2014年01月12日

■■【カシャリ!一人旅】 京都・嵯峨野11 大河内山荘入り口

■■【カシャリ!一人旅】 京都・嵯峨野11 天竜寺 大河内山荘入り口

思い立ったらカシャリ! 皆様にご披露するというより、自分の記録としてご紹介しています。

嵯峨野(さがの)は、京都府京都市右京区にあります。西を太秦、北を桂川、東を小倉山、南を愛宕山に囲まれています。嵐山から小倉山にかけて、社寺が点在していることから、京都を代表する観光地の一つとして、観光客から親しまれています。  嵯峨野の歴史 ←クリック

 ここでは、2013年12月に回った時の写真を中心に紹介します。  渡月橋 ――5分 天龍寺 ――7分 大河内山荘 ――5分 常寂光寺 ――15分野宮神社 ――15分法輪寺

大河内山荘 入口
昭和初期の時代劇を中心とした映画俳優の大河内伝次郎(1898~1962)が造った日本庭園です。近年、国の文化財に指定されました。
↑ ←クリック入園料1000円はちょっと高額と思いましたがその美しさに、抹茶サービス付きとなりますとおつりが来るように思えます。
訪れる外国人も多く 入口付近は人が途切れません。
入口を入りますとすっくと立ち並ぶ杉に紅葉と銀杏の黄葉が映えていました。
門を入った正面の小高いところに大乗閣が姿を見せました。右に入ると茶席と庭があります。茶菓子は「大河内山荘」と刻印されたモナカで甘みが抑えられ、上品な味でした。なぜか、そこで撮ったはずの写真が 見当たりません。

京都 2013年12月 嵯峨野




同じカテゴリー(【旅・写真・趣味】)の記事

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。