2013年10月12日

■■【カシャリ!一人旅】 福岡県 宗像大社 手水舎と祓殿

■■【カシャリ!一人旅】 福岡県 宗像大社 手水舎と祓殿

  宗像大社 スナップ
http://www.munakata-taisha.or.jp/
 宗像大社(むなかたたいしゃ)は、福岡県宗像市にあります。式内社といわれる、社格の高い神社です。宗像大社の末社は、日本全国に7000もあるといわれ、宗像大社、厳島神社および宗像三女神を祀る神社の総本社です。すなわち全国の弁天様の総本宮ともいわれます。 宗像大社は沖ノ島の沖津宮(おきつぐう)、宗像市内沖にある筑前大島の中津宮(なかつぐう)、宗像市内にある辺津宮(へつぐう)の三社をさします。 伊勢の伊勢神宮に対して「裏伊勢」とも呼ばれています。 福岡県の北東部に位置し、上述の三社を線で結ぶと朝鮮半島に繋がります。このように中国大陸や朝鮮半島に近い位置にあり、海外との貿易が盛んで、その交流から海外の文化が入りやすかったのです。交通の要衝にあることから、海上・交通安全の神として信仰され、福岡では宗像大社のステッカーを貼ってある車をよく見ます。 日本最古の歴史書といわれる「日本書紀」には、「歴代天皇のまつりごとを助け、丁重な祭祀を受けられよ」との 神勅(天照大神のお言葉)があり、三女神がこの宗像の地に降りられたと記されています。
宗像大社 手水舎
  太鼓橋を渡って、本殿の方に歩いて行きますと、右手に祓社、左手に手水舎があります。
正面が神門右手に祓社左手に手水舎
祓社
手水舎
手水舎は、龍ではなく、大きな石を削った剛胆な物です。

 




同じカテゴリー(【カシャリ!ひとり旅】 九州・福岡県)の記事

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。