2014年04月25日

■■【経営コンサルタントの独り言】 税金と富裕層

■■【経営コンサルタントの独り言】 税金と富裕層


 新年度です。当日本経営士協会は設立60周年を超えて、更なる飛躍に向けて新体制が動きだしました。本メルマガでも新体制を受けて、「経営15訓」と「経営士・コンサルタントを目指す人のQ&A」が新たにスタートしました。


 メルマガの5日号では日本経営士協会のトップ層が話題を提供します。又、15日号は経営士・コンサルタント向け、25日号は経営者向けの情報提供を行っています。


 益々複雑に絡み合う世界経済に対し、確かな、役に立つ情報の提供に取り組んでまいります。引き続き、ご支援の程、宜しくお願い致します。


 さて、4月からの消費税アップを睨み、今は駆け込み需要で経済が膨らんで、4月以降はその反動がありそうです。国民は国の財政健全化のためには消費税増税も止むを得ないと支持しましたが、そのお金が回りまわって大企業の過度な優遇に使われることまでは支持していません。国民に選ばれた政治家の主導による、国民の視点に立った税制改革を期待しています。


 一方、世界の最富裕層の85人の資産総額は、世界の下層人口の約半分(35億人)に相当する資産を保有している(石巻市生まれの作家の辺見庸さんの記事)。世界中で貧富の差が急速に拡大しています。もはや小手先の税制改革では間に合わない時期に来ています。

【筆者】 石原 和憲 先生
  新環境経営研究所所長
  日本経営士協会登録経営士、横浜経営支援センター センター長
 大手事務機器メーカーに永年勤務後、経営コンサルタントとして独立。
 「21世紀の環境経営を実現する技術コンサルティング ~地球環境に優しい21世紀のモノ作りを実現すべく、リスクマネージメントの視点で企業経営を支援する~」という理念の基にご活躍
  筆者詳細情報 クリック 

■■ メルマガ購読 ←クリック


 日本最初の経営コンサルタント団であります日本経営士協会は、戦後復興期に当時の通産省や産業界の干渉を受け、日本公認会計士協会と母体を同じくする、日本で最初にできた経営コンサルタント団体です。


■■ 経営コンサルタントの独り言 クリック

 経営コンサルタントの視点から、経営や人生のヒントになりそうなことやブログの中から選りすぐった文章を掲載しています。

それを実現するには、簡単に、短期間に出版できる方法があります。




同じカテゴリー(■経営特訓教室)の記事

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。