2013年01月11日

■■【今日は何の日 経営ヒント】鏡開き さてお化粧を始めよう

■■【今日は何の日 経営ヒント】 鏡開き さてお化粧を始めようか・・・
icon30
 経営コンサルタント歴35年の経験から、

  ◇ 経営者・管理職の皆様
  ◇ 経営コンサルタントを目指す人
  ◇ プロの経営コンサルタント

の皆様に、時宜に即した情報を毎日お届けしています。

icon22
【今日のブログ】 ←クリック

 本日お届けした、その他の記事が掲載されています。

■【今日の写真】 冬の南紀白浜その名のごとく白浜は白砂でした。

今日は何の日      1月11日
■ 鏡開き 今日は鏡開きです。鏡割りとも言いますが、正月に神仏にお供えした鏡餅を雑煮や汁粉にして食べて一家の円満を願う慣習のことです。 もともとは武家社会での風習だったようで、それが江戸時代に一般化してきました。江戸の風習が鏡餅を小さくする作法にも現れてきます。 刃物で切ることは切腹を連想させるということから、手で割ったり、木鎚でたたいて、砕いたりします。また、「餅を切る」という言葉をさけて、「開く」という縁起を担いで「鏡開き」という言葉を使っています。 多くの地方で、1月11日に行いますが、京都では4日に行うと聞いています。 ところで、私は、中学生の頃、数学研究クラブに所属していましたが、例年お汁粉会というのがありました。いくつかのグループに分かれて、おのおのが汁粉を作ります。 先輩から、担当教師がスリッパを入れようとするので注意した方がよいと聞いていたところ、やはりそのようないたずらをしようとする現場を押さえました。 もちろん、それを実際にするわけではないのですが、お塩をひとつかみ入れられたグループがあり、とても食べられない状態でした。砂糖を追加したり、水を足したりしても、塩味の強さに驚かされました。 塩羊羹というものがあると同様、塩汁粉があってもおかしくないのですが、砂糖をたっぷり足したその汁粉は、深見のある味に私には思えました。けがの功名というものなのでしょうか。担当の先生はそれを知っての行いだったのかもしれません。 担当の先生は、厳しさで通っていましたが、私が卒業して数年で都立高校の数学教師に転身されました。それだけ、実力のあった先生だったのかと、卒業してから知りました。
■ 蔵開き 商売をする家で、新年初めて蔵を開き、商売繁盛を祈る日です。 必ずしも1月11日というわけではなく年初の吉日に、その年初めてクライアントを開く儀式でもあります。江戸時代に、大名が米蔵を開く儀式から始まったようです。 清酒メーカーの蔵開きには、一般の人がお酒を振る舞われたりするところもあるようです。但し、1月ではなく2月11日であったり、3月であったりするところが多いので、ご確認の上で参加してください。

■ その他◇ 初金比羅  ◇ 学校始業 ◇ 真言宗仁王会  


 

今日は何の日
今日の出来事
今日の独断解説
必見経営情報



同じカテゴリー(【今日は何の日】)の記事

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。