2013年12月20日

■■【経営者の健康講座】 インフルエンザの完全対策 5

■■【経営コンサルタント・経営者の健康講座】 インフルエンザの完全対策 5

◆ 2つの型のインフルエンザが大流行<5>

 異なる2つのインフルエンザが大流行し始めています。NHKの放映をもとに6回にわたってご紹介しています。

 特に注意しなくてはならない人は、子どもや高齢者、妊娠している人、喘息、糖尿病や心疾患などの持病のある人は感染しやすく、重症化しやすいとされています。

 インフルエンザの代表的な症状を紹介しておきます。

・インフルエンザの特徴は38度以上の熱が出ます。

・せきや喉の痛みはかぜと共通するところもあります。

・けんたい感や関節の痛みなど全身に症状がでます。


 感染経路としては、飛沫感染と接触感染があります。これを防ぐには、どうしたらよいのでしょうか。

・なるべく人混みを避ける。

・マスクをする

・外出後はアルコール消毒やうがい、手を洗うこと。

 新型ウィルスが出現した2009年には、感染しないようにという意識が強かったようで皆マスクをしていましたが、いまはどうでしょう。

 感染している人が、他の人にうつさない心がけがとしてマスクが必要です。感染していなくても、せきやくしゃみが出る場合も、マスク着用や咳エチケットが呼びかけられています。


  続く

  


Posted by 経営士 at 22:30Comments(0)一口情報

2013年12月20日

■■【歴史に学ぶ経営】 三成の引き際と散り方

■■【歴史に学ぶ経営】 三成の引き際と散り方


 「原点に返る」「歴史は繰り返す」という言葉があります。歴史をひもとくと、我々に大きな示唆を与えてくれます。視点を変えると経営にも活かせることがたくさんあります。


 ところが、それに気づかないことが多いのです。皆さんの気づきの一助になればと考えてお届けします。


■ 石田三成の引き際と散り方


 中小企業にとって事業承継は大きな問題であり、それに関連する経営相談は後を絶たないほどです。経営士・コンサルタントの中には事業承継専門の先生もいるほどです。


 歴史的に見ても、みっともない幕引きをした人が多い中、独立行政法人中小企業基盤整備機構のサイトで見つけた、意外と知られていない引き際をご紹介します。


 石田三成というと関ヶ原の合戦での大敗であまり良い印象を持たない人も多いかも知れませんが、彼の「死ぬまでは大志に生きる」という生き方はよく知られています。


 ご存知のように光成は、関が原の合戦で西軍が敗れた後、すぐに自害した星群武将の中でもすくない戦場離脱組で、山中に隠れる行動をとりました。村人は彼をかくまうのですが、その村人に害がおよぶのを心配して、東軍に下ります。


 これを思いやりある武将とみるのか、最悪の退き際と見るのか別れるところです。


 家康配下の武将のなかには、「軽挙妄動して兵を挙げ、敗れても自害もせず、捕らえられて生き恥をさらす」ということに痛烈な批判の声が上がりました。これに対して 「敗れて腹を切るなどは葉武者のやること。源頼朝は石橋山の敗戦後、洞穴に身を隠した。その心がおまえにはわかるまい」と三成は返したと言います。


  歴史に詳しい方はご存知でしょうが、頼朝はその後、再起を果たしたのです。三成は、この頼朝の故事を引きながら「死ぬまでの間は再起を望むことこそが真の武士である」と主張したので、自害することこそが「逃げ」と考えたのでしょう。


 三成が処刑直前に、水を所望したのに対し、「水はないが、干し柿がある。水の代わりに柿を食せ」と言われたたが、しかし三成は「干し柿は胆の毒なのでいらない」と答えたという。死ぬ間際に毒の心配をする三成の心は、生の可能性が多少なりとも残っている状況で、最後の最後までがんばったのです。豊臣家の再興という大志をもってのことでしょう。


 経営は生き物と言われますから、ちょっとした失敗だけで倒産してしまうこともあれば、ちょっとした工夫で大成功に繋がることもあります。経営が苦しいからと言って、企業を投げ出しては「ゴーイングコンサーン(企業の永続性)」の基本に反することになります。頼朝や三成に学んで、最後の最後まで知恵を絞ることを諦めてはならないと思います。


 しかし、そうなる前に、経営者は手を打つべきです。


■■ 社長・役員・管理職のしりとく情報  ←クリック

■■ 経営コンサルタント開業 5つの要諦 ←クリック



  


Posted by 経営士 at 21:28Comments(0)一口情報

2013年12月20日

■■【日本経済の読み方】  無線LANのただ乗り

■■【日本経済の読み方】  無線LANのただ乗り

 時代の流れを時系列的に見ると、見えないものが見えてきます。NHKの放送や新聞・雑誌などを見て、お節介心から紹介しています。


独善解説


◆“ただ乗り”を するなさせるな 無線LAN

 IPAでは、平成23年4月に、家庭内において適切なセキュリティ設定がされていない無線LAN環境が他人に使われてしまわないよう、注意喚起を行いました。しかし、未だに、家庭内における無線LANのセキュリティ設定が適切でない例が見受けられます。

 無線LANを介してインターネットに接続できる機器(ノートパソコン、携帯型ゲーム機、スマートフォン、タブレット端末、携帯音楽プレーヤーなど)やそれらを持ち歩く利用者が増えていることから、知らないうちに家庭内の無線LANが無断で利用されてしまう可能性は2年半前に比べて高まっています。

 本年10月には、このいわゆる“ただ乗り”により殺人予告等を書き込んだとして未成年者が逮捕されたとの報道がありました。

 今月の呼びかけでは、無線LAN環境を“ただ乗りされた場合”と“ただ乗りした場合”における危険性について解説し、対策を示しています。

詳しくは、以下サイトをご覧下さい。
http://www.ipa.go.jp/security/txt/2013/12outline.html

■ 第134回中小企業景況調査 2013/12/19

 中小企業景況調査報告書によりますと「中小企業の業況は、緩やかに改善している」と、アベノミクス効果が、中小企業でも表れてきているようです。

・ 全産業の業況判断DIは、マイナス幅が縮小した。

・ 産業別に見ると、製造業は5期連続でマイナス幅が縮小し、非製造業もマイナス幅が縮小した。

(1) 2013年10-12月期の全産業の業況判断DIは、(前期▲18.7→)▲13.8(前期差4.9ポイント増)となり、マイナス幅が2期ぶりに縮小した。

(2) 製造業の業況判断DIは、(前期▲15.1→)▲6.7(前期差8.4ポイント増)とマイナス幅が縮小し、過去最高水準を更新した。業種別に見ると、電気・情報通信機械器具・電子部品、食料品、パルプ・紙・紙加工品など12業種でマイナス幅が縮小し(そのうち鉄鋼・非鉄金属、輸送用機械器具、金属製品など6業種はプラスに転じ)、化学、窯業・土石製品の2業種でマイナス幅が拡大した。

(3) 非製造業の業況判断DIは、(前期▲19.6→)▲16.1(前期差3.5ポイント増)となり、マイナス幅が縮小した。産業別に見ると、建設業、小売業、卸売業、サービス業の全4業種でマイナス幅が縮小した(そのうち建設業はプラスに転じた)。

(4) 全産業の資金繰りDIは、(前期▲16.0→)▲14.1(前期差1.9ポイント増)、長期資金借入難易度DIは、(前期▲8.4→)▲7.1(前期差1.3ポイント増)とマイナス幅が縮小し、短期資金借入難易度DIも、(前期▲5.1→)▲4.4(前期差0.7ポイント増)とマイナス幅が縮小した。

詳しくは、以下のサイトをご覧下さい。
http://www.chusho.meti.go.jp/koukai/chousa/keikyo/index.htm

■ 日銀短観改善が数値に 2013/12/17

 3か月ごとに実施されます日銀短観(企業短期経済観測調査)によりますと、大企業製造業の景気判断は4期連続で改善しました。円安傾向が続き、輸出や海外事業の採算が改善していることが主要因です。

 気になります中小企業におきましては、製造業も非製造業も改善した結果でした。中小企業の景気判断がプラスに転じたのは、製造業ではリーマンショック前の平成19年12月以来6年ぶりとなります。非製造業においては平成4年2月以来のことで、21年10か月ぶりです。

 この数値を反映して、大企業も中小企業も、従業員が不足していると感じている企業が多くなってきています。

 円安で採算が改善した自動車など輸出関連企業のほか、消費増税前の住宅の駆け込み需要や公共事業の増加で受注が増えた建設業などを中心に、人手の不足感が強まっているためとみられます。

 しかし、数値面にようやくアベノミクス効果が現れたと言いましても、すぐに採用の拡大や賃金の上昇に波及するかどうかは楽観視できません。景気回復が本格的なものかどうか、断言はできかねます。

◇日銀短観:全国約1万社を対象に調査。景気が「良い」から「悪い」と答えた企業の割合の差。

■ 企業物価の大幅上昇と懸念 2013/12/12

 アベノミクスでは、消費者物価を2%アップさせることを主目標にしています。

 消費者物価を上げるには、企業からの卸屋小売価格を上げることが必要です。

 2010年平均を100とした指数で11月は102.6となり、指数が前年を上回るのは8か月連続となります。それだけではなく、上昇幅は、2008年10月以来、5年1か月ぶりの大きさになりました。

 企業間取引の価格の動きを示します「企業物価指数」は、2012年同月比で2.7%の上昇となり、5年1か月ぶりの上昇幅です。好調な住宅建設を背景に、鉄くずや木製品などが大幅に値上がりしていることが主因です。

  鉄くずなどのスクラップ類 38.1%
  製材・木製品        13.9%
  石油・石炭製品       12.6%

 日銀集計によりますと、820の品目のうち、前年より上昇したのは390品目あり、下落したのは302品目と、3か月連続で上昇した品目が下落した品目を上回りました。

【コメント】

 企業間取引の値上がり分野が拡大していますので、今年度末時点では、消費者物価上昇率は1%に達し、アベノミクスの2%への実現は1~2年内に達するかもしれません。来年4月の消費税率8%のみならず、10%へ向かって着々と進み、安倍さんはニコニコしているでしょう。

 一方で、今後は、エネルギー価格への円安の影響が一巡するとみられ、これらの要因が企業物価にどう影響するか注視しなければなりません。2%と考えていたのが大きくそれを超えてインフレに一挙に張ってしまう可能性もあります。

 円安傾向が続いています。取り分けたいユーロでは140円前後となっていますので、一時的には東南アジア重視から、ヨーロッパに重点をおく輸出へと切り替える企業が多いのではないでしょうか。


■ 法人事業税の再配分は効果的か 2013/12/10

 地方自治体間の財政力に格差があり、それを解消すべく各自治体が努力をしています。その一環が、ふるさと納税でしょう。

 政府もこの格差を平準化するための方策を検討しています。

 2008年度から実施してきています、重要な地方税としての法人事業税の再配分を来年度から現在の3分の2に縮小する方針です。税制抜本改革までの臨時措置であるため、規模を徐々に縮小していきます。消費税が10%になると気には、これを廃止することも検討されているようです。

 一方で、法人住民税のうち、6千億円程度を財政の厳しい自治体に再配分する仕組みを導入します。

 法人住民税の一部を国税にして税収の少ない自治体に配る制度を導入する方向です。

 東京都など豊かな自治体にもお金が流れる仕組みですので、それに対する反対意見も出るかもしれません。格差是正の効果が大きくなるかどうか、再配分法案が決まってみないと何とも言えないと思います。

 毎日複数本発信 

今日のブログ
今日は何の日
今日の出来事
今日の独断解説
必見経営情報


  


Posted by 経営士 at 21:00Comments(0)時代の読み方05

2013年12月20日

■■【経営情報・セミナー案内】公的機関主催 関東・首都圏 他

■■【経営情報・セミナー案内】公的機関主催 関東・首都圏 他

icon30
 経営コンサルタント歴35年の経験から、

  ◇ 経営者・管理職の皆様
  ◇ 経営コンサルタントを目指す人
  ◇ プロの経営コンサルタント

の皆様に、時宜に即した情報を毎日お届けしています。

 【経営情報・セミナー案内】号は、e-中小企業ネットマガジンの転載ルールに基づき、公的機関主催のセミナーや各種情報をお届けしています。


icon22
【今日のブログ】 ←クリック

 本日お届けした、その他の記事が掲載されています。

 
経営情報セミナー案内


関東・首都圏
   北海道・東北 中部 近畿 中国・四国 九州

◆「テクニカルショウヨコハマ2014」カタログ・パネル展示出展者を募集しています

(公財)神奈川産業振興センターでは、『テクニカルショウヨコハマの本出展はできなかったけど、製品情報を広く提供をしたい』と考えていらっしゃる経営者の方を対象にカタログ・パネル展示コーナーへの出展者を募集しています。この機会に出展して、新たなビジネスを広げませんか?

[日 時]2月5日(水)~7日(金)10:00~17:00
[場 所]パシフィコ横浜(横浜市西区)
[出展料(消費税込み)]
 1.カタログ展示 21,000円
   ただし、テクニカルショウヨコハマ出展者は、10,500円
 2.パネル展示 52,500円
[出展申込期限]
 平成25年12月20日(金) *満小間となり次第〆切(先着順)

*テクニカルショウヨコハマ出展者とは、スタンダードブース、スペースブース、インキュベート企業適用ブースのいずれかの出展者です。
http://www.tech-yokohama.jp/tech2014/catalog.html

◆「一日中小企業庁in ぐんま」を開催します 
 ~はばたけ!群馬の中小企業~

平成26年1月29日(水)に群馬県高崎市で「一日中小企業庁inぐんま」を開催します。平成25年度補正予算や平成26年度予算などの最新の中小企業関連施策の紹介、「海外展開」や「新事業展開」をテーマにした意見交換会、特別講演、無料経営相談、交流会などを行います。中小企業者や支援者の方々はもちろん、中小企業施策に関心のある方はどなたでも参加できます。中小企業庁や群馬県の幹部方をはじめ中小企業支援機関等の関係者も一堂に会する貴重な機会ですので、是非ご参加ください。なお、事前の登録が必要になります。
詳しくは、以下のサイトをご覧下さい。
http://www.1day-smea.jp/gunma/

◆英文契約書講座(基礎編)を開催します

ジェトロでは、主に海外取引に携わる方を対象に、英文契約書の読み方と、有利な契約書・契約内容を締結するための国際交渉のコツを学び、様々な取引体系に対処するスキルを身につけることを目的とした講座を開催します。

[日 程]2月3日(月)、4日(火) 9:30~16:30
     *ただし、3日(月)は、16:30以降、交流会を開催予定
[場 所]ジェトロ本部 (東京都港区)
[参加費]20,000円/人
    (ただし、会員(中国経済情報研究会、農水産会員含む)は10,000円)
[定 員]20名(先着順、1社1名、定員に達し次第受付終了)
[申込締切]
12月20日(金)
http://www.jetro.go.jp/events/item/20131204090/

◆自家発電設備等導入費用助成事業

 今年度からLEDランプの交換が対象に加わりました。
 申請はお早目に(申請期限:
12月27日)  
 http://www.tokyo-kosha.or.jp/topics/1107/0017.html

◆採用担当者育成セミナー(募集・採用編)(全3回)
 (1月8日、15日、22日/受講無料)
 http://www.tokyo-kosha.or.jp/topics/1310/0007.html

◆「ライフイノベーション実現に向けての産学連携
 ~他の製造業からの新規参入~ 」

特定非営利活動法人 産学連携学会 シンポジウムを開催します。近年、医療分野は、成長産業として注目を集めているものの、薬事法などの産業とは異なるビジネス環境にあり、参入障壁は他の産業よりも高いものとみられています。しかしながら、足りない部分を産学連携により補い、参入を成し遂げた企業も少なからず存在しています。産学連携学会では、産学連携を活用して、他の製造業からの新規参入で事業化に至った大企業および中小企業に事例を報告していただき、参入の条件・ノウハウ・課題などを探っていくシンポジウムを開催します。

[日 時]1月9日(木)13:30~18:45(意見交換会は、17:15~)
[場 所]芝浦工業大学芝浦キャンパス(東京都港区)
[参加費]無料(ただし、意見交換会は、3,000円/人)
[定 員]100名(ただし、意見交換会は50名)
      *定員になり次第、締め切り
http://kokucheese.com/event/index/127600/

◆平成25年度知的財産活用研修【検索コース】(第2回)受講者を募集しています

工業所有権情報・研修館では、特許情報を活用して、研究のテーマ・方向性を決定するための検索や、特許出願・審査請求の要否の判断をするための検索を的確に行うことができる人材の育成を目的とした研修を開催します。

[日 時]平成26年2月26日(水)~28日(金)
[場 所]東京都千代田区内 
[募集人数]40名(先着順 定員になり次第、締め切ります)
[受講料]31,000円(中小企業の経営者などは免除あり)
[募集期限]平成26年1月9日(木)17時
http://www.inpit.go.jp/jinzai/kensyu/venture/kensaku/25kenshu.cyu2.html

◆これだけは知っておきたい経営に必要な法律 ~労働関係編~(1)
 (1月10日/¥8,000)
 http://www.tokyo-kosha.or.jp/topics/1310/0009.html

  出典: e-中小企業ネットマガジン


お勧めセミナー

■東京:知修塾 ―――■

 今月のテーマ「チームマネジメント
 
 (1) 時間がたつとチームは変わる  一般会員  我妻 隆吉 氏
 (2) 時限を持つチームを動かす   経営士   徳永 誠 氏
 
【コーディネーター】 経営士  酒井 闊 氏
           http://www.jmca.or.jp/meibo/pd/2091.htm?s

■概 要

 知修塾では、コンサルタントとして要求される能力の中でも、主に知識の修得と表現力を養うことを目的としています。

 知識の修得面では、当日のテーマについて、講演テーマと講演テーマ以外のテーマに関し、意見交換を行い、知識を広めていきます。

 統一教材「チームマネジメント」を中心に、「チームという組織の重要性、チームの運営・管理」をテーマとして採り上げ、チーム組織を経営に生かす「経営管理」を習得します。講演のテーマは、自分の得意分野や苦手の分野あるいは注力したい分野のテーマ作りを行い、調査・整理して、参加する方々を前にしてプレゼンテーション(報告)を行います。

 参加者は、そのプレゼンテーションの方法・内容に関して議論・討論を通して知識と表現力・実戦力を修得をしてゆきます。

 また、アドバイザー、コーディネーター、をはじめ参加者全員で、当日のテーマの範囲で、講演テーマ以外のテーマについても意見を交わし、知識を広げ、コミュニュケーション力を修得します。

日 時:平成26年1月9日(木) 19:00~20:45

■会 場:白王ビル2F 大ホール
     東京都文京区後楽2-3-10 白王ビル2F
     http://www.jmca.or.jp/pdf/JMCA_Map.pdf

■受講料:塾員以外の方でも下記受講料で受講できます
     ビジター 2,000円/回
     会員   1,000円/回
     塾員   無料

■対 象:経営コンサルタントに関心ある人
     経営知識を吸収したい人
     人前で話をする技術を習得したい人
     プレゼンテーション技術を習得したい人

■問合せ:日本経営士協会 事務局
>> http://www.jmca.or.jp/toiawase/

●詳細情報
>> http://info.jmca.or.jp/seminar/301/detail/chi20131212.htm

■ e-Learning ロジカル・シンキング  ――■

 ネットにて開催いたしますので、皆様のご都合に合わせて、いつでも、どこでも受講できます。

◆ 開催要項

・開催時期: 開講中(いつでも受講可能)
・受講要件: ブロードバンドによるインターネット利用環境のある人
受 講 料: 無料
・監  修:今井信行氏
      日本経営士協会 理事長
      http://www.jmca.or.jp/meibo/pd/0017.htm

◆ 概要

「論理的とは何か」の基本から、ロジカル・シンキングの習得法やその基本的知識を学び、各種ツールの使い方で実務への利用法を体得できます。「1.ロジカル・シンキングとは」「2.基本手法とツール」「3.ピラミッドストラクチャー」「4.ロジックツリー」「5.枠組み型ツールと流れ型ツール」など、ステップを踏んで学びます。e-Learningですので、自宅にいながら、自分の都合の良い時間帯に受講できます。わからない部分は繰り返し聴講することも可能で、ロジカル・シンキング基本習得に適しています。

◆ 受講説明

下記サイトにて、受講手順をご覧になり、お申し込み下さい。

http://www.glomaconj.com/elearning/jst-logicalthinking/logicathinkingjst.htm
※本講座は技術者向けに作成されていますが、経営コンサルタントを始め、いろいろな分野の方にも適しています

◆ 日本経営士協会会員の受講

・受講方法:上記サイトにて、概要を確認の上、お申し込み下さい。

 http://info.jmca.or.jp/seminar/301/detail/kiso8-con_logicalthink.htm

・日本経営士協会会員の受講特典

受講後、受講報告及びレポート審査により、合格者には単位を認定します。

【 注 】当該e-Learningの内容や利用法は、日本経営士協会では関知いたしません。


■■【経営コンサルタントのセミナー】 日本経営士協会主催

給食のオバサンだった私が下北沢で自分の店を持ちつつ
デザイナーで社長をやれている理由

1月15日 (水)
 日本経営士協会 首都圏支部 中小企業経営革新塾
 協賛:公益財団法人 大田区産業振興協会 会場:大田区産業プラザPIO ■ RoHS等有害化学物質対策はお済みですか ~ 直接・間接を問わず、製品を輸出する中小製造業にとって、 有害化学物質対策は必須です ~
経営士  俵 一史 氏東京
1月9日
(木)
 「知修塾」 ~ 知修塾で”共育”し、表現力をつけよう ~
  今月のテーマ「チームマネジメント」(1)時間が経つとチームは変わる一般会員 我妻 隆吉 氏(2)時限を持つチームを動かす 経営士  徳永 誠 氏
コーディネーター  酒井 闊 氏(日本経営士協会 経営士)東京
1月7日
(火)
 日本経営士協会 初級財務研修
  第9回 初級財務研修 決算書分析演習<2>
経営士・税理士  谷澤 佳彦 氏(日本経営士協会 理事)東京


◆ 公的機関(e-中小企業ネットマガジン)からの情報を、掲載条件に基づいてお届けしています。

  北海道・東北 関東・首都圏 中部 近畿 中国・四国 九州

 毎日複数本発信 

今日のブログ
今日は何の日
今日の出来事
今日の独断解説
必見経営情報
  


Posted by 経営士 at 21:00Comments(0)■経営特訓教室

2013年12月20日

■■【経営マガジン】 12月20日号 経営とコンサルティング

■■【経営マガジン】 12月20日号 経営とコンサルティング



icon30
 経営コンサルタント歴35年の経験から、

  ◇ 経営者・管理職の皆様
  ◇ 経営コンサルタントを目指す人
  ◇ プロの経営コンサルタント

の皆様に、時宜に即した情報を、下記のテーマでお届けしています。

  ◇ 独善解説
  ◇ 今週の出来事
  ◇ 今日は何の日
  ◇ セミナー案内
  ◇ 経営情報

icon22
【今日のブログ】 ←クリック

 本日お届けした、その他の記事が掲載されています。

今 日 の 出 来 事  

【今週の注目】ポイントを掴むと見えるものが異なってくる 漠然とものを見るのではなく、今何がポイントなのかを押さえてみると、それまで見えなかったものが「視える」ようになります。  今週の動きを、NHKニュース、日経サイト他を参照して、独断と偏見で項目を選んでみました。また、最新記事を時系列的に掲載している【独り言】コーナーも併せてご覧下さると一層ヒントを得られやすくなります。

12月16日(月)日本・アラブ経済フォーラム(都内、~17日)日銀:企業短期経済観測調査アメリカ:ニューヨーク連銀景気指数、労働生産性指数確定値、鉱工業生産、設備稼働率、バーナンキFRB議長あいさつユーロ圏:PMI速報値、貿易収支ドイツ:PMI速報値フランス:PMI速報値中国:製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値17日(火)民間:長谷川同友会代表幹事・斉藤日本取引所グループCEO記者会見アメリカ:消費者物価指数(CPI)、経常収支、)住宅市場指数イギリス:消費者物価指数(CPI)ドイツ:景気予測指数18日(水)財務省:貿易統計アメリカ:、バーナンキFRB議長記者会見、住宅着工件数、連邦公開市場委員会(FOMC)結果発表ドイツ:Ifo企業景況感指数イギリス:英失業率、中銀金融政策委員会議事録19日(木)内閣府:景気動向指数改定値日銀:金融政策決定会合、資金循環統計民間:三村日商会頭記者会見、粗鋼生産量、全国百貨店売上高アメリカ:景気先行指標総合指数、フィラデルフィア連銀景気指数、中古住宅販売件数、北米地域半導体製造装置BBレシオ欧州連合(EU):首脳会議イギリス:小売売上高20日(金)日銀:黒田日銀総裁記者会見、金融政策決定会合結果発表民間:電力需要実績、スーパー・コンビニエンスストア売上高アメリカ:GDP確定値【用語解説】◇CPI:消費者物価指数(Consumer Price Index)は、消費者が実際に購入する段階での、商品の小売価格(物価)の変動を表す指数。(Wikipedia)◇日銀短観:全国約1万社を対象に調査。景気が「良い」から「悪い」と答えた企業の割合の差。
今 日 の 独 善 解 説   
【経営コンサルタントの独り言】   独断と偏見で、その日のNHK、日経などのニュースや話題などを、タイミング良く、できるだけ公平公正にお伝えしたいと思います。また、最後に私なりの私見も付けることがあります。読者の皆様からは「わかりやすい」をお褒めの言葉をいただいています。最新記事を時系列的に掲載しているまとめて【独り言】コーナーも併せてご覧下さると一層ヒントを得られやすくなります。
■ 遅刻常習者は、時間に厳しい人より30分”得”をしている?<1/4> 2013/12/20◆1 時間感覚と一五分前主義 子供の頃、遠足の日が近づいてくると、期待が膨らむ反面、なかなかその日が来ないでジリジリとした経験がおありの方は多いと思います。一方、年齢を重ねるにつれ、日々の経つのが早いものです。年の初めには、「つい先日新年を迎えたと思ったのに、もう○か月も経ってしまった」とか「ついこの間正月気分にいつまでも浸っていてはダメだと思っていたのに、今年も余すところ○日しか残っていない」などと思うことは、私だけでしょうか。 時間経過の速度は、人により異なりますし、同じ人でも、置かれている状況次第で、経過速度というのは異なると思います。 時間観念の強い人は、アポイントなどの約束の時間がありますと、「十五分前主義」などと約束より早めに約束の場所に着かないと不安でなりません。何とか約束の時間には間に合いそうだが、ギリギリになりそうだというと、移動中の電車の中で走りたくなってしまいます。相手に「ひょっとすると五分くらい遅れるかもしれません」などとスマホでメールを入れたりします。実際には、時間より数分早く着くなどの結果であることが多いのです。時間が気になりますと、ストレスとなり、それを蓄積した状態で相手に会うのでは、スムーズに行くはずの商談に差し障りがあるかもしれません。 <続く>■ 第134回中小企業景況調査 2013/12/19 中小企業景況調査報告書によりますと「中小企業の業況は、緩やかに改善している」と、アベノミクス効果が、中小企業でも表れてきているようです。・ 全産業の業況判断DIは、マイナス幅が縮小した。・ 産業別に見ると、製造業は5期連続でマイナス幅が縮小し、非製造業もマイナス幅が縮小した。(1) 2013年10-12月期の全産業の業況判断DIは、(前期▲18.7→)▲13.8(前期差4.9ポイント増)となり、マイナス幅が2期ぶりに縮小した。(2) 製造業の業況判断DIは、(前期▲15.1→)▲6.7(前期差8.4ポイント増)とマイナス幅が縮小し、過去最高水準を更新した。業種別に見ると、電気・情報通信機械器具・電子部品、食料品、パルプ・紙・紙加工品など12業種でマイナス幅が縮小し(そのうち鉄鋼・非鉄金属、輸送用機械器具、金属製品など6業種はプラスに転じ)、化学、窯業・土石製品の2業種でマイナス幅が拡大した。(3) 非製造業の業況判断DIは、(前期▲19.6→)▲16.1(前期差3.5ポイント増)となり、マイナス幅が縮小した。産業別に見ると、建設業、小売業、卸売業、サービス業の全4業種でマイナス幅が縮小した(そのうち建設業はプラスに転じた)。(4) 全産業の資金繰りDIは、(前期▲16.0→)▲14.1(前期差1.9ポイント増)、長期資金借入難易度DIは、(前期▲8.4→)▲7.1(前期差1.3ポイント増)とマイナス幅が縮小し、短期資金借入難易度DIも、(前期▲5.1→)▲4.4(前期差0.7ポイント増)とマイナス幅が縮小した。詳しくは、以下のサイトをご覧下さい。http://www.chusho.meti.go.jp/koukai/chousa/keikyo/index.htm【上記以前の最近の記事】 ←クリック
【今月の経営コンサルタントの独善解説】 ←クリック【総集編】 直近の情報を集約しました。◇ 2013年 11月の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック◇ 2013年 10月の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック◇ 2013年 9月下旬の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック◇ 2013年 9月中旬の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック◇ 2013年 9月上旬の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック◇ 2013年 8月下旬の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック◇ 2013年 8月中旬の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック◇ 2013年 8月上旬の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック
 今 日 は 何 の 日
 
季節の移ろいを見せる毎日ですが、毎日が変化の日です。今日は何なのかを起点に、経営の視点で物事を見て、徒然に自分の思いを記述した、エッセーとは異なる文章にまとめてみました
 今日は何の日 総合インデックス日付を指定して【今日は何の日】を閲覧できます

 デパート開業の日 2013/12/20

 「越前屋、おぬし悪よの~」と悪役として出てくる越前屋と間違えられそうな「越後屋」は、三越デパートの前身です。1904(明治37)年12月20日に、東京・日本橋にあった三井呉服店が三越呉服店と改称して、日本で最初のデパートが誕生しました。

 現在の商号である「三越」は
・・・・・ 
<続き> ←クリック

12月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  先月   来月
 経 営 情 報 ・ セ ミ ナ | 案 内
◆ 公的機関(e-中小企業ネットマガジン)からの情報を、掲載条件に基づいてお届けしています。

◆平成25年度補正予算案が閣議決定されました

詳しくは、以下のサイトをご覧下さい。
http://www.meti.go.jp/main/yosan2013/hosei1212.html

◆中小企業・小規模事業者の資金繰り支援を強化します

中小企業庁では、この度閣議決定された「好循環実現のための経済対策(12月5日)」及び「平成25年度補正予算案(12月12日)」を踏まえ、事業規模10兆円超の金融支援により、 中小企業・小規模事業者の方々の資金繰り対策に万全を期してまいります。

詳しくは、以下のサイトをご覧下さい。
http://www.meti.go.jp/press/2013/12/20131213004/20131213004.html

◆認定支援機関による経営改善計画策定支援事業の利用申請を受付けています

中小企業庁では、中小企業経営力強化支援法に基づき認定された経営革新等支援機関が中小企業・小規模事業者の依頼を受けて経営改善計画などの策定支援を行うことにより、中小企業・小規模事業者の経営改善を促進しています。この度、事業者及び認定支援機関双方における制度の使い勝手の向上を図り、本事業の一層の活用を促進するため、運用の見直し等を行いました。

詳しくは、以下のサイトをご覧下さい。
http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/kakushin/2013/0308KaizenKeikaku.html



■東京:知修塾 ―――■

 今月のテーマ「チームマネジメント」
 
 (1) 時間がたつとチームは変わる  一般会員  我妻 隆吉 氏
 (2) 時限を持つチームを動かす   経営士   徳永 誠 氏
 
【コーディネーター】 経営士  酒井 闊 氏
           http://www.jmca.or.jp/meibo/pd/2091.htm?s

■概 要

 知修塾では、コンサルタントとして要求される能力の中でも、主に知識の修得と表現力を養うことを目的としています。

 知識の修得面では、当日のテーマについて、講演テーマと講演テーマ以外のテーマに関し、意見交換を行い、知識を広めていきます。

 統一教材「チームマネジメント」を中心に、「チームという組織の重要性、チームの運営・管理」をテーマとして採り上げ、チーム組織を経営に生かす「経営管理」を習得します。講演のテーマは、自分の得意分野や苦手の分野あるいは注力したい分野のテーマ作りを行い、調査・整理して、参加する方々を前にしてプレゼンテーション(報告)を行います。

 参加者は、そのプレゼンテーションの方法・内容に関して議論・討論を通して知識と表現力・実戦力を修得をしてゆきます。

 また、アドバイザー、コーディネーター、をはじめ参加者全員で、当日のテーマの範囲で、講演テーマ以外のテーマについても意見を交わし、知識を広げ、コミュニュケーション力を修得します。

日 時:平成26年1月9日(木) 19:00~20:45

■会 場:白王ビル2F 大ホール
     東京都文京区後楽2-3-10 白王ビル2F
     http://www.jmca.or.jp/pdf/JMCA_Map.pdf

■受講料:塾員以外の方でも下記受講料で受講できます
     ビジター 2,000円/回
     会員   1,000円/回
     塾員   無料

■対 象:経営コンサルタントに関心ある人
     経営知識を吸収したい人
     人前で話をする技術を習得したい人
     プレゼンテーション技術を習得したい人

■問合せ:日本経営士協会 事務局
>> http://www.jmca.or.jp/toiawase/

●詳細情報
>> http://info.jmca.or.jp/seminar/301/detail/chi20131212.htm


全国共通
   北海道・東北 関東・首都圏 中部 近畿 中国・四国 九州

◆平成24年度地域需要創造型等起業・創業促進事業(第3回募集)を行っています

中小機構では、新たに起業・創業や第二創業を行う女性や若者に対して、その創業などに要する経費の一部を補助する事業の公募を行っています。

[募集締切]
12月24日(火)【必着】

詳しくは、以下サイトをご覧下さい。
http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/sogyo/2013/130919Chiiki.htm


 毎日複数本発信 

今日のブログ
今日は何の日
今日の出来事
今日の独断解説
必見経営情報


  


Posted by 経営士 at 18:00Comments(0)■経営特訓教室

2013年12月20日

■■【日本経済の読み方】  第134回中小企業景況調査

■■【日本経済の読み方】  第134回中小企業景況調査

 時代の流れを時系列的に見ると、見えないものが見えてきます。NHKの放送や新聞・雑誌などを見て、お節介心から紹介しています。


独善解説

■ 第134回中小企業景況調査 2013/12/19


 中小企業景況調査報告書によりますと「中小企業の業況は、緩やかに改善している」と、アベノミクス効果が、中小企業でも表れてきているようです。

・ 全産業の業況判断DIは、マイナス幅が縮小した。

・ 産業別に見ると、製造業は5期連続でマイナス幅が縮小し、非製造業もマイナス幅が縮小した。

(1) 2013年10-12月期の全産業の業況判断DIは、(前期▲18.7→)▲13.8(前期差4.9ポイント増)となり、マイナス幅が2期ぶりに縮小した。

(2) 製造業の業況判断DIは、(前期▲15.1→)▲6.7(前期差8.4ポイント増)とマイナス幅が縮小し、過去最高水準を更新した。業種別に見ると、電気・情報通信機械器具・電子部品、食料品、パルプ・紙・紙加工品など12業種でマイナス幅が縮小し(そのうち鉄鋼・非鉄金属、輸送用機械器具、金属製品など6業種はプラスに転じ)、化学、窯業・土石製品の2業種でマイナス幅が拡大した。

(3) 非製造業の業況判断DIは、(前期▲19.6→)▲16.1(前期差3.5ポイント増)となり、マイナス幅が縮小した。産業別に見ると、建設業、小売業、卸売業、サービス業の全4業種でマイナス幅が縮小した(そのうち建設業はプラスに転じた)。

(4) 全産業の資金繰りDIは、(前期▲16.0→)▲14.1(前期差1.9ポイント増)、長期資金借入難易度DIは、(前期▲8.4→)▲7.1(前期差1.3ポイント増)とマイナス幅が縮小し、短期資金借入難易度DIも、(前期▲5.1→)▲4.4(前期差0.7ポイント増)とマイナス幅が縮小した。

詳しくは、以下のサイトをご覧下さい。
http://www.chusho.meti.go.jp/koukai/chousa/keikyo/index.htm

■ 日銀短観改善が数値に 2013/12/17

 3か月ごとに実施されます日銀短観(企業短期経済観測調査)によりますと、大企業製造業の景気判断は4期連続で改善しました。円安傾向が続き、輸出や海外事業の採算が改善していることが主要因です。

 気になります中小企業におきましては、製造業も非製造業も改善した結果でした。中小企業の景気判断がプラスに転じたのは、製造業ではリーマンショック前の平成19年12月以来6年ぶりとなります。非製造業においては平成4年2月以来のことで、21年10か月ぶりです。

 この数値を反映して、大企業も中小企業も、従業員が不足していると感じている企業が多くなってきています。

 円安で採算が改善した自動車など輸出関連企業のほか、消費増税前の住宅の駆け込み需要や公共事業の増加で受注が増えた建設業などを中心に、人手の不足感が強まっているためとみられます。

 しかし、数値面にようやくアベノミクス効果が現れたと言いましても、すぐに採用の拡大や賃金の上昇に波及するかどうかは楽観視できません。景気回復が本格的なものかどうか、断言はできかねます。

◇日銀短観:全国約1万社を対象に調査。景気が「良い」から「悪い」と答えた企業の割合の差。

■ 企業物価の大幅上昇と懸念 2013/12/12

 アベノミクスでは、消費者物価を2%アップさせることを主目標にしています。

 消費者物価を上げるには、企業からの卸屋小売価格を上げることが必要です。

 2010年平均を100とした指数で11月は102.6となり、指数が前年を上回るのは8か月連続となります。それだけではなく、上昇幅は、2008年10月以来、5年1か月ぶりの大きさになりました。

 企業間取引の価格の動きを示します「企業物価指数」は、2012年同月比で2.7%の上昇となり、5年1か月ぶりの上昇幅です。好調な住宅建設を背景に、鉄くずや木製品などが大幅に値上がりしていることが主因です。

  鉄くずなどのスクラップ類 38.1%
  製材・木製品        13.9%
  石油・石炭製品       12.6%

 日銀集計によりますと、820の品目のうち、前年より上昇したのは390品目あり、下落したのは302品目と、3か月連続で上昇した品目が下落した品目を上回りました。

【コメント】

 企業間取引の値上がり分野が拡大していますので、今年度末時点では、消費者物価上昇率は1%に達し、アベノミクスの2%への実現は1~2年内に達するかもしれません。来年4月の消費税率8%のみならず、10%へ向かって着々と進み、安倍さんはニコニコしているでしょう。

 一方で、今後は、エネルギー価格への円安の影響が一巡するとみられ、これらの要因が企業物価にどう影響するか注視しなければなりません。2%と考えていたのが大きくそれを超えてインフレに一挙に張ってしまう可能性もあります。

 円安傾向が続いています。取り分けたいユーロでは140円前後となっていますので、一時的には東南アジア重視から、ヨーロッパに重点をおく輸出へと切り替える企業が多いのではないでしょうか。


■ 法人事業税の再配分は効果的か 2013/12/10

 地方自治体間の財政力に格差があり、それを解消すべく各自治体が努力をしています。その一環が、ふるさと納税でしょう。

 政府もこの格差を平準化するための方策を検討しています。

 2008年度から実施してきています、重要な地方税としての法人事業税の再配分を来年度から現在の3分の2に縮小する方針です。税制抜本改革までの臨時措置であるため、規模を徐々に縮小していきます。消費税が10%になると気には、これを廃止することも検討されているようです。

 一方で、法人住民税のうち、6千億円程度を財政の厳しい自治体に再配分する仕組みを導入します。

 法人住民税の一部を国税にして税収の少ない自治体に配る制度を導入する方向です。

 東京都など豊かな自治体にもお金が流れる仕組みですので、それに対する反対意見も出るかもしれません。格差是正の効果が大きくなるかどうか、再配分法案が決まってみないと何とも言えないと思います。

 毎日複数本発信 

今日のブログ
今日は何の日
今日の出来事
今日の独断解説
必見経営情報


  


Posted by 経営士 at 12:28Comments(0)■経営特訓教室

2013年12月20日

■■【経営情報・セミナー案内】公的機関主催 関東・首都圏 他

■■【経営情報・セミナー案内】公的機関主催 関東・首都圏 他

icon30
 経営コンサルタント歴35年の経験から、

  ◇ 経営者・管理職の皆様
  ◇ 経営コンサルタントを目指す人
  ◇ プロの経営コンサルタント

の皆様に、時宜に即した情報を毎日お届けしています。

 【経営情報・セミナー案内】号は、e-中小企業ネットマガジンの転載ルールに基づき、公的機関主催のセミナーや各種情報をお届けしています。


icon22
【今日のブログ】 ←クリック

 本日お届けした、その他の記事が掲載されています。

 
経営情報セミナー案内


関東・首都圏
   北海道・東北 中部 近畿 中国・四国 九州

◆「テクニカルショウヨコハマ2014」カタログ・パネル展示出展者を募集しています

(公財)神奈川産業振興センターでは、『テクニカルショウヨコハマの本出展はできなかったけど、製品情報を広く提供をしたい』と考えていらっしゃる経営者の方を対象にカタログ・パネル展示コーナーへの出展者を募集しています。この機会に出展して、新たなビジネスを広げませんか?

[日 時]2月5日(水)~7日(金)10:00~17:00
[場 所]パシフィコ横浜(横浜市西区)
[出展料(消費税込み)]
 1.カタログ展示 21,000円
   ただし、テクニカルショウヨコハマ出展者は、10,500円
 2.パネル展示 52,500円
[出展申込期限]
 平成25年12月20日(金) *満小間となり次第〆切(先着順)

*テクニカルショウヨコハマ出展者とは、スタンダードブース、スペースブース、インキュベート企業適用ブースのいずれかの出展者です。
http://www.tech-yokohama.jp/tech2014/catalog.html

◆「一日中小企業庁in ぐんま」を開催します 
 ~はばたけ!群馬の中小企業~

平成26年1月29日(水)に群馬県高崎市で「一日中小企業庁inぐんま」を開催します。平成25年度補正予算や平成26年度予算などの最新の中小企業関連施策の紹介、「海外展開」や「新事業展開」をテーマにした意見交換会、特別講演、無料経営相談、交流会などを行います。中小企業者や支援者の方々はもちろん、中小企業施策に関心のある方はどなたでも参加できます。中小企業庁や群馬県の幹部方をはじめ中小企業支援機関等の関係者も一堂に会する貴重な機会ですので、是非ご参加ください。なお、事前の登録が必要になります。
詳しくは、以下のサイトをご覧下さい。
http://www.1day-smea.jp/gunma/

◆英文契約書講座(基礎編)を開催します

ジェトロでは、主に海外取引に携わる方を対象に、英文契約書の読み方と、有利な契約書・契約内容を締結するための国際交渉のコツを学び、様々な取引体系に対処するスキルを身につけることを目的とした講座を開催します。

[日 程]2月3日(月)、4日(火) 9:30~16:30
     *ただし、3日(月)は、16:30以降、交流会を開催予定
[場 所]ジェトロ本部 (東京都港区)
[参加費]20,000円/人
    (ただし、会員(中国経済情報研究会、農水産会員含む)は10,000円)
[定 員]20名(先着順、1社1名、定員に達し次第受付終了)
[申込締切]
12月20日(金)
http://www.jetro.go.jp/events/item/20131204090/

◆自家発電設備等導入費用助成事業

 今年度からLEDランプの交換が対象に加わりました。
 申請はお早目に(申請期限:
12月27日)  
 http://www.tokyo-kosha.or.jp/topics/1107/0017.html

◆採用担当者育成セミナー(募集・採用編)(全3回)
 (1月8日、15日、22日/受講無料)
 http://www.tokyo-kosha.or.jp/topics/1310/0007.html

◆「ライフイノベーション実現に向けての産学連携
 ~他の製造業からの新規参入~ 」

特定非営利活動法人 産学連携学会 シンポジウムを開催します。近年、医療分野は、成長産業として注目を集めているものの、薬事法などの産業とは異なるビジネス環境にあり、参入障壁は他の産業よりも高いものとみられています。しかしながら、足りない部分を産学連携により補い、参入を成し遂げた企業も少なからず存在しています。産学連携学会では、産学連携を活用して、他の製造業からの新規参入で事業化に至った大企業および中小企業に事例を報告していただき、参入の条件・ノウハウ・課題などを探っていくシンポジウムを開催します。

[日 時]1月9日(木)13:30~18:45(意見交換会は、17:15~)
[場 所]芝浦工業大学芝浦キャンパス(東京都港区)
[参加費]無料(ただし、意見交換会は、3,000円/人)
[定 員]100名(ただし、意見交換会は50名)
      *定員になり次第、締め切り
http://kokucheese.com/event/index/127600/

◆平成25年度知的財産活用研修【検索コース】(第2回)受講者を募集しています

工業所有権情報・研修館では、特許情報を活用して、研究のテーマ・方向性を決定するための検索や、特許出願・審査請求の要否の判断をするための検索を的確に行うことができる人材の育成を目的とした研修を開催します。

[日 時]平成26年2月26日(水)~28日(金)
[場 所]東京都千代田区内 
[募集人数]40名(先着順 定員になり次第、締め切ります)
[受講料]31,000円(中小企業の経営者などは免除あり)
[募集期限]平成26年1月9日(木)17時
http://www.inpit.go.jp/jinzai/kensyu/venture/kensaku/25kenshu.cyu2.html

◆これだけは知っておきたい経営に必要な法律 ~労働関係編~(1)
 (1月10日/¥8,000)
 http://www.tokyo-kosha.or.jp/topics/1310/0009.html

  出典: e-中小企業ネットマガジン


お勧めセミナー

■東京:知修塾 ―――■

 今月のテーマ「チームマネジメント
 
 (1) 時間がたつとチームは変わる  一般会員  我妻 隆吉 氏
 (2) 時限を持つチームを動かす   経営士   徳永 誠 氏
 
【コーディネーター】 経営士  酒井 闊 氏
           http://www.jmca.or.jp/meibo/pd/2091.htm?s

■概 要

 知修塾では、コンサルタントとして要求される能力の中でも、主に知識の修得と表現力を養うことを目的としています。

 知識の修得面では、当日のテーマについて、講演テーマと講演テーマ以外のテーマに関し、意見交換を行い、知識を広めていきます。

 統一教材「チームマネジメント」を中心に、「チームという組織の重要性、チームの運営・管理」をテーマとして採り上げ、チーム組織を経営に生かす「経営管理」を習得します。講演のテーマは、自分の得意分野や苦手の分野あるいは注力したい分野のテーマ作りを行い、調査・整理して、参加する方々を前にしてプレゼンテーション(報告)を行います。

 参加者は、そのプレゼンテーションの方法・内容に関して議論・討論を通して知識と表現力・実戦力を修得をしてゆきます。

 また、アドバイザー、コーディネーター、をはじめ参加者全員で、当日のテーマの範囲で、講演テーマ以外のテーマについても意見を交わし、知識を広げ、コミュニュケーション力を修得します。

日 時:平成26年1月9日(木) 19:00~20:45

■会 場:白王ビル2F 大ホール
     東京都文京区後楽2-3-10 白王ビル2F
     http://www.jmca.or.jp/pdf/JMCA_Map.pdf

■受講料:塾員以外の方でも下記受講料で受講できます
     ビジター 2,000円/回
     会員   1,000円/回
     塾員   無料

■対 象:経営コンサルタントに関心ある人
     経営知識を吸収したい人
     人前で話をする技術を習得したい人
     プレゼンテーション技術を習得したい人

■問合せ:日本経営士協会 事務局
>> http://www.jmca.or.jp/toiawase/

●詳細情報
>> http://info.jmca.or.jp/seminar/301/detail/chi20131212.htm

■ e-Learning ロジカル・シンキング  ――■

 ネットにて開催いたしますので、皆様のご都合に合わせて、いつでも、どこでも受講できます。

◆ 開催要項

・開催時期: 開講中(いつでも受講可能)
・受講要件: ブロードバンドによるインターネット利用環境のある人
受 講 料: 無料
・監  修:今井信行氏
      日本経営士協会 理事長
      http://www.jmca.or.jp/meibo/pd/0017.htm

◆ 概要

「論理的とは何か」の基本から、ロジカル・シンキングの習得法やその基本的知識を学び、各種ツールの使い方で実務への利用法を体得できます。「1.ロジカル・シンキングとは」「2.基本手法とツール」「3.ピラミッドストラクチャー」「4.ロジックツリー」「5.枠組み型ツールと流れ型ツール」など、ステップを踏んで学びます。e-Learningですので、自宅にいながら、自分の都合の良い時間帯に受講できます。わからない部分は繰り返し聴講することも可能で、ロジカル・シンキング基本習得に適しています。

◆ 受講説明

下記サイトにて、受講手順をご覧になり、お申し込み下さい。

http://www.glomaconj.com/elearning/jst-logicalthinking/logicathinkingjst.htm
※本講座は技術者向けに作成されていますが、経営コンサルタントを始め、いろいろな分野の方にも適しています

◆ 日本経営士協会会員の受講

・受講方法:上記サイトにて、概要を確認の上、お申し込み下さい。

 http://info.jmca.or.jp/seminar/301/detail/kiso8-con_logicalthink.htm

・日本経営士協会会員の受講特典

受講後、受講報告及びレポート審査により、合格者には単位を認定します。

【 注 】当該e-Learningの内容や利用法は、日本経営士協会では関知いたしません。


■■【経営コンサルタントのセミナー】 日本経営士協会主催

給食のオバサンだった私が下北沢で自分の店を持ちつつ
デザイナーで社長をやれている理由

1月15日 (水)
 日本経営士協会 首都圏支部 中小企業経営革新塾
 協賛:公益財団法人 大田区産業振興協会 会場:大田区産業プラザPIO ■ RoHS等有害化学物質対策はお済みですか ~ 直接・間接を問わず、製品を輸出する中小製造業にとって、 有害化学物質対策は必須です ~
経営士  俵 一史 氏東京
1月9日
(木)
 「知修塾」 ~ 知修塾で”共育”し、表現力をつけよう ~
  今月のテーマ「チームマネジメント」(1)時間が経つとチームは変わる一般会員 我妻 隆吉 氏(2)時限を持つチームを動かす 経営士  徳永 誠 氏
コーディネーター  酒井 闊 氏(日本経営士協会 経営士)東京
1月7日
(火)
 日本経営士協会 初級財務研修
  第9回 初級財務研修 決算書分析演習<2>
経営士・税理士  谷澤 佳彦 氏(日本経営士協会 理事)東京


◆ 公的機関(e-中小企業ネットマガジン)からの情報を、掲載条件に基づいてお届けしています。

  北海道・東北 関東・首都圏 中部 近畿 中国・四国 九州

 毎日複数本発信 

今日のブログ
今日は何の日
今日の出来事
今日の独断解説
必見経営情報
  


2013年12月20日

■■【経営マガジン】 12月20日号 経営とコンサルティング

■■【経営マガジン】 12月20日号 経営とコンサルティング



icon30
 経営コンサルタント歴35年の経験から、

  ◇ 経営者・管理職の皆様
  ◇ 経営コンサルタントを目指す人
  ◇ プロの経営コンサルタント

の皆様に、時宜に即した情報を、下記のテーマでお届けしています。

  ◇ 独善解説
  ◇ 今週の出来事
  ◇ 今日は何の日
  ◇ セミナー案内
  ◇ 経営情報

icon22
【今日のブログ】 ←クリック

 本日お届けした、その他の記事が掲載されています。

今 日 の 出 来 事  

【今週の注目】ポイントを掴むと見えるものが異なってくる 漠然とものを見るのではなく、今何がポイントなのかを押さえてみると、それまで見えなかったものが「視える」ようになります。  今週の動きを、NHKニュース、日経サイト他を参照して、独断と偏見で項目を選んでみました。また、最新記事を時系列的に掲載している【独り言】コーナーも併せてご覧下さると一層ヒントを得られやすくなります。

12月16日(月)日本・アラブ経済フォーラム(都内、~17日)日銀:企業短期経済観測調査アメリカ:ニューヨーク連銀景気指数、労働生産性指数確定値、鉱工業生産、設備稼働率、バーナンキFRB議長あいさつユーロ圏:PMI速報値、貿易収支ドイツ:PMI速報値フランス:PMI速報値中国:製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値17日(火)民間:長谷川同友会代表幹事・斉藤日本取引所グループCEO記者会見アメリカ:消費者物価指数(CPI)、経常収支、)住宅市場指数イギリス:消費者物価指数(CPI)ドイツ:景気予測指数18日(水)財務省:貿易統計アメリカ:、バーナンキFRB議長記者会見、住宅着工件数、連邦公開市場委員会(FOMC)結果発表ドイツ:Ifo企業景況感指数イギリス:英失業率、中銀金融政策委員会議事録19日(木)内閣府:景気動向指数改定値日銀:金融政策決定会合、資金循環統計民間:三村日商会頭記者会見、粗鋼生産量、全国百貨店売上高アメリカ:景気先行指標総合指数、フィラデルフィア連銀景気指数、中古住宅販売件数、北米地域半導体製造装置BBレシオ欧州連合(EU):首脳会議イギリス:小売売上高20日(金)日銀:黒田日銀総裁記者会見、金融政策決定会合結果発表民間:電力需要実績、スーパー・コンビニエンスストア売上高アメリカ:GDP確定値【用語解説】◇CPI:消費者物価指数(Consumer Price Index)は、消費者が実際に購入する段階での、商品の小売価格(物価)の変動を表す指数。(Wikipedia)◇日銀短観:全国約1万社を対象に調査。景気が「良い」から「悪い」と答えた企業の割合の差。
今 日 の 独 善 解 説   
【経営コンサルタントの独り言】   独断と偏見で、その日のNHK、日経などのニュースや話題などを、タイミング良く、できるだけ公平公正にお伝えしたいと思います。また、最後に私なりの私見も付けることがあります。読者の皆様からは「わかりやすい」をお褒めの言葉をいただいています。最新記事を時系列的に掲載しているまとめて【独り言】コーナーも併せてご覧下さると一層ヒントを得られやすくなります。
■ 遅刻常習者は、時間に厳しい人より30分”得”をしている?<1/4> 2013/12/20◆1 時間感覚と一五分前主義 子供の頃、遠足の日が近づいてくると、期待が膨らむ反面、なかなかその日が来ないでジリジリとした経験がおありの方は多いと思います。一方、年齢を重ねるにつれ、日々の経つのが早いものです。年の初めには、「つい先日新年を迎えたと思ったのに、もう○か月も経ってしまった」とか「ついこの間正月気分にいつまでも浸っていてはダメだと思っていたのに、今年も余すところ○日しか残っていない」などと思うことは、私だけでしょうか。 時間経過の速度は、人により異なりますし、同じ人でも、置かれている状況次第で、経過速度というのは異なると思います。 時間観念の強い人は、アポイントなどの約束の時間がありますと、「十五分前主義」などと約束より早めに約束の場所に着かないと不安でなりません。何とか約束の時間には間に合いそうだが、ギリギリになりそうだというと、移動中の電車の中で走りたくなってしまいます。相手に「ひょっとすると五分くらい遅れるかもしれません」などとスマホでメールを入れたりします。実際には、時間より数分早く着くなどの結果であることが多いのです。時間が気になりますと、ストレスとなり、それを蓄積した状態で相手に会うのでは、スムーズに行くはずの商談に差し障りがあるかもしれません。 <続く>■ 第134回中小企業景況調査 2013/12/19 中小企業景況調査報告書によりますと「中小企業の業況は、緩やかに改善している」と、アベノミクス効果が、中小企業でも表れてきているようです。・ 全産業の業況判断DIは、マイナス幅が縮小した。・ 産業別に見ると、製造業は5期連続でマイナス幅が縮小し、非製造業もマイナス幅が縮小した。(1) 2013年10-12月期の全産業の業況判断DIは、(前期▲18.7→)▲13.8(前期差4.9ポイント増)となり、マイナス幅が2期ぶりに縮小した。(2) 製造業の業況判断DIは、(前期▲15.1→)▲6.7(前期差8.4ポイント増)とマイナス幅が縮小し、過去最高水準を更新した。業種別に見ると、電気・情報通信機械器具・電子部品、食料品、パルプ・紙・紙加工品など12業種でマイナス幅が縮小し(そのうち鉄鋼・非鉄金属、輸送用機械器具、金属製品など6業種はプラスに転じ)、化学、窯業・土石製品の2業種でマイナス幅が拡大した。(3) 非製造業の業況判断DIは、(前期▲19.6→)▲16.1(前期差3.5ポイント増)となり、マイナス幅が縮小した。産業別に見ると、建設業、小売業、卸売業、サービス業の全4業種でマイナス幅が縮小した(そのうち建設業はプラスに転じた)。(4) 全産業の資金繰りDIは、(前期▲16.0→)▲14.1(前期差1.9ポイント増)、長期資金借入難易度DIは、(前期▲8.4→)▲7.1(前期差1.3ポイント増)とマイナス幅が縮小し、短期資金借入難易度DIも、(前期▲5.1→)▲4.4(前期差0.7ポイント増)とマイナス幅が縮小した。詳しくは、以下のサイトをご覧下さい。http://www.chusho.meti.go.jp/koukai/chousa/keikyo/index.htm【上記以前の最近の記事】 ←クリック
【今月の経営コンサルタントの独善解説】 ←クリック【総集編】 直近の情報を集約しました。◇ 2013年 11月の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック◇ 2013年 10月の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック◇ 2013年 9月下旬の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック◇ 2013年 9月中旬の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック◇ 2013年 9月上旬の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック◇ 2013年 8月下旬の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック◇ 2013年 8月中旬の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック◇ 2013年 8月上旬の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック
 今 日 は 何 の 日
 
季節の移ろいを見せる毎日ですが、毎日が変化の日です。今日は何なのかを起点に、経営の視点で物事を見て、徒然に自分の思いを記述した、エッセーとは異なる文章にまとめてみました
 今日は何の日 総合インデックス日付を指定して【今日は何の日】を閲覧できます

 デパート開業の日 2013/12/20

 「越前屋、おぬし悪よの~」と悪役として出てくる越前屋と間違えられそうな「越後屋」は、三越デパートの前身です。1904(明治37)年12月20日に、東京・日本橋にあった三井呉服店が三越呉服店と改称して、日本で最初のデパートが誕生しました。

 現在の商号である「三越」は
・・・・・ 
<続き> ←クリック

12月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  先月   来月
 経 営 情 報 ・ セ ミ ナ | 案 内
◆ 公的機関(e-中小企業ネットマガジン)からの情報を、掲載条件に基づいてお届けしています。

◆平成25年度補正予算案が閣議決定されました

詳しくは、以下のサイトをご覧下さい。
http://www.meti.go.jp/main/yosan2013/hosei1212.html

◆中小企業・小規模事業者の資金繰り支援を強化します

中小企業庁では、この度閣議決定された「好循環実現のための経済対策(12月5日)」及び「平成25年度補正予算案(12月12日)」を踏まえ、事業規模10兆円超の金融支援により、 中小企業・小規模事業者の方々の資金繰り対策に万全を期してまいります。

詳しくは、以下のサイトをご覧下さい。
http://www.meti.go.jp/press/2013/12/20131213004/20131213004.html

◆認定支援機関による経営改善計画策定支援事業の利用申請を受付けています

中小企業庁では、中小企業経営力強化支援法に基づき認定された経営革新等支援機関が中小企業・小規模事業者の依頼を受けて経営改善計画などの策定支援を行うことにより、中小企業・小規模事業者の経営改善を促進しています。この度、事業者及び認定支援機関双方における制度の使い勝手の向上を図り、本事業の一層の活用を促進するため、運用の見直し等を行いました。

詳しくは、以下のサイトをご覧下さい。
http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/kakushin/2013/0308KaizenKeikaku.html



■東京:知修塾 ―――■

 今月のテーマ「チームマネジメント」
 
 (1) 時間がたつとチームは変わる  一般会員  我妻 隆吉 氏
 (2) 時限を持つチームを動かす   経営士   徳永 誠 氏
 
【コーディネーター】 経営士  酒井 闊 氏
           http://www.jmca.or.jp/meibo/pd/2091.htm?s

■概 要

 知修塾では、コンサルタントとして要求される能力の中でも、主に知識の修得と表現力を養うことを目的としています。

 知識の修得面では、当日のテーマについて、講演テーマと講演テーマ以外のテーマに関し、意見交換を行い、知識を広めていきます。

 統一教材「チームマネジメント」を中心に、「チームという組織の重要性、チームの運営・管理」をテーマとして採り上げ、チーム組織を経営に生かす「経営管理」を習得します。講演のテーマは、自分の得意分野や苦手の分野あるいは注力したい分野のテーマ作りを行い、調査・整理して、参加する方々を前にしてプレゼンテーション(報告)を行います。

 参加者は、そのプレゼンテーションの方法・内容に関して議論・討論を通して知識と表現力・実戦力を修得をしてゆきます。

 また、アドバイザー、コーディネーター、をはじめ参加者全員で、当日のテーマの範囲で、講演テーマ以外のテーマについても意見を交わし、知識を広げ、コミュニュケーション力を修得します。

日 時:平成26年1月9日(木) 19:00~20:45

■会 場:白王ビル2F 大ホール
     東京都文京区後楽2-3-10 白王ビル2F
     http://www.jmca.or.jp/pdf/JMCA_Map.pdf

■受講料:塾員以外の方でも下記受講料で受講できます
     ビジター 2,000円/回
     会員   1,000円/回
     塾員   無料

■対 象:経営コンサルタントに関心ある人
     経営知識を吸収したい人
     人前で話をする技術を習得したい人
     プレゼンテーション技術を習得したい人

■問合せ:日本経営士協会 事務局
>> http://www.jmca.or.jp/toiawase/

●詳細情報
>> http://info.jmca.or.jp/seminar/301/detail/chi20131212.htm


全国共通
   北海道・東北 関東・首都圏 中部 近畿 中国・四国 九州

◆平成24年度地域需要創造型等起業・創業促進事業(第3回募集)を行っています

中小機構では、新たに起業・創業や第二創業を行う女性や若者に対して、その創業などに要する経費の一部を補助する事業の公募を行っています。

[募集締切]
12月24日(火)【必着】

詳しくは、以下サイトをご覧下さい。
http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/sogyo/2013/130919Chiiki.htm


 毎日複数本発信 

今日のブログ
今日は何の日
今日の出来事
今日の独断解説
必見経営情報


  


2013年12月20日

■■【経営コンサルタント起業日記】12月3週 無線LAN

■■【経営コンサルタント竹根の起業日記】12月3週 無線LANの“ただ乗り”


 
 【小説・経営コンサルタント竹根の起業日記】は、10年のサラリーマン生活をしてきた竹根好助35歳の経営コンサルタントとしての独立起業日記です。
 これから経営コンサルタントとして独立起業しようと考えている人の参考となることを願い、経営コンサルタントとしての実践を経験的に語るつもりです。

 経営コンサルタント起業日記を読むポイント

 日記の主であります私(竹根)は、35歳の商社マンです。産業機械部第一課課長、2013年4月1日に経営コンサルタントという職業に関心を持ちました。
 最近、部長とぶつかることが多い竹根である。商社の限界を感じたり、経営コンサルティング業による社会貢献のすばらしさがわかってきたり、ついにはヘッドハンターからコンタクトがあったりと揺れ動く竹根。サラリーマンを辞めるのでしょうか、それとも、別な道があるのでしょうか。
 迷った挙げ句、部長に退職願を提出した。心機一転してコンサルティング・ファーム竹之下経営に入社したが、戸惑うばかりである。こんなことも体験・・・

【 注】 日記から週記へ
 2013年11月24日から、日記ではなく「週記」になりました。週のうちに数回新規記事をアップロードします。また、逐次部分改訂をしますので、引き続き毎日ご覧下さると幸いです。
 毎日20時30分頃発信しています。ただし、一部は翌朝の発行となることもあります。

【注】
 ここに記載されていることは実在の企業とは何ら関係ありません。

  【あらすじ】 【登場人物】 【作者紹介】 ←クリック

 2013年12月3週

■ 無線LANの“ただ乗り”

 今日のブログで、「無線LANの“ただ乗り”」という記事が流れてきた。このようなことが可能なのかと驚いている。


 IPAでは、平成23年4月に、家庭内において適切なセキュリティ設定がされていない無線LAN環境が他人に使われてしまわないよう、注意喚起を行いました。しかし、未だに、家庭内における無線LANのセキュリティ設定が適切でない例が見受けられます。無線LANを介してインターネットに接続できる機器(ノートパソコン、携帯型ゲーム機、スマートフォン、タブレット端末、携帯音楽プレーヤーなど)やそれらを持ち歩く利用者が増えていることから、知らないうちに家庭内の無線LANが無断で利用されてしまう可能性は2年半前に比べて高まっています。
 本年10月には、このいわゆる“ただ乗り”により殺人予告等を書き込んだとして未成年者が逮捕されたとの報道がありました。
 今月の呼びかけでは、無線LAN環境を“ただ乗りされた場合”と“ただ乗りした場合”における危険性について解説し、対策を示しています。
  http://www.ipa.go.jp/security/txt/2013/12outline.html


 たまたまかかってきた電話にでたら、その相手が飛翔会賀詞交歓会の動員の際に協力的であった会社の社長であったので、無線LANのただ乗りのことをお話したら喜んでくれた。多少でも、経営コンサルタントらしき事ができたような気になり、気分が良かった。

 前号の【経営コンサルタント竹根の起業日記】 ←クリック
  【 注】 切り替えタイミングによって、前号掲載がないことがあります。

  ■■「経営コンサルタントへの道」  ←クリック



経営コンサルタントを目指す人の60%が訪問するページ
  


2013年12月20日

■■【今日は何の日】  トイザらス日本上陸 12月20日

■■【今日は何の日】  トイザらス日本上陸 12月20日
icon30
 経営コンサルタント歴35年の経験から、

  ◇ 経営者・管理職の皆様
  ◇ 経営コンサルタントを目指す人
  ◇ プロの経営コンサルタント

の皆様に、時宜に即した情報を毎日お届けしています。

icon22
【今日のブログ】 ←クリック

 本日お届けした、その他の記事が掲載されています。

今日は何の日

 一年365日、毎日が何かの日です。
 季節を表す日もあります。地方地方の伝統的な行事やお祭りなどもあります。誰かの誕生日かも知れません。歴史上の出来事もあります。セミナーや展示会もあります。
 これらをキーワードとして、私たちは自分の人生に、自分の仕事に、自分自身を磨くために何かを考えてみるのも良いのではないでしょうか。
 独断と偏見で、エッセー風に徒然のままに書いてみました。皆様のご参考にと毎日続けていこうと・・・というよりも、自分自身のために書いてゆきます。
 詳細 ←クリック

今日は何の日インデックス

】  日付を指定して【今日は何の日】を閲覧できます
今月の今日は何の日】     【今日は何の日】の今月分を月単位で閲覧できます


■■【今日は何の日】  トイザらス日本上陸 12月20日

 

 

■ トイザらス日本上陸  クリスマスのこの時期、お子さんやお孫さんのために頭を悩ましている人も多いのではないでしょうか。1991年の今日、トイザらスが日本上陸したと報じられました。  私もアメリカでの市場調査の折にはトイザらスは欠かせない大型店の一つですが、日本での第一号店が茨城県であったことは、その戦略に驚いたことを記憶しています。もう、20年も前の話になるのですね。 

 デパート開業の日 「越前屋、おぬし悪よの~」と悪役として出てくる越前屋と間違えられそうな「越後屋」は、三越デパートの前身です。1904(明治37)年12月20日に、東京・日本橋にあった三井呉服店が三越呉服店と改称して、日本で最初のデパートが誕生しました。 現在の商号である「三越」は、三井家の「三井」と創業時の「越後屋」からとったものであることは、誰もが想像できます。 三越は、株式会社三越伊勢丹ホールディングス傘下のデパートで、三井財閥(現三井グループ)の礎を築いた企業として知られています。 江戸時代1673年(延宝元年)に創業し、現金売りという画期的な経営方針で着目されました。掛け売り主流の当時では、画期的な戦略と言えます。 1837年に大塩平八郎の乱で大阪店が襲撃されて全焼してしまいました。平和な江戸時代に島原の乱島(1637~1638)以来200年ぶりの戦いとも言われています。【Wikipedia】 大坂でも米不足が起こり、大坂東町奉行の元与力であり陽明学者でもある大塩平八郎(この頃は養子の格之助に家督を譲って隠居していた)は、奉行所に対して民衆の救援を提言したが拒否され、仕方なく自らの蔵書五万冊を全て売却し(六百数十両になったといわれる)、得た資金を持って救済に当たっていた。しかしこれをも奉行所は「売名行為」とみなしていた。

 


 毎日複数本発信 

今日のブログ
今日は何の日
今日の出来事
今日の独断解説
必見経営情報
  


Posted by 経営士 at 00:28Comments(0)【今日は何の日】