2013年12月13日

■■【今日の写真 カシャリ!一人旅】 京都 今熊野観音寺2

■■【今日の写真 カシャリ!一人旅】 京都 今熊野観音寺2





 旅・・・・・ 時間に追われる現実からの開放 
 
 スナップショットは、他の人の旅を疑似体験できます。 この写真を撮った人は、何を思って撮影したのだろうか?
 
 自分も行ってみたい・・・ 他の人に、そう思っていただける写真が撮れたら最高ですね。

 京都 

 今熊野観音寺

http://www.kannon.jp/

 今熊野観音寺は、泉涌寺への道すがらにあります、真言宗泉涌寺派の塔頭です。四季折々に自然の美さと幽寂なる空間を持つお寺として知られています。「頭の観音さん」として広く人々の信仰をあつめ、熊野権現示現の伝説の聖地です。

 東山三十六峰今熊野山のふところにいだかれて、後白河法皇より山号を賜り、「新那智山」といいます。

 ◆西国三十三ヶ所観音霊場の第十五番札所
 ◆ぼけ封じ・近畿十楽観音霊場の第一番札所
 ◆京都七福神のえびす神奉祀
 ◆洛陽三十三所観音霊場の第十九番札所
 ◆神仏霊場会の122番(京都42番)霊場

御本尊十一面観世音菩薩 (秘仏、弘法大師御作と伝えられる、身丈一尺八寸)
御真言「オンマカキャロニキャソワカ」 または「オンロケイジンバラキリク」
脇仏不動明王(智証大師円珍作と伝えられる) 毘沙門天(運慶作と伝えられる)
御詠歌「昔より立つとも知らぬ今熊野 仏の誓いあらたなりけり」 (花山法皇の御作と伝えられている) 聞く
紋章「今熊野浪」 立浪の紋章の中に環が描かれている


(以上 同寺Webサイトより作成)

大師堂当山を開創したのが弘法大師です。大師をお祀りしているお堂です。不動明王、愛染明王も祀られています。また当山の伽藍を寄進建立された左大臣藤原緒嗣の像も安置されています。普段、ここでは護摩の修法が行われ、また修行僧の修行道場としても使用されます。
鐘楼梵鐘の鋳造は古かったのですが、太平洋戦争のときに供出されました。しかしそれが修理された日付が加えられて戦後戻って来ました。観音様のご加護をいわれています。毎年大晦日には、百八の除夜の鐘が突かれます。
本堂弘法大師が熊野権現とお出会いになられた、最も神聖なる場所といわれ、正徳2年(1712)に、宗恕祖元律師によって建立されました。本尊は、弘法大師御作と伝えられる十一面観世音菩薩(身丈・一尺八寸)です。本尊は秘仏で、御前立さまを拝観できます。脇仏は、智証大師円珍作と伝えられる不動明王と、運慶作と伝えられる毘沙門天です。
五智の井弘法大師が開山されたときに、錫杖をもって岩根を打つと水が湧き出たといいます五智水です。井戸水として湧き出しているのが、「五智の井」です。

 毎日複数本発信 

今日のブログ
今日は何の日
今日の出来事
今日の独断解説
必見経営情報



同じカテゴリー(【カシャリ!ひとり旅】 京都)の記事

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。