2014年03月03日

■■【経営コンサルタント起業日記】2月第5週総集編 辞める?

■■【経営コンサルタント竹根の起業日記】2月第5週 総集編 サラリーマンを辞める?


 
 【小説・経営コンサルタント竹根の起業日記】は、10年のサラリーマン生活をしてきた竹根好助35歳の経営コンサルタントとしての独立起業日記です。
 これから経営コンサルタントとして独立起業しようと考えている人の参考となることを願い、経営コンサルタントとしての実践を経験的に語るつもりです。

 経営コンサルタント起業日記を読むポイント
 日記の主であります私(竹根)は、35歳の商社マンで、産業機械部第一課課長、2013年4月1日に経営コンサルタントという職業に関心を持ちました。
 そのような中で直属上司とぶつかることが多い竹根は、商社の限界を感じたり、経営コンサルティング業による社会貢献のすばらしさがわかってきたり、ついにはヘッドハンターからコンタクトがあったりと揺れ動く竹根。サラリーマンを辞めるのか、それとも、別な道を歩むべきか、迷った挙げ句の決断は、日本を代表するコンサルティング・ファームである竹之下経営にお世話になることに決めた。
 商社マンを辞めて、経営コンサルタント業界に一歩足を踏み入れた竹根である。連日、今まで体験したことのない中で、日本経営士協会のチュータリングサービスで経営コンサルタントとしての自分を磨く毎日である。
 毎日20時30分頃発信しています。ただし、一部のブログでは翌朝の発行となることもあります。

【 注 】
 ここに記載されていることは実在の企業とは何ら関係ありません。

  【あらすじ】 【登場人物】 【作者紹介】 ←クリック


 21014年2月5週 サラリーマンを辞める

■ 計数管理能力 0223

 「竹之下経営など辞めてやる」と思ったものの、本当に辞めて大丈夫なのだろうか。サラリーマンをしていれば、毎月一定額の収入があるけど、経営士・コンサルタントとして独立起業したら、クライアントが見つかるまでは無収入である。
 そのような私の心中とは関係なく、チュータリングサービスサービスのタスクは寄せられてくる。


◇ 決算書などの計数管理能力

 起業をすると言うことは、経営者になることです。

 経営者の仕事の中で、地図作りに相当する経営理念構築や経営計画の立案などと共に、その地図のどの位置にいるのかを知ることは重要な役割です。「決算書」という経営者の通信簿として結果を見るだけではなく、期中の進捗状況を把握することも大切です。すなわち経営者に求められる能力の一つとして「計数管理能力」が挙げられるのです。

 貸借対照表、損益計算書、製造原価などを決算書といいます。これを自分で作れるくらいの知識は持っていてほしいと思います。近年は、パソコンソフトの質が向上し、簿記の知識がなくても決算書を作成することができる時代です。

■ 独立起業すべきか? 0224

 チュータリングサービスの仮題の文頭の「起業をすると言うことは、経営者になることです」という言葉がぐさりと来た。経営者の経験もなく、経営と言うことを、学問としては学んできたものの、それが実践に耐えるのかどうか、心配になる。
 そのような思いで出社すると、女子社員が来て、大はらだ副社長が呼んでいるとのことである。私をスカウトするために声をかけてくれた人である。
 「退職すると言っているそうだが、俺の顔はどうなる?それは良いとしてもだ、君の履歴書を汚すことになるんだよ」という言葉から始まった。「履歴書を汚す」という意味が、実感として湧かなかったが、まだまだ日本には「転職はマイナス」という感覚が強いことを教えられた。
 大原田副社長には、私が商社の限界を感じているときに、背を押して経営コンサルタントへの道を切り拓いてくれた人だけに恩義を感じている。自分には退職する大義名分があると思っていたのに、何の反論もできない。
 結局、「再考しなさい」と言われて辞した。

■ 自分の気持ちを再確認 0225

 竹之下経営でご恩のある大原田副社長のことを繰り返し思い出しながら、サラリーマンを続けるべきか、辞めるべきか、ハムレットの心境が繰り返された。
 I社の報告書を書き直したり、先輩の原稿を書いたりとしている間は、その苦悶からは開放された。
 「そうだ、せっかく体得中であるクリティカル・シンキングを使って、自己分析をして、再考してみよう」と思って夕食後、自室に閉じこもってクリティカル・シンキングに取り組んだ。結論は「私がやりたいことは、中小企業経営者・管理職と共に、経営革新をし、戦略的経営ができるように支援すること」なのだと、確信を持てた。

■ 退社の表明 0226

 幸い、大原副社長が在社していたので、自分の気持ちをキチンと説明した。副社長も、竹之下経営の弱点の一つはクライアントへの直接指導が少ないことであると認めた上で、竹之下経営でもクライアントをたくさん持つことができないほど、クライアント契約のニーズは高くないというアドバイスももらった。
 五月部長に退社届けを再度提出し、引き継ぎの準備に取りかかることにした。

■ 冷たい仕打ち 0227

 一か月後の退社となるので、三月いっぱいをどの様に過ごすかを考えた。これまでの代休や有給休暇を連続すると三月五日から月末まで休めることになるので、休暇願も出した。
 有休も認められず、今月いっぱいの勤務と言うことで、退社が認められた。何となく、さみしい気がする。

■ 寂しい退社 0228

 自分の担当の企業診断報告書業務は、すでに完了しており、飛翔会関連の業務も引き継ぎ書を長々と書くほどでもないので、とりわけ引き継ぎに多くの時間を割く必要はなかった。
 退職する前に、経営コンサルタントとして参考になる資料はないかと資料室を漁り始めた。持ち出し禁止の資料を持ち出すわけにはいかないが、そうでない資料で、どうしてもほしいと思う資料のコピーをもらえないかと五月部長の了解を取った。
 人のいい部長は、「あまり度の過ぎない程度に」とひと言加えて容認する姿勢で、それをありがたく思った。
 私の退社を知って、本鈴本部長や五月部長の秘書が揃って「何かお手伝いをしましょうか」と声をかけてくれた。私の手元にある資料を見て察したのか、何も言わずにコピー機のもとに向かって複写作業をしてくれた。
 それでも欲しい資料のコピーが終わる時間は二二時を回ってしまった。コピーをしてくれる間、数人の社員が挨拶に来てくれたが、返るときに大きな声で挨拶をしたが、誰も応えてくれなかった。


  ■■「経営コンサルタントへの道」  ←クリック



経営コンサルタントを目指す人の60%が訪問するページ




※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。