2013年11月30日

■■【今日の写真 カシャリ!一人旅】 銀閣寺8 見落とせぬ

■■【今日の写真 カシャリ!一人旅】 京都 銀閣寺8 見落とせぬスポット






 旅・・・・・ 時間に追われる現実からの開放 
 
 スナップショットは、他の人の旅を疑似体験できます。 この写真を撮った人は、何を思って撮影したのだろうか?
 
 自分も行ってみたい・・・ 他の人に、そう思っていただける写真が撮れたら最高ですね。

 銀閣寺

http://www.shokoku-ji.jp/g_about.html
 銀閣寺は、正式名称を東山慈照寺といいます。金閣寺と同様に、相国寺の塔頭寺院の一つです。銀閣寺の名の由来は江戸時代、金閣寺に対し、銀閣寺と称せられることとなったといわれています。 

 室町幕府八代将軍の足利義政によって造営されたことはよく知られています。山荘東山殿を起原とし、。延徳2年(1490年)足利義政の菩提を弔うため、臨済宗の寺院となり義政の法号慈照院にちなんで慈照寺と名付けられました。 

 政治家としてはあまり評価は高くはない義政ですが、自らの美意識を投影し、東山文化の真髄としての簡素枯淡の美を映しだし、、隠棲のための一大山荘として作り上げました。
 義政存命中と変わらぬ姿をとどめるものは現在では銀閣と東求堂のみで、方丈や銀沙灘、向月台などの庭園が整備されたのは近世以降です。(相国寺派公式サイトを元に作成)


銀閣寺 見落とせぬスポット
どうしても建物や池などに目が奪われがちで見落としてしまうスポットもあります。その一つが、お茶の井ではないでしょうか。
錦鏡池から月待山に向かい途中に義政公が茶会のための水をとったというお茶の井があります。その途中、何の変哲もないような景色がシャッターを切らせてくれました。
お茶の井当時も、この程度の水量なのだったのでしょうか。月待山からのわき水がサラサラと流れていました。
銀閣寺で数少ない竹林への小道 その先でお茶を振る舞ってくれていました。
銀閣というおせんべいと銀沙灘という干菓子がついたお茶は 一服の価値があります。

 毎日複数本発信 

今日のブログ
今日は何の日
今日の出来事
今日の独断解説
必見経営情報
  


2013年11月30日

■■【経営コンサルタント起業日記】11月第5週 アイソン彗星

■■【経営コンサルタント竹根の起業日記】11月第5週 アイソン彗星崩壊


 
 【小説・経営コンサルタント竹根の起業日記】は、10年のサラリーマン生活をしてきた竹根好助35歳の経営コンサルタントとしての独立起業日記です。
 これから経営コンサルタントとして独立起業しようと考えている人の参考となることを願い、経営コンサルタントとしての実践を経験的に語るつもりです。

 経営コンサルタント起業日記を読むポイント

 日記の主であります私(竹根)は、35歳の商社マンです。産業機械部第一課課長、2013年4月1日に経営コンサルタントという職業に関心を持ちました。
 最近、部長とぶつかることが多い竹根である。商社の限界を感じたり、経営コンサルティング業による社会貢献のすばらしさがわかってきたり、ついにはヘッドハンターからコンタクトがあったりと揺れ動く竹根。サラリーマンを辞めるのでしょうか、それとも、別な道があるのでしょうか。
 迷った挙げ句、部長に退職願を提出した。

 毎日20時30分頃発信しています。ただし、一部は翌朝の発行となることもあります。

【注】
 ここに記載されていることは実在の企業とは何ら関係ありません。

  【あらすじ】 【登場人物】 【作者紹介】 ←クリック

◇ アイソン彗星崩壊

 今年最後の大きな天体ショウ-として期待されていた、アイソン彗星が崩壊してしまった。残念ながら、崩壊前の彗星を見る機会がなかった。

 十二月の三日~五日にかけて残骸を見ることができそうだという報道がある。

◇ 今村紫紅展

 横浜に三渓園という庭園がある。かねてより言ってみたいと願っていたが、行く機会がなかった。

 私の父は戦死したが、生前日本画を嗜み、多くはないがその遺作を持っている。たまたま、親しい知人に紫紅展があると聞いて、このような機会を逸すると生涯訪れることがないかもしれないと一大決心をし、行くことにした。
 十年の商社マン生活から、職場も、仕事の内容も大きく変わったコンサルティング・ファーム勤務となり、気分転換となった。

【Wikipedia】を基に、本人要約

 今村 紫紅(いまむら しこう、 明治13年(1880年)12月16日 - 大正5年(1916年)2月28日)は、神奈川県横浜市出身の日本画家。本名は寿三郎。35歳(数え年だと37歳)で夭折したが、大胆で独創的な作品は画壇に新鮮な刺激を与え、後進の画家に大きな影響を与えた。

 明治30年(1897年)、長兄保之助(号・興宗)の勧めで、兄と共に松本楓湖に師事、特に兄の厳しい指導のもと大和絵の粉本の模写に明け暮れる。

 明治40年(1907年)春に訪れた茨城県五浦の日本美術院研究所では、靫彦とともに岡倉天心の指導を受け菱田春草や横山大観らの制作姿勢に大きな刺激を受けた。紫江が五浦に着いた晩、天心に「君は古人では誰が好きですか」と訊ねられると、即座に「宗達です」と答え、天心に認められる切っ掛けとなった。同年、第一回文展に出品した「秋風五丈原」は落選となるも本人は気にせず、上野公園で文展審査員の荒木十畝の後ろを歩きながら、「十畝の絵はありゃなんだ。全然出来てないではないか」と、本人に聞こえるのも平気で声高に言い放ったという。

 明治44年(1911年)から原三渓の援助を受け、原邸で毎月、三渓の収集した日本や中国の古美術鑑賞を行い、明清画や富岡鉄斎を研究する。この作品で大和絵の伝統を継ぎながらも、南画研究による柔らかな筆致と、当時紹介された後期印象派的な点描と色彩の対比を融合させ、紫紅独自の様式を確立する。

 大正3年(1914年)単身インド に渡航して、帰国後経営者同人として参加した第1回日本美術院の再興院展出品作「熱国之巻」(東京国立博物館蔵)は、紫紅芸術の頂点を示す作品である。

 紫江は常々「日本画がこんなに固まってしまったんでは仕方ありゃあしない。とにかく破壊するんだ。出来上がってしまったものは、どうしても一度打ち壊さなくちゃ駄目だ。そうすると誰かが又建設するだろう。僕は壊すから君達、建設してくれ給え。」「徳川以降の絵はひどく堕落している。

 紫江の人柄について、靫彦は「君は極めて意志の強い人であった。実によい頭脳をもって居た人であった。あの燃える様な感情を持って居ながら、一方に常に緻密な頭脳で平静な判断や内省を行って居た。」といい、速水御舟は「氏は敵とも未方ともならないやうな人は嫌いであった。又なかなか情に厚い人で、且つ道徳的の人であった」と記している。

【 注】 日記から週記へ

 2013年11月24日から、日記ではなく「週記」になりました。週のうちに数回新規記事をアップロードします。また、逐次部分改訂をしますので、引き続き毎日ご覧下さると幸いです。


 前号の【経営コンサルタント竹根の起業日記】 ←クリック
  【 注】 切り替えタイミングによって、前号掲載がないことがあります。


  ■■「経営コンサルタントへの道」  ←クリック



経営コンサルタントを目指す人の60%が訪問するページ
  


2013年11月30日

■■【経営情報・セミナー案内】公的機関主催 近畿地方 他

■■【経営情報・セミナー案内】公的機関主催 近畿地方 他

icon30
 経営コンサルタント歴35年の経験から、

  ◇ 経営者・管理職の皆様
  ◇ 経営コンサルタントを目指す人
  ◇ プロの経営コンサルタント

の皆様に、時宜に即した情報を毎日お届けしています。

 【経営情報・セミナー案内】号は、e-中小企業ネットマガジンの転載ルールに基づき、公的機関主催のセミナーや各種情報をお届けしています。


icon22
【今日のブログ】 ←クリック

 本日お届けした、その他の記事が掲載されています。

 
経営情報セミナー案内


 
   北海道・東北 関東・首都圏 中部 中国・四国 九州

 ◆「インバウンド(訪日外国人集客)WEBプロモーション塾」を開催します

豊中商工会議所では、日本情報のポータルサイト「ジャパンガイド」の運営ノウハウを持つエクスポート・ジャパン(株)を講師に迎え、これから増加する外国人客をインターネットで集客するコツを学ぶ実践塾を開催します。

[日 時]12月2日(月)、9日(月) 両日とも13:30~16:30
[場 所]豊中商工会議所(大阪府豊中市)
[参加費]3,000円(ただし、会員は1,000円)(2日間の金額)
[定 員]12名 ※会員:豊中・箕面・池田の各商工会議所が対象
https://www.kinki.cci.or.jp/kentei/apply.php?seq=3898

◆「New湖西テクノフェア2013~進撃~」を開催します。

湖西市商工会では、中小企業の持つ「技術力」「設備力」「ノウハウ」などを多くの企業にアピールし、販路拡大、受注確保、業務提携はもちろん、産学連携あるいは新技術・新製品開発、新たな市場の創造、新たな産業の創出を目指し、ビジネスマッチングフェアを開催します。

[日 時]12月3日(火)10:00~16:00
[場 所]湖西市アメニティプラザ サブアリーナ(静岡県湖西市)
[参加費]無料 [出展企業]約40社(製造業中心)
http://fightspecialist.hamazo.tv/e4884994.html

◆「流通事業者向け製品安全セミナー」を開催します

経済産業省では、製品安全確保に向けて流通事業者に期待される役割などについて解説するとともに、事業者における好取組事例を紹介するセミナーを開催します。本セミナーでは、製品事故・リコールによる企業の負担は大きいことから、事故の未然防止を図ることが非常に重要です。この機会に是非多くの方々のご参加をお待ちしています。

<大阪会場>
[日 程]12月3日(火) 13:30~17:00
[場 所]三井住友海上火災保険(株) 大阪淀屋橋ビル(大阪市中央区)
[参加費]無料 [定 員]240名(先着順)

詳しくは、以下サイトをご覧下さい。
http://www.meti.go.jp/product_safety/consumer/pdf/ryutsuguideseminar.pdf

◆ミャンマー国に関する防災セミナーを開催します

ジェトロでは、ミャンマー国の気象概況、過去の気象災害及び自然災害リス
クと防災・減災対策の可能性にご紹介するセミナーを開催します。
 元ジェトロヤンゴン事務所所長による最新の政治・経済状況の講演もござい
ます。

[日 時]12月3日(火)14:00~17:20、※名刺交換会17:30~19:00
[場 所]RESTEC REIT虎の門ビル(東京都港区)
[参加費]無料

http://www.jwa.or.jp/content/view/full/5295/

お勧めセミナー

■東京:初級財務研修 ―――■

 初級財務研修 第8回
 決算書分析演習
 
 【講師】 経営士・税理士  谷澤 佳彦 氏(日本経営士協会 理事)
      http://www.jmca.or.jp/meibo/pd/1065.htm?s

■内 容:決算書分析演習<1>
     (受講される方々の希望により変更することもあります)

■対 象:日本経営士協会会員(入会申請中の方を含みます)
     財務の基礎を理解する意欲ある人

■日 時:平成25年12月4日(水) 19:00~20:45

■会 場:日本経営士協会事務所
     東京都文京区後楽2-3-10 白王ビル4F
     http://www.jmca.or.jp/pdf/JMCA_Map.pdf

■受講料:当日会場にてお支払い下さい
     日本経営士協会会員          2,000円/回
     (但し、知修塾または経営士塾塾員は) 1,000円/回
     非日本経営士協会会員         5,000円/回


■問合せ:日本経営士協会 事務局
>> http://www.jmca.or.jp/toiawase/

●詳細情報・受講申込み
>> http://info.jmca.or.jp/seminar/301/detail/zai_s20131204.htm


■大阪:関西支部 年末公開講演会 ―――■

 成功している企業を解体する
 ~ 何処が違うかを追求し、手法を習得する ~

 【講師】 経営士  今井 信行 氏(日本経営士協会 理事長)
      経営士  藤原 久子 氏(日本経営士協会 専務理事)


■概 要

 中小企業には、まだアベノミクス効果が充分に波及してきていませんが、そのような中でも成功している企業、元気な会社があります。成功している企業とそうでない会社ではどこが違うのか、元気な会社になる為にはどうしたらよいのでしょうか、事例を紹介しながらのケーススタディで成功する経営のポイントを紐解いていきます。

 また、会社を元気にするには、何を、どうのようにしたら良いのか、経営コンサルタント歴40年近いプロの経営コンサルタントが、実際に使っている方法をご紹介いたします。

 ケース紹介では、実際に経営している社長さんにご登場願い、生の声で紹介します。企業の経営者・管理職は基より経営コンサルタントや税理士をはじめとする士業の先生がたにも、単なる理論的なお話だけでなく、クライアントを元気にする具体的なノウハウ的手法を学びとって頂きます。

■日 時:平成25年12月7日(土) 13:30~15:30

■会 場:大阪府社会福祉会館(4F) 406号室
     大阪市中央区谷町7丁目4-15(谷町7丁目交差点西入る)

■受講料:無料

■締切り:平成25年12月4日(木) 必着

■問合せ:日本経営士協会 関西支部
>> http://www.jmca-kansai.net/toiawase/inquiry.html

●詳細情報・受講申込み
>> http://www.jmca-kansai.net/seminar/sem131207.htm



■ e-Learning ロジカル・シンキング  ――■

 ネットにて開催いたしますので、皆様のご都合に合わせて、いつでも、どこでも受講できます。

◆ 開催要項

・開催時期: 開講中(いつでも受講可能)
・受講要件: ブロードバンドによるインターネット利用環境のある人
受 講 料: 無料
・監  修:今井信行氏
      日本経営士協会 理事長
      http://www.jmca.or.jp/meibo/pd/0017.htm

◆ 概要

「論理的とは何か」の基本から、ロジカル・シンキングの習得法やその基本的知識を学び、各種ツールの使い方で実務への利用法を体得できます。「1.ロジカル・シンキングとは」「2.基本手法とツール」「3.ピラミッドストラクチャー」「4.ロジックツリー」「5.枠組み型ツールと流れ型ツール」など、ステップを踏んで学びます。e-Learningですので、自宅にいながら、自分の都合の良い時間帯に受講できます。わからない部分は繰り返し聴講することも可能で、ロジカル・シンキング基本習得に適しています。

◆ 受講説明

下記サイトにて、受講手順をご覧になり、お申し込み下さい。

http://www.glomaconj.com/elearning/jst-logicalthinking/logicathinkingjst.htm
※本講座は技術者向けに作成されていますが、経営コンサルタントを始め、いろいろな分野の方にも適しています

◆ 日本経営士協会会員の受講

・受講方法:上記サイトにて、概要を確認の上、お申し込み下さい。

 http://info.jmca.or.jp/seminar/301/detail/kiso8-con_logicalthink.htm

・日本経営士協会会員の受講特典

受講後、受講報告及びレポート審査により、合格者には単位を認定します。

【 注 】当該e-Learningの内容や利用法は、日本経営士協会では関知いたしません。


■■【経営コンサルタントのセミナー】 日本経営士協会主催

給食のオバサンだった私が下北沢で自分の店を持ちつつ
デザイナーで社長をやれている理由

12月21日 (土)
 日本経営士協会 横浜経営支援センター
 企業家物語 ■ 給食のオバサンだった私が下北沢で自分の店を持ちつつ デザイナーで社長をやれている理由
コヤナギユウ横浜
12月18日
(水)
 日本経営士協会 首都圏支部 中小企業経営革新塾
 協賛:公益財団法人 大田区産業振興協会 会場:大田区産業プラザPIO ■ 5Sから学ぶ「手段志向」が企業を変える ~「5S」の徹底が社員の思考・共有意識を変える ~
経営士  榎本 昭雄 氏東京
12月12日
(木)
 「知修塾」 ~ 知修塾で”共育”し、表現力をつけよう ~
  今月のテーマ「チームマネジメント」チームの課題を把握する経営士補  戸板 武志 氏 経営士補  原田 純 氏
コーディネーター  酒井 闊 氏(日本経営士協会 経営士)東京
12月7日
(土)
 日本経営士協会関西支部 年末公開講演会
 ■ 成功している企業を解体する ~ 何処が違うかを追求し、手法を習得する ~
経営士  今井 信行 氏(日本経営士協会 理事長) 経営士  藤原 久子 氏(日本経営士協会 専務理事)大阪
12月4日
(水)
 日本経営士協会 初級財務研修
  第7回 初級財務研修 決算書分析演習<1>
経営士・税理士  谷澤 佳彦 氏(日本経営士協会 理事)東京

◆ 公的機関(e-中小企業ネットマガジン)からの情報を、掲載条件に基づいてお届けしています。

  北海道・東北 関東・首都圏 中部 近畿 中国・四国 九州

 毎日複数本発信 

今日のブログ
今日は何の日
今日の出来事
今日の独断解説
必見経営情報
  


2013年11月30日

■■【一口情報】 ニューヨーク万博

■■【一口情報】 ニューヨーク万博

 1939年4月30日から、ニューヨーク万国博覧会(New York World'sfair New York Expo 1939)が開催されました。

 会場となったメドウズ・パークは、ニューヨーク市の東の端にあるフラッシング地区にあります。

 私が、ニューヨークに赴任したのが1970年の12月ですので、万博を見ることはなかったどころか、私自身が生まれてもいませんでした。

 フラッシング地区というのは、私が滞在していたころは、日本人の居住者の多い地域でした。・・・・・MORE ←クリック

  


Posted by 経営士 at 16:28Comments(0)一口情報

2013年11月30日

■■【今日の写真 カシャリ!一人旅】 京都 銀閣寺7 庭園

■■【今日の写真 カシャリ!一人旅】 京都 銀閣寺7 庭園






 旅・・・・・ 時間に追われる現実からの開放 
 
 スナップショットは、他の人の旅を疑似体験できます。 この写真を撮った人は、何を思って撮影したのだろうか?
 
 自分も行ってみたい・・・ 他の人に、そう思っていただける写真が撮れたら最高ですね。

 銀閣寺

http://www.shokoku-ji.jp/g_about.html
 銀閣寺は、正式名称を東山慈照寺といいます。金閣寺と同様に、相国寺の塔頭寺院の一つです。銀閣寺の名の由来は江戸時代、金閣寺に対し、銀閣寺と称せられることとなったといわれています。 

 室町幕府八代将軍の足利義政によって造営されたことはよく知られています。山荘東山殿を起原とし、。延徳2年(1490年)足利義政の菩提を弔うため、臨済宗の寺院となり義政の法号慈照院にちなんで慈照寺と名付けられました。 

 政治家としてはあまり評価は高くはない義政ですが、自らの美意識を投影し、東山文化の真髄としての簡素枯淡の美を映しだし、、隠棲のための一大山荘として作り上げました。
 義政存命中と変わらぬ姿をとどめるものは現在では銀閣と東求堂のみで、方丈や銀沙灘、向月台などの庭園が整備されたのは近世以降です。(相国寺派公式サイトを元に作成)


銀閣寺 庭園
 夢窓国師の作庭による西芳寺(苔寺)に倣った庭園は、地泉回遊式庭園で、ここがその発祥の地と言われています。「四方正面の庭」すなわちどの角度からも観賞できる構成で何処を見ても絵になります。
西芳寺をもしただけあり 苔は何処も綺麗です。
紅葉にはしばし早めでしたが、 モミジは処々にあります。
池だけではなく、庭石が処々に配されて、 苔庭にアクセントを付けています。
水の豊かな錦鏡池からのせせらぎに質素の石橋が架かっていました。 竹の手すりが風情を高めています。
お茶の井から月待山に向かう途中奥深まったところに弁財天の祠(ほこら)がありました。
変わった形で苔が迎えてくれました。
樹齢500年という「千代の槇」という松が、銀閣寺の歴史を裏付けてくれています。
樹齢500年という千代の槇は錦鏡池と洗月泉との間に、堂々と立っていました。

 毎日複数本発信 

今日のブログ
今日は何の日
今日の出来事
今日の独断解説
必見経営情報
  


Posted by 経営士 at 09:39Comments(0)■経営特訓教室

2013年11月30日

■■【経営情報・セミナー案内】公的機関主催 中国・四国 他

■■【経営情報・セミナー案内】公的機関主催 中国・四国 他

icon30
 経営コンサルタント歴35年の経験から、

  ◇ 経営者・管理職の皆様
  ◇ 経営コンサルタントを目指す人
  ◇ プロの経営コンサルタント

の皆様に、時宜に即した情報を毎日お届けしています。

 【経営情報・セミナー案内】号は、e-中小企業ネットマガジンの転載ルールに基づき、公的機関主催のセミナーや各種情報をお届けしています。


icon22
【今日のブログ】 ←クリック

 本日お届けした、その他の記事が掲載されています。

 
経営情報セミナー案内


中国・四国
     北海道・東北 関東・首都圏 中部 近畿 九州

■ 中国地域 ■

◆山口大学公開講座「実用講座 真空技術の基礎と応用」を開催します

山口大学では、真空技術に関する製品の開発・製造現場の中核人材育成を目的として、産業人向けの公開講座「実用講座 真空技術の基礎と応用」を開講しています。本講座は、真空の基礎から応用までを体系的かつ実践的に学べる内容となっており、今後開講する講座受講生の募集を行っています。

 http://www.vacuum.eng.yamaguchi-u.ac.jp/

◆「『孫子』に学ぶ管理会計活用術」を開催します
~守りの簿記・決算書から攻めの管理会計活用へ~

(公財)広島市産業振興センターでは、中小企業者のための会計セミナーを開催します。不況が続いた間、「数字管理」を強めた会社が増えており、中には厳しい予算管理のため会社の「勢い」が失われている例もあるようです。当セミナーでは儲けを増やし、組織の勢いを増すような正しい数字管理の方法について学びます。簿記会計の予備知識は必要ありません。「数字を楽しく」学びたい方の参加をお待ちしています。

[日 時]12月4日(水)13:30~17:30
[場 所]広島市まちづくり市民交流プラザ(広島市中区)
[参加費]2,000円/人  [定 員]40名(先着順)
http://www.assist.ipc.city.hiroshima.jp/seminar/shousai.cgi?no=11

◆中小企業向け研修「経営管理者養成コース」の参加者を募集しています

 中小企業大学校広島校では、事例研究やグループ討議などの演習を交えながら経営戦略の構築・実践に必要な手法などを学び、自社の課題を解決できる総合的な経営管理能力を習得を目指す「経営管理者養成コース」の受講者を募集しています。

<経営管理者養成コース>
[日 程]平成25年7月2日(火)~平成26年1月24日(金)【各月4日間×7回】
[参加費]285,000円(税・教材費込) [定 員]20名
 http://www.smrj.go.jp/inst/hiroshima/list/shosai2013/073864.html

 

■ 四国地域 ■

◆未来の企業応援セミナー&経営よろず相談会in四国を開催します

全国地方新聞社連合会では中小企業・小規模事業者支援政策説明、地域経済の活性化をテーマとした講演やパネルディスカッション、本年10月に本格版として運用を開始した中小企業・小規模事業者の未来をサポートするサイト「ミラサポ」の活用方法や今後の展望の紹介、専門家による経営よろず相談会を開催しますので、是非ご参加下さい。

[日 時]
12月2日(月)13:30~16:45
     (相談会は、11:00~12:30、13:00~14:30、15:00~16:30)
[場 所]高松シンボルタワー棟6階 かがわ国際会議場(香川県高松市)
[参加費]無料  [定 員]180名(ただし相談会は、各回6名)
[申込締切]11月28日(木)(ただし相談会は、11月25日(月))
http://www.chihoushi.com/mira-semi2013/

◆「安全保障貿易管理説明会」を開催します

近年、大量破壊兵器の拡散やテロの頻発が世界情勢を不安定化させ、各国の経済発展にも大きな影響を及ぼしかねない状態にあります。仮に民生用途であっても、兵器などへの転用が可能である貨物を海外に輸出する際には、外為法等に基づき、経済産業大臣の許可を受けることが必要になります。四国経済産業局では、安全保障貿易管理の重要性や自主的な輸出管理体制整備のポイントなどについて幅広く御理解いただくため、基本的な重要事項を中心にご紹介する説明会を開催しますので、輸出関連業務、海外展開をご検討の中小企業の皆様は是非ご参加下さい。

[日 時]12月9日(月) 14:00~16:30
[場 所]アイテムえひめ (愛媛県松山市)
[参加費]無料  [定 員]80名(先着順)
[申込締め切り]
12月2日(月)まで
http://www.shikoku.meti.go.jp/soshiki/skh_b2/kokusai/3_event/131021/131021.html

◆「下請取引適正化推進シンポジウム・セミナー2013」を開催します

中小企業庁では、消費税転嫁と企業間取引の適正化をテーマとした、下請取引適正化推進シンポジウム・セミナーを全国8ヶ所で開催致します。参加者を募集していますので、是非ご参加ください。

[セミナー]松山会場
12月 6日(金)

 ※参加費は、いずれの会場も無料   
 ※定員に達した場合は募集を締め切らせていただきますのでご了承下さい。

詳しくは、以下サイトをご覧下さい。
http://www.shitauke-tekiseika.jp

◆課題即応型ミニセミナーを開催します

中小機構四国本部では、「事業承継と相続対策」をはじめとする課題即応型ミニセミナーを開催します。毎回テーマに即した課題即応型・実践的な内容です。質疑応答を交えながらのリラックスした雰囲気で進行します、お気軽にご参加下さい。

[日時・テーマ]

 12月12日(木)10:00~11:00
 「マーケティング、売れる仕組み作り part1」
  ~9つの質問フレームワークの活用法~ /山本 久美 氏(中小企業診断士) 
http://www.smrj.go.jp/shikoku/seminar/keiei/082075.html

  1月 9日(木)10:00~11:00
 マーケティング、売れる仕組み作り part2」
~ 戦略ベーシックの活用法 ~  / 山本 久美 氏(中小企業診断士)
http://www.smrj.go.jp/shikoku/seminar/keiei/082077.html

[場 所]いずれも松山商工会議所(愛媛県松山市)
[参加費]いずれも無料  [定 員] いずれも10名程度(各回・先着順)

お勧めセミナー

■東京:初級財務研修 ―――■

 初級財務研修 第8回
 決算書分析演習
 
 【講師】 経営士・税理士  谷澤 佳彦 氏(日本経営士協会 理事)
      http://www.jmca.or.jp/meibo/pd/1065.htm?s

■内 容:決算書分析演習<1>
     (受講される方々の希望により変更することもあります)

■対 象:日本経営士協会会員(入会申請中の方を含みます)
     財務の基礎を理解する意欲ある人

■日 時:平成25年12月4日(水) 19:00~20:45

■会 場:日本経営士協会事務所
     東京都文京区後楽2-3-10 白王ビル4F
     http://www.jmca.or.jp/pdf/JMCA_Map.pdf

■受講料:当日会場にてお支払い下さい
     日本経営士協会会員          2,000円/回
     (但し、知修塾または経営士塾塾員は) 1,000円/回
     非日本経営士協会会員         5,000円/回


■問合せ:日本経営士協会 事務局
>> http://www.jmca.or.jp/toiawase/

●詳細情報・受講申込み
>> http://info.jmca.or.jp/seminar/301/detail/zai_s20131204.htm


■大阪:関西支部 年末公開講演会 ―――■

 成功している企業を解体する
 ~ 何処が違うかを追求し、手法を習得する ~

 【講師】 経営士  今井 信行 氏(日本経営士協会 理事長)
      経営士  藤原 久子 氏(日本経営士協会 専務理事)


■概 要

 中小企業には、まだアベノミクス効果が充分に波及してきていませんが、そのような中でも成功している企業、元気な会社があります。成功している企業とそうでない会社ではどこが違うのか、元気な会社になる為にはどうしたらよいのでしょうか、事例を紹介しながらのケーススタディで成功する経営のポイントを紐解いていきます。

 また、会社を元気にするには、何を、どうのようにしたら良いのか、経営コンサルタント歴40年近いプロの経営コンサルタントが、実際に使っている方法をご紹介いたします。

 ケース紹介では、実際に経営している社長さんにご登場願い、生の声で紹介します。企業の経営者・管理職は基より経営コンサルタントや税理士をはじめとする士業の先生がたにも、単なる理論的なお話だけでなく、クライアントを元気にする具体的なノウハウ的手法を学びとって頂きます。

■日 時:平成25年12月7日(土) 13:30~15:30

■会 場:大阪府社会福祉会館(4F) 406号室
     大阪市中央区谷町7丁目4-15(谷町7丁目交差点西入る)

■受講料:無料

■締切り:平成25年12月4日(木) 必着

■問合せ:日本経営士協会 関西支部
>> http://www.jmca-kansai.net/toiawase/inquiry.html

●詳細情報・受講申込み
>> http://www.jmca-kansai.net/seminar/sem131207.htm



■ e-Learning ロジカル・シンキング  ――■

 ネットにて開催いたしますので、皆様のご都合に合わせて、いつでも、どこでも受講できます。

◆ 開催要項

・開催時期: 開講中(いつでも受講可能)
・受講要件: ブロードバンドによるインターネット利用環境のある人
受 講 料: 無料
・監  修:今井信行氏
      日本経営士協会 理事長
      http://www.jmca.or.jp/meibo/pd/0017.htm

◆ 概要

「論理的とは何か」の基本から、ロジカル・シンキングの習得法やその基本的知識を学び、各種ツールの使い方で実務への利用法を体得できます。「1.ロジカル・シンキングとは」「2.基本手法とツール」「3.ピラミッドストラクチャー」「4.ロジックツリー」「5.枠組み型ツールと流れ型ツール」など、ステップを踏んで学びます。e-Learningですので、自宅にいながら、自分の都合の良い時間帯に受講できます。わからない部分は繰り返し聴講することも可能で、ロジカル・シンキング基本習得に適しています。

◆ 受講説明

下記サイトにて、受講手順をご覧になり、お申し込み下さい。

http://www.glomaconj.com/elearning/jst-logicalthinking/logicathinkingjst.htm
※本講座は技術者向けに作成されていますが、経営コンサルタントを始め、いろいろな分野の方にも適しています

◆ 日本経営士協会会員の受講

・受講方法:上記サイトにて、概要を確認の上、お申し込み下さい。

 http://info.jmca.or.jp/seminar/301/detail/kiso8-con_logicalthink.htm

・日本経営士協会会員の受講特典

受講後、受講報告及びレポート審査により、合格者には単位を認定します。

【 注 】当該e-Learningの内容や利用法は、日本経営士協会では関知いたしません。


■■【経営コンサルタントのセミナー】 日本経営士協会主催

給食のオバサンだった私が下北沢で自分の店を持ちつつ
デザイナーで社長をやれている理由

12月21日 (土)
 日本経営士協会 横浜経営支援センター
 企業家物語 ■ 給食のオバサンだった私が下北沢で自分の店を持ちつつ デザイナーで社長をやれている理由
コヤナギユウ横浜
12月18日
(水)
 日本経営士協会 首都圏支部 中小企業経営革新塾
 協賛:公益財団法人 大田区産業振興協会 会場:大田区産業プラザPIO ■ 5Sから学ぶ「手段志向」が企業を変える ~「5S」の徹底が社員の思考・共有意識を変える ~
経営士  榎本 昭雄 氏東京
12月12日
(木)
 「知修塾」 ~ 知修塾で”共育”し、表現力をつけよう ~
  今月のテーマ「チームマネジメント」チームの課題を把握する経営士補  戸板 武志 氏 経営士補  原田 純 氏
コーディネーター  酒井 闊 氏(日本経営士協会 経営士)東京
12月7日
(土)
 日本経営士協会関西支部 年末公開講演会
 ■ 成功している企業を解体する ~ 何処が違うかを追求し、手法を習得する ~
経営士  今井 信行 氏(日本経営士協会 理事長) 経営士  藤原 久子 氏(日本経営士協会 専務理事)大阪
12月4日
(水)
 日本経営士協会 初級財務研修
  第7回 初級財務研修 決算書分析演習<1>
経営士・税理士  谷澤 佳彦 氏(日本経営士協会 理事)東京

◆ 公的機関(e-中小企業ネットマガジン)からの情報を、掲載条件に基づいてお届けしています。

  北海道・東北 関東・首都圏 中部 近畿 中国・四国 九州

 毎日複数本発信 

今日のブログ
今日は何の日
今日の出来事
今日の独断解説
必見経営情報
  


Posted by 経営士 at 09:00Comments(0)■経営特訓教室

2013年11月30日

■■【経営マガジン】 11月30日号 経営とコンサルティング

■■【経営マガジン】 11月30日号 経営とコンサルティング


icon30
 経営コンサルタント歴35年の経験から、

  ◇ 経営者・管理職の皆様
  ◇ 経営コンサルタントを目指す人
  ◇ プロの経営コンサルタント

の皆様に、時宜に即した情報を、下記のテーマでお届けしています。

  ◇ 独善解説
  ◇ 今週の出来事
  ◇ 今日は何の日
  ◇ セミナー案内
  ◇ 経営情報

icon22
【今日のブログ】 ←クリック

 本日お届けした、その他の記事が掲載されています。

今 日 の 出 来 事  

【今週の注目】ポイントを掴むと見えるものが異なってくる 漠然とものを見るのではなく、今何がポイントなのかを押さえてみると、それまで見えなかったものが「視える」ようになります。  今週の動きを、NHKニュース、日経サイト他を参照して、独断と偏見で項目を選んでみました。また、最新記事を時系列的に掲載している【独り言】コーナーも併せてご覧下さると一層ヒントを得られやすくなります。

11月25日(月)日銀:黒田総裁がパリ・ファイナンシャル・フォーラムで講演民間:外食売上高、米倉経団連会長記者会見アメリカ:仮契約住宅販売指数パリ・ユーロプラス主催のファイナンシャル・フォーラムシンガポール:消費者物価指数(CPI)26日(火)日銀:金融政策決定会合議事要旨、企業向けサービス価格指数アメリカ:消費者信頼感指数、住宅着工件数、S&Pケース・シラー住宅価格指数シンガポール:鉱工業生産指数27日(水)アメリカ:景気先行指標総合指数、消費者態度指数確報値、耐久財受注額、シカゴ購買部協会景気指数ブラジル:中銀政策金利発表タイ:中銀金融政策決定会合28日(木)財務省:貿易統計経産省:商業販売統計速報民間:自動車各社生産・販売実績、建設機械出荷額アメリカ:感謝祭(祝日)ドイツ:失業率中国:工業企業利益フィリピン:国内総生産(GDP)29日(金)内閣府:地域経済動向経産省:鉱工業生産指数速報総務省:完全失業率、消費者物価指数(CPI)、家計調査厚労省:有効求人倍率国交省:住宅着工戸数民間:自動車生産・輸出実績ユーロ圏:消費者物価指数速報値(HICP)、失業率【Wikipedia】 CPI消費者物価指数(Consumer Price Index)は、消費者が実際に購入する段階での、商品の小売価格(物価)の変動を表す指数。
今 日 の 独 善 解 説   
【経営コンサルタントの独り言】   独断と偏見で、その日のNHK、日経などのニュースや話題などを、タイミング良く、できるだけ公平公正にお伝えしたいと思います。また、最後に私なりの私見も付けることがあります。読者の皆様からは「わかりやすい」をお褒めの言葉をいただいています。最新記事を時系列的に掲載しているまとめて【独り言】コーナーも併せてご覧下さると一層ヒントを得られやすくなります。
■ 日本の貿易赤字はどのくらいかご存知? 2013/11/29私が子供の頃は、日本は資源が乏しいけど、豊富な労働力があるから、海外から資源を輸入して、それを加工して輸出するという「加工貿易」が望ましいと社会科の時間に学びました。1970年に私はアメリカ駐在を命じられ、ニューヨークを拠点に全米を飛び回りました。いわゆる「企業戦士」で、「安かろう、悪かろう」とさげすまされながら、日本製品を海外に輸出をする先駈けをしてきました。やがて日本製品の優秀さが認められますと、為替レートが1ドル360円が208円に切り上げられ、それが為替レートの自由化でドンドンと円高に向かいました。当時から比べるとドルの価値は三分の一以下に減ってしまったと言うことです。それでもリーマンショックまでは、日本製品は海外に溢れるとまで言われるほど、輸出や海外進出でもてはやされ、貿易黒字は拡大するばかりでした。ところが、今や日本は12兆円の貿易赤字国となってしまいました。福島第一原発以来、原油や天然ガスの輸入額の増加、それに追い打ちを掛けるように円安となり、2年連続で過去最大の赤字を更新するにまで至っています。日本貿易会(JETRO)によりますと、2013年度の日本の輸出額は、円安が進んだため自動車や関連部品のほか、情報通信機器向けの半導体の輸出などが増え、前年度比で9.8%増える見通しです。一方、輸入額はそれを凌駕し、発電などに使う原油や天然ガスの輸入が円安の影響で拡大していることや、スマートフォンの輸入増加などで、前の年度に比べて14.1%増える見透しです。このため輸出から輸入を差し引いた貿易収支は12兆円の赤字になる計算です。円安傾向と世界経済の回復で今後は輸出の増加が続くと見られます。しかし日本企業の海外生産へのシフトは停まらず、円安でも予想通りには輸出は増えず、今後も貿易収支の赤字は続くと考えます。■ 技術のゆくえ 2013/11/27 NHKのクローズアップ現代という長寿番組は、キャスターの国谷裕子氏のお人柄にもよりますが、テーマの採り上げ方がすばらしい。 11月26日は、「ウェアラブル革命 ~“着るコンピューター”が働き方を変える~」というテーマでした。 メガネ型端末や通信機能が付いた腕時計という、SFぽい電子機器で、身につけることができるという意味で「ウェアラブル・コンピューター」と言います。2016年には1億台以上が普及すると予測されていると言いますので、時代の変化の早さを感じますね。 これらの機械は日常生活を便利にするだけではなく、私たちの働き方を根本から変える言われています。メガネ型端末をベテラン看護師に付けさせ、それを利用して派遣社員でもできるようになるというのですから驚きです。 社員証型の端末で社員の動きや会話をくまなく収集し、業務改善に使うという利用法も紹介されました。 一方で、スマホを身ながらの自転車や自動車運転も問題視されていますが、利用者のモラルの高揚が一層強く求められますね。【上記以前の最近の記事】 ←クリック
【今月の経営コンサルタントの独善解説】 ←クリック【総集編】 直近の情報を集約しました。◇ 2013年 10月の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック◇ 2013年 9月下旬の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック◇ 2013年 9月中旬の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック◇ 2013年 9月上旬の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック◇ 2013年 8月下旬の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック◇ 2013年 8月中旬の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック◇ 2013年 8月上旬の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック
 今 日 は 何 の 日
 
季節の移ろいを見せる毎日ですが、毎日が変化の日です。今日は何なのかを起点に、経営の視点で物事を見て、徒然に自分の思いを記述した、エッセーとは異なる文章にまとめてみました
 今日は何の日 総合インデックス日付を指定して【今日は何の日】を閲覧できます

 オートフォーカスカメラの日 2013/11/30

 今日、カメラ機能がない携帯電話機を持っている人を探すのは困難なくらいにカメラは持ち歩かれています。

 先日、小石川後楽園を散歩していて、年配の方が立派な望遠レンズを付けたカメラを持って盛んにシャッターを切っていました。

 素人がピントの合った写真・・・・・
 <続き> ←クリック

11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  先月   来月
 経 営 情 報 ・ セ ミ ナ | 案 内
◆ 公的機関(e-中小企業ネットマガジン)からの情報を、掲載条件に基づいてお届けしています。

◆「ものづくり小規模事業者等人材育成事業」に係る第3回技術継承支援者を決定しました

 「ものづくり小規模事業者等人材育成事業」に係る技術継承支援者について、第3回公募を行なったところ、34名の応募がありました。

 このたび、応募のありました提案について、外部有識者による審査委員会での審査を経て、技術継承支援者を決定しました。

 なお、当該支援者が実施する講習等をものづくり小規模事業者等が受講する際の費用の一部を支援する公募(第3回)を近日中に開始します。

詳しくは、以下のサイトをご覧下さい。
http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/sapoin/2013/131126jinzaiKoubo.htm

◆産業競争力強化法案に地域における創業支援体制の整備に関する支援策を盛り込みました

平成25年10月15日に産業競争力強化法案が閣議決定されました。この法律の中で、地域における創業を促進するため、市区町村が中心となり民間事業者等と連携し、創業者に身近な場所に支援体制を整備する取り組みを支援することとしています。また、支援を受けた創業者については、金融支援、税制優遇措置を講じる予定としております。(この法案は現在国会審議中ですが、成立後は3月以内に施行されることとなります。)

詳しくは、以下サイトをご覧下さい。
http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/chiiki/2013/1122gaiyo.htm

◆下請取引の適正化等について要請しました

我が国の景気は、緩やかに回復しつつあるものの、海外景気の下振れ等が、引き続き 我が国の景気を下押しするリスクとなっており、下請事業者をはじめとした中小企業・小規模事業者の多くが依然として厳しい対応を迫られています。こうした経済情勢を踏まえ、経済産業省では、親事業者(約20万社)等に対し下請取引の適正化等について要請しました。具体的には、下請代金支払遅延等防止法の遵守、金融繁忙期の下請事業者の資金繰りへの配慮、下請事業者の適切な利益の確保、原材料価格等の上昇への配慮、消費税の円滑かつ適正な転嫁の確保などを要請しています。

詳しくは、以下サイトをご覧下さい。
http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/torihiki/2013/131122shitauke.htm



■大阪:関西支部 年末公開講演会 ―――■

 成功している企業を解体する
 ~ 何処が違うかを追求し、手法を習得する ~

 【講師】 経営士  今井 信行 氏(日本経営士協会 理事長)
      経営士  藤原 久子 氏(日本経営士協会 専務理事)




■概 要

 中小企業には、まだアベノミクス効果が充分に波及してきていませんが、そのような中でも成功している企業、元気な会社があります。成功している企業とそうでない会社ではどこが違うのか、元気な会社になる為にはどうしたらよいのでしょうか、事例を紹介しながらのケーススタディで成功する経営のポイントを紐解いていきます。

 また、会社を元気にするには、何を、どうのようにしたら良いのか、経営コンサルタント歴40年近いプロの経営コンサルタントが、実際に使っている方法をご紹介いたします。

 ケース紹介では、実際に経営している社長さんにご登場願い、生の声で紹介します。企業の経営者・管理職は基より経営コンサルタントや税理士をはじめとする士業の先生がたにも、単なる理論的なお話だけでなく、クライアントを元気にする具体的なノウハウ的手法を学びとって頂きます。

■日 時:平成25年
12月7日(土) 13:30~15:30

■会 場:大阪府社会福祉会館(4F) 406号室
     大阪市中央区谷町7丁目4-15(谷町7丁目交差点西入る)

■受講料:無料

■締切り:平成25年12月4日(木) 必着

■問合せ:日本経営士協会 関西支部
>> http://www.jmca-kansai.net/toiawase/inquiry.html

●詳細情報・受講申込み
>> http://www.jmca-kansai.net/seminar/sem131207.htm

 毎日複数本発信 

今日のブログ
今日は何の日
今日の出来事
今日の独断解説
必見経営情報
╡  


2013年11月30日

■■【経営コンサルタント起業日記】11月5週 元手なしの開業

■■【経営コンサルタント竹根の起業日記】11月第5週 元手なしでの開業


 
 【小説・経営コンサルタント竹根の起業日記】は、10年のサラリーマン生活をしてきた竹根好助35歳の経営コンサルタントとしての独立起業日記です。
 これから経営コンサルタントとして独立起業しようと考えている人の参考となることを願い、経営コンサルタントとしての実践を経験的に語るつもりです。

 経営コンサルタント起業日記を読むポイント

 日記の主であります私(竹根)は、35歳の商社マンです。産業機械部第一課課長、2013年4月1日に経営コンサルタントという職業に関心を持ちました。
 最近、部長とぶつかることが多い竹根である。商社の限界を感じたり、経営コンサルティング業による社会貢献のすばらしさがわかってきたり、ついにはヘッドハンターからコンタクトがあったりと揺れ動く竹根。サラリーマンを辞めるのでしょうか、それとも、別な道があるのでしょうか。
 迷った挙げ句、部長に退職願を提出した。

 毎日20時30分頃発信しています。ただし、一部は翌朝の発行となることもあります。

【注 】
 ここに記載されていることは実在の企業とは何ら関係ありません。

  【あらすじ】 【登場人物】 【作者紹介】 ←クリック

 元手なしでの開業

 週末のチュータリングサービス・メールは、「自分の棚卸し」を資金面でするようにと言うないようであった。

  自己棚卸し「資金面」
  http://www.glomaconj.com/keieisha/kigyo/kigyo.htm#1-2-3

 「経営コンサルタントというのは、元手なしでも開業できる」というように聞いていたが、経営コンサルティング業の厳しさを教えられたい日々であった。

 「経営コンサルタントとは、知識や知恵を売る商売」と思っていたので、当然、体一つがあれば良いと思っていた。ところが、経営コンサルタント業を開業したからといって、直ぐにクライアントがつくわけではないので、少なくても三年間無収入であっても生活ができる資金を確保してから、独立起業すべしということを知った。

 私の場合には、退職金が思っていた金額より少なかったが、それなりの金額なので、切り詰めれば三年以上無収入でもなんとかやって行けそうである。それに、独立起業するわけではないので、給与は少ないながらも入ってくる。

【 注 】 日記から週記へ

 2013年11月24日から、日記ではなく「週記」になりました。週のうちに数回新規記事をアップロードします。また、逐次部分改訂をしますので、引き続き毎日ご覧下さると幸いです。


 前号の【経営コンサルタント竹根の起業日記】 ←クリック
  【 注 】 切り替えタイミングによって、前号掲載がないことがあります。


  ■■「経営コンサルタントへの道」  ←クリック



経営コンサルタントを目指す人の60%が訪問するページ
  


2013年11月30日

■■【今日は何の日】オートフォーカスカメラの日 11月30日

■■【今日は何の日】 オートフォーカスカメラの日 11月30日

icon30
 経営コンサルタント歴35年の経験から、

  ◇ 経営者・管理職の皆様
  ◇ 経営コンサルタントを目指す人
  ◇ プロの経営コンサルタント

の皆様に、時宜に即した情報を毎日お届けしています。

icon22
【今日のブログ】 ←クリック

 本日お届けした、その他の記事が掲載されています。

今日は何の日

 一年365日、毎日が何かの日です。
 季節を表す日もあります。地方地方の伝統的な行事やお祭りなどもあります。誰かの誕生日かも知れません。歴史上の出来事もあります。セミナーや展示会もあります。
 これらをキーワードとして、私たちは自分の人生に、自分の仕事に、自分自身を磨くために何かを考えてみるのも良いのではないでしょうか。
 独断と偏見で、エッセー風に徒然のままに書いてみました。皆様のご参考にと毎日続けていこうと・・・というよりも、自分自身のために書いてゆきます。
 詳細 ←クリック

今日は何の日インデックス

】  日付を指定して【今日は何の日】を閲覧できます
今月の今日は何の日】     【今日は何の日】の今月分を月単位で閲覧できます


■■オートフォーカスカメラの日 【今日は何の日】 11月30日

■ オートフォーカスカメラの日 今日、カメラ機能がない携帯電話機を持っている人を探すのは困難なくらいにカメラは持ち歩かれています。 先日、小石川後楽園を散歩していて、年配の方が立派な望遠レンズを付けたカメラを持って盛んにシャッターを切っていました。 素人がピントの合った写真を撮れるようになったのは、オートフォーカス機能のおかげであることは否めません。この機能を付けたカメラを世界で最初に発売した会社が何処であるかは意外と知られていません。 小西六写真工業(現コニカ)なのです。1977(昭和52)年11月30日に、世界に先駆けてオートフォーカス機能付きのカメラを「ジャスピンコニカ」という愛称を付けて発売しました。 これを記念して、11月30日が「オートフォーカスカメラの日」として制定されました。 光学機器では、世界に冠たる日本の力です。

 ■ 鏡の日 ハワイのマウナケア山にあるすばる望遠鏡も日本の光学機器技術の粋を集めて作ったものです。 すばるは反射望遠鏡ですから、レンズの機能と共に、反射鏡である「鏡」の技術、その平滑度がポイントとなります。 「いい(11)ミラー(30)」の語呂合せから、この日は「鏡の日」として制定されました。 関連して、11月11日である「11」「11」を縦書きにしたときに「十一十一」が左右対称になることから、全日本鏡連合会は、この日をやはり「鏡の日」として、2006(平成18)年に制定しました。


 毎日複数本発信 

今日のブログ
今日は何の日
今日の出来事
今日の独断解説
必見経営情報
  


Posted by 経営士 at 00:28Comments(0)【今日は何の日】

2013年11月29日

■■【今日の写真 カシャリ!一人旅】 京都 銀閣寺7 庭園

■■【今日の写真 カシャリ!一人旅】 京都 銀閣寺7 庭園






 旅・・・・・ 時間に追われる現実からの開放 
 
 スナップショットは、他の人の旅を疑似体験できます。 この写真を撮った人は、何を思って撮影したのだろうか?
 
 自分も行ってみたい・・・ 他の人に、そう思っていただける写真が撮れたら最高ですね。

 銀閣寺

http://www.shokoku-ji.jp/g_about.html
 銀閣寺は、正式名称を東山慈照寺といいます。金閣寺と同様に、相国寺の塔頭寺院の一つです。銀閣寺の名の由来は江戸時代、金閣寺に対し、銀閣寺と称せられることとなったといわれています。 

 室町幕府八代将軍の足利義政によって造営されたことはよく知られています。山荘東山殿を起原とし、。延徳2年(1490年)足利義政の菩提を弔うため、臨済宗の寺院となり義政の法号慈照院にちなんで慈照寺と名付けられました。 

 政治家としてはあまり評価は高くはない義政ですが、自らの美意識を投影し、東山文化の真髄としての簡素枯淡の美を映しだし、、隠棲のための一大山荘として作り上げました。
 義政存命中と変わらぬ姿をとどめるものは現在では銀閣と東求堂のみで、方丈や銀沙灘、向月台などの庭園が整備されたのは近世以降です。(相国寺派公式サイトを元に作成)


銀閣寺 庭園
 夢窓国師の作庭による西芳寺(苔寺)に倣った庭園は、地泉回遊式庭園で、ここがその発祥の地と言われています。「四方正面の庭」すなわちどの角度からも観賞できる構成で何処を見ても絵になります。

西芳寺をもしただけあり 苔は何処も綺麗です。

紅葉にはしばし早めでしたが、 モミジは処々にあります。
池だけではなく、庭石が処々に配されて、 苔庭にアクセントを付けています。
水の豊かな錦鏡池からのせせらぎに質素の石橋が架かっていました。 竹の手すりが風情を高めています。
お茶の井から月待山に向かう途中奥深まったところに弁財天の祠(ほこら)がありました。
変わった形で苔が迎えてくれました。
樹齢500年という「千代の槇」という松が、銀閣寺の歴史を裏付けてくれています。
樹齢500年という千代の槇は錦鏡池と洗月泉との間に、堂々と立っていました。

 毎日複数本発信 

今日のブログ
今日は何の日
今日の出来事
今日の独断解説
必見経営情報
  


2013年11月29日

■■【日本経済の読み方】日本の貿易赤字はどのくらいかご存知?

■■【日本経済の読み方】  日本の貿易赤字はどのくらいかご存知?

 時代の流れを時系列的に見ると、見えないものが見えてきます。NHKの放送や新聞・雑誌などを見て、お節介心から紹介しています。


独善解説

■ 日本の貿易赤字はどのくらいかご存知? 2013/11/29

私が子供の頃は、日本は資源が乏しいけど、豊富な労働力があるから、海外から資源を輸入して、それを加工して輸出するという「加工貿易」が望ましいと社会科の時間に学びました。

1970年に私はアメリカ駐在を命じられ、ニューヨークを拠点に全米を飛び回りました。いわゆる「企業戦士」で、「安かろう、悪かろう」とさげすまされながら、日本製品を海外に輸出をする先駈けをしてきました。

やがて日本製品の優秀さが認められますと、為替レートが1ドル360円が208円に切り上げられ、それが為替レートの自由化でドンドンと円高に向かいました。当時から比べるとドルの価値は三分の一以下に減ってしまったと言うことです。

それでもリーマンショックまでは、日本製品は海外に溢れるとまで言われるほど、輸出や海外進出でもてはやされ、貿易黒字は拡大するばかりでした。

ところが、今や日本は12兆円の貿易赤字国となってしまいました。

福島第一原発以来、原油や天然ガスの輸入額の増加、それに追い打ちを掛けるように円安となり、2年連続で過去最大の赤字を更新するにまで至っています。

日本貿易会(JETRO)によりますと、2013年度の日本の輸出額は、円安が進んだため自動車や関連部品のほか、情報通信機器向けの半導体の輸出などが増え、前年度比で9.8%増える見通しです。

一方、輸入額はそれを凌駕し、発電などに使う原油や天然ガスの輸入が円安の影響で拡大していることや、スマートフォンの輸入増加などで、前の年度に比べて14.1%増える見透しです。

このため輸出から輸入を差し引いた貿易収支は12兆円の赤字になる計算です。

円安傾向と世界経済の回復で今後は輸出の増加が続くと見られます。しかし日本企業の海外生産へのシフトは停まらず、円安でも予想通りには輸出は増えず、今後も貿易収支の赤字は続くと考えます。

■ TPPは年内妥結ができるのか 2013/11/26

 アメリカのソルトレークシティーでTPP(環太平洋パートナーシップ協定)の首席交渉官会合が開催されました。

 「政府調達」の分野で、新興国などの公共事業に対して外国企業の参入条件を緩和する方針が確認されました。

 しかし、関税撤廃や知的財産保護などの重要分野における交渉は難航しています。

 とりわけ関税撤廃の分野では、難航しています。

 参加各国が日本に対して、すべての貿易品目を関税撤廃の対象とするよう求めています。一方、日本は、コメや麦などの重要5項目を関税撤廃の例外とするよう主張を崩していません。

 年内妥結を目指して12月にシンガポールで閣僚会合が開催され、その場で政治決断が委ねられることになりました。

 多くの課題が結着されてきましたので、残された課題が少なくなったと言えます。しかし、日本としては譲れない問題が残されています。ただ、各国ともアメリカの強引な動きから、年内妥結の意識は高まっています。

 最後に日本が押し切られるのかどうか、予断は許されません。


 毎日複数本発信 

今日のブログ
今日は何の日
今日の出来事
今日の独断解説
必見経営情報

 

 

 

 

 

 

 

 

  


Posted by 経営士 at 21:00Comments(0)■経営特訓教室

2013年11月29日

■■【日本経済の読み方】  ユニクロは大丈夫か?

■■【日本経済の読み方】  ユニクロは大丈夫か? 近況のエッセンスをコンパクトにまとめました

 時代の流れを時系列的に見ると、見えないものが見えてきます。NHKの放送や新聞・雑誌などを見て、お節介心から紹介しています。


独善解説

 

■ ユニクロは大丈夫か? 2013/11/18

 NHKスペシャルの「成長か、死か ~ユニクロ 40億人市場への賭け~」という番組をご覧になった方も多いでしょう。

 企業理念として「服を変え、常識を変え、世界を変えていく」ということを地で行っている気がします。

◆1 ユニクロの急成長

 今年、初めて売上高1兆円という大台を超えた、衣料品チェーン「ユニクロ」を展開しているファーストリテイリングです。海外を含め、年間150店舗という驚異的なペースで海外大量出店を原動力として、年々売り上げを伸ばしています。

 しかし、それでも世界4位という、柳井社長としては満足できない地位にいます。ZARA(スペイン)やH&M(スウェーデン)を追いつけ、追い越せと「2020年に世界4,000店舗、売上高5兆円」という目標を掲げています。

 そのユニクロが、ライバルが及び腰でいるBOPビジネス(最貧国市場)に2013年7月に、バングラデシュで着手しました。上位を狙うための差異化(差別化)戦略として、ある意味では掛けと言えます。

 衣料品という、差異化(差別化)が難しい商品で、これだけの急成長を遂げているユニクロに敬意を表する人も多く、私もその一人です。

◆2 BOPビジネス展開に対する評価

 衣料品という、差異化(差別化)が難しい商品で、これだけの急成長を遂げているユニクロに敬意を表する人も多く、私もその一人です。

 しかし、BOPビジネスとユニクロが展開している先進国や新興国とでは、現状では経営手法が異なります。

 例えば、ブランド戦略です。「ユニクロ」のブランドを、そのままバングラデシュで使っています。もし、バングラデシュで成功したとしますと、先進国や新興国では、「ユニクロ製品は、価格の割には品質が良い」というイメージを壊しかねません。

 ファーストリテイリングでは、完全子会社傘下に、「ユニクロ」というブランドとともに「GU」などのブランドも持っています。私は、BOPビジネスと戦略を変え、ここではGUなり、他のブランドを使うべきではないかと考えます。

 バングラデシュへの進出にGUの展開で成功を収めた人を、そこのトップに据えたのですから、それを活かすべきではないかと考えます。

 バングラデシュは、イスラム教徒国であり、その特質をキチンと掴んだ商品戦略ができていませんでした。

 事前にマーケティング調査をしていますが、一人の女性に任せっきりという、マーケティング調査でありがちな過ちをしています。どんなに優秀な人であっても、一人の人間のものの見方は、時として独善に陥りやすいです。複数のマーケティング担当による、事前調査が必要でした。

◆3 BOPビジネスに成功するには

 バングラデシュは、イスラム教徒国であり、その特質をキチンと掴んだ商品戦略ができていませんでした。

 調査の仕方も、これまでの成功体験に基づいたのでしょうが、相手のホンネをくみ取れないでいたために、間違えた判断に至ってしまいました。

 バングラデシュの留学生上がりの人をサブとして付けるなどすることにより、彼女の判断ミスを事前に察知できたのではないでしょうか。

 バングラデシュで30店舗の出店をするということで、少々、事前準備期間が身近すぎて、現地スタッフ教育の不充分だったのではないでしょうか。

 最初の出店がフラッグシップ店としての位置づけとしてふさわしいのかどうかが確認できないうちに、高級住宅街に二番目の店舗を出店し、ここではコンセプトづくりが不充分なのか、商品コンセプトに誤りがあったのか、立ち上げに失敗したと言えます。

 現地ライバルの方が、戦略的に天下のファーストリテイリングより上をいっているようでは、柳井会長・社長の名前が泣いてしまいます。BOPという新しい試みという勇気に拍手を送りますが、現地企業の買収などによる参入など、孫正義流の手法をここでとっても良かったのではないかと考えます。

 ファーストリテイリングのますますの発展を期待します。

 

 

 

 毎日複数本発信 

今日のブログ
今日は何の日
今日の出来事
今日の独断解説
必見経営情報

 

 

 

 

 

 

 

 

  


Posted by 経営士 at 18:00Comments(0)■経営特訓教室

2013年11月29日

■■【経営情報・セミナー案内】公的機関主催 中国・四国 他

■■【経営情報・セミナー案内】公的機関主催 中国・四国 他

icon30
 経営コンサルタント歴35年の経験から、

  ◇ 経営者・管理職の皆様
  ◇ 経営コンサルタントを目指す人
  ◇ プロの経営コンサルタント

の皆様に、時宜に即した情報を毎日お届けしています。

 【経営情報・セミナー案内】号は、e-中小企業ネットマガジンの転載ルールに基づき、公的機関主催のセミナーや各種情報をお届けしています。


icon22
【今日のブログ】 ←クリック

 本日お届けした、その他の記事が掲載されています。

 
経営情報セミナー案内


中国・四国
     北海道・東北 関東・首都圏 中部 近畿 九州

■ 中国地域 ■

◆山口大学公開講座「実用講座 真空技術の基礎と応用」を開催します

山口大学では、真空技術に関する製品の開発・製造現場の中核人材育成を目的として、産業人向けの公開講座「実用講座 真空技術の基礎と応用」を開講しています。本講座は、真空の基礎から応用までを体系的かつ実践的に学べる内容となっており、今後開講する講座受講生の募集を行っています。

 http://www.vacuum.eng.yamaguchi-u.ac.jp/

◆「『孫子』に学ぶ管理会計活用術」を開催します
~守りの簿記・決算書から攻めの管理会計活用へ~

(公財)広島市産業振興センターでは、中小企業者のための会計セミナーを開催します。不況が続いた間、「数字管理」を強めた会社が増えており、中には厳しい予算管理のため会社の「勢い」が失われている例もあるようです。当セミナーでは儲けを増やし、組織の勢いを増すような正しい数字管理の方法について学びます。簿記会計の予備知識は必要ありません。「数字を楽しく」学びたい方の参加をお待ちしています。

[日 時]12月4日(水)13:30~17:30
[場 所]広島市まちづくり市民交流プラザ(広島市中区)
[参加費]2,000円/人  [定 員]40名(先着順)
http://www.assist.ipc.city.hiroshima.jp/seminar/shousai.cgi?no=11

◆中小企業向け研修「経営管理者養成コース」の参加者を募集しています

 中小企業大学校広島校では、事例研究やグループ討議などの演習を交えながら経営戦略の構築・実践に必要な手法などを学び、自社の課題を解決できる総合的な経営管理能力を習得を目指す「経営管理者養成コース」の受講者を募集しています。

<経営管理者養成コース>
[日 程]平成25年7月2日(火)~平成26年1月24日(金)【各月4日間×7回】
[参加費]285,000円(税・教材費込) [定 員]20名
 http://www.smrj.go.jp/inst/hiroshima/list/shosai2013/073864.html

 

■ 四国地域 ■

◆未来の企業応援セミナー&経営よろず相談会in四国を開催します

全国地方新聞社連合会では中小企業・小規模事業者支援政策説明、地域経済の活性化をテーマとした講演やパネルディスカッション、本年10月に本格版として運用を開始した中小企業・小規模事業者の未来をサポートするサイト「ミラサポ」の活用方法や今後の展望の紹介、専門家による経営よろず相談会を開催しますので、是非ご参加下さい。

[日 時]
12月2日(月)13:30~16:45
     (相談会は、11:00~12:30、13:00~14:30、15:00~16:30)
[場 所]高松シンボルタワー棟6階 かがわ国際会議場(香川県高松市)
[参加費]無料  [定 員]180名(ただし相談会は、各回6名)
[申込締切]11月28日(木)(ただし相談会は、11月25日(月))
http://www.chihoushi.com/mira-semi2013/

◆「安全保障貿易管理説明会」を開催します

近年、大量破壊兵器の拡散やテロの頻発が世界情勢を不安定化させ、各国の経済発展にも大きな影響を及ぼしかねない状態にあります。仮に民生用途であっても、兵器などへの転用が可能である貨物を海外に輸出する際には、外為法等に基づき、経済産業大臣の許可を受けることが必要になります。四国経済産業局では、安全保障貿易管理の重要性や自主的な輸出管理体制整備のポイントなどについて幅広く御理解いただくため、基本的な重要事項を中心にご紹介する説明会を開催しますので、輸出関連業務、海外展開をご検討の中小企業の皆様は是非ご参加下さい。

[日 時]12月9日(月) 14:00~16:30
[場 所]アイテムえひめ (愛媛県松山市)
[参加費]無料  [定 員]80名(先着順)
[申込締め切り]
12月2日(月)まで
http://www.shikoku.meti.go.jp/soshiki/skh_b2/kokusai/3_event/131021/131021.html

◆「下請取引適正化推進シンポジウム・セミナー2013」を開催します

中小企業庁では、消費税転嫁と企業間取引の適正化をテーマとした、下請取引適正化推進シンポジウム・セミナーを全国8ヶ所で開催致します。参加者を募集していますので、是非ご参加ください。

[セミナー]松山会場
12月 6日(金)

 ※参加費は、いずれの会場も無料   
 ※定員に達した場合は募集を締め切らせていただきますのでご了承下さい。

詳しくは、以下サイトをご覧下さい。
http://www.shitauke-tekiseika.jp

◆課題即応型ミニセミナーを開催します

中小機構四国本部では、「事業承継と相続対策」をはじめとする課題即応型ミニセミナーを開催します。毎回テーマに即した課題即応型・実践的な内容です。質疑応答を交えながらのリラックスした雰囲気で進行します、お気軽にご参加下さい。

[日時・テーマ]

 12月12日(木)10:00~11:00
 「マーケティング、売れる仕組み作り part1」
  ~9つの質問フレームワークの活用法~ /山本 久美 氏(中小企業診断士) 
http://www.smrj.go.jp/shikoku/seminar/keiei/082075.html

  1月 9日(木)10:00~11:00
 マーケティング、売れる仕組み作り part2」
~ 戦略ベーシックの活用法 ~  / 山本 久美 氏(中小企業診断士)
http://www.smrj.go.jp/shikoku/seminar/keiei/082077.html

[場 所]いずれも松山商工会議所(愛媛県松山市)
[参加費]いずれも無料  [定 員] いずれも10名程度(各回・先着順)

お勧めセミナー

■東京:初級財務研修 ―――■

 初級財務研修 第8回
 決算書分析演習
 
 【講師】 経営士・税理士  谷澤 佳彦 氏(日本経営士協会 理事)
      http://www.jmca.or.jp/meibo/pd/1065.htm?s

■内 容:決算書分析演習<1>
     (受講される方々の希望により変更することもあります)

■対 象:日本経営士協会会員(入会申請中の方を含みます)
     財務の基礎を理解する意欲ある人

■日 時:平成25年12月4日(水) 19:00~20:45

■会 場:日本経営士協会事務所
     東京都文京区後楽2-3-10 白王ビル4F
     http://www.jmca.or.jp/pdf/JMCA_Map.pdf

■受講料:当日会場にてお支払い下さい
     日本経営士協会会員          2,000円/回
     (但し、知修塾または経営士塾塾員は) 1,000円/回
     非日本経営士協会会員         5,000円/回


■問合せ:日本経営士協会 事務局
>> http://www.jmca.or.jp/toiawase/

●詳細情報・受講申込み
>> http://info.jmca.or.jp/seminar/301/detail/zai_s20131204.htm


■大阪:関西支部 年末公開講演会 ―――■

 成功している企業を解体する
 ~ 何処が違うかを追求し、手法を習得する ~

 【講師】 経営士  今井 信行 氏(日本経営士協会 理事長)
      経営士  藤原 久子 氏(日本経営士協会 専務理事)


■概 要

 中小企業には、まだアベノミクス効果が充分に波及してきていませんが、そのような中でも成功している企業、元気な会社があります。成功している企業とそうでない会社ではどこが違うのか、元気な会社になる為にはどうしたらよいのでしょうか、事例を紹介しながらのケーススタディで成功する経営のポイントを紐解いていきます。

 また、会社を元気にするには、何を、どうのようにしたら良いのか、経営コンサルタント歴40年近いプロの経営コンサルタントが、実際に使っている方法をご紹介いたします。

 ケース紹介では、実際に経営している社長さんにご登場願い、生の声で紹介します。企業の経営者・管理職は基より経営コンサルタントや税理士をはじめとする士業の先生がたにも、単なる理論的なお話だけでなく、クライアントを元気にする具体的なノウハウ的手法を学びとって頂きます。

■日 時:平成25年12月7日(土) 13:30~15:30

■会 場:大阪府社会福祉会館(4F) 406号室
     大阪市中央区谷町7丁目4-15(谷町7丁目交差点西入る)

■受講料:無料

■締切り:平成25年12月4日(木) 必着

■問合せ:日本経営士協会 関西支部
>> http://www.jmca-kansai.net/toiawase/inquiry.html

●詳細情報・受講申込み
>> http://www.jmca-kansai.net/seminar/sem131207.htm



■ e-Learning ロジカル・シンキング  ――■

 ネットにて開催いたしますので、皆様のご都合に合わせて、いつでも、どこでも受講できます。

◆ 開催要項

・開催時期: 開講中(いつでも受講可能)
・受講要件: ブロードバンドによるインターネット利用環境のある人
受 講 料: 無料
・監  修:今井信行氏
      日本経営士協会 理事長
      http://www.jmca.or.jp/meibo/pd/0017.htm

◆ 概要

「論理的とは何か」の基本から、ロジカル・シンキングの習得法やその基本的知識を学び、各種ツールの使い方で実務への利用法を体得できます。「1.ロジカル・シンキングとは」「2.基本手法とツール」「3.ピラミッドストラクチャー」「4.ロジックツリー」「5.枠組み型ツールと流れ型ツール」など、ステップを踏んで学びます。e-Learningですので、自宅にいながら、自分の都合の良い時間帯に受講できます。わからない部分は繰り返し聴講することも可能で、ロジカル・シンキング基本習得に適しています。

◆ 受講説明

下記サイトにて、受講手順をご覧になり、お申し込み下さい。

http://www.glomaconj.com/elearning/jst-logicalthinking/logicathinkingjst.htm
※本講座は技術者向けに作成されていますが、経営コンサルタントを始め、いろいろな分野の方にも適しています

◆ 日本経営士協会会員の受講

・受講方法:上記サイトにて、概要を確認の上、お申し込み下さい。

 http://info.jmca.or.jp/seminar/301/detail/kiso8-con_logicalthink.htm

・日本経営士協会会員の受講特典

受講後、受講報告及びレポート審査により、合格者には単位を認定します。

【 注 】当該e-Learningの内容や利用法は、日本経営士協会では関知いたしません。


■■【経営コンサルタントのセミナー】 日本経営士協会主催

給食のオバサンだった私が下北沢で自分の店を持ちつつ
デザイナーで社長をやれている理由

12月21日 (土)
 日本経営士協会 横浜経営支援センター
 企業家物語 ■ 給食のオバサンだった私が下北沢で自分の店を持ちつつ デザイナーで社長をやれている理由
コヤナギユウ横浜
12月18日
(水)
 日本経営士協会 首都圏支部 中小企業経営革新塾
 協賛:公益財団法人 大田区産業振興協会 会場:大田区産業プラザPIO ■ 5Sから学ぶ「手段志向」が企業を変える ~「5S」の徹底が社員の思考・共有意識を変える ~
経営士  榎本 昭雄 氏東京
12月12日
(木)
 「知修塾」 ~ 知修塾で”共育”し、表現力をつけよう ~
  今月のテーマ「チームマネジメント」チームの課題を把握する経営士補  戸板 武志 氏 経営士補  原田 純 氏
コーディネーター  酒井 闊 氏(日本経営士協会 経営士)東京
12月7日
(土)
 日本経営士協会関西支部 年末公開講演会
 ■ 成功している企業を解体する ~ 何処が違うかを追求し、手法を習得する ~
経営士  今井 信行 氏(日本経営士協会 理事長) 経営士  藤原 久子 氏(日本経営士協会 専務理事)大阪
12月4日
(水)
 日本経営士協会 初級財務研修
  第7回 初級財務研修 決算書分析演習<1>
経営士・税理士  谷澤 佳彦 氏(日本経営士協会 理事)東京

◆ 公的機関(e-中小企業ネットマガジン)からの情報を、掲載条件に基づいてお届けしています。

  北海道・東北 関東・首都圏 中部 近畿 中国・四国 九州

 毎日複数本発信 

今日のブログ
今日は何の日
今日の出来事
今日の独断解説
必見経営情報
  


2013年11月29日

■■【経営コンサルタント道場】経営コンサルタントと学歴   

■■【経営コンサルタント道場】 経営コンサルタントと学歴   

 経営士・コンサルタントとして活躍している人の中には、大学院はおろか、大学を卒業していない先生も結構います。

 プロフェッショナリズムの世界だけに、有名大学を卒業するよりは、現場をよく知り、グローバルな視点でコンサルティングできる先生こそ、企業が求める経営士・コンサルタントではないでしょうか。

 しかり、グローバルというのは、・・・・・MORE ←クリック

  


Posted by 経営士 at 16:28Comments(0)一口情報

2013年11月29日

■■【経営マガジン】 11月29日号 経営とコンサルティング

■■【経営マガジン】 11月29日号 経営とコンサルティング


icon30
 経営コンサルタント歴35年の経験から、

  ◇ 経営者・管理職の皆様
  ◇ 経営コンサルタントを目指す人
  ◇ プロの経営コンサルタント

の皆様に、時宜に即した情報を、下記のテーマでお届けしています。

  ◇ 独善解説
  ◇ 今週の出来事
  ◇ 今日は何の日
  ◇ セミナー案内
  ◇ 経営情報

icon22
【今日のブログ】 ←クリック

 本日お届けした、その他の記事が掲載されています。

今 日 の 出 来 事  

【今週の注目】ポイントを掴むと見えるものが異なってくる 漠然とものを見るのではなく、今何がポイントなのかを押さえてみると、それまで見えなかったものが「視える」ようになります。  今週の動きを、NHKニュース、日経サイト他を参照して、独断と偏見で項目を選んでみました。また、最新記事を時系列的に掲載している【独り言】コーナーも併せてご覧下さると一層ヒントを得られやすくなります。

11月25日(月)日銀:黒田総裁がパリ・ファイナンシャル・フォーラムで講演民間:外食売上高、米倉経団連会長記者会見アメリカ:仮契約住宅販売指数パリ・ユーロプラス主催のファイナンシャル・フォーラムシンガポール:消費者物価指数(CPI)26日(火)日銀:金融政策決定会合議事要旨、企業向けサービス価格指数アメリカ:消費者信頼感指数、住宅着工件数、S&Pケース・シラー住宅価格指数シンガポール:鉱工業生産指数27日(水)アメリカ:景気先行指標総合指数、消費者態度指数確報値、耐久財受注額、シカゴ購買部協会景気指数ブラジル:中銀政策金利発表タイ:中銀金融政策決定会合28日(木)財務省:貿易統計経産省:商業販売統計速報民間:自動車各社生産・販売実績、建設機械出荷額アメリカ:感謝祭(祝日)ドイツ:失業率中国:工業企業利益フィリピン:国内総生産(GDP)29日(金)内閣府:地域経済動向経産省:鉱工業生産指数速報総務省:完全失業率、消費者物価指数(CPI)、家計調査厚労省:有効求人倍率国交省:住宅着工戸数民間:自動車生産・輸出実績ユーロ圏:消費者物価指数速報値(HICP)、失業率【Wikipedia】 CPI消費者物価指数(Consumer Price Index)は、消費者が実際に購入する段階での、商品の小売価格(物価)の変動を表す指数。
今 日 の 独 善 解 説   
【経営コンサルタントの独り言】   独断と偏見で、その日のNHK、日経などのニュースや話題などを、タイミング良く、できるだけ公平公正にお伝えしたいと思います。また、最後に私なりの私見も付けることがあります。読者の皆様からは「わかりやすい」をお褒めの言葉をいただいています。最新記事を時系列的に掲載しているまとめて【独り言】コーナーも併せてご覧下さると一層ヒントを得られやすくなります。
■ 技術のゆくえ 2013/11/27 NHKのクローズアップ現代という長寿番組は、キャスターの国谷裕子氏のお人柄にもよりますが、テーマの採り上げ方がすばらしい。 11月26日は、「ウェアラブル革命 ~“着るコンピューター”が働き方を変える~」というテーマでした。 メガネ型端末や通信機能が付いた腕時計という、SFぽい電子機器で、身につけることができるという意味で「ウェアラブル・コンピューター」と言います。2016年には1億台以上が普及すると予測されていると言いますので、時代の変化の早さを感じますね。 これらの機械は日常生活を便利にするだけではなく、私たちの働き方を根本から変える言われています。メガネ型端末をベテラン看護師に付けさせ、それを利用して派遣社員でもできるようになるというのですから驚きです。 社員証型の端末で社員の動きや会話をくまなく収集し、業務改善に使うという利用法も紹介されました。 一方で、スマホを身ながらの自転車や自動車運転も問題視されていますが、利用者のモラルの高揚が一層強く求められますね。【上記以前の最近の記事】 ←クリック
【今月の経営コンサルタントの独善解説】 ←クリック【総集編】 直近の情報を集約しました。◇ 2013年 10月の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック◇ 2013年 9月下旬の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック◇ 2013年 9月中旬の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック◇ 2013年 9月上旬の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック◇ 2013年 8月下旬の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック◇ 2013年 8月中旬の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック◇ 2013年 8月上旬の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック
 今 日 は 何 の 日
 
季節の移ろいを見せる毎日ですが、毎日が変化の日です。今日は何なのかを起点に、経営の視点で物事を見て、徒然に自分の思いを記述した、エッセーとは異なる文章にまとめてみました
 今日は何の日 総合インデックス日付を指定して【今日は何の日】を閲覧できます

 税関記念日 2013/11/28

 11月28日は「税関記念日」です。現在の財務省に当たる大蔵省が、1952(昭和27)年に制定しました。

 1872(明治5)年11月28日に、当時「運上所」と呼んでいた機関を「税関」という名称に統一しました。

 税関(Customs)は・・・・・
 <続き> ←クリック

11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  先月   来月
 経 営 情 報 ・ セ ミ ナ | 案 内
◆ 公的機関(e-中小企業ネットマガジン)からの情報を、掲載条件に基づいてお届けしています。

◆中小企業投資促進税制の上乗せ措置について紹介します

中小企業・小規模事業者の設備投資を応援する中小企業投資促進税制が延長・拡充されることになりました。拡充後の上乗せ措置について、紹介ます。

詳しくは、以下サイトをご覧下さい。
http://www.chusho.meti.go.jp/zaimu/zeisei/2013/131114sokusinzeisei.htm

◆「 SNSの友達申請に注意!」
 ~ Facebookで乗っ取り被害に遭わないために ~

 Facebook、Google+、mixiなどのSNSや、Twitterなどのミニブログサービスが悪意ある者から狙われるようになりました。IPAの安心相談窓口にも「自分になりすまして友達申請された」といった相談が続いており、特にFacebookに関する相談が多い状況です。

 Facebook社は、偽アカウントを3つ用意して乗っ取りに用いる方法に対する対策として、「信頼できる連絡先」機能を提供していますが、利用者がうっかりしていると、依然として同じような方法で被害に遭う恐れがあります。

 IPAのWebサイトでは、乗っ取りの被害例とともに、3つの偽アカウントを用いる仕掛けと、それを防ぐための注意点を解説しています。

詳しくは、以下サイトをご覧下さい。
http://www.ipa.go.jp/security/txt/2013/11outline.html

◆平成24年度地域需要創造型等起業・創業促進事業(第3回募集)を行っています

中小機構では、新たに起業・創業や第二創業を行う女性や若者に対して、その創業などに要する経費の一部を補助する事業の公募を行っています。

[募集締切]12月24日(火)【必着】

詳しくは、以下サイトをご覧下さい。
http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/sogyo/2013/130919Chiiki.htm




■大阪:関西支部 年末公開講演会 ―――■

 成功している企業を解体する
 ~ 何処が違うかを追求し、手法を習得する ~

 【講師】 経営士  今井 信行 氏(日本経営士協会 理事長)
      経営士  藤原 久子 氏(日本経営士協会 専務理事)




■概 要

 中小企業には、まだアベノミクス効果が充分に波及してきていませんが、そのような中でも成功している企業、元気な会社があります。成功している企業とそうでない会社ではどこが違うのか、元気な会社になる為にはどうしたらよいのでしょうか、事例を紹介しながらのケーススタディで成功する経営のポイントを紐解いていきます。

 また、会社を元気にするには、何を、どうのようにしたら良いのか、経営コンサルタント歴40年近いプロの経営コンサルタントが、実際に使っている方法をご紹介いたします。

 ケース紹介では、実際に経営している社長さんにご登場願い、生の声で紹介します。企業の経営者・管理職は基より経営コンサルタントや税理士をはじめとする士業の先生がたにも、単なる理論的なお話だけでなく、クライアントを元気にする具体的なノウハウ的手法を学びとって頂きます。

■日 時:平成25年
12月7日(土) 13:30~15:30

■会 場:大阪府社会福祉会館(4F) 406号室
     大阪市中央区谷町7丁目4-15(谷町7丁目交差点西入る)

■受講料:無料

■締切り:平成25年12月4日(木) 必着

■問合せ:日本経営士協会 関西支部
>> http://www.jmca-kansai.net/toiawase/inquiry.html

●詳細情報・受講申込み
>> http://www.jmca-kansai.net/seminar/sem131207.htm


全国共通
   北海道・東北 関東・首都圏 中部 近畿 中国・四国 九州

◆第4回「キャリア教育アワード」(経済産業大臣賞)を実施します

経済産業省では、昨年度に引き続き、子供や若者たちに対して、仕事のやりがいや、学校での学びと実社会とのつながりを伝える「キャリア教育」に取り組む企業などの活動を表彰する「キャリア教育アワード」(経済産業大臣賞)を開催します。

[公募期間]8月19日(月)~
11月29日(金)

詳しくは、以下サイトをご覧下さい。
http://www.meti.go.jp/press/2013/08/20130819001/20130819001.html


 毎日複数本発信 

今日のブログ
今日は何の日
今日の出来事
今日の独断解説
必見経営情報
  


Posted by 経営士 at 12:28Comments(0)■経営特訓教室

2013年11月29日

■■【日本経済の読み方】日本の貿易赤字はどのくらいかご存知?

■■【日本経済の読み方】  日本の貿易赤字はどのくらいかご存知?

 時代の流れを時系列的に見ると、見えないものが見えてきます。NHKの放送や新聞・雑誌などを見て、お節介心から紹介しています。


独善解説

■ 日本の貿易赤字はどのくらいかご存知? 2013/11/29

私が子供の頃は、日本は資源が乏しいけど、豊富な労働力があるから、海外から資源を輸入して、それを加工して輸出するという「加工貿易」が望ましいと社会科の時間に学びました。

1970年に私はアメリカ駐在を命じられ、ニューヨークを拠点に全米を飛び回りました。いわゆる「企業戦士」で、「安かろう、悪かろう」とさげすまされながら、日本製品を海外に輸出をする先駈けをしてきました。

やがて日本製品の優秀さが認められますと、為替レートが1ドル360円が208円に切り上げられ、それが為替レートの自由化でドンドンと円高に向かいました。当時から比べるとドルの価値は三分の一以下に減ってしまったと言うことです。

それでもリーマンショックまでは、日本製品は海外に溢れるとまで言われるほど、輸出や海外進出でもてはやされ、貿易黒字は拡大するばかりでした。

ところが、今や日本は12兆円の貿易赤字国となってしまいました。

福島第一原発以来、原油や天然ガスの輸入額の増加、それに追い打ちを掛けるように円安となり、2年連続で過去最大の赤字を更新するにまで至っています。

日本貿易会(JETRO)によりますと、2013年度の日本の輸出額は、円安が進んだため自動車や関連部品のほか、情報通信機器向けの半導体の輸出などが増え、前年度比で9.8%増える見通しです。

一方、輸入額はそれを凌駕し、発電などに使う原油や天然ガスの輸入が円安の影響で拡大していることや、スマートフォンの輸入増加などで、前の年度に比べて14.1%増える見透しです。

このため輸出から輸入を差し引いた貿易収支は12兆円の赤字になる計算です。

円安傾向と世界経済の回復で今後は輸出の増加が続くと見られます。しかし日本企業の海外生産へのシフトは停まらず、円安でも予想通りには輸出は増えず、今後も貿易収支の赤字は続くと考えます。

■ TPPは年内妥結ができるのか 2013/11/26

 アメリカのソルトレークシティーでTPP(環太平洋パートナーシップ協定)の首席交渉官会合が開催されました。

 「政府調達」の分野で、新興国などの公共事業に対して外国企業の参入条件を緩和する方針が確認されました。

 しかし、関税撤廃や知的財産保護などの重要分野における交渉は難航しています。

 とりわけ関税撤廃の分野では、難航しています。

 参加各国が日本に対して、すべての貿易品目を関税撤廃の対象とするよう求めています。一方、日本は、コメや麦などの重要5項目を関税撤廃の例外とするよう主張を崩していません。

 年内妥結を目指して12月にシンガポールで閣僚会合が開催され、その場で政治決断が委ねられることになりました。

 多くの課題が結着されてきましたので、残された課題が少なくなったと言えます。しかし、日本としては譲れない問題が残されています。ただ、各国ともアメリカの強引な動きから、年内妥結の意識は高まっています。

 最後に日本が押し切られるのかどうか、予断は許されません。


 毎日複数本発信 

今日のブログ
今日は何の日
今日の出来事
今日の独断解説
必見経営情報

 

 

 

 

 

 

 

 

  


Posted by 経営士 at 12:15Comments(0)

2013年11月29日

■■【今日は何の日】 いい肉の日 11月29日

■■【今日は何の日】 いい肉の日 11月29日

icon30
 経営コンサルタント歴35年の経験から、

  ◇ 経営者・管理職の皆様
  ◇ 経営コンサルタントを目指す人
  ◇ プロの経営コンサルタント

の皆様に、時宜に即した情報を毎日お届けしています。

icon22
【今日のブログ】 ←クリック

 本日お届けした、その他の記事が掲載されています。

今日は何の日

 一年365日、毎日が何かの日です。
 季節を表す日もあります。地方地方の伝統的な行事やお祭りなどもあります。誰かの誕生日かも知れません。歴史上の出来事もあります。セミナーや展示会もあります。
 これらをキーワードとして、私たちは自分の人生に、自分の仕事に、自分自身を磨くために何かを考えてみるのも良いのではないでしょうか。
 独断と偏見で、エッセー風に徒然のままに書いてみました。皆様のご参考にと毎日続けていこうと・・・というよりも、自分自身のために書いてゆきます。
 詳細 ←クリック

今日は何の日インデックス

】  日付を指定して【今日は何の日】を閲覧できます
今月の今日は何の日】     【今日は何の日】の今月分を月単位で閲覧できます


■■いい肉の日 【今日は何の日】  11月29日

■ いい肉の日 11月29日は「いい肉の日」の日で、宮崎県の「より良き宮崎牛対策協議会」が制定しました。「いい(11)にく(29)」の語呂合せからきています。 狂牛病、鳥インフルエンザなどで大きな被害を受けましたが、「人の噂は75日」といわれるがごとく、次第に意識の上では薄れてきました。しかし、根本的な部分では変わっていないので、関連業界の人はピリピリされていると思います。 実は、わが家には「29日(ニクの日)」を楽しみにしている家族がいます。嫁いだ娘がおいていったディズニーキャラクターの「プルート」です。時々肉の香りを嗅がせています。 平素は、ひっそりと自分の部屋(お菓子の箱)にたたずんでいるのですが、娘が来るといつも持ち出しては、風通しをしてもらっています。

 ■ いい服の日 11月29日はやはり語呂合わせで「いい(11)ふく(29)」から「いい服の日」でもあります。 朝の連続テレビドラマで「カーネーション」でコシノ一家の話が放映されています。服でも婦人服と紳士服では、それぞれを作る人を指す英語の単語が異なっています。  婦人服 dressmaker  紳士服 tailor 既製服は、ready-made clothes といい、今日ではむしろ、アメリカ式にapparelといった方が通じるかも知れませんね。 tailoredとかtailor-madeというと、イギリス式の高級紳士服をイメージする紳士服という感じになります。高級感に関するその感覚は、日本人とイギリス人ではニュアンス的に違いがあるように思えます。tailoredというと、イギリス人は誇りを持って使う言葉です。 brandも同様に日本とヨーロッパではニュアンスが異なるように思えます。日本人は、ブランドもののハンドバッグを持ってマクドナルドをかじったりしますが、ヨーロッパの人達には信じられない光景かも知れません。


 毎日複数本発信 

今日のブログ
今日は何の日
今日の出来事
今日の独断解説
必見経営情報
  


Posted by 経営士 at 10:57Comments(0)【今日は何の日】

2013年11月29日

■■【経営情報・セミナー案内】公的機関主催 中部地方 他

■■【経営情報・セミナー案内】公的機関主催 中部地方 他

icon30
 経営コンサルタント歴35年の経験から、

  ◇ 経営者・管理職の皆様
  ◇ 経営コンサルタントを目指す人
  ◇ プロの経営コンサルタント

の皆様に、時宜に即した情報を毎日お届けしています。

 【経営情報・セミナー案内】号は、e-中小企業ネットマガジンの転載ルールに基づき、公的機関主催のセミナーや各種情報をお届けしています。


icon22
【今日のブログ】 ←クリック

 本日お届けした、その他の記事が掲載されています。

 
経営情報セミナー案内




   北海道・東北 関東・首都圏 近畿 中国・四国 九州

◆「ダイバーシティ経営戦略」推進セミナーを開催します
~女性、高齢者、障がい者等の多様な人材が活躍する価値創造社会を目指して~

中部経済産業局では、企業の経営者・人事担当者の方や経済団体の関係者などを対象に、女性、高齢者、障がい者、外国人などの多様な人材の能力を引き出して価値創造につなげる「ダイバーシティ経営」への理解を深めていただくことを目的に、「ダイバーシティ経営」の企業戦略への活かし方についての講演や取組事例の発表などをプログラムとするセミナーを開催します。

[日 時]12月3日(火)13:30~16:00
[場 所]愛知県産業労働センター ウインクあいち(名古屋市中村区)
[参加費]無料  [定 員]90名
http://www.chubu.meti.go.jp/technology/jinzai/press/251203.pdf

◆平成25年度「第2回シーズ発掘セミナー」を開催します

中小機構北陸本部では、いしかわ大学連携インキュベータ(i-BIRD)において、調味料開発の新展開と産学官連携をテーマとしたセミナーと交流会を開催します。
 
[日 時]12月6日(金)13:30~18:00 (交流会含む)
[場 所]いしかわ大学連携インキュベータ(石川県野々市市)
[参加費]無料(ただし、交流会参加者は、1000円/人)
[定 員]40名(申込み先着順)
http://www.smrj.go.jp/incubation/i-bird/seminar/082133.html

◆タイ、ベトナムの知的財産権制度と模倣対策に関するセミナーを開催します

 特許庁では、一般社団法人発明推進協会と連携して、タイ及びベトナムにおける効果的な知的財産権の取得と模倣被害対策のためのセミナーを開催します。それぞれの国での特許制度の特徴や運用、職務発明、エンフォースメント等について解説する貴重な機会ですので、ご関心のある方はぜひご参加ください。

<名古屋会場>
[日 時]平成26年1月22日(水)10:OO~17:00
[場 所]名古屋商工会議所(名古屋市中区)

※参加費は無料です。
https://www.iprsupport-jpo.go.jp/apic-seminar/

◆セミナー「もう一度基礎から学ぶ金属プレス加工と金型」を開催します

日本金属プレス工業協会、日本金型工業会では、リーダー及び現場従事者を対象に、トラブル事例などを交えた金属プレス加工と金型のセミナーを開催します。

<愛知会場>
[日 時]平成26年1月24日(金)9:20~16:20
[場 所]ウインクあいち(名古屋市中村区)

 *参加費は8,000円/人(ただし、会員は4,000円)、
  定員は40名(先着順)になります。
http://www.apc.jeed.or.jp/etc/a2.mht

◆「流通事業者向け製品安全セミナー」を開催します

経済産業省では、製品安全確保に向けて流通事業者に期待される役割などについて解説するとともに、事業者における好取組事例を紹介するセミナーを開催します。本セミナーでは、製品事故・リコールによる企業の負担は大きいことから、事故の未然防止を図ることが非常に重要です。この機会に是非多くの方々のご参加をお待ちしています。

<名古屋会場>
[日 程]12月4日(水) 13:30~17:00
[場 所]三井住友海上火災保険(株) 名古屋ビル(名古屋市中区)
[参加費]無料 [定 員]80名(先着順)

詳しくは、以下サイトをご覧下さい。
http://www.meti.go.jp/product_safety/consumer/pdf/ryutsuguideseminar.pdf

お勧めセミナー

■東京:初級財務研修 ―――■

 初級財務研修 第8回
 決算書分析演習
 
 【講師】 経営士・税理士  谷澤 佳彦 氏(日本経営士協会 理事)
      http://www.jmca.or.jp/meibo/pd/1065.htm?s

■内 容:決算書分析演習<1>
     (受講される方々の希望により変更することもあります)

■対 象:日本経営士協会会員(入会申請中の方を含みます)
     財務の基礎を理解する意欲ある人

■日 時:平成25年12月4日(水) 19:00~20:45

■会 場:日本経営士協会事務所
     東京都文京区後楽2-3-10 白王ビル4F
     http://www.jmca.or.jp/pdf/JMCA_Map.pdf

■受講料:当日会場にてお支払い下さい
     日本経営士協会会員          2,000円/回
     (但し、知修塾または経営士塾塾員は) 1,000円/回
     非日本経営士協会会員         5,000円/回


■問合せ:日本経営士協会 事務局
>> http://www.jmca.or.jp/toiawase/

●詳細情報・受講申込み
>> http://info.jmca.or.jp/seminar/301/detail/zai_s20131204.htm


■大阪:関西支部 年末公開講演会 ―――■

 成功している企業を解体する
 ~ 何処が違うかを追求し、手法を習得する ~

 【講師】 経営士  今井 信行 氏(日本経営士協会 理事長)
      経営士  藤原 久子 氏(日本経営士協会 専務理事)


■概 要

 中小企業には、まだアベノミクス効果が充分に波及してきていませんが、そのような中でも成功している企業、元気な会社があります。成功している企業とそうでない会社ではどこが違うのか、元気な会社になる為にはどうしたらよいのでしょうか、事例を紹介しながらのケーススタディで成功する経営のポイントを紐解いていきます。

 また、会社を元気にするには、何を、どうのようにしたら良いのか、経営コンサルタント歴40年近いプロの経営コンサルタントが、実際に使っている方法をご紹介いたします。

 ケース紹介では、実際に経営している社長さんにご登場願い、生の声で紹介します。企業の経営者・管理職は基より経営コンサルタントや税理士をはじめとする士業の先生がたにも、単なる理論的なお話だけでなく、クライアントを元気にする具体的なノウハウ的手法を学びとって頂きます。

■日 時:平成25年12月7日(土) 13:30~15:30

■会 場:大阪府社会福祉会館(4F) 406号室
     大阪市中央区谷町7丁目4-15(谷町7丁目交差点西入る)

■受講料:無料

■締切り:平成25年12月4日(木) 必着

■問合せ:日本経営士協会 関西支部
>> http://www.jmca-kansai.net/toiawase/inquiry.html

●詳細情報・受講申込み
>> http://www.jmca-kansai.net/seminar/sem131207.htm



■ e-Learning ロジカル・シンキング  ――■

 ネットにて開催いたしますので、皆様のご都合に合わせて、いつでも、どこでも受講できます。

◆ 開催要項

・開催時期: 開講中(いつでも受講可能)
・受講要件: ブロードバンドによるインターネット利用環境のある人
受 講 料: 無料
・監  修:今井信行氏
      日本経営士協会 理事長
      http://www.jmca.or.jp/meibo/pd/0017.htm

◆ 概要

「論理的とは何か」の基本から、ロジカル・シンキングの習得法やその基本的知識を学び、各種ツールの使い方で実務への利用法を体得できます。「1.ロジカル・シンキングとは」「2.基本手法とツール」「3.ピラミッドストラクチャー」「4.ロジックツリー」「5.枠組み型ツールと流れ型ツール」など、ステップを踏んで学びます。e-Learningですので、自宅にいながら、自分の都合の良い時間帯に受講できます。わからない部分は繰り返し聴講することも可能で、ロジカル・シンキング基本習得に適しています。

◆ 受講説明

下記サイトにて、受講手順をご覧になり、お申し込み下さい。

http://www.glomaconj.com/elearning/jst-logicalthinking/logicathinkingjst.htm
※本講座は技術者向けに作成されていますが、経営コンサルタントを始め、いろいろな分野の方にも適しています

◆ 日本経営士協会会員の受講

・受講方法:上記サイトにて、概要を確認の上、お申し込み下さい。

 http://info.jmca.or.jp/seminar/301/detail/kiso8-con_logicalthink.htm

・日本経営士協会会員の受講特典

受講後、受講報告及びレポート審査により、合格者には単位を認定します。

【 注 】当該e-Learningの内容や利用法は、日本経営士協会では関知いたしません。


■■【経営コンサルタントのセミナー】 日本経営士協会主催

給食のオバサンだった私が下北沢で自分の店を持ちつつ
デザイナーで社長をやれている理由

12月21日 (土)
 日本経営士協会 横浜経営支援センター
 企業家物語 ■ 給食のオバサンだった私が下北沢で自分の店を持ちつつ デザイナーで社長をやれている理由
コヤナギユウ横浜
12月18日
(水)
 日本経営士協会 首都圏支部 中小企業経営革新塾
 協賛:公益財団法人 大田区産業振興協会 会場:大田区産業プラザPIO ■ 5Sから学ぶ「手段志向」が企業を変える ~「5S」の徹底が社員の思考・共有意識を変える ~
経営士  榎本 昭雄 氏東京
12月12日
(木)
 「知修塾」 ~ 知修塾で”共育”し、表現力をつけよう ~
  今月のテーマ「チームマネジメント」チームの課題を把握する経営士補  戸板 武志 氏 経営士補  原田 純 氏
コーディネーター  酒井 闊 氏(日本経営士協会 経営士)東京
12月7日
(土)
 日本経営士協会関西支部 年末公開講演会
 ■ 成功している企業を解体する ~ 何処が違うかを追求し、手法を習得する ~
経営士  今井 信行 氏(日本経営士協会 理事長) 経営士  藤原 久子 氏(日本経営士協会 専務理事)大阪
12月4日
(水)
 日本経営士協会 初級財務研修
  第7回 初級財務研修 決算書分析演習<1>
経営士・税理士  谷澤 佳彦 氏(日本経営士協会 理事)東京

◆ 公的機関(e-中小企業ネットマガジン)からの情報を、掲載条件に基づいてお届けしています。

  北海道・東北 関東・首都圏 中部 近畿 中国・四国 九州

 毎日複数本発信 

今日のブログ
今日は何の日
今日の出来事
今日の独断解説
必見経営情報
  


2013年11月29日

■■【経営マガジン】 11月29日号 経営とコンサルティング

■■【経営マガジン】 11月29日号 経営とコンサルティング


icon30
 経営コンサルタント歴35年の経験から、

  ◇ 経営者・管理職の皆様
  ◇ 経営コンサルタントを目指す人
  ◇ プロの経営コンサルタント

の皆様に、時宜に即した情報を、下記のテーマでお届けしています。

  ◇ 独善解説
  ◇ 今週の出来事
  ◇ 今日は何の日
  ◇ セミナー案内
  ◇ 経営情報

icon22
【今日のブログ】 ←クリック

 本日お届けした、その他の記事が掲載されています。

今 日 の 出 来 事  

【今週の注目】ポイントを掴むと見えるものが異なってくる 漠然とものを見るのではなく、今何がポイントなのかを押さえてみると、それまで見えなかったものが「視える」ようになります。  今週の動きを、NHKニュース、日経サイト他を参照して、独断と偏見で項目を選んでみました。また、最新記事を時系列的に掲載している【独り言】コーナーも併せてご覧下さると一層ヒントを得られやすくなります。

11月25日(月)日銀:黒田総裁がパリ・ファイナンシャル・フォーラムで講演民間:外食売上高、米倉経団連会長記者会見アメリカ:仮契約住宅販売指数パリ・ユーロプラス主催のファイナンシャル・フォーラムシンガポール:消費者物価指数(CPI)26日(火)日銀:金融政策決定会合議事要旨、企業向けサービス価格指数アメリカ:消費者信頼感指数、住宅着工件数、S&Pケース・シラー住宅価格指数シンガポール:鉱工業生産指数27日(水)アメリカ:景気先行指標総合指数、消費者態度指数確報値、耐久財受注額、シカゴ購買部協会景気指数ブラジル:中銀政策金利発表タイ:中銀金融政策決定会合28日(木)財務省:貿易統計経産省:商業販売統計速報民間:自動車各社生産・販売実績、建設機械出荷額アメリカ:感謝祭(祝日)ドイツ:失業率中国:工業企業利益フィリピン:国内総生産(GDP)29日(金)内閣府:地域経済動向経産省:鉱工業生産指数速報総務省:完全失業率、消費者物価指数(CPI)、家計調査厚労省:有効求人倍率国交省:住宅着工戸数民間:自動車生産・輸出実績ユーロ圏:消費者物価指数速報値(HICP)、失業率【Wikipedia】 CPI消費者物価指数(Consumer Price Index)は、消費者が実際に購入する段階での、商品の小売価格(物価)の変動を表す指数。
今 日 の 独 善 解 説   
【経営コンサルタントの独り言】   独断と偏見で、その日のNHK、日経などのニュースや話題などを、タイミング良く、できるだけ公平公正にお伝えしたいと思います。また、最後に私なりの私見も付けることがあります。読者の皆様からは「わかりやすい」をお褒めの言葉をいただいています。最新記事を時系列的に掲載しているまとめて【独り言】コーナーも併せてご覧下さると一層ヒントを得られやすくなります。
■ 技術のゆくえ 2013/11/27 NHKのクローズアップ現代という長寿番組は、キャスターの国谷裕子氏のお人柄にもよりますが、テーマの採り上げ方がすばらしい。 11月26日は、「ウェアラブル革命 ~“着るコンピューター”が働き方を変える~」というテーマでした。 メガネ型端末や通信機能が付いた腕時計という、SFぽい電子機器で、身につけることができるという意味で「ウェアラブル・コンピューター」と言います。2016年には1億台以上が普及すると予測されていると言いますので、時代の変化の早さを感じますね。 これらの機械は日常生活を便利にするだけではなく、私たちの働き方を根本から変える言われています。メガネ型端末をベテラン看護師に付けさせ、それを利用して派遣社員でもできるようになるというのですから驚きです。 社員証型の端末で社員の動きや会話をくまなく収集し、業務改善に使うという利用法も紹介されました。 一方で、スマホを身ながらの自転車や自動車運転も問題視されていますが、利用者のモラルの高揚が一層強く求められますね。【上記以前の最近の記事】 ←クリック
【今月の経営コンサルタントの独善解説】 ←クリック【総集編】 直近の情報を集約しました。◇ 2013年 10月の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック◇ 2013年 9月下旬の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック◇ 2013年 9月中旬の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック◇ 2013年 9月上旬の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック◇ 2013年 8月下旬の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック◇ 2013年 8月中旬の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック◇ 2013年 8月上旬の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック
 今 日 は 何 の 日
 
季節の移ろいを見せる毎日ですが、毎日が変化の日です。今日は何なのかを起点に、経営の視点で物事を見て、徒然に自分の思いを記述した、エッセーとは異なる文章にまとめてみました
 今日は何の日 総合インデックス日付を指定して【今日は何の日】を閲覧できます

 税関記念日 2013/11/28

 11月28日は「税関記念日」です。現在の財務省に当たる大蔵省が、1952(昭和27)年に制定しました。

 1872(明治5)年11月28日に、当時「運上所」と呼んでいた機関を「税関」という名称に統一しました。

 税関(Customs)は・・・・・
 <続き> ←クリック

11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  先月   来月
 経 営 情 報 ・ セ ミ ナ | 案 内
◆ 公的機関(e-中小企業ネットマガジン)からの情報を、掲載条件に基づいてお届けしています。

◆中小企業投資促進税制の上乗せ措置について紹介します

中小企業・小規模事業者の設備投資を応援する中小企業投資促進税制が延長・拡充されることになりました。拡充後の上乗せ措置について、紹介ます。

詳しくは、以下サイトをご覧下さい。
http://www.chusho.meti.go.jp/zaimu/zeisei/2013/131114sokusinzeisei.htm

◆「 SNSの友達申請に注意!」
 ~ Facebookで乗っ取り被害に遭わないために ~

 Facebook、Google+、mixiなどのSNSや、Twitterなどのミニブログサービスが悪意ある者から狙われるようになりました。IPAの安心相談窓口にも「自分になりすまして友達申請された」といった相談が続いており、特にFacebookに関する相談が多い状況です。

 Facebook社は、偽アカウントを3つ用意して乗っ取りに用いる方法に対する対策として、「信頼できる連絡先」機能を提供していますが、利用者がうっかりしていると、依然として同じような方法で被害に遭う恐れがあります。

 IPAのWebサイトでは、乗っ取りの被害例とともに、3つの偽アカウントを用いる仕掛けと、それを防ぐための注意点を解説しています。

詳しくは、以下サイトをご覧下さい。
http://www.ipa.go.jp/security/txt/2013/11outline.html

◆平成24年度地域需要創造型等起業・創業促進事業(第3回募集)を行っています

中小機構では、新たに起業・創業や第二創業を行う女性や若者に対して、その創業などに要する経費の一部を補助する事業の公募を行っています。

[募集締切]12月24日(火)【必着】

詳しくは、以下サイトをご覧下さい。
http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/sogyo/2013/130919Chiiki.htm




■大阪:関西支部 年末公開講演会 ―――■

 成功している企業を解体する
 ~ 何処が違うかを追求し、手法を習得する ~

 【講師】 経営士  今井 信行 氏(日本経営士協会 理事長)
      経営士  藤原 久子 氏(日本経営士協会 専務理事)




■概 要

 中小企業には、まだアベノミクス効果が充分に波及してきていませんが、そのような中でも成功している企業、元気な会社があります。成功している企業とそうでない会社ではどこが違うのか、元気な会社になる為にはどうしたらよいのでしょうか、事例を紹介しながらのケーススタディで成功する経営のポイントを紐解いていきます。

 また、会社を元気にするには、何を、どうのようにしたら良いのか、経営コンサルタント歴40年近いプロの経営コンサルタントが、実際に使っている方法をご紹介いたします。

 ケース紹介では、実際に経営している社長さんにご登場願い、生の声で紹介します。企業の経営者・管理職は基より経営コンサルタントや税理士をはじめとする士業の先生がたにも、単なる理論的なお話だけでなく、クライアントを元気にする具体的なノウハウ的手法を学びとって頂きます。

■日 時:平成25年
12月7日(土) 13:30~15:30

■会 場:大阪府社会福祉会館(4F) 406号室
     大阪市中央区谷町7丁目4-15(谷町7丁目交差点西入る)

■受講料:無料

■締切り:平成25年12月4日(木) 必着

■問合せ:日本経営士協会 関西支部
>> http://www.jmca-kansai.net/toiawase/inquiry.html

●詳細情報・受講申込み
>> http://www.jmca-kansai.net/seminar/sem131207.htm


全国共通
   北海道・東北 関東・首都圏 中部 近畿 中国・四国 九州

◆第4回「キャリア教育アワード」(経済産業大臣賞)を実施します

経済産業省では、昨年度に引き続き、子供や若者たちに対して、仕事のやりがいや、学校での学びと実社会とのつながりを伝える「キャリア教育」に取り組む企業などの活動を表彰する「キャリア教育アワード」(経済産業大臣賞)を開催します。

[公募期間]8月19日(月)~
11月29日(金)

詳しくは、以下サイトをご覧下さい。
http://www.meti.go.jp/press/2013/08/20130819001/20130819001.html


 毎日複数本発信 

今日のブログ
今日は何の日
今日の出来事
今日の独断解説
必見経営情報
╡  


2013年11月29日

■■【経営コンサルタント起業日記】11月第5週企業経営を斬る

■■【経営コンサルタント竹根の起業日記】11月第5週  「企業経営を斬る」最終回


 
 【小説・経営コンサルタント竹根の起業日記】は、10年のサラリーマン生活をしてきた竹根好助35歳の経営コンサルタントとしての独立起業日記です。
 これから経営コンサルタントとして独立起業しようと考えている人の参考となることを願い、経営コンサルタントとしての実践を経験的に語るつもりです。

 経営コンサルタント起業日記を読むポイント

 日記の主であります私(竹根)は、35歳の商社マンです。産業機械部第一課課長、2013年4月1日に経営コンサルタントという職業に関心を持ちました。
 最近、部長とぶつかることが多い竹根である。商社の限界を感じたり、経営コンサルティング業による社会貢献のすばらしさがわかってきたり、ついにはヘッドハンターからコンタクトがあったりと揺れ動く竹根。サラリーマンを辞めるのでしょうか、それとも、別な道があるのでしょうか。
 迷った挙げ句、部長に退職願を提出した。

 毎日20時30分頃発信しています。ただし、一部は翌朝の発行となることもあります。

【注 】
 ここに記載されていることは実在の企業とは何ら関係ありません。

  【あらすじ】 【登場人物】 【作者紹介】 ←クリック

◇ 「企業経営を斬る」最終回

 十一月二七日は、明和大学リバティアカデミー講座「企業経営を斬る」の最終回であった。明和大学経営学部教授で、この講座のコーディネータをしているS氏が講師として「不要を斬った会社は伸びてゆく」というテーマで締めくくられた。


 この講座全体は、ケーススタディを基に、会社にとって「不要なもの」を削ぎ落し、企業の大切なものを明らかにするというコンセプトであった。企業が抱える問題点等が明確になり、経営コンサルタントとして来週から再スタートする私にとっては大変有り難い講座であった。

 今までとは違う視点で、物事を観ることにより、異なった見え方をすることを実感した二ヶ月であった。

【 注 】 日記から週記へ

 2013年11月24日から、日記ではなく「週記」になりました。週のうちに数回新規記事をアップロードします。また、逐次部分改訂をしますので、引き続き毎日ご覧下さると幸いです。


 前号の【経営コンサルタント竹根の起業日記】 ←クリック
  【 注 】 切り替えタイミングによって、前号掲載がないことがあります。


  ■■「経営コンサルタントへの道」  ←クリック



経営コンサルタントを目指す人の60%が訪問するページ