2013年12月12日

■■【今日の写真 カシャリ!一人旅】 京都 今熊野観音寺1

■■【今日の写真 カシャリ!一人旅】 京都 今熊野観音寺1





 旅・・・・・ 時間に追われる現実からの開放 
 
 スナップショットは、他の人の旅を疑似体験できます。 この写真を撮った人は、何を思って撮影したのだろうか?
 
 自分も行ってみたい・・・ 他の人に、そう思っていただける写真が撮れたら最高ですね。

 京都 

 今熊野観音寺

http://www.kannon.jp/

 今熊野観音寺は、泉涌寺への道すがらにあります、真言宗泉涌寺派の塔頭です。四季折々に自然の美さと幽寂なる空間を持つお寺として知られています。「頭の観音さん」として広く人々の信仰をあつめ、熊野権現示現の伝説の聖地です。

 東山三十六峰今熊野山のふところにいだかれて、後白河法皇より山号を賜り、「新那智山」といいます。

 ◆西国三十三ヶ所観音霊場の第十五番札所
 ◆ぼけ封じ・近畿十楽観音霊場の第一番札所
 ◆京都七福神のえびす神奉祀
 ◆洛陽三十三所観音霊場の第十九番札所
 ◆神仏霊場会の122番(京都42番)霊場

御本尊十一面観世音菩薩 (秘仏、弘法大師御作と伝えられる、身丈一尺八寸)
御真言「オンマカキャロニキャソワカ」 または「オンロケイジンバラキリク」
脇仏不動明王(智証大師円珍作と伝えられる) 毘沙門天(運慶作と伝えられる)
御詠歌「昔より立つとも知らぬ今熊野 仏の誓いあらたなりけり」 (花山法皇の御作と伝えられている) 聞く
紋章「今熊野浪」 立浪の紋章の中に環が描かれている

(以上 同寺Webサイトより作成)
今熊野観音寺は、泉涌寺への道すがらにあります、真言宗泉涌寺派の塔頭です。
中古三十六歌仙の一人、「枕草子」の作者、清少納言の父であります清原元輔の邸宅が現在の観音寺境内地付近に有ったといわれています。

泉涌寺参道から左に折れますと、観音寺に下ってゆきます。下りきったところに、赤い橋であります「鳥居橋」が目に飛び込んできます。下は、今熊野川で、観音寺と泉涌寺の間の谷を流れています。
鳥居橋をわたって境内に入り、一番最初に迎えて下さるのは「子護弘法大師」で、大切な子供達を護り育んで下さります。弘法大師が観音寺を開創されました。心身健康・学業成就・諸芸上達・交通安全などを祈願できます。

 毎日複数本発信 

今日のブログ
今日は何の日
今日の出来事
今日の独断解説
必見経営情報



同じカテゴリー(【カシャリ!ひとり旅】 京都)の記事

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。