2013年02月14日

■■社長教室【経営コンサルタントの使いこなし術】1

■■社長教室【経営コンサルタントの使いこなし術】1 シリーズ開始に当たって

~ 経営コンサルタントを使いこなせない社長は引退せよ ~

 経営環境のグローバル化や技術革新の収束な発展で、経営者は従来の延長線上での経営ではやって行けない時代になりました。

 このような時には、スピーディな経営意思決定により、臨機応変な時代対応の経営ができなければなりません。

 新興国の急速の発展には、社内だけのでの人材では追いつかなくなってきています。世界中の先進国は、社外取締役を活用するのが当たり前な時代です。

 資格偏重の世の中では、残念ながら、頭でっかちの経営コンサルタントが多く、頭で経営をやろうと理論を振り回しています。

 経営者が、人を見抜く力があれば、経営コンサルタントの実力を見極めることができます。その結果、業績を上げることができ、「不況」という言葉を「富況」という文字に置き換えることができます。

 経営コンサルタント歴35年を超える経験から、経営者の真贋判別力を高める一助になればとこのシリーズをお送りします。経営コンサルタントや士業の先生方にも参考になると確信しています。

【社長教室】 木曜日午前中にお送りします

 第一木曜日 経営四字熟語・名言・金言・格言
 第二木曜日 経営コンサルタントの使いこなし術
 第三木曜日 電通鬼十訓、経営トップ15訓
 第四木曜日 元気な会社・成功企業の事例紹介
 第五木曜日 経営コンサルタントの使いこなし術


 ←クリック




同じカテゴリー(■経営特訓教室)の記事

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。