2018年11月15日

◆【経営コンサルタントの独り言】 京都の街並みと着物姿

◆【経営コンサルタントの独り言】 京都の街並みと着物姿


 


 


  俺様の名は「ブロッグ
  経営士ブログに登場するドッグじゃ!!
 
  信じられない
  でも、犬の俺様には
  ちょっと食べづらい容器もある
 



平素は、ご愛読をありがとうございます。


毎日、たわいのない独り言を、【経営コンサルタントのひとり言】として、徒然に綴っています。


今日は何の日と併せてご覧下さると幸いです。



【経営コンサルタントのひとり言】




■ 京都の街並みと着物姿

 11月15日は、七五三でした。

 子供の頃、七五三で学校を休める子供がうらやましく思ったことを思い出しました。

 授業がつまらなく思えた訳ではないのですが、なぜかそのように思えたのです。


 関西の方はご存知ですが、京都嵐山の渡月橋から嵐山の西方、山腹に五重塔が見えます。

 法輪寺というお寺さんです。

 嵐山や嵯峨野に行かれた方が多い割には、その塔を見るものの訪れたことがあるひとは意外と少ないのです。

 ここは、七五三でも知られているお寺さんです。

 七五三といいますと、私などは神社にお詣りするものと思っていましたので、少々奇異に感ずるところがありますが、風習ですので、受け入れることにしています。


 土地により風俗習慣は異なりますが、日本古来からの伝統的な衣装である和服は、戦後は次第に着る機会は少なくなってしまいました。

 ところが、最近の京都では、着物姿の人をしばしば見かけます。

 着物を着て、お店などで買い物しますと割引をしてもらえたり、入場・拝観料でも特典があったりするそうです。

 貸衣装屋さんも繁盛ですね。


 西洋人が、着物姿の人と一緒に写真撮影をする光景を見ることもあります。

 ところが、その女性が、韓国や中国などからの観光客であることが多いのです。

 着物姿でありながら、マナーがなっていなくて、西洋人から見たら、日本人は何とマナーが悪いのだろうかと誤解するのではないかと心配になります。

 毎年京都を訪れますが、この一~二年、日本人の着物姿を見る機会が急速に多くなってきました。

 マナーの悪のは、海外からの人だけではなく、着物姿の日本人も同様のようになったしまっているような気がします。


(ドアノブ)


 



15■ 七五三 きものの日 七五三は、子供の頃の思い出として懐かしく思っている人も多いでしょう。子供さんのいらっしゃるご家庭では神社にお参りするとろこが多い、日本の伝統です。  七五三は、男の子は五歳、女の子は三歳と七歳で・・・・・<続き


 




【経営コンサルタントの育成と資格付与】


 


since 1951 特定非営利活動法人・日本経営士協会


 


 


 


 日本経営士協会は、戦後復興期に当時の通産省や産業界の勧奨を受け、日本公認会計士協会と母体を同じくする、日本で最初にできた経営コンサルタント団体です。


 


 詳しくは、サイトでご覧下さい。 


 


 


 


    ↓ ↓  クリック


 


 日本最古の経営コンサルタント団体・日本経営士協会とは 


 資格取得についてや入会の手続等 


 コンサルタントへの依頼、講師捜しに関する情報 


 コンサルタントとして成功するための各種情報 


 経営や管理などに関する各種有益情報 


 経営コンサルタントによるセミナー 


 お問い合わせや入会・資格取得のお申し込み 


 会員専用のID/パスワードが必要です




【経営コンサルタント(志望者)へのお勧めブログ】
 ◇ 経営コンサルタントへの近道・資格取得
 ◇ コンサルタントバンク人材銀行
 ◇ 経営コンサルタントになろう
 ◇ 経営コンサルタントQ&A
 ◇ 独立・起業/転職



【経営者・管理職の皆様へお勧めブログ】
 ◇ 心 de 経営
 ◇ 経営マガジン
 ◇ 経営コンサルタントの独り言
 ◇ 経営四字熟語
 ◇ 経営コンサルタントの使い方
 ◇ 経営コンサルタントからのメッセージ
 ◇ 経営トップ十五訓
 ◇ 杉浦日向子の江戸塾
 ◇ ニュース・時代の読み方
 ◇ 時代の読み方・総集編
 ◇ 経営コンサルタントの本棚
 ◇ 写真・旅行・趣味
 ◇ お節介焼き情報
 ◇ 知り得情報
 ◇ 健康・環境
 ◇ セミナー情報
 ◇ カシャリ!一人旅

  


2018年11月15日

■【成功企業・元気な会社・頑張っている社長】 自動予測発注システムの社内開発で生産性向上 8822

■【成功企業・元気な会社・頑張っている社長】 自動予測発注システムの社内開発で生産性向上 8822


【元気な企業紹介・成功企業の紹介】は、毎回拍手をいただいています。

 皆様から寄せられたり、私が支援したり見聞した企業で、元気な会社、成功している会社・お店等などを紹介します。貴社経営のご参考にして下さい。

 また、あなたのクライアント・顧問先やお知り合いの会社で、ここで紹介したい企業・団体等がありましたら、是非ご連絡ください。



■ 自動予測発注システムの社内開発で生産性向上 8822

 2002年に家電量販店で携帯電話を販売していた河元智行氏は、使っていた枕が自身に合わなかったことから、消費者の視点で世の中に出回っている多数の枕を紹介し、選び方を提案したホームページを自作した。このホームページは枕で悩む人が集う場となり、枕メーカーから商品掲載依頼やメディアの取材が来るまでに人気を博す。2003年に応募したインターネットプロバイダーのホームページコンテストで準グランプリを受賞して獲得した賞金20万円を元手に、店舗を持たずネットだけで販売する商品そのものを社名に冠した「まくら」(千葉県柏市)を28歳で創業したのが2004年のことだ。

 当時は実績がなく借り入れができずに在庫を持てなかった。枕を仕入れては売ることの繰り返しで業績が上向いてきたが、注文を受けてメーカーに発注する商品はだいたい決まっていたため、社員10人規模になった約10年前に経費を削減しようとプログラマーを雇って独自の自動予測発注システムを開発した。実売記録から売れ筋を割り出して注文が入る前に発注・入荷する仕組みで、注文の大半を翌日に宅配できる。自動予測の的中率は8割前後。2割は商品がテレビ番組で紹介された効果などで想定を大きく上回る注文に応じられないケースか、在庫を抱えないようにする工夫のどちらかだ。事実上、完璧に近い精度といえる。

 推奨する枕の選び方は「好みや感覚」と明快。「自分に合っているかどうかは寝慣れた布団で試して初めてわかる」ため、購入前に試したい枕3点を1000円で20日レンタルするサービスや20日間無条件返品制度を設けている。無料の贈答用包装も好評で、創業以来14期黒字経営を続けている。

 河元氏は、業務を効率化するツールやシステムを社内で開発し、この機械ができる作業は機械に任せ、人間にしかできない企画立案などを人間がすることで生産性を上げている。この社内リソースの適正配分により、アイデア創出に人材を充当できるようになったため、地域資源活用事業計画認定を受けた「らっかせいまくら」などの独自商品やOEM(委託者ブランド名製造)も実現している。まくらという社名を最強のSEO(検索エンジン最適化)対策に営業マンを置かず宣伝費もかけず、反響営業だけで「応じきれずに断る方が多い」数の共同企画案が舞い込んでいる。

 中国進出も果たしている。新卒採用した中国人スタッフの働きなどで同国の大手ネット通販サイトに出店。昨年の独身の日(11月11日)には6000万円を売り上げ、同日の「日本の寝具販売業の海外展開で一気に上位になれた」と振り返る。現在ネット通販に直接携わっているのは従業員27人中2人だけ。大多数は未来への投資と位置付ける業務に就き、快眠性の追求に必要として睡眠を数値化する技術を研究中。さらに同社は、AI(人工知能)を搭載した枕も構想している。 

  出典: e-中小企業ネットマガジン掲載承認規定に基づき作成

 



【経営コンサルタントの育成と資格付与】
since 1951 特定非営利活動法人・日本経営士協会
 
 日本経営士協会は、戦後復興期に当時の通産省や産業界の勧奨を受け、日本公認会計士協会と母体を同じくする、日本で最初にできた経営コンサルタント団体です。
 
 詳しくは、サイトでご覧下さい。 

 

 
    ↓ ↓  クリック
 日本最古の経営コンサルタント団体・日本経営士協会とは
 資格取得についてや入会の手続等
 コンサルタントへの依頼、講師捜しに関する情報
 コンサルタントとして成功するための各種情報
 経営や管理などに関する各種有益情報
 経営コンサルタントによるセミナー
 お問い合わせや入会・資格取得のお申し込み
 会員専用のID/パスワードが必要です
  


Posted by 経営士 at 12:01環境・健康

2018年11月15日

■【つぶやき一覧】このようなことをつぶやきました

■【つぶやき一覧】このようなことをつぶやきました



平素は、ご愛読をありがとうございます。


昨日は、以下をつぶやきました。


【今日は何の日】も、発行済ですので、そちらもどうぞ


  https://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/e9f572bab45290e8669e8fac30cf832e



 








  


Posted by 経営士 at 08:01ブログでつぶやき

2018年11月15日

■【経営士ブログ 今日は何の日】11月15日 七五三 きものの日 

【経営士ブログ 今日は何の日】11月15日   七五三    きものの日 



 一年365日、毎日が何かの日です。
 季節を表す日もあります。地方地方の伝統的な行事やお祭りなどもあります。誰かの誕生日かも知れません。歴史上の出来事もあります。セミナーや展示会もあります。
 これらをキーワードとして、私たちは自分の人生に、自分の仕事に、自分自身を磨くために何かを考えてみるのも良いのではないでしょうか。
 独断と偏見で、エッセー風に徒然のままに書いてみました。皆様のご参考にと毎日続けていこうと・・・というよりも、自分自身のために書いてゆきます。 詳細 ←クリック

今日は何の日インデックス
  
日付を指定して【今日は何の日】を閲覧できます

■ 七五三

 七五三は、子供の頃の思い出として懐かしく思っている人も多いでしょう。子供さんのいらっしゃるご家庭では神社にお参りするとろこが多い、日本の伝統です。

 七五三は、男の子は五歳、女の子は三歳と七歳で、その成長を祝って行う儀式です。神社などにお参りして心身共に健康に育つことを祈願します。長寿の縁起ものである「千歳飴」を持って記念写真を撮ったり、赤飯を炊いたりしてお祝いをします。

 しかし、近年は経済的に厳しかったり、東日本大震災の影響でお祝いをすることが厳しくなっているので、それを踏まえて華美なやり方はして欲しくないですね


■ きものの日

 11月15日は、全日本きもの振興会が、1966(昭和41)年の設立の時に制定した「きものの日」です。

 七五三の日に、家族できものを着て欲しいという考えで、この日が選ばれたのでしょう。

 振興会の役割について、同振興会のサイトでは、下記のように説明しています。

 “きもの”は、日本の四季に順応するように、先人が永年にわたり智恵と経験を積み重ね改良してきた衣服です。また、日本人らしい美しさや優雅さを最大限に表現する衣裳として世界に知られ、美術的な価値も非常に高く、先人のたゆまぬ努力によって磨きあげられた文化遺産です。 私たちは“きもの”を、次の世代へと継承して行くことこそ、現代に生きる我々に課せられた責務であると考えています。 また、きものに携わる人がきもの振興への使命や主体的に取り組む決意を、『きもの憲章』として制定し、業界の倫理規範を訴えています。

(ドアノブ)


趣味・旅行のブログ



【経営コンサルタントの育成と資格付与】

since 1951 特定非営利活動法人・日本経営士協会

日本経営士協会は、戦後復興期に当時の通産省や産業界の勧奨を受け、日本公認会計士協会と母体を同じくする、日本で最初にできた経営コンサルタント団体です。

 詳しくは、サイトでご覧下さい。 


    ↓ ↓  クリック


 日本最古の経営コンサルタント団体・日本経営士協会とは
 資格取得についてや入会の手続等
 コンサルタントへの依頼、講師捜しに関する情報
 コンサルタントとして成功するための各種情報
 経営や管理などに関する各種有益情報
 経営コンサルタントによるセミナー
 お問い合わせや入会・資格取得のお申し込み
 会員専用のID/パスワードが必要です


 

  


Posted by 経営士 at 06:01【今日は何の日】