2014年04月11日

■■【経営士塾】 経営士塾についてひと言 4/10

■■【経営士塾】 プロ中のプロを自育・共育 経営士塾についてひと言 2014/04/10

 この記事は、日本経営士協会独自の「経営士塾」塾員のためのブログです。

  経営士塾
  http://www.glomaconj.com/seminar/shutokuhosho/shutokuhosho.htm

塾員の皆様、大半の方が「経営士塾」の受講は初めてで、「一体、何を学ぶことができるのだろうか?」と期待と不安の中でいらっしゃると思います。


経営士塾ブログの「経営士塾のつぶやき」カテゴリーでは、そのような皆さんの声をお聞かせいただくためのコーナーです。私の方で、時々、何かを投げかけますので、それに対して皆様の声を「コメント」機能を使って、当該するブログにコメントを書いてください。


今日は、【塾員のつぶやき】として、第一号となりますので「経営士塾についてひと言」を投稿してください。


経営士塾ブログは、日本経営士協会の知名度回復の一端を担って、毎日複数のブログを投稿しています。皆様のコメントやブログ閲覧が、このブログの中で話題となり、その他のSNSに反映されたりしますと、それが話題となり、日本経営士協会の知名度回復に繋がれば幸いと考えています。


このブログへのコメント投稿や他の記事を閲覧するだけではなく、Facebookやツイッター他でも話題にして下さると、経営士塾への関心が、日本経営士協会の知名度回復にまで発展すると思います。その結果、会員の皆様にメリットがあると思いますので、是非御協力下さい。





同じカテゴリー(経営士塾塾員のつぶやき)の記事

この記事へのコメント
「経営士塾についてひと言」
初めて経営者塾に参加させていただきました(というより入会が昨年夏ですが)。
創業したてのコンサルタントとして、スポットではなく月額顧問の顧客を開拓
する術を先輩諸氏から学び取れればと期待しています。
よろしくお願いいたします。
Posted by 古川忠彦 at 2014年04月13日 11:00
小鹿です。

経営士塾は学生の私がプロのコンサルタントの方々と一緒に参加できる貴重な機会です。
自分にはない視点や知識を学び、将来の糧にできたらと考えています。
よろしくお願いいたします。
Posted by 小鹿雅弘 at 2014年04月17日 15:58
「経営士塾について」我が想い

2014年5月より入塾させて頂きました小林一也であります。

日本経営士協会入会の当初より、大阪の山本先生、藤岡先生、西原先生に言上申し上げて参りました通り、それが例え「竜車に向かう蟷螂の斧」であったとしても、アクティブに協会活動に参画させて頂き、経営士、すなわち、Management Consultantとしての、できうる限りの技量、識見、人脈を構築して参りたいと希望致します。この日本経営士協会入会の想いが、そのまま、経営士塾入会の我が想いと言えます。

天命を知るべき年となるまで、中小企業に勤務、経営にも参画し、インドネシア、東ジャワ工場においては運営すること十数年清算手続まで携わって参りました。たったひとつだけ誇れることは、「総員退去!」を号令して後、最後の社員が退出したことを確認するまで、艦橋から離れなかったということだけであり、そのために、ずいぶんと授業料を払わせてもらうこととなったものであります。

何卒、宜しくお願い申し上げます。
Posted by 小林一也 at 2014年05月08日 21:44
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。