2014年01月15日

■■【経営コンサルタント起業日記】1月3週賀詞交歓会フォロー

■■【経営コンサルタント竹根の起業日記1月3週 賀詞交歓会フォロー


 
 【小説・経営コンサルタント竹根の起業日記】は、10年のサラリーマン生活をしてきた竹根好助35歳の経営コンサルタントとしての独立起業日記です。
 これから経営コンサルタントとして独立起業しようと考えている人の参考となることを願い、経営コンサルタントとしての実践を経験的に語るつもりです。

 経営コンサルタント起業日記を読むポイント

 日記の主であります私(竹根)は、35歳の商社マンです。産業機械部第一課課長、2013年4月1日に経営コンサルタントという職業に関心を持ちました。
 最近、部長とぶつかることが多い竹根である。商社の限界を感じたり、経営コンサルティング業による社会貢献のすばらしさがわかってきたり、ついにはヘッドハンターからコンタクトがあったりと揺れ動く竹根。サラリーマンを辞めるのでしょうか、それとも、別な道があるのでしょうか。
 迷った挙げ句、部長に退職願を提出した。心機一転してコンサルティング・ファーム竹之下経営に入社したが、戸惑うばかりである。こんなことも体験・・・

【 注】 日記から週記へ
 2013年11月24日から、日記ではなく「週記」になりました。週のうちに数回新規記事をアップロードします。また、逐次部分改訂をしますので、引き続き毎日ご覧下さると幸いです。
 毎日20時30分頃発信しています。ただし、一部は翌朝の発行となることもあります。

【注】
 ここに記載されていることは実在の企業とは何ら関係ありません。

  【あらすじ】 【登場人物】 【作者紹介】 ←クリック

 2014年1月3週
■ 賀詞交歓会フォロー 0114

 賀詞交歓会に出席した人全員にはがきでお礼状を書いたが、名刺交換をした人や私と懇意にしてくれている人で、昨日電話できなかった人に再度御礼の電話をした。それでもいない会社の場合には手紙にした。
 帰宅は午前様であった。

■ クリティカルシンキングとは何か 0113

 「クリティカル・シンキングのポイントが解る本」を通勤電車の中で読むのが週間となった。ページ数もあまり多くなく、あまりかさばらないB5であり、図版が多いので、理解しやすい。思いついたことを書き込めるスペースも充分あるのが有り難い。
                               

 クリティカルとは、「批判的な」とか「鑑識眼のある」といった意味であることは知っている。クリティカルシンキングは、直訳すると「批判的な考え」ということは想像がつく。
                               

 英和辞書を見ると「厳しく批判する」という意味もある。経営コンサルタントに取っては、現状をそのまま受け入れて、肯定しては改善も改革もないので、まさに経営士・コンサルタントに不可欠なスキルと言える。
                               

 クリティカルという言葉は、クライシスという言葉から派生して、「危機」とか「危機的な重大局面」「批判する人」という意味であることからも、上述の経営コンサルタントに不可欠と言うことを認識できる。
                               

 語源的には、ギリシャ語の「決定」とか、「転機」といった意味から来ている。現状からの転機を作るためにも、クリティカル・シンキングは必要だと言うことがわかる。

 
一昨日の賀詞交歓会の出席者に電話で御礼を伝えた。好感した人、不満の人、まだ京都から戻っていない人、いろいろであった。
 はがきにお礼状を印刷し、それぞれに手書きでひと言を添えた。


 前号の【経営コンサルタント竹根の起業日記】 ←クリック
  【 注】 切り替えタイミングによって、前号掲載がないことがあります。


  ■■「経営コンサルタントへの道」  ←クリック



経営コンサルタントを目指す人の60%が訪問するページ




※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。