバー登録」(無料)です。これにより登録されていない人には内緒の情報が含まれています。

 

■■ パソコンのトラブル回避テクニック クリック

 転ばぬ先の杖、誰もが経験するトラブル対策

 

  


Posted by 経営士 at 17:12Comments(0)【今日は何の日】

2011年10月26日

■■自分の適性を考える 【独立起業・転職支援】

■■自分の適性を考える 【独立起業・転職支援】

 

 これから起業をしたい人、起業をしたけれども経営がなかなか軌道に乗らない人、それが一般企業であっても、経営コンサルタントなど士業であっても、悩みは類似していますし、解決策も類似して、応用が利きます。

 ここでは、イレギュラーな発行となりますが、当ブログで質問に対して、独断と偏見で回答して参ります。参考にしていただければ幸いです。

 独立起業に関する無料相談有料相談をお受けしています。

 【 注 】一部重複掲載することがあります。

 

【質問】自分の適性を考える 

 

 起業を考えていますが、自分がやりたいことと適性ということが一致する必要はあるのでしょうか?

 

【回答】

 

 自分自身の「適性」とは、いったい何をするのが向いているかということで、比較的わかりやすいと思いますが、「やりがい」となると少し異なり、人それぞれより感じ方に差異があります。

 

 そういう意味では「幸せ」と似ているかもしれません。同じ状況にあっても「幸せ、不幸、どちらでもない」と意見が分かれるように、同じ業務をこなしていても、「やりがい」を感じる人と、そうでない人がいるでしょう。

 

 逆に不満すら訴える人がいてもおかしくはありません。どうしてそのような差が出るのでしょう。簡単にいってしまえば、感じ方、感覚の違いによるものですが、本質的には気持ちの持ちようではないかと考えます。

 

 ある程度の年齢に達すると、感じ方や感覚を変えることは難しいですが、気持ちの持ちようということであれば、自分の意識で変えることができるはずです。仕事における「やりがい」とは、本来探すものではなく、見出すものではないでしょうか。過去の仕事のなかにも、そして気乗りがしなかった業務のなかにも「やりがい」は見つけだせるかもしれません。

 

<続き> J-NET21

 

■■ 経営コンサルタントをめざす人が必ず見る情報  ←クリック

 経営コンサルタント歴35年の智恵が凝集されています

 

  


Posted by 経営士 at 16:54Comments(0)■経営特訓教室

2011年10月26日

■■プライバシーマーク制度【展示会セミナーは最先端の情報源】

■■プライバシーマーク制度【展示会・セミナーは最先端の情報源】

 

 経営者・管理職たる者、経営コンサルタントや各種士業・コンサルタントは、明日を読めなければなりません。各種の展示会は、世の中の動向、近未来の動向、業界の動向等々多くの情報や示唆を提供してくれます。

 

 その一環として、独断と偏見でも持って選択した展示会やセミナー・シンポジウムなどをご紹介します。ただし、各自の判断で行動してください。

 

■『文京区3大学 新技術説明会』開催

 

 新技術説明会では、研究成果の社会還元を促進するため、大学研究者(発明者)自身が企業関係者を対象に実用化を展望した技術説明を行い、広く実施企業・共同研究パートナーを募ります。◆HP http://jstshingi.jp/

 

<分 野>ライフサイエンス、環境・エネルギー

<開催概要>

   期  :2011年10月27日(木)10:00~16:15

   場  :JSTホール(東京・市ヶ谷)

   催  :お茶の水女子大学、中央大学、東洋大学、科学技術振興機構

 参加費   :無料[事前登録制]→ http://jstshingi.jp/bunkyo3/2011/

 

【お申し込みはこちら】

  https://www.jstshingi.jp/cgi-bin/2011/bunkyo3/form.cgi

 

<お問合せ>

科学技術振興機構産学連携担当 tel:0120-679-005 mailto:scett@jst.go.jp

 

  資料出典: 独立行政法人科学技術振興機構

 

■中小機構虎ノ門セミナー

 「人間工学を応用したローコストな職場環境改善提案」の開催

 

 中小機構では、「人間工学」を応用した従業員が満足する環境づくりを中心に、商品開発などへの応用範囲と適用方法について具体的事例を交えて解説するセミナーを開催します。

 

[日時]1027日(木)14001640

[場所]中小機構本部(東京都港区)

[参加費]無料 [定員]50名(申し込み先着順)

 http://www.smrj.go.jp/jinzai/tokutei/062744.html

 

  資料出典: J-NET21

 

■中小事業者のためのプライバシーマーク制度説明会の開催

 

 (財)日本情報経済社会推進協会では、プライバシーマークの新規申請を検討している中小事業者をサポートするため、制度説明会を開催します。

 

[日時]1027日(木)13:3016:00

[場所]広島県立広島産業会館(広島市南区)

[参加費]無料

 http://privacymark.jp/news/2011/0902/index.html

 

  資料出典: J-NET21

 

【 注 】

 同じ内容を重複して紹介することがあります。ご容赦ください。

 

■■ 経営コンサルタントへの道  ←クリック

 Googleで「経営コンサルタント」をキーワードで検索すると、「経営コンサルタントへの道」がトップページ表示されます。

■■ 内閣府認証特定非営利活動法人・日本経営士協会  ←クリック

 コンサルタント・士業の知的頭脳集団 日本最初の経営コンサルタント団体

 

  


2011年10月26日

■■お客様の心を掴むモノづくり【展示会・セミナーは情報源】

■■お客様の心を掴むモノづくり【展示会・セミナーは最先端の情報源】

 

 経営者・管理職たる者、経営コンサルタントや各種士業・コンサルタントは、明日を読めなければなりません。各種の展示会は、世の中の動向、近未来の動向、業界の動向等々多くの情報や示唆を提供してくれます。

 

 その一環として、独断と偏見でも持って選択した展示会やセミナー・シンポジウムなどをご紹介します。ただし、各自の判断で行動してください。

 

■「一日中小企業庁inぎふ」の開催

 

 中小企業庁では、中小企業や関係団体の代表者との意見交換や、最新の施策を説明し、中小企業施策への理解を深めて頂くイベント「一日中小企業庁」を岐阜市にて開催します。

 

 一日中小企業相談室においては、弁護士による無料法律相談会も実施します。

 

[日時]1027日(木)10:0017:3018:0019:30 交流会)

[場所]じゅうろくプラザ(岐阜県岐阜市)

[参加費]無料(交流会のみ3,000円)

 http://www.chusho.meti.go.jp/event/2011/110922Ichinichi.htm

 

■「東北地域環境ビジネスセミナー これからの環境ビジネス」の開催

 

 東北経済産業局では、多様な環境ビジネスの必要性や事業展開上求められる視点、先進的取組事例などについて紹介するセミナーを開催します。

 

[日時]1027日(木)13:0014:45

[場所]山形国際交流プラザ(山形県山形市)

[参加費] 無料 [定員]50名(先着順)

 http://www.tohoku.meti.go.jp/s_kan_ri/topics/111004seminar.html

 

  資料出典: J-NET21

 

■「インダストリアルセミナーやまがた2011 in 名古屋」の開催

 

 山形県では、企業立地環境や産業施策などを紹介するセミナーを名古屋市において開催します。

 

[日時]1027日(木)17:0019:30

[場所]名鉄ニューグランドホテル(名古屋市中村区)

[参加費]無料

 http://www.pref.yamagata.jp/sr/quest/news/kako-news_h23.html

 

  資料出典: J-NET21

 

■中小機構フォーラム「お客様の心を掴むモノづくり」の開催

 

 中小機構中部支部では、顧客ニーズを捉えた新製品開発などの事例紹介や、地域中小企業の力を再確認し、時代の変化や社会の新たなニーズに対応したモノづくりを考えるパネルディスカッションなどのフォーラムを開催します。

 

[日時]1027日(木)15301730

[場所]じゅうろくプラザ(岐阜県岐阜市)

[参加費]無料

 http://www.smrj.go.jp/chubu/seminar/062471.html

 

  資料出典: J-NET21

 

【 注 】

 同じ内容を重複して紹介することがあります。ご容赦ください。

 

■■ 経営コンサルタントへの道  ←クリック

 Googleで「経営コンサルタント」をキーワードで検索すると、「経営コンサルタントへの道」がトップページ表示されます。

■■ 内閣府認証特定非営利活動法人・日本経営士協会  ←クリック

 コンサルタント・士業の知的頭脳集団 日本最初の経営コンサルタント団体