2012年04月25日

■■【今日は何の日】仁義を考える【今日の写真】仁和寺4/25

■■“仁義”を考える 【今日は何の日】(日記) 4月25日(水)

■ 【今日の写真】 春の京都 仁和寺

 仁和寺は仁和2年(886年)第58代光孝天皇によって発願され、第59代宇多天皇により仁和4年(888年)に完成しました。
 「御室桜」の花見の盛んな様子は江戸時代の儒学者・貝原益軒が書いた『京城勝覧』(けいじょうしょうらん)という京都の名所を巡覧できる案内書にも次の様に紹介されています。
仁和寺サイトより)

  写真 ←クリック

■ 孔子祭

 4月25日は孔子祭です。孔子や儒教の先哲を祀る儀式が行われます。中国で儒教が国教となったときに、釈奠(せきてん/しゃくてん)と呼ぶようになりました。

 孔子は紀元前5~6世紀の春秋時代における中国の思想家、哲学者で、儒家の始祖でもあります。幼くして両親を失い、孤児となってからも苦学をつづけたそうです。しかし、生きている間は無冠で、一人の学者であったようです。しかし、後の漢代(前漢)に司馬遷は『史記』の中ででは、孔子の功績を「王に値する」と記述しています。

 孔子は、それまでにあった原始宗教を今日の儒教に体系化しました。孔子の考えの基本は「仁(じん)」です。「仁が貫かれるところに道徳が保たれる」と説いています。

「仁」は徳の一つで、人間関係の基本、人間愛をさす倫理規定でもあります。主に「他人に対する親愛の情、優しさ」をさし、仁と、人間の行動に関する概念である義を合わせて、「仁義」という表現もよく知られています。

 仁義というと、ある種の世界の言葉のように思われがちですが、人間のあり方の基本のことです。むしろその世界だけに限定すると、映画などでの情報でしかありませんが、一般の人よりもむしろ仲間意識、結束感は強いのではないでしょうか。

 今の日本は、残念ながら他人に対する思いやり、気配りがあまりにも希薄になっていると平素思っています。ところが、東日本大震災のような時には、眠っている「仁」が呼び起こされるのか、義援金やボランティア活動などへの参加という形で現れてきます。

「まだまだ日本は捨てたものではない」とテレビでどなたかが言っていましたが、「仁」ということを考え直す時間を各自がとっても良いと思います。もちろん、私自身も実行します。

 空港でちょっとしたトラブルがありました。詳細は、相手の方に迷惑がかかるといけませんので記載しませんが、機転を利かせてくれたために難を避けることができました。

空港という人を相手にする仕事が多い人は、どうしてもマニュアル人間になりがちです。上司の方との連携で、利用者に嫌な思いをさせないサービス精神はすばらしいですね。同じことが、マニュアルが定着している国や企業等で起こったらおそらくこのような対処をしてくれなかったでしょう。

 日本で仕事をしていてよかった~~

■ その他
◇ 奈良興福寺文殊会
◇ 西山浄土宗御忌

■【きょうの人】 孔子

【Wikipedia】 孔子
 孔子(こうし、ピン音: Kǒng zǐ; ウェード式: K'ung-tzu、紀元前551年9月28日‐紀元前479年4月11日)は、春秋時代の中国の思想家、哲学者。儒家の始祖。 氏名は孔、諱は丘、字は仲尼(ちゅうじ)。孔子とは尊称である(子は先生という意味)。

■■ 経営コンサルタントの独り言 クリック

 経営コンサルタントの視点から、経営や人生のヒントになりそうなことやブログの中から選りすぐった文章を掲載しています。

それを実現するには、簡単に、短期間に出版できる方法があります。

  


Posted by 経営士 at 21:10Comments(0)【今日は何の日】

2012年04月25日

■■【助成金・補助金・各種支援情報】研究開発助成金

■■【助成金・補助金・各種支援情報】研究開発助成金

■ 平成24年度研究開発助成金(第1回)の公募及び株式保有事業

(公財)三菱UFJ技術育成財団では、新製品、新技術の研究開発に対する助成事業の公募を行っています。また、今年度からは過去に助成金交付・債務保証を受けた中小企業を対象に株式保有事業を開始します。

[募集期間]41日(日)~531日(木)

詳しくは、以下サイトをご覧下さい。

http://www.mutech.or.jp/whatsnew/index.html

  資料出典: J-NET21

■■ ブログ「経営コンサルタントへの道」 ←クリック

 これから経営コンサルタント資格取得を目指す人、すでに経営コンサルタントとして活躍している人に特化したブログ紹介と読み方

  


2012年04月25日

■■【経営コンサルタントの独り言】 日本再生戦略 15

■■【経営コンサルタントの独り言】 日本再生戦略 15

 国家戦略会議の部会で「日本再生戦略」の検討が始まり、医療・介護や新エネルギーの新分野を伸ばすことで国内の消費を盛り上げ、アジアなどへの輸出を増やす。自動車中心の日本の産業構造を、いくつもの産業が栄える「八ケ岳」のような形に変えることを目指すという。

 戦後の日本経済を牽引してきた家電、自動車等のもの作り中心の時代から、医療・介護のサービスや、新エネルギー、ジャパンクール・ポップカルチャー等への転換である。

 再生戦略がお金を持っている高齢者のウォンツに応え、需要が喚起され、雇用拡大に繋がるか、長期化するデフレ脱却の鍵を握る。東日本大震災からの復興をきっかけに、産業構造転換の加速を期待します。

筆者 石原和憲氏 経営士・新環境経営研究所所長

■■ 士業に特化したセミナー  ←クリック

 コンサルタント・士業のために特化したセミナーが盛りだくさん。要領よくプロフェッショナルの知識・ノウハウを習得


 

  


2012年04月25日

■■【助成金・補助金・各種支援情報】中小企業技術革新制度

■■【助成金・補助金・各種支援情報】中小企業技術革新制度

 

◆平成24年度におけるセーフティネット保証5号の業種指定の取扱い

中小企業庁では、平成24年度におけるセーフティネット保証5号の業種指定の取扱いについて、以下のとおりとします。

1.平成24年度上半期は、引き続き原則全業種指定の運用を継続する。

2.個別の中小企業者の状況にきめ細かく対応するという観点から、現在中分類で行われている業種指定については、平成24年度下半期からは、細分類で行う。

3.細分類による業種指定を円滑に行うことができるよう、業況調査を実施する業所管部局、個別中小企業者の業種を判断する市区町村等に対して、十分な周知を図る。

詳しくは、以下サイトをご覧下さい。

http://www.chusho.meti.go.jp/kinyu/2012/03235gou.htm

  資料出典: J-NET21

 

◆中小企業技術革新制度(SBIR制度)について特定補助金等への指定予定事業

中小企業庁では、中小企業技術革新制度(SBIR制度)において、平成24年度に特定補助金等への指定が予定されている事業を事前に予告しました。

詳しくは、以下サイトをご覧下さい。

http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/gijut/2012/0327Yokoku.htm

  資料出典: J-NET21

■■ 士業に特化したセミナー  ←クリック

 コンサルタント・士業のために特化したセミナーが盛りだくさん。要領よくプロフェッショナルの知識・ノウハウを習得

  


2012年04月24日

■■ 【今日は何の日】植物学の日 4月24日(火)

■■ 【今日は何の日】(日記) 4月24日(火)

■ 【今日の写真】 春の京都 仁和寺

 仁和寺は仁和2年(886年)第58代光孝天皇によって発願され、第59代宇多天皇により仁和4年(888年)に完成しました。
 毎年春、仁和寺は満開の桜で飾られます。金堂前の染井吉野、鐘楼前のしだれ桜などが競って咲き誇ります。その中でも中門内の西側一帯に「御室桜」と呼ばれる遅咲きで有名な桜の林があります。古くは江戸時代の頃から庶民の桜として親しまれ、数多くの和歌に詠われております。
仁和寺サイトより)



■ 植物学の日

 4月24日は「」です。

 文久2(1862)年の旧暦による4月24日は、「植物学の父」と呼ばれた植物分類学者の牧野富太郎博士の誕生日です。

 高知県佐川町の豪商の家に生まれ、94歳まで、生涯現役で植物研究をしました。なんとこの間に新しい品種や変種を約2500種も発見したり、命名したりしてきました。

 因みに、リンネ式階級分類における基本的階級を基に、現代の生物分類法が決められています。Wikipediaによると、我々人類は、下記のようになっています。

 ドメイン: domain: 真核生物
 界: kingdom: 動物界
 門: phylum 脊索動物門
/division: (脊椎動物亜門)
 綱: class: 哺乳綱
 目: order: サル目
 科: family: ヒト科
 属: genus: ヒト属 Homo
 種: species: H. sapiens

  図 日本植物分類学会 ←クリック



■ その他
◇ 会津若松高厳寺御忌会

■【一口情報】 台風

 この時期、台風一号が発生することが多いのです。

 台風は「颱風(ぐふう)」とも書くそうです。南シナ海や太平洋西部で発生した、風速34ノット(17.2m/秒)以上のものをいいます。ただし、世界気象機関(World Meteorological Organization、WMO)では、64ノット以上をtyhoonと定義付けしています。

 台風の語源は、ギリシャ神話にあります。神話の中に登場する巨大な怪物「テュポン 」に由来し、英語の「typhoon」になったようです。

  


Posted by 経営士 at 17:53Comments(0)【今日は何の日】

2012年04月24日

■■【経営のカンどころ】ヨーロッパ政局の余波 4月24日

■■【経営のカンどころ】ヨーロッパ政局の余波 2012/04/24 

【今日の視点】ヨーロッパ政局の余波 

 IMFで折角明るさが見えてきた矢先、フランス大統領選やオランダで政局への警戒感が広がってしまい、その余波を受けてヨーロッパの株価が大幅に下落してしまいました。いつになったら安定してくれるのでしょうね。

【今日は何の日】植物学の日

  今日は何の日 ←クリック

  今日は何の日トップページ ←クリック

■■【助成金・補助金・各種支援情報】

◆「中小企業等グループ施設等復旧整備補助事業」(5次)の募集(予告)

被災した中小企業などの施設・設備の復旧・整備に係る補助事業について、岩手県、宮城県、福島県、茨城県、千葉県の各県にて、補助金交付に必要となる復興事業計画の募集を行います。

[募集期間]51日(火)~531日(木)

詳しくは、以下サイトをご覧下さい。

http://www.chusho.meti.go.jp/earthquake2011/120406G-hojyoSaitaku5.html

  資料出典: J-NET21

◆“ちいさな企業”未来会議の地方会議を開催しています

中小企業庁では、地方の隅々にいたる中小・小規模企業の皆様のご意見を幅広く伺うため、“ちいさな企業”未来会議「地方会議」を開催しています。

以下の地方会議について、参加者を募集しています。

418日(水)14:0016:00 松山市総合コミュニティセンター(愛媛県松山市)

421日(土)14:3016:30 東大阪市 クリエイション・コア東大阪(大阪府東大阪市)

また、既に開催しました福井市、函館市、米子市、多治見市、那覇市での地方会議の開催結果を公表しました。

詳しくは、以下サイトをご覧下さい。

http://www.chusho.meti.go.jp/miraikaigi/2012/0319.htm

  資料出典: J-NET21

◆“ちいさな企業”未来会議の第一回ワーキンググループ開催結果の公表

第一回ワーキンググループの開催結果(議事録)を公表しました。

詳しくは、以下サイトをご覧下さい。

http://www.chusho.meti.go.jp/miraikaigi/index.htm

  資料出典: J-NET21

■■ 今日の独り言 ←クリック

 経営者・管理職や経営士・コンサルタント・士業の方々のご参考に、その日のニュースをベースに呟いています。

  


Posted by 経営士 at 17:01Comments(0)経営のカンどころ

2012年04月24日

■■短期資格取得法 【経営コンサルタント資格取得のQ&A】

■■短期資格取得法 【経営コンサルタント資格取得のQ&A】

 1970年代から経営コンサルタントをやっている経験から、独断と偏見でもって皆様からのご質問にお答えします。また、一般企業の経営者・管理職には、経営士・コンサルタントがどのように誕生し、どのように研鑽しているのかを知っていただける機会でもあります。

【質問】 短期資格取得法

 内閣府認証特定非営利活動法人・日本経営士協会の「経営士補」資格を短期間に取得し、経営士・コンサルタントとしての準備をしたいと考えています。どのようにすれば短期間に取得できるでしょうか。

 

【回答】

 内閣府認証特定非営利活動法人・日本経営士協会の経営士補資格取得をするにはいくつかの方法があります。

◇ 方法1 一般会員入会

 経営士資格取得試験は非常に難問で受験入会は年々難しくなっています。まず、書類審査が中心の一般会員として入会して、協会で各種の講習会・研修会・講演会を受講しながら実力をつけて、経営士補、経営士に昇格するのが比較的容易なステップであり、一般的と言えます。

◇ 方法2 受験入会

 経営士資格取得は、一次審査として書類審査があります。これまでの経験を申込書に記載するだけではなく、業歴書や過去に作成した論文や出版物を添付・紹介するとよいでしょう。自己推薦書的な堅苦しくない文書を同封すると好感を持ってもらえるようです。

 一次審査に合格すると、二次審査としての論文提出が求められます。期限内に提出することは言うまでもなく、自分が経営士補としてふさわしいということを照明する場ですから、論理思考的な書き方をお奨めします。

 第三次審査は口頭試問です。大学の経営学概論程度の基礎力が試されます。自分の専門分野が何かを強調することにより、合格率を高めることができるようです。

 大学や大学院の経営関連の学部・学科・研究科を卒業されたり、在籍したりする方は一般会員として入会するのではなく、資格会員・経営士補という選択がお薦めです。すでに経営関連の科目を履修しているとそれが審査で加味されるので、口頭試問も受けやすいでしょう。

◇ 方法3 経営士補資格取得講座

 同協会の関連団体である日本コンサルタントアカデミーが行う経営士補資格取得講座を受講すると、所定のレベル以上の場合には、4ヶ月でペーパーテストが免除されます。

【このコーナーの目的】

「経営コンサルタントって、一体何をやってくれるのですか?」と企業の経営者・管理職から訊かれることがあります。ガクッとしてしまいますが、われわれ経営コンサルタントが、平素きちんと説明をしたり、その仕事ぶりを見ていただいたりすることが少ないからと反省をしています。

 また、これから経営コンサルタントを目指す人たちは、「中小企業診断士資格を取らないと経営コンサルタントにはなれない」「経営コンサルタントになるにはどうしたらよいのでしょうか」「高校生ですが、経営コンサルタントになるには大学のどの学部がよいでしょうか」等々いろいろな質問を受けます。

 そのような質問にお答えして参りたいと思いますので、ご質問がありましたらお寄せください。

■■ 社長さん達のためのページ ←クリック

■■ 経営コンサルタントのメールマガジン  ←クリック

■■ 経営コンサルタントをめざす人のページ  ←クリック

■■ 経営コンサルタントQ&A ←クリック

■■ 当ブログの発行ポリシー ←クリック

GoogleYahooなどの検索サイトで「経営コンサルタント」をキーワードで検索すると、「経営コンサルタントへの道」がトップページに表示されます。

  


2012年04月24日

■■【助成金・補助金・各種支援情報】会計に関する検討会報告書

■■【助成金・補助金・各種支援情報】会計に関する検討会報告書

 

◆「中小企業の会計に関する検討会報告書」の公表

「中小企業の会計に関する検討会」は、21日に公表した「中小企業の会計に関する基本要領」を広く普及させ、その活用を促進するための方策について検討を行い、今般、普及・活用策を含めた最終報告書を取りまとめました。

詳しくは、以下サイトをご覧下さい。

http://www.chusho.meti.go.jp/zaimu/kaikei/2012/0327Kentou.htm

  資料出典: J-NET21

 

◆信用保証協会が行う中小企業の会計処理による割引制度の見直し

信用保証協会が行う「中小企業会計割引制度」について、平成244月より、一部を見直すこととなりました。

詳しくは、以下サイトをご覧下さい。

http://www.chusho.meti.go.jp/zaimu/kaikei/2012/0322Waribiki.htm

  資料出典: J-NET21

■■ 士業に特化したセミナー  ←クリック

 コンサルタント・士業のために特化したセミナーが盛りだくさん。要領よくプロフェッショナルの知識・ノウハウを習得

  


2012年04月23日

■■短期資格取得法 【経営コンサルタント資格取得のQ&A】

■■短期資格取得法 【経営コンサルタント資格取得のQ&A】

 1970年代から経営コンサルタントをやっている経験から、独断と偏見でもって皆様からのご質問にお答えします。また、一般企業の経営者・管理職には、経営士・コンサルタントがどのように誕生し、どのように研鑽しているのかを知っていただける機会でもあります。

【質問】 短期資格取得法

 内閣府認証特定非営利活動法人・日本経営士協会の「経営士補」資格を短期間に取得し、経営士・コンサルタントとしての準備をしたいと考えています。どのようにすれば短期間に取得できるでしょうか。

 

【回答】

 内閣府認証特定非営利活動法人・日本経営士協会の経営士補資格取得をするにはいくつかの方法があります。

◇ 方法1 一般会員入会

 経営士資格取得試験は非常に難問で受験入会は年々難しくなっています。まず、書類審査が中心の一般会員として入会して、協会で各種の講習会・研修会・講演会を受講しながら実力をつけて、経営士補、経営士に昇格するのが比較的容易なステップであり、一般的と言えます。

◇ 方法2 受験入会

 経営士資格取得は、一次審査として書類審査があります。これまでの経験を申込書に記載するだけではなく、業歴書や過去に作成した論文や出版物を添付・紹介するとよいでしょう。自己推薦書的な堅苦しくない文書を同封すると好感を持ってもらえるようです。

 一次審査に合格すると、二次審査としての論文提出が求められます。期限内に提出することは言うまでもなく、自分が経営士補としてふさわしいということを照明する場ですから、論理思考的な書き方をお奨めします。

 第三次審査は口頭試問です。大学の経営学概論程度の基礎力が試されます。自分の専門分野が何かを強調することにより、合格率を高めることができるようです。

 大学や大学院の経営関連の学部・学科・研究科を卒業されたり、在籍したりする方は一般会員として入会するのではなく、資格会員・経営士補という選択がお薦めです。すでに経営関連の科目を履修しているとそれが審査で加味されるので、口頭試問も受けやすいでしょう。

◇ 方法3 経営士補資格取得講座

 同協会の関連団体である日本コンサルタントアカデミーが行う経営士補資格取得講座を受講すると、所定のレベル以上の場合には、4ヶ月でペーパーテストが免除されます。

【このコーナーの目的】

「経営コンサルタントって、一体何をやってくれるのですか?」と企業の経営者・管理職から訊かれることがあります。ガクッとしてしまいますが、われわれ経営コンサルタントが、平素きちんと説明をしたり、その仕事ぶりを見ていただいたりすることが少ないからと反省をしています。

 また、これから経営コンサルタントを目指す人たちは、「中小企業診断士資格を取らないと経営コンサルタントにはなれない」「経営コンサルタントになるにはどうしたらよいのでしょうか」「高校生ですが、経営コンサルタントになるには大学のどの学部がよいでしょうか」等々いろいろな質問を受けます。

 そのような質問にお答えして参りたいと思いますので、ご質問がありましたらお寄せください。

■■ 社長さん達のためのページ ←クリック

■■ 経営コンサルタントのメールマガジン  ←クリック

■■ 経営コンサルタントをめざす人のページ  ←クリック

■■ 経営コンサルタントQ&A ←クリック

■■ 当ブログの発行ポリシー ←クリック

GoogleYahooなどの検索サイトで「経営コンサルタント」をキーワードで検索すると、「経営コンサルタントへの道」がトップページに表示されます。

  


2012年04月23日

■■「有」を「無」にする発想【今日は何の日】4月23日(月)

■■「有」を「無」にする発想 【今日は何の日】(日記) 4月23日(月)

■ 【今日の写真】 春の京都 仁和寺


 仁和寺は仁和2年(886年)第58代光孝天皇によって発願され、第59代宇多天皇により仁和4年(888年)に完成しました。
 仁和寺に伝わる工芸品には、仁和寺草創期から鎌倉時代にかけて、密教の世界・王朝の美を伝えるものと、桃山時代から江戸時代初期の文化の広がりを示すものに大別されます。(仁和寺サイトより)



■ 国際マルコーニデー

 4月23日は「国際マルコーニデー 」です。世界で初めて無線通信を行ったイタリア人のマルコーニを記念する日です。

 グリエルモ・マルコーニ(Guglielmo Marconi)は、イタリアの無線研究家、発明家で、ノーベル物理学賞を受賞しています。彼の研究は「無線電信」を電波を使って行うことで、自宅で無線装置を作り、実験を開始し、実用化した後にマルコーニ無線電信会社を創立しました。

 彼のすばらしさは、グラハム・ベルが発明した電話の欠点である有線工事をしなくても通信できるようにしたいと考えたのです。

「不便を解消する」という基本的な発想が発明を生み出します。「今存在するものをなくす」という発想が彼のすばらしさです。ビジネスも「お客様は何に困っているのだろうか」というところから新しい商品・サービス構想が生まれてくるのです。

■ その他
◇ 永平寺授戒会(~29日)

■【一口情報】 原子力に代わるエネルギー源

 東日本大震災による福島第一原発事故では、多くの人が原子力発電に否定的な考えを抱いたのではないでしょうか。太陽光発電や風力発電など、海外で設備投資が先行していますが、日本では今ひとつ力が入っていないことが、今回の東日本大震災による計画停電でクローズアップされました。かといって、いまさら石炭による火力発電に戻るわけにもいかないのかもしれません。

 ところが、「緑の原油」と呼ばれるエネルギー資源が、日本近海の海底に眠るハイドメタンと共に日本が有力な産出国になり得ることはあまり知られていません。これは湖などに漂う藻から油分を抽出して作る次世代バイオ燃料なのです。神奈川県横須賀市にある電力中央研究所が必死になって研究しています。

 日本が産油国になる夢が生まれました。

■■ 経営コンサルタントの独り言 クリック

 経営コンサルタントの視点から、経営や人生のヒントになりそうなことやブログの中から選りすぐった文章を掲載しています。

それを実現するには、簡単に、短期間に出版できる方法があります。

  


Posted by 経営士 at 16:23Comments(0)【今日は何の日】

2012年04月23日

■■【助成金・補助金・各種支援情報】中小企業実態基本調査

■■【助成金・補助金・各種支援情報】中小企業実態基本調査

◆平成23年中小企業実態基本調査の結果(速報)の公表

詳しくは、以下サイトをご覧ください。

http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/NewList.do?tid=000001019842

  資料出典: J-NET21

◆第127回中小企業景況調査の結果の公表

詳しくは以下サイトをご覧ください。

http://www.chusho.meti.go.jp/koukai/chousa/keikyo/index.htm

  資料出典: J-NET21

■■ 経営コンサルタントの独り言 クリック

 経営コンサルタントの視点から、経営や人生のヒントになりそうなことやブログの中から選りすぐった文章を掲載しています。

それを実現するには、簡単に、短期間に出版できる方法があります。

  


2012年04月22日

■■【助成金・補助金・各種支援情報】中小企業の会計

■■【助成金・補助金・各種支援情報】中小企業の会計

◆「ものづくり展 -MONODZUKURI EXHIBITION-」の開催

経済産業省では、2月に決定された第4回「ものづくり日本大賞」の受賞者と

その優れた技術を広く伝えるための展示会を行っています。

[日程]320日(火・祝)~48日(日)

[開館時間]9:0017:00(金曜日は20:00まで)

            (入館は各閉館時刻の30分前まで)

[場所]国立科学博物館(東京都台東区)

[入館料金]一般・大学生:600円 (20名以上の団体:300円) 

      高校生以下及び65歳以上:無料

(ものづくり展)

http://www.kahaku.go.jp/event/2012/03mono/

(ものづくり日本大賞)

http://www.monodzukuri.meti.go.jp/index.html

  資料出典: J-NET21

◆「中小企業の会計に関する検討会報告書」の公表

「中小企業の会計に関する検討会」は、21日に公表した「中小企業の会計に

関する基本要領」を広く普及させ、その活用を促進するための方策について検

討を行い、今般、普及・活用策を含めた最終報告書を取りまとめました。

詳しくは、以下サイトをご覧下さい。

http://www.chusho.meti.go.jp/zaimu/kaikei/2012/0327Kentou.htm

  資料出典: J-NET21

■■ 経営コンサルタントに関するQ&A ←クリック

 社長さんの視点でコンサルタントを知るための情報、これから経営コンサルタントを目指す人やすでにプロとして開業している人のヒントを提供

  


2012年04月22日

■■【一口情報】 有人火星探査実験

■■【一口情報】 有人火星探査実験

 

 19919月、ある実験が行われました。アメリカ・アリゾナ州に「バイオスフィア2」という巨大なガラスドームを建設しました。広さは13,000平方メートル、中に3,800種の植物を植え、熱帯雨林や海、サバンナなど地球の生態系をそのまま再現しています。この外界から完全に遮断された空間で人間が生活してみようというものでした。

 8人の科学者が「バイオスフィア2」で生活を始めました。中に入る人は交代しながらも100年間続けていく予定でしたが、実際はたった2年で打ち切られました。

 原因の一つは酸素濃度の急激な低下です。実は酸素濃度は、実験前に綿密に計算した上で、植物を多く植え、酸素を減らさないような仕掛けがなされていたのです。当初、なぜ酸素が減ったのか全く分かりませんでした。

 長時間、調査を行っていくうちに分かってきました。実は、植物がよく育つよう栄養分が豊富な土を入れていましたが、そのために土の中で微生物が繁殖し、この微生物の呼吸によって酸素濃度が低下したのです。

 この実験を通じて、地球の自然が、いかに微妙なバランスで成り立っているか、地球の自然を理解することが、いかに難しいかを思い知らされたのです。(資料出典: J-NET21)

 

【コメント】

 「想定外」という言葉が東日本大震災でひんしゅくを買いましたが、微生物による酸素使用量の誤算が原因であったとは想定外のことでした。ここで学んだことが将来活きると思います。

  


2012年04月22日

■■ 【今日は何の日】 アースデイ 4月22日(日)

■■ 【今日は何の日】 アースデイ 4月22日(日)

■ 【今日の写真】 春の京都 仁和寺


 仁和寺は仁和2年(886年)第58代光孝天皇によって発願され、第59代宇多天皇により仁和4年(888年)に完成しました。
 国宝「孔雀明王像」は仁和寺を代表する仏画ですが、その他にも真言密教寺院にふさわしい曼荼羅や白描画、「八幡神影向図」などの垂迹画といった様々な仏画が残されています。
仁和寺サイトより)



■ アースデイ

 4月22日は、「アースデイ」です。環境問題に関心を持つことを目途として環境保護庁を設置したり各種環境保護法が整備されたりするきっかけとなりました。

 最初にアースデイの概念を提起したのはユネスコで、1969年の環境関連の会議の場です。社会運動家のジョン・マッコネル氏が提案し、最初に採用したのはサンフランシスコ市でした。それが3月21日であることから、国連では3月21日をアースデイとしていて、国連本部にある「日本の平和の鐘」が鳴らされます。

 日本の、そして世界の“真”の平和が訪れる日を願いたいですね。

■ 復活祭(年により日付が異なる)

 復活祭は、キリストが十字架にかけられてから三日目に蘇ったことをお祝いする日です。「春分の日後に来る最初の満月直後の日曜日」というちょっとわかりにくい決まり事により日が決まります。ただし、年によっては祝う日が教会によって異なることもあるそうです。

 ご存知のように「たまご」が不可欠です。色をつけた卵をイースター・エッグと言いますが、それをあちこちに隠して子供が見つけるというゲーム的な風習もあります。また多産の象徴として「うさぎ」があり、イースター・バーニーとして不可欠な存在です。これはゲルマン人のお祭りに由来しているそうです。

 日本では、これまで地震や津波だけではなく、台風を始め多数の自然災害や大火などを経験してきましたが、国民性の強さでしょうか、復活してきています。そのような国に生まれて幸せと思います。

■ よい夫婦の日

 「よい(4)ふ(2)ふ(2)」を「よいふうふ」と読ませ、その語呂から、4月22日は「よい夫婦の日」です。出版大手の講談社が1994年に制定しました。

 ある統計によると、日本人夫婦の60%が仲が良い夫婦であると認識しているそうです。一方で、別の統計によると「来世でも同じ日とを伴侶にしたいか」という質問に対しては「したい」と回答した日とは20%に充たないとのことです。

 矛盾しているようでもあり、納得できるようでもあります。

 夫は元気で、外で働いて、顔をつきあわすことが少ない方が良いとか、顔を見るのも嫌などと言う奥さんもいる時代です。60%もの夫婦が仲が良いという数値が真実であれば、素晴らしいことと思います。

 1月の1を、アルファベットのIに見立て、「あい(I)さい(31)」の語呂合わせから、1月31日を「愛妻家の日」日と日本愛妻家協会が制定しました。

 同様に、2月2日が「夫婦の日」、11月22日が「いい夫婦の日」11月23日が「いい夫妻の日」です。

 因みに、毎月22日は「夫婦の日」ですので、毎月この日に奥さん孝行をしてはどうでしょうか。エッ!!そういう自分が・・・ ハイハイ、わかりました。「まず隗より始めよですね。

■ その他

◇ 靖国神社春祭
◇ 京都伏見稲荷神幸祭
◇ 京都松尾大社神幸祭
◇ 滋賀多賀大社古例大祭
◇ 日高火防祭
◇ 聖霊会
◇ 清掃デー
◇ 釈菜・孔子祭(第四日曜日)
◇ 方広寺開山(円明大師)忌
◇ 聖鑑国師忌

  


Posted by 経営士 at 06:28Comments(0)【今日は何の日】

2012年04月22日

■■【助成金・補助金・各種支援情報】中小企業施策リーフレット

■■【助成金・補助金・各種支援情報】中小企業施策リーフレット

◆平成24年度版中小企業施策リーフレットの公表

中小企業庁では、金融支援、人材支援など主要施策別にまとめたリーフレット(7種)を公開しました。是非ご覧下さい。

http://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/index.html#leaf

  資料出典: J-NET21

◆「にっぽん元気マーケット」の出展者募集

中小企業庁では、消費者やバイヤーに被災地域の産品や産地を紹介し、被災地域の中小企業の販路開拓を支援する販売会・商談会を首都圏で開催します。現在、出展者を募集しており、東日本各地で募集説明会を開催します。

[出展者募集期間]521日(月)まで

募集説明会の詳細は、以下サイトをご覧下さい。

http://www.genki-market.jp/briefing/

<一般向け販売会>

[開催日程]1027日(土)~1028日(日)

<バイヤー向け商談会>

[開催日程]7月~9

詳しくは、以下サイトをご覧下さい。

http://www.genki-market.jp/

  資料出典: J-NET21

■■ 日本の名言・世界の名言 ←クリック

 私たちの先人は、多くの名言を残しています。その名言の中に、経営やコンサルティングのヒントがたくさん隠されています。独断と偏見に基づき、それらをエッセー風にまとめています。

  


2012年04月21日

■■【助成金・補助金・支援情報】中小企業施策利用ガイドブック

■■【助成金・補助金・各種支援情報】中小企業施策利用ガイドブック

◆経済産業省広報誌「METI Journal」最新号のお知らせ

METI Journal 4・5月号」がホームページにアップされました。

是非、ご覧ください。

http://www.meti.go.jp/publication/journal/journal_new.html

 <特集1> みんなで広げる再生可能エネルギー到来!「育エネ」時代       

 <特集2> 独創的な取り組みもいろいろ!製品の安全はこうして作られる

 <Special Report> 韓国・麗水(ヨス)万博日本館の概要

  資料出典: J-NET21

◆「平成24年度中小企業施策利用ガイドブック」の公開

中小企業庁では、震災対策、円高対策をはじめとした重点施策を含め、中小企

業者が施策を利用される際の手引書として、各支援制度の概要を紹介する「平

24年度中小企業施策利用ガイドブック」を以下サイトに公開しました。

http://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/g_book/h24/index.html

  資料出典: J-NET21

■■ 経営コンサルタントへの道  ←クリック

 Googleで「経営コンサルタント」をキーワードで検索すると、「経営コンサルタントへの道」がトップページ表示されます。

  


2012年04月21日

■■ 【今日は何の日】 民放の日 4月21日(土)

■■ 【今日は何の日】 民放の日 4月21日(土)

■ 【今日の写真】 春の京都 仁和寺

 仁和寺は仁和2年(886年)第58代光孝天皇によって発願され、第59代宇多天皇により仁和4年(888年)に完成しました。
 仁和寺創建当時の本尊、阿弥陀三尊像(国宝)をはじめ、愛染明王坐像(重文)・増長天立像(重文)・悉達太子坐像(重文)などの国指定文化財や、平安から江戸時代に至る仏像・彫刻が残されています。
仁和寺サイトより)



■ 民放の日

 1951年4月21日に民間放送16社にテレビ放送の予備免許が出され、それを記念して「民放の日」が制定されました。NHKではコードに引っかかるような自己主張をされる出演者を大目に見るなど、お堅い番組の多いNHKに飽き足らない視聴者向けに個性的な番組を提供しています。

 故大宅壮一氏がかつて「1億総白痴」ということを仰って、俗悪番組を非難されましたが、線引きは難しいとはいえ、頭をかしげざるを得ないような番組があるように思えます。最近はNHKも民放の傾向に引きずられて、お堅い一辺倒ではなくなってきたように思えます。

 電力不足で計画停電が実施されるほどの今日ですが、火力発電の復活で夏場の電力不足も当初ほどの深刻さを持たなくても済みそうです。しかし、安心できるレベルではないのですから、深夜放送のあり方を見直すことも民放の日を契機に考えても良いように思えます。一挙に全面削減はできないでしょうから、放送時間の割当をしたり、それを輪番制にしたりしても、被災地域のことを考えると視聴者に大きな迷惑をかけるほどではないと考えます。

■ その他
◇ 京都壬生狂言(~29日)
◇ 真言宗御影供
◇ 遊行寺春期開山会

  


Posted by 経営士 at 13:22Comments(0)【今日は何の日】

2012年04月21日

■■【カンどころ】IMF拠出4300億ドル 4月21日

■■【経営のカンどころ】IMF拠出4300億ドル 平成24421() 

 

【今日の視点】 IMF拠出4300億ドル

 昨日ワシントンでG20の財務相・中央銀行総裁会議は、ヨーロッパの信用不安対策のためのIMF=国際通貨基金へ世界各国から4300億ドルを上回る資金拠出が約束されたことを発表しました。目標を達成しましたが、アメリカが出資をしないなど諸手を挙げての成果とは言えません。

 

 日本 600億ドル

 イギリス 150億ドル

 韓国 150億ドル

 サウジアラビア 150億ドル

 スウェーデン 100億ドル

 スイス 100億ドル

 ノルウェー  93億ドル

 ポーランド  80億ドル

 デンマーク  70億ドル

 オーストラリア  70億ドル

 シンガポール  40億ドル

 チェコ  20億ドル

【今日は何の日】民放の日

  今日は何の日 ←クリック

  今日は何の日トップページ ←クリック

■ 週末のブログ発行

 週末は平日とは若干発行スケジュールや内容が異なっています。ご理解の程を宜しくお願いします。

■■ 中小企業施策総覧無料ダウンロード ←クリック

 中小企業庁では、東日本大震災に係る支援策を含め、中小企業施策を網羅した「中小企業施策総覧」を編集(発行は(財)中小企業総合研究機構)しました。「中小企業施策総覧」は書店でも購入できますが、無料ダウンロードできますのでご利用ください。

  


Posted by 経営士 at 12:08Comments(0)経営のカンどころ

2012年04月20日

■■【経営のカンどころ】 G20開幕 4月20日(金) 

■■【経営のカンどころ】 平成24420() 

【今日の視点】 G20開幕、IMF機能強化

 G5(先進5か国財務大臣・中央銀行総裁会議:Group of Five)が発足したのは1975年のことです。日米英仏独に1986年からイタリアとカナダが加わりG7となりました。

 G7の会合は、IMF(国際通貨基金)の国際通貨金融委員会や総会が開催されるときに開かれます。

 G7に新興国を加えたG20がワシントンで20日より、日本からは安住財務大臣と日銀の白川総裁が出席して開幕されます。会議は、懸念の続くヨーロッパの信用不安を中心に世界経済の安定化に向けて議論が行われます。

 ユーロ圏以外の国がIMFの資金基盤強化に貢献する呼び水になるように早々に大金を出資することを発表しています。

 安保理のように常任理事国が拒否権を持つことの弊害のない会議だけに、成功を期待したいですが、各国が自国利益優先の発想ではうまくいかないでしょう。

【今日は何の日】 穀雨

  今日は何の日 ←クリック

  今日は何の日トップページ ←クリック

■■ 中小企業施策総覧無料ダウンロード ←クリック

 中小企業庁では、東日本大震災に係る支援策を含め、中小企業施策を網羅した「中小企業施策総覧」を編集(発行は(財)中小企業総合研究機構)しました。「中小企業施策総覧」は書店でも購入できますが、無料ダウンロードできますのでご利用ください。

  


Posted by 経営士 at 17:30Comments(0)経営のカンどころ

2012年04月20日

■■ 【今日は何の日】 穀雨 4月20日(金)

■■ 【今日は何の日】 穀雨 4月20日(金)

■ 【今日の写真】 春の京都 仁和寺

 仁和寺は仁和2年(886年)第58代光孝天皇によって発願され、第59代宇多天皇により仁和4年(888年)に完成しました。
 昭和時代に入ると、仁和寺は真言宗御室派の総本山となり、近年では平成6年(1994年)に古都京都の文化財の1つとしてユネスコの「世界遺産」に登録され、新たな歴史を刻んでいます。
仁和寺サイトより)



■ 穀雨(年により日付が異なる)

 今日は「穀雨(こくう)」です。二十四節気の第6番目で、通常旧暦3月です。

 気候も温暖になり、田畑の準備が整い、それに合わせて春の雨の降るころという意味です。穀物の成長を助ける雨のことを指し、「暦便覧」には「春雨降りて百穀を生化すればなり」と記されています。

 穀雨が終わるころは、立夏を直前にする頃でもあり、八十八夜を迎えます。

【Wikipedia】
 現在広まっている定気法では太陽黄経が30度のときで4月20日ごろ。暦ではそれが起こる日だが、天文学ではその瞬間とする。恒気法では冬至から1/3年(約121.75日)後で4月22日ごろ。
 期間としての意味もあり、この日から、次の節気の立夏前日までである。
 西洋占星術では、穀雨を金牛宮(おうし座)の始まりとする。

■ 聖金曜日(年により日付が異なる)

 4月22日が復活祭で、その直前の金曜日を「聖金曜日(Good Friday)」といいます。今日がそれに当たり、3日後にイエスは復活します。「受難日」、「受苦日」などとも呼ばれ、正教会では「聖大金曜日」と呼ばれるそうです。

 イエスの受難と死は自ら選んで行ったことなのでその三日後にあたる日曜日に復活したことを「死の克服」とみなしているようです。

 このためにキリスト教国ではお休みになるところが多く、例えばアメリカでは株式、債券、商品市場なども休場となります。

■ 郵政記念日、郵便週間

 今日4月20日は「郵政記念日(ゆうせいきねんび)」です。1871年4月20日(明治4年3月1日)にそれまで使われていた飛脚制度を廃して、西欧式の郵便制度を取り入れました。

 前島密が(1835年1月7日~1919年4月27日)は、日本の郵便制度を作り上げました。

【Wikipedia】 前島密(まえじまひそか)
 天保6年1月7日(1835年2月4日) - 大正8年(1919年)4月27日)は、日本の官僚、政治家。日本の近代郵便制度の創設者の一人で1円切手の肖像で知られる。「郵便」や「切手」、「葉書」という名称を定めた。その功績から「郵便制度の父」と呼ばれる。
 大久保利通らが当初進めていた大阪遷都に対し江戸遷都を建白した事でも知られる。教育の普及のため、漢字を廃止し平仮名を国字とすることを主張した漢字廃止論者。


■ その他
◇ おいらん道中
◇ 壬生念仏
◇ 栄西禅師降誕会

  


Posted by 経営士 at 11:45Comments(0)【今日は何の日】