2014年02月05日

■■【カシャリ!一人旅】 京都・嵯峨野05 天竜寺曹源池

■■【カシャリ!一人旅】 京都・嵯峨野05 天竜寺曹源池

思い立ったらカシャリ! 皆様にご披露するというより、自分の記録としてご紹介しています。

嵯峨野(さがの)は、京都府京都市右京区にあります。西を太秦、北を桂川、東を小倉山、南を愛宕山に囲まれています。嵐山から小倉山にかけて、社寺が点在していることから、京都を代表する観光地の一つとして、観光客から親しまれています。  嵯峨野の歴史 ←クリック

 ここでは、2013年12月に回った時の写真を中心に紹介します。  渡月橋 ――5分 天龍寺 ――7分 大河内山荘 ――5分 常寂光寺 ――15分野宮神社 ――15分法輪寺

天竜寺 曹源池
 曹源池(そうげんち)約700年前の夢窓国師作庭で、当時の面影を今日までとどめている、わが国最初の史跡・特別名勝として指定されています。中央の曹源池を巡る池泉回遊式庭園で、大堰川を隔てた嵐山や庭園西に位置する亀山を取り込んだ借景式庭園のため、壮大さが加わっています。
曹源池 庭園全体像は寛政11年(1799)刊行の秋里離島による「都林泉名勝図会」に描かれた姿をよく残しています。
曹源池の名称は国師が池の泥をあげたとき池中から「曹源一滴」と記した石碑が現れたところから名付けられました。
大方丈裏から見た曹源池 方丈からみた曹源池中央正面には2枚の巨岩を立てた龍門の滝となっています。龍門の滝とは中国の登龍門の故事になぞらえたものです。鯉魚石を配するが、通常の鯉魚石が滝の下に置かれているのに対し、この石は滝の流れの横に置かれています。龍と化す途中の姿を現すという、大変珍しい姿をしていると言われています。
小方丈側から見た曹源池 周囲は曹源池庭園と呼ばれています。
小方丈側から左に大方丈を曹源池越しに見る

京都 2013年12月 嵯峨野




同じカテゴリー(【旅・写真・趣味】)の記事

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。