2012年12月04日

【日刊経営マガジン】  中小企業円滑化法終了前に対策を

【日刊経営マガジン】  中小企業円滑化法終了前に対策を 今日の出来事、独善解説
icon30
 経営コンサルタント歴35年の経験から、

  ◇ 経営者・管理職の皆様
  ◇ 経営コンサルタントを目指す人
  ◇ プロの経営コンサルタント

の皆様に、時宜に即した情報を毎日お届けしています。

今 日 の 出 来 事

【今週の注目】ポイントを掴むと見えるものが異なってくる 漠然とものを見るのではなく、今何がポイントなのかを押さえてみると、それまで見えなかったものが「視える」ようになります。  今週の動きを、NHKニュース、日経サイト他を参照して、独断と偏見で項目を選んでみました。また、最新記事を時系列的に掲載している【独り言】コーナーも併せてご覧下さると一層ヒントを得られやすくなります。

12月3日(月)財務省:7~9月期の法人企業統計調査、10月税収実績、12月見込み財政資金対民間収支日銀:フィナンシャル・フォーラム(パリ・ユーロプラス主催)、中尾財務官・白川日銀総裁・ノワイエ仏中銀総裁・西村副総裁講演民間:10月鉄鋼輸出量、11月新車・軽自動車販売台数アメリカ:10月建設支出、11月製造業景況感指数・新車販売台数ユーロ圏:財務相会合4日(火)衆院選公示(投開票は16日)厚労省:10月勤労統計速報日銀:11月マネタリーベース、12月当座預金増減要因見込み民間:長谷川同友会代表幹事記者会見欧州連合(EU):財務相理事会(ブリュッセル)
今 日 の 独 善 解 説
【経営コンサルタントの独り言】   独断と偏見で、その日のニュースや話題などを、タイミング良く、できるだけ公平公正にお伝えしたいと思います。また、最後に私なりの私見も付けることがあります。読者の皆様からは「わかりやすい」をお褒めの言葉をいただいています。最新記事を時系列的に掲載しているまとめて【独り言】コーナーも併せてご覧下さると一層ヒントを得られやすくなります。
◆ 中小企業円滑化法終了前に対策を 2012/12/04 中小企業で金融機関等からの借り入れをしていない企業は少ないと思います。  これまで中小企業向けの融資について返済の猶予などを促してきました「中小企業金融円滑化法」が来年3月に期限が切れます。その前に対策を打っておかないと資金繰りに影響が出る企業も多いのではないでしょうか。  茨城県に本店があります常陽銀行では、投資会社と共同で20億円規模のファンドを設立しました。このファンドでは、中小企業金融円滑化法に基づいて銀行から返済の猶予を受けている経営不振の企業向けの融資を、元本より安く買い取ります。  そのうえで、企業の赤字部門を売却するなどリストラをして経営を立て直したあと、再び銀行などに融資を売却する仕組みです。  ただし、どの企業にも提供されるのではなく、10社程度ですので注意が必要です。  たとえ10社であれ、金融機関がこのような動きをすることは好ましいことです。  他に北海道の北洋銀行、岡山県の中国銀行、広島県の広島銀行なども設立する動きがあります。  借入金の返済に窮している企業では、早速取引銀行に問い合わせてみてはどうでしょうか。【今月の独善解説】 ←クリック ◇ 11月下旬の世界動向を時系列で見る ←クリック◇ 11月中旬の世界動向を時系列で見る ←クリック◇ 11月上旬の世界動向を時系列で見る ←クリック 10月下旬の世界動向を時系列で見る ←クリック 10月中旬の世界動向を時系列で見る ←クリック◇ 10月上旬の世界動向を時系列で見る ←クリック◇ 9月後半の世界動向を時系列で見る ←クリック



icon22
【今日のブログ】 ←クリック

 本日お届けした、その他の記事が掲載されています。

今日は何の日
今日の出来事
今日の独断解説
必見経営情報




※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。