2013年06月19日

■■【カシャリ!一人旅】 長崎県・壱岐 一岐国博物館

■■【カシャリ!一人旅】 長崎県・壱岐 一岐国博物館
 
思い立ったらカシャリ! 皆様にご披露するというより、自分の記録

 

 

 カシャリ! 一人旅

 
 
 
 壱岐島(いきのしま)は、九州北方の玄界灘にある南北17km・東西14kmの島である。九州と対馬の中間に位置する。 周囲には21の属島(有人島4・無人島17)が存在し、まとめて壱岐諸島と呼ぶ。ただし、俗にこの属島をも含めて壱岐島と呼び、壱岐島を壱岐本島と呼ぶこともある。官公庁の定義では「壱岐島」と呼ぶ場合、周囲の属島は含めない。 現在は長崎県壱岐市の1市体制で、長崎県では島内に壱岐振興局(旧・壱岐支庁、壱岐地方局)を置いている。また、全域が壱岐対馬国定公園に指定されている。 (出典:【Wikipedia】)
 平成25(2013)年6月に、西鉄旅行社のバスハイクで一人旅をしてきました。 午前9時30分集合ですので、博多駅・福岡銀行前のバス停Eから、博多港第2ターミナルに向かいました。バスは、埠頭近くまで行くルートが、一時間に数本出ているし、埠頭近くまでならさらに本数が多くあります。地下鉄の駅からですと15分くらい歩くのでしょうか。 あいにくの雨模様でしたが、郷の浦港まで約2時間半の船旅は大きく揺れることもなく、まずまずでした。 壱岐島は、佐賀県の北にあるのですが、長崎県に属します。島民は、福岡との馴染みが深いそうです。                                         
一岐国博物館
 一支国博物館(いきこくはくぶつかん)は、壱岐島の代表的な見どころの一つです。 中国の歴史書『魏志倭人伝』に「一支国」という記述があります。入館すると、まず最初に魏志倭人伝の説明があります。そのエリアに足を踏み入れると、魏志倭人伝のキーワードが床に表示されます。 古代日本を物語る貴重な資料が島内から多数出土していますが、それらを一堂に展示しています。 ユニークな建物は、故黒川紀章氏のデザインで、周囲の山並みに沿って曲線を描く天然芝の屋根が印象的です。 展望室からは「原(はる)の辻遺跡」を望むことができます。                                                                                  一支国博物館パンフレット ←クリック                                                                                 
                                        
                                                                                 博物館から臨む「原(はる)の辻」                                         
                                         豊かな田園が広がっています。古代米の栽培をされています。                                                                                 「辻」とは、小高いところという意味で道の交わったところという意味ではありません。                                                                                 
                                          原(はる)の辻遺跡
                                         紀元前2~3世紀から紀元3~4世紀にかけての多重環濠集落です。芦辺町と石田町にまたがっています台地に、東西南北約1km四方に広がっています。                                                                                 平成7年、魏志倭人伝で、一支国の王都と特定されました。発掘調査途中で、吉野ヶ里遺跡のような展示物はありません。ムンクの絵を彷彿させるような「人面石」が最近話題になり、聞きお呼びの方も多いのではないでしょうか。                                                                                 
                                  
 名所旧跡 インデックス
 copyright N. Imai All rights reserved



同じカテゴリー(【カシャリ!ひとり旅】 九州・長崎県)の記事

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。