2012年04月28日

■ 京都 豊国神社

■■【今日の写真】 京都 豊国神社 

  豊国神社にある桃山時代建築の国宝建造物。本殿正面に建つ四脚唐門。南禅寺金地院から移築された。伏見城の遺構と伝えられ、欄間や扉などに豪華な装飾が施されている。



























豊国神社については、下記をご参照ください。

豊国神社 ←クリック

  


Posted by 経営士 at 16:28Comments(0)【今日は何の日】

2012年04月28日

■■【助成金・補助金・支援情報】海外からのインターンシップ生

■■【助成金・補助金・各種支援情報】海外からのインターンシップ生

 

◆規模別製造工業生産指数(中小企業製造工業生産指数)の公表

平成24年2月分速報値を公表いたしました。詳しくは、以下のサイトを

ご覧ください。

http://www.chusho.meti.go.jp/koukai/chousa/kibobetu/index.htm

  資料出典: J-NET21

 

◆海外からのインターンシップ生受入れ募集

NPO法人アイセック・ジャパンでは、日本の中小企業に対し、海外学生のイ

ンターンシップの受け入れを斡旋しています。

「社内国際化」「優秀な海外学生との人脈形成」の機会として、ご活用くださ

い。実例の紹介や詳細は、以下サイトをご覧下さい。

http://www.aiesec.jp/

  資料出典: J-NET21

■■ 経営四字熟語 ←クリック

 四字熟語は、経営やコンサルティング、人生の生き方のヒントがたくさん隠されています。独断と偏見に基づき、それらをエッセー風にまとめています。

  


2012年04月28日

■■ 【2012年ゴールデンウィーク】 

■■ 【2012年ゴールデンウィーク】 

 「ゴールデンウィーク」という呼称は1950年代前半から使われてきたと記憶しています。映画界が人寄せのための宣伝に使ったことが起源であると言われています。

 以前は飛石連休になることが多かったのですが、1985年(昭和60年)の「国民の祝日に関する法律」が改正されてからは、必ず連休が含まれることになりました。文化の日とこどもの日に挟まれる5月4日が「国民の休日」になったからです。

 今年は1日(火)、2日(水)が平日ですので、ここに休暇を充てると9連休になります。OCNのアンケート調査によると、9日以上の人が全体の14.0%で、7日に続く多さです。

 多少は、個人消費拡大に繋がり、景気は良くなるのでしょうか?



  出典;: 2012/04/27 OCNサイト

  


Posted by 経営士 at 08:12Comments(0)【今日は何の日】

2012年04月28日

■■ 【今日は何の日】京都の大火 4月28日(土)

■■ 【今日は何の日】京都の大火 4月28日(土)

 今日から連休が始まる人が多いことでしょう。私は、連休と言っても休めない人の一人です。休めないと言っても会社に出勤しなくて済みますが、パソコンに向かって仕事をするのですから、場所が異なるだけです。

■ 【今日の写真】 春の京都 仁和寺


 仁和寺は仁和2年(886年)第58代光孝天皇によって発願され、第59代宇多天皇により仁和4年(888年)に完成しました。
 「御室桜」で知られる仁和寺ですが、粘土質の土壌のため背が低いのです。ただ、粘土質であっても土中に酸素や栄養分が少なく、桜が根をのばせない要因の一つにはなっているようです。
 詳しくは現在も調査中です。
仁和寺サイトより)

  写真 ←クリック

■ 京都の大火

 新暦1708年4月28日(宝永5年3月8日)に宝永の大火と呼ばれる大火が 京都でありました。

 Wikipediaによると下記のように紹介されています。

 南西の風に煽られて被害が拡大し、禁裏御所・仙洞御所・女院御所・東宮御所が悉く炎上、九条家・鷹司家をはじめとする公家の邸宅、寺院・町屋など、西は油小路通・北は今出川通・東は河原町通・南は錦小路通に囲まれた上京を中心とした417ヶ町、10351軒、佛光寺や下鴨神社などの諸寺社などを焼いた。

「地震雷火事親父」といいますが、江戸も大火が多い街ですが、京都も戦乱などで何度も灰燼に帰しているのですね。しかし、東日本大震災に比べると地域が限定的で、それらと比べても2011年の震災の大きさがわかります。

■ その他
◇ ドイツワインの日
◇ 川崎身代わり不動尊無視封じ
◇ 日蓮宗開宗会

■■ 経営コンサルタントへの道  ←クリック

 Googleで「経営コンサルタント」をキーワードで検索すると、「経営コンサルタントへの道」がトップページ表示されます。

  


Posted by 経営士 at 06:27Comments(0)【今日は何の日】