2013年07月10日

■■【経営コンサルタント資格を取ろう】モットーを持つ 7-4

■■【経営コンサルタント資格を取ろう】 モットーを持つ -4

 経営コンサルタント歴35年の経験から、経営コンサルタントとして独立起業するノウハウをご提供いたします。

 ◇ 経営コンサルタントの資格取得を目指す人
 ◇ 経営コンサルタントとして独立起業を目指す人
 ◇ 経営コンサルタントのプロがさらに一歩上を目指したい人
 ◇ 国家資格保有者が、コンサルティングで付加価値を高めたIHIと
 ◇ 経営コンサルタント業にご興味がある人

 毎週水曜日午前中に、皆様にお届けしています。引き続きのご愛読をよろしくお願いします。

経営コンサルタントを目指す人のブログ
 経営コンサルタントを目指す人の大半が「経営コンサルタント資格=中小企業診断士をとってから独立起業・開業」と考えているようです。 税理士の先生などの士業の先生方は「いまさら中小企業診断士の資格を取るのも・・・」と、自分のクライアントへのコンサルティングを諦めているようです。  プロ・コンサルタントへの秘密の道の扉を開いてみませんか?
ダイヤ緑 経営コンサルタントとしての成功のポイント
経営コンサルタントの中には著名な人もいる反面経営コンサルタントとしての収入が少なく他にアルバイト的に何かをしている人も結構います。では経営コンサルタントとして、成功するためのポイントというものがあるのでしょうか。成功している経営コンサルタントに共通することを列挙してみましょう。
モットーを持つ
 
 経営コンサルタントは、信念を持って力強く話をすることにより説得力が出てきます。他の経営コンサルタントと差異化(差別化) するためにも特徴的なことを言うことは効果的です。先にも書きましたが「当たり前のことが当たり前にできる企業づくり」というのが私の口癖の一つです。

 「継続は力」ということはよく言われます。しかし、継続するだけでは本当の力になるとは限りません。そこで「蓄積は力」と言い換えて、なぜそうなのかを繰り返しあちこちで説明します。するといつの間にか説得力も出てきて、聞く側も印象強くなります。

 「管理とは、仕事をしやすい条件・環境づくり」という考え方もしばしば言うことにしています。これにより管理職の役割、あるいは自分で仕事をするときの自己管理の考え方を相手に伝えることになります。「管理という言葉は嫌いだ」という一般的な考え方を逆手にとって管理についての自分の考え方を理解させると、経営者の多くは大変興味を持ってくれます。

 約10分 日本経営士協会の歴史   (特)日本経営士協会 公式サイト
◇ 中小企業診断士と経営士の違い  ←クリック


経営コンサルタント独立起業の必読書
 経営コンサルタントを目指す人の大半が、いろいろな疑問を抱えているのではないでしょうか。 これ一冊で、あなたの新しい道が拓けるでしょう。   定価 1,000円(税・送料込み) A5判 60ページ
詳細 お申し込み


経営コンサルタントへの道 ←クリック

経営コンサルタントを目指す人の
60%以上
が、覧るWebサイト






※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。