2018年06月12日

■【心 de 経営】53 有為の人となって組織戦略の思考を磨く ~ 人間力 2 ~

■【心 de 経営】53 有為の人となって組織戦略の思考を磨く ~ 人間力 2 ~

【筆者紹介】  日本経営士協会理事長 経営士   藤原 久子

 北海道札幌市出身、20年間の専業主婦を経て、会計事務所に約4年半勤務。その後平成元年7月に財務の記帳代行業務並びに経理事務員の人材派遣業の会社を設立し、代表取締役として現在に至る。従業員満足・顧客満足・地域貢献企業を目指し、企業の永続的発展を願う。
 平成22年には横浜型地域貢献企業の最上位を受賞、続いてグッドバランスの受賞により、新聞、雑誌の掲載をはじめ、ラジオやWebTV(日本の社長100・神奈川県社長t v)に出演したりして、各種メディアで紹介されている。






■ ご挨拶

 自社の経営に当たりまして、何かと忙しい経営者に安心して事業に専念してほしいとの想いと、そして忙しい経営者に、私たちからは「もっと心の通いあうサービス提供を」という原点を忘れてはならないと常に考えております。また、「顧客第一主義」と「企業は人なり」の精神を揺るぎないものとして持ち続けることも大切です。

 その信念に「学び」をプラスして更なる人間的魅力を形成してはじめて、従業員やお客様から信頼されるのです。そのためにも、まず自分自身を磨くことが大切です。

 人にはそれぞれ自分なりの生き方があります。経営者様をはじめ、これから経営者として歩み始めるみなさまや経営コンサルタント・士業の気づきや学ぶ機会になれば、これほどに嬉しいことはございません。



 持続可能な目標設定と行動計画は、企業が株主をはじめ顧客・従業員・地域社会等に於いて、ステークホルダーの価値観を理解し価値の最大化が求められる為、経営者の社会的責任つまり企業存続維持の責任があり、経済的責任が問われるものであります。

 企業とNPOのパーソナルシップに関心を寄せて価値共創経営を支えるのは、有効な取り組みといえます。


■ 有為の人となって組織戦略の思考を磨く ~ 人間力 2 ~

 歴史上の人物、吉田松陰のことばに『至誠にして動かざるものは未だ之れ有らざるなり』があります。

 誠の心を持って尽くせば、動かなかった人など今まで誰もいないという大変力強い言葉だと思います。


 歴史上の偉人と言われている人々の多くは、誠の心を尽くして、周りの多くの人々に大きな影響を与えていっているのです。

 常に自分自身を反省して誠の心を持つ事に意味が有り、何が善かをわからなければ誠の心を持つ事が出来ず、誠の心をもたなければ、人のこころを動かす事は出来ないという事になります。


「学ぶこと、自らを磨く事を願えば、いつでもどこでも学ぶ事が出来、自分を磨くことができますし、そこには何の理由もなく、立場や身分等は関係ない」という吉田松陰の一貫した姿勢に究極の生き方を感じます。

 私利私欲ではなく、仁や誠をもっていないと出来ない事だったと思います。


 有為の人とは、事がうまく運ばず周りの人の手を借りる事が続いて、「自分は役にたない人間ではないか」「自分がいる事で、他人に迷惑を掛けているのではないか」という思いに駆られることがあります。

 人間にとって一番かなしいのは、自分が無用の存在だと思いしらされることでしょう。


 しかし、人はみな一人で生きていくことは出来ませんし、一人で生きているわけでもありません。

 必ず、誰かに支えられ、誰かの支えとなって生きているのです。

 ですから時には至らぬところを周囲に補ってもらうことがあってもよいと思います。

 周りの人のために自分のできる精一杯の尽力をしてゆくことで、温もりのある人間関係も生まれてゆきます。


 さて、戦略思考の中で、自らが有為の人となって次第に成長してゆく事、目標に向かってひたすら論理思考を鍛えることが重要になって参ります。

 しかし、こんな思いとは裏腹に思いが届かず、報われずにおわることがあるかもしれませんが、有為の人として頼られる人に私はなりたい。

 反面、もうひとりの自分が自分を励ますことで、すべてを諦めずに生きてきました。

 今後の人生に希望の星が降ってきて日本経営士協会にも輝き照らしてくれます様にと祈念しております。

■ 【心 de 経営】ブログのバックナンバーを閲覧するには

 下記URLのいずれかををクリックしてください。



【経営コンサルタントの育成と資格付与】
 
since 1951 特定非営利活動法人・日本経営士協会
 
 日本経営士協会は、戦後復興期に当時の通産省や産業界の勧奨を受け、日本公認会計士協会と母体を同じくする、日本で最初にできた経営コンサルタント団体です。
 詳しくは、サイトでご覧下さい。 
    ↓ ↓  クリック

 日本最古の経営コンサルタント団体・日本経営士協会とは
 資格取得についてや入会の手続等
 コンサルタントへの依頼、講師捜しに関する情報
 コンサルタントとして成功するための各種情報
 経営や管理などに関する各種有益情報
 経営コンサルタントによるセミナー
 お問い合わせや入会・資格取得のお申し込み
 会員専用のID/パスワードが必要です


 
  


Posted by 経営士 at 12:01【心 de 経営】

2018年06月12日

◆【経営コンサルタントの独り言】 入梅と梅雨入りは異なります つぶやき改訂版 6月12日(火)

◆【経営コンサルタントの独り言】 入梅と梅雨入りは異なります つぶやき改訂版 6月12日(火)


   


 


  俺様の名は「ブロッグ
  経営士ブログに登場するドッグじゃ!!
 
  鶏の唐揚げも良いけど
  タルタルソースがたっぷりとかかった
  エビフライは、なんとも言えない!
  アレッ 
  俺様は、猫だっけ?


 



平素は、ご愛読をありがとうございます。


「つぶやき」の改訂版ができました。ここにお届けしますので併せてご覧下さると幸いです。


【今日は何の日】は発行済ですので、そちらもどうぞ


  https://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/9f02a8501c6a40ff6b8514c87b4b96c3


b51


【経営コンサルタントの独り言】

■ 入梅と梅雨入りは異なります


 6月11日は、「傘の日」でした。

 制定の由来は、6月11日が「入梅」だからです。

「入梅」というのは、暦の上の梅雨入りです。

 立春から計算してちょうどこの頃に梅雨入りすることが多いことから、入梅が設定されました。

 一方で、梅雨入りは、気圧の配置により前線が停滞するようになると気象庁が発表します。

 因みに、「入梅」は二十四節気には含まれていません。これとは別に「雑節」というのがあり、その一つです。


 


 











  


2018年06月12日

■【経営士ブログ 今日は何の日】 6月12日 アンネの日記の日 恋人の日 

【経営士ブログ 今日は何の日】 6月12日 アンネの日記の日 恋人の日 


 日本経営士協会は、特定非営利活動法人として内閣府による認証を受けた経営コンサルタント団体です。1951年に誕生し、経営コンサルタント育成と経営士・士補資格付与活動を1953年から積極的に行ってきている、日本で最初に設立され、約65年もの永きにわたりまして社会貢献をしてきています。
 このブログは、主に次のような方々を対象に、時宜に即した情報を毎日、原則として複数本のブログをお届けしています。経営というのは、根底に流れいるものは、下記のいずれにも共通し、視点を変えるだけでそれを応用することができるという信念を基に、あえて三兎を追っています。

  ◇ 経営者・管理職の皆様
  ◇ 経営コンサルタントを目指す人
  ◇ プロの経営コンサルタント

今日のブログ】←クリック

 毎日複数のブログをお届けしていますが、本日お届けした、すべての記事が掲載されています。


 一年365日、毎日が何かの日です。
 季節を表す日もあります。地方地方の伝統的な行事やお祭りなどもあります。誰かの誕生日かも知れません。歴史上の出来事もあります。セミナーや展示会もあります。
 これらをキーワードとして、私たちは自分の人生に、自分の仕事に、自分自身を磨くために何かを考えてみるのも良いのではないでしょうか。
 独断と偏見で、エッセー風に徒然のままに書いてみました。皆様のご参考にと毎日続けていこうと・・・というよりも、自分自身のために書いてゆきます。
 詳細 ←クリック

今日は何の日インデックス】  日付を指定して【今日は何の日】を閲覧できます

■ アンネの日記の日

 1942年6月12日は、ユダヤ人の少女アンネ・フランクが日記を書き始めた日です。

 世に言う「アンネの日記」です。

 ナチス・ドイツのユダヤ人迫害から逃れるために、アムステルダムの家を改造して密室を作って、家族とともに生活していました。

 私も訪れたことがありますが、想像していたよりは広かったですが、毎日、そのスペースにだけ暮らしていたとなると大変な苦労があったと想像できました。

 1944年8月1日、アンネ家族は、ついに発見されて、ポーランドのアウシュビッツに送られました。

 この日が、日記の最終日です。

 アンネは、翌年ドイツの収容所で病死したと伝えられています。

■ 恋人の日

 6月12日には、ブラジルのサンパウロ地方では、「恋人の日」です。

 縁結びの聖人であるアントニウスが歿した前日に当たります。この日には、恋人同士が、写真立てに写真を入れて交換する風習があります。

 日本では、全国額縁組合連合会が1988(昭和63)年から実施しています。今日のように携帯電話にカメラ機能が付いている日本では、赤外線やブルーツース通信機能で、写真のやりとりをするのでしょうか。写真の交換と比べると趣がありませんね。



【今日は何の日】その他

◇ 成田山開山忌

【 注 】

「今日は何の日」「今日の人」は、Wikipedia、富山いづみ氏のサイト、他を参照し、独自に記載したものです。従いまして、当サイト及びブログ等々に関しては、無断複製転載及び模倣を固くお断り申し上げます。


(ドアノブ)

■■ 経営コンサルタントへの道 ←クリック 経営コンサルタントを目指す人の60%が閲覧

【経営コンサルタント(志望者)へのお勧めブログ】
 ◇ 経営コンサルタントへの近道・資格取得
 ◇ コンサルタントバンク人材銀行
 ◇ 経営コンサルタントになろう
 ◇ 経営コンサルタントQ&A
 ◇ 独立起業支援



【経営コンサルタントの育成と資格付与】

 日本経営士協会は、ご存知かと思いますが、戦後復興期に当時の通産省や産業界の勧奨を受け、日本公認会計士協会と母体を同じくする、日本で最初にできた経営コンサルタント団体です。

 詳しくは、サイトでご覧下さい。 

  ↓↓ クリック

 日本最古の経営コンサルタント団体・日本経営士協会とは
 資格取得についてや入会の手続等
 コンサルタントへの依頼、講師捜しに関する情報
 コンサルタントとして成功するための各種情報
 経営や管理などに関する各種有益情報
 経営コンサルタントによるセミナー
 お問い合わせや入会・資格取得のお申し込み
 会員専用のID/パスワードが必要です
  


Posted by 経営士 at 06:01【今日は何の日】