2014年04月06日

■■【経営コンサルタント竹根の起業日記】総集編 独立・起業

■■【経営コンサルタント竹根の起業日記】2014年4月第1週 総集編 独立・起業の心構え


 
 【小説・経営コンサルタント竹根の起業日記】は、10年のサラリーマン生活をしてきた竹根好助35歳の経営コンサルタントとしての独立起業日記です。
 これから経営コンサルタントとして独立起業しようと考えている人の参考となることを願い、経営コンサルタントとしての実践を経験的に語るつもりです。

 経営コンサルタント起業日記を読むポイント
 日記の主であります私(竹根)は、35歳の商社マンで、産業機械部第一課課長、2013年4月1日に経営コンサルタントという職業に関心を持ちました。
 そのような中で直属上司とぶつかることが多い竹根は、商社の限界を感じたり、経営コンサルティング業による社会貢献のすばらしさがわかってきたり、ついにはヘッドハンターからコンタクトがあったりと揺れ動く竹根。サラリーマンを辞めるのか、それとも、別な道を歩むべきか、迷った挙げ句の決断は、日本を代表するコンサルティング・ファームである竹之下経営にお世話になることに決めた。
 商社マンを辞めて、経営コンサルタント業界に一歩足を踏み入れた竹根である。連日、今まで体験したことのない中で、日本経営士協会のチュータリングサービスで経営コンサルタントとしての自分を磨く毎日である。
 毎日20時30分頃発信しています。ただし、一部のブログでは翌朝の発行となることもあります。

【 注 】
 ここに記載されていることは実在の企業とは何ら関係ありません。

  【あらすじ】 【登場人物】 【作者紹介】 ←クリック



 21014年4月1週 独立・起業の心構え
■ クリティカル・シンキングマスターの近道 14-4-1-1 休みの日は、自己啓発に力を注ぐことにしている。今日も先週に続き「クリティカル・シンキングのポイントが解る本」を紐解いた。1-7 クリティカルシンキングヘの近道 クリティカル・シンキングは、論理思考が不可欠であるコンサルタントやICT関連業務など、ビジネスパーソンはもちろんのこと、学生や家庭の主婦にも役に立つものです。 クリティカルシンキングは、ロジカルシンキングと大変似ています。その違いを理解した上で、各種ツールを使いこなせるようになれば、あとは実践あるのみです。 経営コンサルタントをはじめ「士業」の先生方は、問題課題を解決するという仕事が多いでしょう。コンサルタントの仕事は複雑多岐にわたるため、ロジカルシンキングだけでは不十分で、クリティカルシンキングは必須リテラシーです。■ 青色申告承認申請書の提出 14-4-1-2 日本経営士協会のチュータリングサービスで「所得税の青色申告承認申請書も自分で書こう」ということを学んだことがある。 独立・起業すると収入に対する税務処理は自分でやらなければならない。「確定申告」の経験は、会社勤務をする人には縁遠く、特別な場合を除いて経験したことがないであろう。通常の確定申告による納税手続きを「白色申告」と一般的に言い、それに対して青色申告という制度があるのだ。 「青色申告承認申請書」というのは、複式簿記など所定の方式により会計処理をする場合で、青色申告の承認を受けるときに行う手続きだ。提出は「個人事業の開廃業等届出書」と同じ税務署にする。青色申告ではなく、白色申告をする場合には届出をする必要はないのであるが、前者は税制面でのメリットがある。 青色申告書による申告をしようとする年の3月15日までに、最寄りの税務署まで持参するか郵便などで送付することになっている。事業開始等の日(非居住者の場合には事業を国内において開始した日)から2月以内に済ませなければならない。 すでに四月に入ってしまっているので、今年は白色申告になるが、青色申告の手続を一緒にすることにした。■ 業務遂行能力 14-4-1-3 チュータリングサービスで、開業に関する諸手続がテーマとして出された。今少し早ければ参考となったのであるが、すでに最低限度のことは終えた後である。逆に、自分で体験してきたことだけに、子牛や田の受講者が言うことがよく解ったし、皆同じような悩みを持っていることも理解できた。◆ 諸手続等ができる業務遂行のための実務能力 14-1306 すでにサラリーマンをしている人は、退職に当たって、あるいは退職直後の諸手続、独立起業に当たっての届出等について、何を、何処で、どのようにしたら良いのかわからないことが多いと思います。 退職をすると、それまではサラリーマンとして健康保険の諸手続関係を会社が代行してくれていました。ところが、退職したとたん、その恩恵は受けられなくなります。国民健康保険に切り替える手続をしないと、病気になっても保険が利きません。全額を現金で支払うことになると今まで医療費の何倍もの金額になってしまいます。 開業するにあたって・・・ <続き> ←クリック  http://www.glomaconj.com/keieisha/kigyo/kigyo.htm#1-3-3

  【 書籍紹介 】 ←クリック

■ 屋号を決める3 14-3-4-3

 これらを駆使して、自分のやりたいことを、最終的に一言集約してみた。「グローバルな企業経営を「戦略的」「統合的」「暖かい管理」を掲げて支援する経営コンサルタント」とまとめることができた。
 これを実現する経営コンサルタントになろうと考えて、それを英語で表現してみた。

  Globala Management Consultant

 何となく、自分の経営コンサルタントとしてのイメージが固まってきたように思えた。この文字をじっと見つめていると「グロマコン」という言葉が形となってきた。「これだ!!」と大声を上げてしまった。
 商号が決まった。銀行印も注文した。



  ■■「経営コンサルタントへの道」  ←クリック



経営コンサルタントを目指す人の60%が訪問するページ




同じカテゴリー(■経営コンサルタント道場)の記事

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。