2017年08月01日

◆【お節介焼き情報】 「経営士」という経営コンサルタント資格

【お節介焼き情報】 「経営士」という経営コンサルタント資格



 私どもでは、経営やコンサルティングに関する情報以外に、日常生活に役に立つような情報、旅行や写真などの会話を潤滑にするために情報などもお届けしています。

 それらの中から、選りすぐりの情報を中心にご紹介して参ります。


 「経営士」という経営コンサルタント資格

「経営コンサルタント資格=中小企業診断士」「資格を取らないと経営コンサルタント業に就けない」等々、世の中には、誤解が渦巻いています。

 日本で最初にできた経営コンサルタント資格は「経営士」です。

 日本経営士協会は、戦後復興期に当時の通産省や産業界の勧奨を受けて設立されました。日本公認会計士協会と母体を同じくする、日本の経営コンサルタント業界の先駆者です。

 日本で最も歴史の長い経営コンサルタント団体で、2012年9月10日で60周年目に入ります。

 日本経営士協会が認定している「経営士」という資格は、中小企業診断士とは異なった観点で資格付与審査を行っています。

 資格がなくて困っているあなた、ひょっとすると中小企業診断士より経営士の方が適しているかもしれませんよ。


   経営士資格取得法 ←クリック



 ◆【経営コンサルタントのプロ集団+育成と資格付与】



 日本経営士協会は、戦後復興期に当時の通産省や産業界の勧奨を受け、日本公認会計士協会と母体を同じくする、日本で最初にできた経営コンサルタント団体です。


 詳しくは、サイトでご覧下さい。 

  ↓↓ クリック


 日本最古の経営コンサルタント団体・日本経営士協会とは
 資格取得についてや入会の手続等
 経営士が提供する全国各地開催セミナーのご案内
 コンサルタントへの依頼、講師捜しに関する情報
 コンサルタントとして成功するための各種情報
 経営や管理などに関する各種有益情報
 お問い合わせや入会・資格取得のお申し込み


 

  


Posted by 経営士 at 12:01Comments(0)【お節介焼き情報】

2017年08月01日

■■【お節介焼き情報】 8月はどんな月? 月名由来 代表的な季語

■■【お節介焼き情報】 8月はどんな月? 月名由来 代表的な季語



本日より、8月ですね。


8月はどんな月なのでしょうか? 


「葉月」という月名の由来は、英語のAugustの語源は? 


8月を代表する季語は? 


  8 月 はづき

平成29年8月1日(火)
  新暦では9月から10月にかけてが「秋」となり、「葉が落ちる月」が転じて「葉月」となったという説が有力です。 北方から、初めて雁が飛来する月ということから「初来月」「初月」が転じて「葉月」となったという説もあります。また、「稲の穂が張る月」から「稲張り月」「張り月」や、「葉落ち月」という説もあります。 8月は、英語では「August」です。ローマ時代までは、8月は「Sextilis」と呼ばれていました。それをAugustus(アウグストゥス)ローマ皇帝がユリウス暦の運用を修正する時に、自分の名をとって現在に通じる「August」としたと言われています。   

 【Wikipedia】による8月の異名 あきかぜづき(秋風月)、かりきづき(雁来月)、かんげつ(観月)、けんゆうげつ(建酉月)、こぞめつき(木染月)、そうげつ(壮月)、ちくしゅん(竹春)、ちゅうしゅう(仲秋)、つきみつき(月見月)、つばめさりづき(燕去月)、はづき(葉月)、べにそめづき(紅染月)

 

【8月の季語】

立秋、八月、文月、初秋(はつあき)、桐一葉、星月夜、ねぶた(青森のねぶた祭)竿灯祭(秋田市で行われる。)七夕、星祭、天の川、梶の葉、中元、 生身魂、草市、真菰の馬(瓜の馬)、角火、迎え火、盂蘭盆、魂祭、霊棚、棚経、施餓鬼、墓参り、燈籠、岐阜提灯、走馬燈、盆の月、盆狂言、踊(盆踊り、踊の輪、他)、精霊舟(精霊流し)、 流燈(燈籠流し)、送火、大文字(8月16日の夜京都東山如意ヶ岳にて行われる送り火。)、解夏、 摂待(門茶)、相撲、花火(揚花火、仕掛花火、花火船)、花火線香、蜩(日暮し、かなかな)、法師蝉(つくつくぼうし)、秋の蝉、残暑、秋めく、初嵐、新涼(秋涼し、秋涼)、稲妻(稲光)、 流星(ながれぼし)、芙蓉、木槿(底紅、花木槿)、鳳仙花、白粉の花、朝顔、弁慶草、大文字草、みせばや、めはじき、西瓜(西瓜番)、西瓜提灯、南瓜、隠元豆、藤豆、刀豆、小豆、大豆、新豆腐、 大根蒔く、吉田の火祭り(山梨県富士吉田市、富士浅間神社の火祭り)韮の花、茗荷の花、鬱金の花、赤のまんま(犬蓼の花のこと)、蓼の花、溝蕎麦、水引の花、煙草の花、懸煙草、カンナ、芭蕉、稲の花、宗祇忌、不知火



日本経営士協会 とは


  


Posted by 経営士 at 08:01Comments(0)【お節介焼き情報】

2017年08月01日

◆【経営コンサルタントの独り言】8月1日(火) つぶやき改訂版 音楽プレーヤーの始まりはエジソンの蓄音機の発明にある??

◆【経営コンサルタントの独り言】8月1日(火) つぶやき改訂版 音楽プレーヤーの始まりはエジソンの蓄音機の発明にある??


 


平素は、ご愛読をありがとうございます。


「つぶやき」の改訂版ができました。ここにお届けしますので併せてご覧下さると幸いです。


曇り


■ 音楽プレーヤーの始まりはエジソンの蓄音機の発明にある?? 2017/08/01


 デジタル録音の時代に、アナログのレコード盤の良さが見直され、一部の人が再び愛用しだしたようです。


 蓄音機は、レコード盤のプレーヤーです。


 その発明は、発明王トーマス・エジソンであると信じられています。


 しかし、それは、「誤解」です。


 蓄音機の特許は、エジソンが持っているので、その様な誤解を招いています。


 実際に、蓄音機を発明したのは、エジソンが特許を取る2年前のことです。


 詳しくは、ブログでご覧下さると幸いです。


  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/7c44764f8c349f620e0d4f6fa49a6734


カナヘイうさぎ












  


2017年08月01日

■【経営士ブログ 今日は何の日 経営情報】 8月1日 水の日 花火の日 

■【経営士ブログ 今日は何の日 経営情報】 8月1日 水の日 花火の日 


 日本経営士協会は、特定非営利活動法人として内閣府による認証を受けた経営コンサルタント団体です。1951年に誕生し、経営コンサルタント育成と経営士・士補資格付与活動を1953年から積極的に行ってきている、日本で最初に設立され、約65年もの永きにわたりまして社会貢献をしてきています。
 このブログは、主に次のような方々を対象に、時宜に即した情報を毎日、原則として複数本のブログをお届けしています。経営というのは、根底に流れいるものは、下記のいずれにも共通し、視点を変えるだけでそれを応用することができるという信念を基に、あえて三兎を追っています。


  ◇ 経営者・管理職の皆様
  ◇ 経営コンサルタントを目指す人
  ◇ プロの経営コンサルタント


icon22


 一年365日、毎日が何かの日です。
 季節を表す日もあります。地方地方の伝統的な行事やお祭りなどもあります。誰かの誕生日かも知れません。歴史上の出来事もあります。セミナーや展示会もあります。
 これらをキーワードとして、私たちは自分の人生に、自分の仕事に、自分自身を磨くために何かを考えてみるのも良いのではないでしょうか。
 独断と偏見で、エッセー風に徒然のままに書いてみました。皆様のご参考にと毎日続けていこうと・・・というよりも、自分自身のために書いてゆきます。
 詳細 ←クリック


今日は何の日インデックス】  日付を指定して【今日は何の日】を閲覧できます


■ 水の日

 8月1日は「水の日」です。1977(昭和52)年に国土庁(現在の国土交通省)が制定しました。8月の水の需要期を迎えるに当たり、節水を呼びかけるのが目的です。

 日本は、水の豊かな国と言われていますが、四国の瀬戸内側や北九州など、見ず不足に悩まされる地域もあります。反対に、奈良県の十津川村のように雨の多い地域もあります。

 福岡に出張すると、水がチョロチョロとしか出てこないことがありますが、その状況に直面すると「水の大切さ」を忘れている自分に気がつきます。

 近年は、道路の舗装化が進んだこともあり、都市型洪水という問題があります。私のところは「かぐや姫」の歌で有名になった神田川に近いのですが、かつてはこの地域の一部が床下浸水をすることがありました。治水対策と言うこともあり、暗渠式にした、水対策工事が何年もかけて行われています。


■ 花火の日

 戦時中禁止されていた花火が1948年8月1日に解禁になりました。また1955年8月1日に、東京の花火問屋で大きな爆発事故がありました。

 これらのことから8月1日も「花火の日」に制定されました。

 これとは別に、1733(亨保18)年5月28日に東京・隅田川で水神祭の川開きが行われました。享保17年(1732)の大飢餓で多くの餓死者や疫病による被害が出て、その慰霊を兼ねて悪病退散を祈願して水神祭が行われました。

 この時に、両国橋周辺のお店が花火を打ち上げたのです。このことから5月28日が「花火の日」として制定されました。


■ 【今日は何の日】その他

◇ 津軽のねぶた(~7日)

◇ 大宮氷川神社例祭

◇ 長岡祭

◇ 川嵜身代わり不動尊土用大護摩

◇ 諏訪お舟祭

◇ 鞍馬寺写経会


【 注 】

 「今日は何の日」「今日の人」は、Wikipedia、富山いづみ氏のサイト、他を参照し、独自に記載したものです。従いまして、当サイト及びブログ等々に関しては、無断複製転載及び模倣を固くお断り申し上げます。


(ドアノブ)




WEB版の経営マガジンは、内容が一層充実していますので、覗いてみてください。



【経営コンサルタントのプロ集団+育成と資格付与】



since 1951


 日本経営士協会は、ご存知かと思いますが、戦後復興期に当時の通産省や産業界の勧奨を受け、日本公認会計士協会と母体を同じくする、日本で最初にできた経営コンサルタント団体です。


 詳しくは、サイトでご覧下さい。

  http://www.jmca.or.jp



■■ 経営コンサルタントへの道 ←クリック 経営コンサルタントを目指す人の60%が閲覧



 

  


Posted by 経営士 at 06:01Comments(0)【今日は何の日】