2013年02月08日

■■【今日は何の日 経営ヒント】 針供養と裁縫箱

■■【今日は何の日 経営ヒント】 針供養と裁縫箱
icon30
 経営コンサルタント歴35年の経験から、

  ◇ 経営者・管理職の皆様
  ◇ 経営コンサルタントを目指す人
  ◇ プロの経営コンサルタント

の皆様に、時宜に即した情報を毎日お届けしています。

icon22
【今日のブログ】 ←クリック

 本日お届けした、その他の記事が掲載されています。

 一年365日、毎日が何かの日です。 季節を表す日もあります。地方地方の伝統的な行事やお祭りなどもあります。誰かの誕生日かも知れません。歴史上の出来事もあります。セミナーや展示会もあります。 これらをキーワードとして、私たちは自分の人生に、自分の仕事に、自分自身を磨くために何かを考えてみるのも良いのではないでしょうか。  独断と偏見で、エッセー風に徒然のままに書いてみました。皆様のご参考にと毎日続けていこうと・・・というよりも、自分自身のために書いてゆきます。 詳細 ←クリック
今日は何の日インデックス  日付を指定して【今日は何の日】を閲覧できます
 今月の【今日は何の日】  【今日は何の日】の今月分を月単位で閲覧できます

■【今日の写真】 花の女王「ラン」 国際ラン展より  ランは、英語でOrchidといいます。ランの美しさの一つに左右対称である形状が挙げられます。ランも無視を解して受粉するのですが、この左右対称形が受粉高効率良く行う一助となっています。生き残るための植物の知恵なのでしょうか。

     2月8日
■ 針供養 昔は、どの家庭でも裁縫箱が置かれていて、夜なべ仕事の一つが裁縫でした。 お世話になった折れた針を豆腐やこんにゃくに刺して供養し、裁縫の上達を願う行事です。【Wikipedia】 針供養

針供養(はりくよう)は、折れた縫い針供養し、近くの神社に収める行事。主に淡島神社粟島神社)または淡島神を祀る堂(淡島堂・粟島堂)がある寺院で行われる。2月8、または12月8に行われる。関東地方や東北地方の一部では両方という地域もあるが、ほとんどはどちらか一方の日に行われる。

■ 御事始め 昔、東国では、陰暦2月8日に、その年の農事の始めの行事として、豊穣を祈念しました。 江戸時代には、陰暦12月8日にすす払いなどをして、正月の準備を始めたこともさしますが、おれを「御事納め」ともいいます。 2月8日と12月8日の行事の総称として「事八日」ともいいます。

デジタル大辞泉

正月中心にして128日を御事始め、28日を御事納めとよぶところと、1年の農事を中心にして28日を御事始め、128日を御事納めとよぶところがある。

■ その他 ◇ 定義如来開山記念日


今日のブログ
今日は何の日
今日の出来事
今日の独断解説
必見経営情報



同じカテゴリー(【今日は何の日】)の記事

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。