2012年04月01日

■■パンダのレンタル料

■■パンダのレンタル料

 パンダは日本に寄贈されているものと思いきや、レンタルしているのですね。その金額は??? http://ameblo.jp/keieishi/entry-11207964254.html

  


Posted by 経営士 at 17:13Comments(0)

2012年04月01日

■■【今日は何の日】今日から「卯月」春の京都曼殊院 4/01

■■【今日は何の日】 今日から「卯月」 春の京都 曼殊院 4/01

今日は何の日      4月1日
卯 月
【今日の写真】 春の京都 曼殊院 曼殊院(まんしゅいん)は、洛北に位置しています。曼殊院門跡というのが正式な表現で、皇室一門の方々が住職をされていたことから「門跡」と呼ばれています。  勅使門の両側の壁には5本の白線が入っていますが、これが皇室を示しています。因みに3本線は豊臣家などのゆかりのお寺です。
■ パンダ一般公開

 2011年4月1日に、上野のパンダが3年ぶりに一般公開されました。当初のお披露目は3月22日でしたが震災の影響で休園していました。パンダのかわいい仕草が、被災者やその関係者の皆様の慰めになると嬉しいですね。

 公開された2頭のパンダの名前は、オスが「リーリー」、メスが「シンシン」だそうです。被災された方には、期間限定ですが無料で入園できます。

 因みにパンダのレンタル料は、2頭で年間95万ドル(7800万円)だそうです。

■ その他
 新財政年度
◇ ひな会式(~7日)
◇ 新学期
◇ エイプリルフール
◇ 年度初日
◇ 桜まつり 別府温泉祭
◇ 清涼寺大念佛会
◇ 親鸞聖人降誕会
◇ 泉涌寺開山(月輪大師)忌

  


Posted by 経営士 at 17:07Comments(0)【今日は何の日】

2012年04月01日

■■ユーロ融資枠拡大 【経営コンサルタントの独り言】4月1日

■■ユーロ融資枠拡大 【経営コンサルタントの独り言】 4月1日(日)

 エープリルフールです。ご注意を!!

【今日の視点】   

 ユーロ圏17か国が、コペンハーゲン(デンマークの首都)で財務相会議を開催しました。融資能力を高め、7000億ユーロまで拡充することが決まりました。円安傾向が続く見通しです。

 

 貿易黒字が恒常化している中国が、対中貿易赤字国であるアメリカの批判をかわすために、関税の一部を切り下げました。日本にとってもメリットがあれば良いですが、景気回復には焼け石に水で、「やっています」というジェスチャーにしか見えません。

【今日は何の日】パンダ一般公開
 

  今日はの日 ←クリック

  今日は何の日トップページ ←クリック

■ 週末のブログ発行

 本日は週末のため勝手ながら平日とは別の内容でお送りしています。是非、それぞれのバックナンバーを当ブログでご参照ください。

■■ 経営コンサルタントへの道  ←クリック

 Googleで「経営コンサルタント」をキーワードで検索すると、「経営コンサルタントへの道」がトップページ表示されます。

  


Posted by 経営士 at 17:04Comments(0)経営のカンどころ

2012年04月01日

■■【きょうの人】 親鸞 4/1

■■【きょうの人】 親鸞 4/1

■ 親鸞 4月1日は、親鸞の誕生日です。 親鸞(1173~1262)は、真宗の開祖で、善信とも綽空(しゃくくう)とも言います。9歳にして慈円に就いて出家し、その後比叡山に登り諸宗をを学びます。 法然を訪問することから念佛門に入ることになり、法然が流罪されたときに連座して越後に行くことになりました。 5年後に赦免され、常陸に行き、「教行信証文類」全六巻を著し、初めて浄土真宗を開きました。【Wikipedia】 親鸞  建仁元年(1201年)の春頃、親鸞29歳の時に叡山と決別して下山し、後世の祈念の為に聖徳太子の建立とされる六角堂(京都市中京区)へ百日参籠を行う。そして95日目(同年45日)の暁の夢中に、聖徳太子が示現され(救世菩薩の化身が現れ)、

 「行者宿報設女犯 我成玉女身被犯 一生之間能荘厳 臨終引導生極楽」

意訳 - 「修行者が前世の因縁によって[注釈 12]女性と一緒になるならば、私が女性となりましょう。そして清らかな生涯を全うし、命が終わるときは導いて極楽に生まれさせよう。」

という偈句(「「女犯偈」」)に続けて、

  「此は是我が誓願なり 善信この誓願の旨趣を宣説して一切群生にきかしむべし」

の告を得る。

 この夢告に従い、夜明けとともに東山吉水(京都市東山区円山町)の法然の草庵を訪ねる。(この時、法然は69歳。)そして岡崎の地(左京区岡崎天王町)に草庵を結び、百日にわたり法然の元へ通い聴聞する。

  


Posted by 経営士 at 16:00Comments(0)