2013年02月16日

■■【今日は何の日 経営ヒント】  天気図記念日

■■【今日は何の日 経営ヒント】  小惑星が地球に衝突!?
icon30
 経営コンサルタント歴35年の経験から、

  ◇ 経営者・管理職の皆様
  ◇ 経営コンサルタントを目指す人
  ◇ プロの経営コンサルタント

の皆様に、時宜に即した情報を毎日お届けしています。

icon22
【今日のブログ】 ←クリック

 本日お届けした、その他の記事が掲載されています。

 一年365日、毎日が何かの日です。 季節を表す日もあります。地方地方の伝統的な行事やお祭りなどもあります。誰かの誕生日かも知れません。歴史上の出来事もあります。セミナーや展示会もあります。 これらをキーワードとして、私たちは自分の人生に、自分の仕事に、自分自身を磨くために何かを考えてみるのも良いのではないでしょうか。  独断と偏見で、エッセー風に徒然のままに書いてみました。皆様のご参考にと毎日続けていこうと・・・というよりも、自分自身のために書いてゆきます。 詳細 ←クリック
今日は何の日インデックス  日付を指定して【今日は何の日】を閲覧できます
 今月の【今日は何の日】  【今日は何の日】の今月分を月単位で閲覧できます
【今日の写真】花の女王「ラン」 国際らん展より  
 ランは、英語でOrchidといいます。洋ランは、豊富に流通していますが、どの世界でも珍種を好む人は多いのです。新種を求めたり、野生種を求めたりという動向から、乱獲は世界的な問題です。 絶滅を回避するためにワシントン条約で規制されています。 
   2月16日

■ 小惑星が地球に衝突!? 

 ロシアで大きな隕石が空中爆発を起こして、多数の犠牲者が出た報じられました。

 「小惑星が地球に衝突するか?」という噂が飛び交ったのは、つい最近のことです。もちろん、その危険があれば「地球最後の日」など映画が現実のこととなるはずです。

 2月16日の早朝に、直径45メートルほどの小惑星が地球に大接近。気象衛星よりも近くを通過するというのですから、上記の噂も起こってもおかしくはないのです。

 NHKの科学文化部の番組で田辺幹夫記者が解説していました。

◇ 小惑星が衝突したときの影響

 この大接近する小惑星の名前は「2012DA14」です。

 去年、スペインの天文台によって発見され、直径およそ45メートル、重さは13万トンほどあるとみられています。

 NASA(アメリカ航空宇宙局)によりますと、この小惑星は、太陽の周りをほぼ1年間で1周しています。これまでに綿密な計算が行われた結果、地球と衝突する心配はないことが明らかになっています。

 NASAによりますと今回と同じぐらいのサイズの小惑星が、同様の距離まで地球に近づくことは、40年に1度ほどのペースで起きています。なんと、およそ1200年に1度は、地球に衝突しているというのです。

 仮に地球に衝突した場合、どれほどの被害が考えられるのでしょうか。

 国立天文台の渡部潤一副台長は、今から100年余り前の1908年、ロシアのシベリアで起きた「ツングースカの大爆発」というのがありました。このときは、今回とほぼ同じ大きさの小惑星が大気圏に突入し、上空で大爆発を起こしたと考えられています。その時は、半径20キロに渡って森林の木々がなぎ倒される被害が出ました。

 人がほとんど住んでいない場所で起きたため大惨事にはならなかったのです。これが東京のような人口密集地に衝突すれば大変なことです。これまでに見つかっている小惑星の中に、地球と衝突しそうなものはないそうです。

 最も近づく日本時間2月16日午前4時25分ごろの距離はおよそ2万7700キロといいます。気象衛星の高度3万5800キロですから、小惑星はこれよりも地球に近い場所を通りすぎることになります。

 それほど近くを通過するのに、地球への影響はないのかと心配になります。

 国際宇宙ステーションは、上空およそ400キロで、これよりはるかに遠い場所を通過するため、影響はないということです。

◇ 今回の小惑星の観測は可能か?

 それでは、今回のこの小惑星を私たちが日本で見ることはできるのでしょうか。

 最も輝くときでも明るさは7等星ほどのため、肉眼で見ることは難しいですが、双眼鏡や望遠鏡を使えば、見ることができます。

 日本では、16日の午前4時ごろから夜が明けるまでの間、南西から西の空に向けて1分間に月2つ分ほどのスピードで上っていく小惑星が見えるはずです。

 このスピード、夜空の星が動くのに比べるとずっと速いので、じっくり観測すれば、小さな光の点が星の間をゆっくりと動いていく様子が見えるということです。

 通過するときは、秒速7.8キロ、時速2万8000キロという猛スピードで地球に近づき、そして、離れていくそうです。

 ただし、地平線に近いところであり、小惑星が7等星と暗いので、条件はあまり良くありません。東京では春霞やPM2.5などで霞みがちで期待できそうもありません。

 11月には、別の彗星が通過します。こちらは、冬で水蒸気も少なく、今回より明るい彗星ですので、大いに期待できます。■ 天気図記念日

 1883(明治16)年2月16日に、ドイツ人の気象学者エリヴィン・クニッピングの指導で、日本初の天気図が作成されました。これを記念して「天気図記念日」が制定されました。 天気図は1日1回発行されることになり、8月23日からは新橋と横浜の駅頭にに掲示されました。

図 天気 ←クリック

Wikipedia

毎日、世界標準時0時と12時、加えてその間の3時間ごとに、世界中の地上気象観測地点数千箇所で、気象観測データをまとめて送信する。また、海上の船舶、上空の観測気球などからもデータが集められる。各地域の気象機関は、そのうち必要なデータを使用して天気図を作成し、現在の気象の解析や今後の気象の予報に利用する。

データの解析にコンピュータを使用することはあるが、天気図の作成には熟練した技術も必要であり、手書きに頼る部分もまだ残されている。

主要地点の気象観測データは、ファクシミリや無線などでも配信されており、気象関係者以外でも入手することができるため、天気図作成の知識があれば誰でも天気図を作成することができる。

■ その他◇ 日蓮聖人降誕会  ◇ 全国狩猟禁止 ◇ 方広寺火まつり

↑ Page Top

■ 日蓮聖人降誕会 日蓮宗の開祖であることは周く知られています。貞応元年2月16日に安房小湊にうまれ、12歳で出家しました。 各地を遊学し、法華経の神髄を把握して、日蓮宗を開きました。主張するところはきわめて強烈で、他の宗派を外激するほどです。当時の執権北条時頼の逆鱗に触れて佐渡に流罪となりました。 後に鎌倉に戻ってからも縛に受け入れてもらえず、身延山に隠棲しながら、子弟の教育に当たりました。 弘安5年、享年61歳、池上本門寺でなくなりました。【Wikipedia】 日蓮(にちれん) 貞応元年2月16日 - 弘安5年10月13日(1222年4月6日 - 1282年11月21日)は、鎌倉時代の仏教の僧。鎌倉仏教の宗旨のひとつ日蓮宗(法華宗)の宗祖。死後に皇室から日蓮大菩薩(後光厳天皇、1358年)と立正大師(大正天皇、1922年)の諡号を追贈された。


今日のブログ
今日は何の日
今日の出来事
今日の独断解説
必見経営情報



同じカテゴリー(【今日は何の日】)の記事

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。