2017年09月23日

◆【お節介焼き情報】 カシャリ!一人旅で東京・浅草寺庭園特別公開をご紹介しています

◆【お節介焼き情報】 カシャリ!一人旅で東京・浅草寺庭園特別公開をご紹介しています



 私どもでは、経営やコンサルティングに関する情報以外に、日常生活に役に立つような情報、旅行や写真などの会話を潤滑にするために情報などもお届けしています。


 それらの中から、選りすぐりの情報を中心にご紹介して参ります。



 大阪在住のあるベテランの経営コンサルタントが、「東京は緑が多い」と言っていました。東京に住んでいますとそれほど感じませんでしたが、確かに東京には処々に公園もあり、緑が多いですね。


 そのような東京のぶらり散歩の一環をご紹介します。



東京  台東区 浅草寺 伝法院庭園
 雷門で有名な浅草の浅草寺は、連日、海外からの観光客で賑わっています。飛鳥時代、推古天皇の御代に、漁師兄弟が網に引っかかった一躰の観音像に帰依し、後に出家しました。大化元年(645)、勝海上人(しょうかいしょうにん) により観音堂が駒形付近に建立されました。、夢告によりご本尊をご秘仏と定めて以来、今日までこの伝法(でんぼう)の掟は厳守されているそうです。都内最古の寺院で「浅草観音」として親しまれています。<浅草寺サイトより>



現在の門は、慶応元年(1865)の田原町大火で炎上し、昭和35年(1960)にパナソニック創始者松下幸之助氏のご寄進により、復興再建されました。 浅草寺の総門として、浅草の顔としても全国的に有名です。
雷門の大提灯も松下幸之助氏の寄贈ですが、 その底部にはこのように素晴らしい彫り物があります。



  浅草寺伝法院庭園特別公開の写真と解説 ←クリック



カシャリ!一人旅】 ←クリック


東 京 飛鳥山公園 乾通り紅葉2015 上野恩賜公園 旧安田庭園 教育の森公園 皇居 皇居東御苑 小石川後楽園 護国寺 新江戸川公園(文京区) 浅草寺・伝法院庭園 千鳥ヶ淵
 
 
  


Posted by 経営士 at 12:01Comments(0)【旅・写真・趣味】

2017年09月23日

◆【経営コンサルタントの独り言】9月23日(土) つぶやき改訂版 中学の英語の先生の想ひ出

◆【経営コンサルタントの独り言】9月23日(土) つぶやき改訂版 中学の英語の先生の想ひ出


 


  俺様の名は「ブロッグ


  経営士ブログに登場するドッグじゃ!!


 


  3分で温かいラーメンを食べられるなんて
  信じられない
  でも、犬の俺様には
  ちょっと食べづらい容器もある
 


平素は、ご愛読をありがとうございます。


「つぶやき」の改訂版ができました。ここにお届けしますので併せてご覧下さると幸いです。


【今日は何の日】は発行済ですので、そちらもどうぞ


  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/0f77e8448134a2c4ee4f3509be0c998f



■ 中学の英語の先生の想ひ出


 本日は万年筆の日だそうです。


 



 


 


 万年筆ができる前は、つけペンを使っていました。


 


 浸けペンというと、中学生の頃を思い出します。英語の時間にペン習字を学びました。先生の指示で全員がGペンを準備させられました。浸けペン方式のペンで、それを使って書くと紙に引っかかってしまってなかなかうまく書けません。


 幸い、小学生の頃からアルファベットの筆記体を練習させられていたので、ペンになれてくると文字に細い太いが表現できて結構うまく書けるようになりました。それを先生に誉められ、これが契機で英語が好きになったように記憶しています。


 私の小学校の同級生で成績のよかった人が、英語に対して変なアレルギーを持ってしまい、英語を苦手とした人がいます。わたしは運が良いと言えます。


 その時の英語の先生には、毎年年賀状をいまだに出しています。数年前に「高齢で年賀状を書けなくなりますので、来年から新年の挨拶を欠礼させていただきます」という年賀状が来るまでは毎年その先生からの版画の賀状を楽しみにしていました。
















  


2017年09月23日

◆【経営士ブログ 今日は何の日】 9月23日 道元禅師御征忌 万年筆の日

◆【経営士ブログ 今日は何の日】 9月23日 道元禅師御征忌 万年筆の日




 一年365日、毎日が何かの日です。
 季節を表す日もあります。地方地方の伝統的な行事やお祭りなどもあります。誰かの誕生日かも知れません。歴史上の出来事もあります。セミナーや展示会もあります。
 これらをキーワードとして、私たちは自分の人生に、自分の仕事に、自分自身を磨くために何かを考えてみるのも良いのではないでしょうか。
 独断と偏見で、エッセー風に徒然のままに書いてみました。皆様のご参考にと毎日続けていこうと・・・というよりも、自分自身のために書いてゆきます。 詳細 ←クリック
今日は何の日インデックス
  
日付を指定して【今日は何の日】を閲覧できます


 

 道元禅師御征忌

 9月23日は、「道元禅師御征忌」です。

 道元(どうげん)は、鎌倉時代初期の禅僧で、日本における曹洞宗の開祖です。

 一般には道元禅師と呼ばれますが、同宗旨では中国の慣習に倣い「高祖」と呼びます。

「徒(いたずら)に見性を追い求めず、坐禅している姿そのものが仏であり、修行の中に悟りがある(【Wikipedia】より)」という禅の教えを広めました。

 その教えの基本は、「修証一如(しゅうしょういちじょ)」と「只管打坐(しかんたざ)」です。

「修証一如」とは、「無限の修行を通じてこそ成仏できる」という道元の主張です。

 それに基づいて「只管打坐」をする。すなわち、「ひたすら坐禅することである」と座禅を重視しています。

 道元は自らの教えを「正伝の仏法」であるとしています。

 すなわち仏教というのは、宗派に分かれて活動するのではなく、正統なる曹洞宗一本になるべきであるという主張です。


 曹洞宗が正統派かどうかは、私にはわかりませんが、宗派がいろいろとあるのは、好ましいとは思えません。

■ 万年筆の日

 1809年9月23日に、イギリスのフレデリック・バーソロミュー・フォルシュが万年筆で特許を取りました。

 それまでは浸けペン方式で、インク壺にペン先にインクを付けて筆記していました。金属製の軸内にインクを貯蔵できる筆記具という画期的な発想で、筆記具革命を起こしました。

 いちいち、インクを付けて書くことを考えますと、大きな変化ですね。

 オズボーンのチェックリストを思いでして見てください。

 

■ 【今日は何の日】その他

◇ 大原裸祭
◇ 道元禅師御征忌
◇ 川柳忌


(ドアノブ)



【経営コンサルタントの育成と資格付与】



since 1951 特定非営利活動法人・日本経営士協会


 日本経営士協会は、戦後復興期に当時の通産省や産業界の勧奨を受け、日本公認会計士協会と母体を同じくする、日本で最初にできた経営コンサルタント団体です。


 詳しくは、サイトでご覧下さい。 



  経営コンサルタントへの道


 


 

  


Posted by 経営士 at 06:01Comments(0)【今日は何の日】