2013年05月04日

■■【日刊経営マガジン】 あなたの厚生年金基金は安全か?

■■【日刊経営マガジン】 あなたの厚生年金基金は安全か? 今日の出来事、独善解説
icon30
 経営コンサルタント歴35年の経験から、

  ◇ 経営者・管理職の皆様
  ◇ 経営コンサルタントを目指す人
  ◇ プロの経営コンサルタント

の皆様に、時宜に即した情報を毎日お届けしています。

icon22
【今日のブログ】 ←クリック

 本日お届けした、その他の記事が掲載されています。

 
今 日 の 出 来 事 

【今週の注目】ポイントを掴むと見えるものが異なってくる 漠然とものを見るのではなく、今何がポイントなのかを押さえてみると、それまで見えなかったものが「視える」ようになります。  今週の動きを、NHKニュース、日経サイト他を参照して、独断と偏見で項目を選んでみました。また、最新記事を時系列的に掲載している【独り言】コーナーも併せてご覧下さると一層ヒントを得られやすくなります。

4月29日(月)昭和の日アメリカ:3月個人所得・個人消費支出、仮契約住宅販売指数30日(火)経産省:3月と12年度鉱工業生産指数・商業販売統計総務省:3月家計調査、3月と2012年度完全失業率財務省:4月為替介入実績厚労省:3月と12年度の有効求人倍率国交省:3月と12年度住宅着工戸数・建設工事受注民間:3月と12年度建設機械出荷額、自動車生産・輸出実績、斉藤日本取引所グループCEO記者会見(15:30)アメリカ:2月S&Pケース・シラー住宅価格指数、4月シカゴ購買部協会景気指数(PMI)・消費者信頼感指数ユーロ圏:3月失業率、4月消費者物価上昇率速報値ドイツ:4月失業率スペイン:1~3月期スペイン国内総生産5月1日(水)財務省:3月と12年度税収実績、5月見込み財政資金対民間収支厚労省:3月毎月勤労統計速報民間:4月新車・軽自動車販売台数アメリカ:連邦公開市場委員会結果発表、ADP全米雇用リポート、3月建設支出、4月新車販売台数・ISM製造業景況感指数中国:4月製造業購買担当者景気指数(PMI)2日(木)日銀:5月当座預金増減要因見込み、金融政策決定会合議事要旨、4月マネタリーベース民間:3月と12年度の鉄鋼輸出量アメリカ:1~3月期労働生産性指数、3月貿易収支ユーロ圏:欧州中央銀行(ECB)理事会結果発表・ドラギ総裁記者会見アジア:アジア開発銀行(ADB)年次総会3日(金)憲法記念日アメリカ」3月製造業受注、4月雇用統計・ISM非製造業景況感指数インド:準備銀行金融政策決定会合
今 日 の 独 善 解 説  
【経営コンサルタントの独り言】   独断と偏見で、その日のニュースや話題などを、タイミング良く、できるだけ公平公正にお伝えしたいと思います。また、最後に私なりの私見も付けることがあります。読者の皆様からは「わかりやすい」をお褒めの言葉をいただいています。最新記事を時系列的に掲載しているまとめて【独り言】コーナーも併せてご覧下さると一層ヒントを得られやすくなります。
◆ 厚生年金基金廃止で、老後が危ない 7/9 2013/05/04 まだ若いサラリーマンにとって、老後年金や年金基金で生活できるのかと心配されている方も多いのではないでしょうか。若い人だけではなく、年金受給者にも影響があるのです。 NHKのテレビ番組で、厚生年金基金について藤野優子解説委員が解説していましたので、エッセンスを紹介しておきます。 第1回 厚生年金基金とは 第2回 厚生年金基金廃止による影響 第3回 なぜ厚生年金基金が廃止されるのか 第4回 厚生年金基金破綻の損害を最小限度の押さえる 第5回 厚生年金基金はどうしても廃止しなければならないのか 第6回 厚生年金基金はすぐに廃止されるのか?◇7 あなたの厚生年金基金はどうか? 優良な厚生年金基金は存続が認められますが、あなたの会社はどうでしょうか? 優良な基金は、全体の10%程度あります。 では、存続が認められる10%の厚生年金基金は、今後も安心なのでしょうか。 そうありたいのですが、かならずしもそうとは言い切れません。 そのために、今後、運用状況が悪化すれば基金を廃止するという明確なルールが設けられます。 また、現状で財政が安定していても、将来、悪化するかもしれませんので、それを懸念して、自発的に厚生年金基金を廃止する企業も出て来るでしょう。別の企業年金にかえて、上乗せ分の年金額を減らしたりする可能性もあります。【今後の掲載予定】 第8回 あなたの厚生年金基金が存続できるかどうかを知る方法 最終回 政府は最善な善後策を早急に◆ 厚生年金基金廃止で、老後が危ない 6/9 2013/05/03 まだ若いサラリーマンにとって、老後年金や年金基金で生活できるのかと心配されている方も多いのではないでしょうか。若い人だけではなく、年金受給者にも影響があるのです。 NHKのテレビ番組で、厚生年金基金について藤野優子解説委員が解説していましたので、エッセンスを紹介しておきます。 第1回 厚生年金基金とは 第2回 厚生年金基金廃止による影響 第3回 なぜ厚生年金基金が廃止されるのか 第4回 厚生年金基金破綻の損害を最小限度の押さえる 第5回 厚生年金基金はどうしても廃止しなければならないのか◇6 厚生年金基金はすぐに廃止されるのか? これまで、怖い話ばかりをしてきましたが、厚生年金基金がすぐに廃止され、それがすぐに現実の問題となるのかということについて触れたいと思います。 すべての厚生年金基金において、大きな損失を出しているというわけではありません。 財政状況が悪化して、厚生年金にまで損失を出している企業や基金については、今後5年以内に廃止されます。 それ以外の比較的影響が少ない基金においても、財政が安定していないところは、順次廃止されるます。 ただし、中には、厚生年金から借りた資金の1.5倍以上の資金を持っている厚生年金基金もあります。このような優良基金は存続が認められます。
【今月の経営コンサルタントの独善解説】 ←クリック◇ 2013年 4月下旬の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック◇ 2013年 4月中旬の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック◇ 2013年 4月上旬の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック◇ 2013年 3月下旬の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック◇ 2013年 3月中旬の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック◇ 2013年 3月上旬の世界動向を時系列で見る 経営コンサルタントの独善解説 ←クリック
 今 日 は 何 の 日
 
季節の移ろいを見せる毎日ですが、毎日が変化の日です。今日は何なのかを起点に、経営の視点で物事を見て、徒然に自分の思いを記述した、エッセーとは異なる文章にまとめてみました
 今日は何の日インデックス日付を指定して【今日は何の日】を閲覧できます
5月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  
4月1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 



 

今日のブログ
今日は何の日
今日の出来事
今日の独断解説
必見経営情報




※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。