2013年01月27日

■■【日刊経営マガジン】 あなたの年金が減額される!!

■■【日刊経営マガジン】 あなたの年金が減額される!! 今日の出来事、独善解説
icon30
 経営コンサルタント歴35年の経験から、

  ◇ 経営者・管理職の皆様
  ◇ 経営コンサルタントを目指す人
  ◇ プロの経営コンサルタント

の皆様に、時宜に即した情報を毎日お届けしています。

icon22
【今日のブログ】 ←クリック

 本日お届けした、その他の記事が掲載されています。

今 日 の 独 善 解 説
【経営コンサルタントの独り言】   独断と偏見で、その日のニュースや話題などを、タイミング良く、できるだけ公平公正にお伝えしたいと思います。また、最後に私なりの私見も付けることがあります。読者の皆様からは「わかりやすい」をお褒めの言葉をいただいています。最新記事を時系列的に掲載しているまとめて【独り言】コーナーも併せてご覧下さると一層ヒントを得られやすくなります。
【今月の経営コンサルタントの独善解説】 ←クリック◇ 2013年 1月中旬の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック◇ 2013年 1月上旬の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック◇ 2012年12月下旬の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック◇ 2012年12月中旬の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック◇ 2012年12月上旬の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック◇ 2012年11月下旬の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック◇ 2012年11月中旬の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック◇ 2012年11月上旬の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック◇ 2012年10月下旬の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック◇ 2012年10月中旬の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック◇ 2012年10月上旬の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック◇ 2012年 9月後半の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック
◆ あなたの年金が減額される!! 2013/01/27 年金財源が年々減少していることはご存知のことでしょう。しかし、すでに支給されている年金が、減額されることをご存知でしたか? 現在支給されている年金額は、消費者物価指数により変動する特例措置があります。平成25(2013)年度の年金の支給額は、2012年の全国の消費者物価指数が2011年と変わらなかったことから、2013年9月までは2012年度と同額に据え置かれます。 換言すると2013年10月からは、基礎年金、厚生年金ともに月額で1%、引き下げられることになります。基礎年金が満額を受け取っている人の場合、666円、厚生年金が夫婦2人の標準的な世帯で、2349円引き下げられます。 一方、物価の動向で変動する国民年金の保険料は、ことし4月から月額60円引き上げられ、1万5040円になります。 老後の生活も、金額が十分ではない年金ですが、受け取れる金額が変動するのでは安心して生活できませんね。◆ 農業振興に若者活用を 2013/01/26 農業関係者を始めいくつかの業界ではTPPへの反対が強くあります。一方で、日本農業はいろいろな課題を抱えています。NHKの合瀬宏毅解説委員が、わかりやすい解説をしていました。 農村では高齢化が進んできており、後継者不足がますます深刻になっています。都道府県などが中心となり、農業をやりたい、若い人を募集する様々な説明会を開いています。 かつては農業をやっている人、家が農家だったからという人が多かったのですが、最近は若い人たちの中に、動物や自然が好きだから、あるいは農村に住みたいからという人たちが増えているそうです。 農業というとコメ作りをイメージしますが、畜産や野菜、花に至るまで様々です。しかも生鮮品として出荷するか、加工するのかで技術も全然違います。自分がどういう農業を選ぶか、これが重要です。農業を始めた人の体験を語るセミナーなどは、実際にやってみての苦労や課題などを知ることができます。 青年就農給付金という制度があります。農業を始めたい人が、農業法人などで研修を受ける場合、生活資金として2年間にわたって年間150万円の給付が受けられます。 さらに独立して農業を始めた場合も、最長5年間にわたって同じく150万円が支給されます。つまり7年間にわたって最高で1050万円が支給されることになります。 この制度は2012年に民主党政権が始め、大変好評で、安倍政権にも引き継がれます。 給付金ですから返還の必要もないのです。 ただし、原則として45歳以下、研修終了後1年以内に農業を始めることが義務づけられています。また就農後でも年間の所得が250万円を超えた場合にはそこで打ち切られてしまいます。 このような制度がまだまだ知られていません。若者の失業率が高い中、このような制度を活用して、日本農業の活性化を期待したいです。



 

今日のブログ
今日は何の日
今日の出来事
今日の独断解説
必見経営情報




※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。