2013年07月24日

■■【経営コンサルタント道場】 自分の専門を持つ 7-5

■■【経営コンサルタント道場】 自分の専門を持つ 7-5

 経営コンサルタント歴35年の経験から、経営コンサルタントとして独立起業するノウハウをご提供いたします。

 ◇ 経営コンサルタントの資格取得を目指す人
 ◇ 経営コンサルタントとして独立起業を目指す人
 ◇ 経営コンサルタントのプロがさらに一歩上を目指したい人
 ◇ 国家資格保有者が、コンサルティングで付加価値を高めたIHIと
 ◇ 経営コンサルタント業にご興味がある人

 毎月第一水曜日午前中に、皆様にお届けしています。引き続きのご愛読をよろしくお願いします。

経営コンサルタントを目指す人のブログ
 経営コンサルタントを目指す人の大半が「経営コンサルタント資格=中小企業診断士をとってから独立起業・開業」と考えているようです。 税理士の先生などの士業の先生方は「いまさら中小企業診断士の資格を取るのも・・・」と、自分のクライアントへのコンサルティングを諦めているようです。  プロ・コンサルタントへの秘密の道の扉を開いてみませんか?

 

ダイヤ緑 経営コンサルタントとしての成功のポイント
経営コンサルタントの中には著名な人もいる反面経営コンサルタントとしての収入が少なく他にアルバイト的に何かをしている人も結構います。では経営コンサルタントとして、成功するためのポイントというものがあるのでしょうか。成功している経営コンサルタントに共通することを列挙してみましょう。
自分の専門を持つ


 私は経営コンサルタントになる前は商社マンでした。海外生活が長く海外に人脈があることと外国語に抵抗感がないことを武器に「グロマコン」という社名で経営コンサルタント業を始めました。グロマコンというのはGlobal Management Consultantから命名したのですが、企業の海外進出・輸出入業務などのお手伝いをしたのです。

 この分野から入り込んだ顧問先も次第に国内の営業強化をも望むようになり、営業部門強化を2番目の柱にしました。元々商社マンでしたし、外国で営業活動をしていたので、自分の経験と留学で学んだマーケティングをベースにアドバイスをすると、予想外に良い結果に結びつきました。

 闇雲に営業活動をするのではなく、マーケティングを武器に営業活動ができるように各種のデータの分析を並行してやるうちにパソコン時代の幕開けが来ました。はじめは分析要のプログラムを自分で作成して利用していましたが、そのうちに表計算ソフトという便利なツールが市販されるようになりました。

 これらを使っているうちに、いろいろなところで使いづらい面が気になり、ハードやソフトメーカーに意見を言ったり、雑誌などに意見を掲載しているうちに「パソコンに関する本を書いてみませんか」というお声がかかりました。パソコンの専門家でもないのに本を書くなんてとんでもないと考え、はじめはお断りをしました。「パソコンの素人だから良いのです」という編集長の一言で書く決心が付きました。

 今では、中小企業の経営情報化やその戦略利用などの仕事も大変多くなりました。何が幸いするかわかりませんが、パソコンという武器を持っていなければ本を出版するなどと言うチャンスは巡ってこなかったかもしれません。
 ◇ 中小企業診断士と経営士の違い◇ 日本経営士協会の歴史◇  (特)日本経営士協会 公式サイト 
経営コンサルタント独立起業の必読書
 経営コンサルタントを目指す人の大半が、いろいろな疑問を抱えているのではないでしょうか。 これ一冊で、あなたの新しい道が拓けるでしょう。   定価 1,000円(税・送料込み) A5判 60ページ
詳細 お申し込み

経営コンサルタントへの道 ←クリック

経営コンサルタントを目指す人の60%以上が、覧るWebサイト

 




同じカテゴリー(■経営コンサルタント道場)の記事

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。