2012年04月21日

■■【助成金・補助金・支援情報】中小企業施策利用ガイドブック

■■【助成金・補助金・各種支援情報】中小企業施策利用ガイドブック

◆経済産業省広報誌「METI Journal」最新号のお知らせ

METI Journal 4・5月号」がホームページにアップされました。

是非、ご覧ください。

http://www.meti.go.jp/publication/journal/journal_new.html

 <特集1> みんなで広げる再生可能エネルギー到来!「育エネ」時代       

 <特集2> 独創的な取り組みもいろいろ!製品の安全はこうして作られる

 <Special Report> 韓国・麗水(ヨス)万博日本館の概要

  資料出典: J-NET21

◆「平成24年度中小企業施策利用ガイドブック」の公開

中小企業庁では、震災対策、円高対策をはじめとした重点施策を含め、中小企

業者が施策を利用される際の手引書として、各支援制度の概要を紹介する「平

24年度中小企業施策利用ガイドブック」を以下サイトに公開しました。

http://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/g_book/h24/index.html

  資料出典: J-NET21

■■ 経営コンサルタントへの道  ←クリック

 Googleで「経営コンサルタント」をキーワードで検索すると、「経営コンサルタントへの道」がトップページ表示されます。

  


2012年04月21日

■■ 【今日は何の日】 民放の日 4月21日(土)

■■ 【今日は何の日】 民放の日 4月21日(土)

■ 【今日の写真】 春の京都 仁和寺

 仁和寺は仁和2年(886年)第58代光孝天皇によって発願され、第59代宇多天皇により仁和4年(888年)に完成しました。
 仁和寺創建当時の本尊、阿弥陀三尊像(国宝)をはじめ、愛染明王坐像(重文)・増長天立像(重文)・悉達太子坐像(重文)などの国指定文化財や、平安から江戸時代に至る仏像・彫刻が残されています。
仁和寺サイトより)



■ 民放の日

 1951年4月21日に民間放送16社にテレビ放送の予備免許が出され、それを記念して「民放の日」が制定されました。NHKではコードに引っかかるような自己主張をされる出演者を大目に見るなど、お堅い番組の多いNHKに飽き足らない視聴者向けに個性的な番組を提供しています。

 故大宅壮一氏がかつて「1億総白痴」ということを仰って、俗悪番組を非難されましたが、線引きは難しいとはいえ、頭をかしげざるを得ないような番組があるように思えます。最近はNHKも民放の傾向に引きずられて、お堅い一辺倒ではなくなってきたように思えます。

 電力不足で計画停電が実施されるほどの今日ですが、火力発電の復活で夏場の電力不足も当初ほどの深刻さを持たなくても済みそうです。しかし、安心できるレベルではないのですから、深夜放送のあり方を見直すことも民放の日を契機に考えても良いように思えます。一挙に全面削減はできないでしょうから、放送時間の割当をしたり、それを輪番制にしたりしても、被災地域のことを考えると視聴者に大きな迷惑をかけるほどではないと考えます。

■ その他
◇ 京都壬生狂言(~29日)
◇ 真言宗御影供
◇ 遊行寺春期開山会

  


Posted by 経営士 at 13:22Comments(0)【今日は何の日】

2012年04月21日

■■【カンどころ】IMF拠出4300億ドル 4月21日

■■【経営のカンどころ】IMF拠出4300億ドル 平成24421() 

 

【今日の視点】 IMF拠出4300億ドル

 昨日ワシントンでG20の財務相・中央銀行総裁会議は、ヨーロッパの信用不安対策のためのIMF=国際通貨基金へ世界各国から4300億ドルを上回る資金拠出が約束されたことを発表しました。目標を達成しましたが、アメリカが出資をしないなど諸手を挙げての成果とは言えません。

 

 日本 600億ドル

 イギリス 150億ドル

 韓国 150億ドル

 サウジアラビア 150億ドル

 スウェーデン 100億ドル

 スイス 100億ドル

 ノルウェー  93億ドル

 ポーランド  80億ドル

 デンマーク  70億ドル

 オーストラリア  70億ドル

 シンガポール  40億ドル

 チェコ  20億ドル

【今日は何の日】民放の日

  今日は何の日 ←クリック

  今日は何の日トップページ ←クリック

■ 週末のブログ発行

 週末は平日とは若干発行スケジュールや内容が異なっています。ご理解の程を宜しくお願いします。

■■ 中小企業施策総覧無料ダウンロード ←クリック

 中小企業庁では、東日本大震災に係る支援策を含め、中小企業施策を網羅した「中小企業施策総覧」を編集(発行は(財)中小企業総合研究機構)しました。「中小企業施策総覧」は書店でも購入できますが、無料ダウンロードできますのでご利用ください。

  


Posted by 経営士 at 12:08Comments(0)経営のカンどころ