2014年05月08日

■■【経営士塾】プロ中のプロを自育・共育405-1 塾員紹介

■■【経営士塾】 プロ中のプロを自育・共育 405-1 塾員紹介

 この記事は、日本経営士協会独自の「経営士塾」塾員のためのブログです。

  経営士塾
  http://www.glomaconj.com/seminar/shutokuhosho/shutokuhosho.htm

 ブログタスク 405-1

経営士・コンサルタントとしての自分自身を、座右の銘のようにして、他の人に端的に説明するには、どのように表現したらよいですか?




同じカテゴリー(経営士塾タスク)の記事

この記事へのコメント
小平です。
「座右の銘」は「士魂商才」です。「士魂」とは武士の精神、「商才」とは商売の才能です。「和魂漢才」をもじってできた語と言われています。
幕末の福沢諭吉や渋沢栄一が唱えましたが、私は特に後者の渋沢栄一の『論語と算盤』の中で論じられている、道徳と経済に感銘し、その生き方に陶酔しています。
現代のコンプライアンス(道徳)と経済(経営)とのバランス感覚をもって資本主義社会の繁栄に貢献した人の名言だからです。
Posted by 小平一雄 at 2014年05月22日 15:34
タスク405-1(落合大造)-------------------------------------------

コンサルタントとしての私の座右の銘は
「裁くことよりも信念を持って行動し模範となる」ことです。

---------------------------------------------------------------------
Posted by 落合大造 at 2014年05月24日 19:29
稲葉 隆治 先生

経営士塾タスク405-1に回答いたします。

【タスク】
「経営士・コンサルタントとしての自分自身を、座右の銘のようにして、他の人に端的に説明するには、どのように表現したらよいですか?」

【回答】
経済学者エイベルが提唱した、事業ドメイン定義の三つの軸「顧客」「技術」「機能」で説明したいと思います。以下のようになります。
私は「中小製造業経営者」に対して「体系化したビジネスコンセプトツール」の活用で「持続的成長企業へ堅実な変革を支援」する経営コンサルタントです。

技術の部分が抽象的でわかりずらいようにも思いますが、
現時点での回答として提出いたします。
Posted by 経営士経営士 at 2014年05月26日 09:54
■ 戸板先生(管理者が代理アップ)

 経営理念
支援企業の問題・課題を解決することで、社長と従業員が”仕事が楽しい”を実現!
 支援理念
仮説(計画)・実行・検証・見直しの
PDCAサイクルが経営システムの根幹と考え
収益向上の仕組みを構築することを支援させて頂きます。
 支援モットー
”創造と挑戦”
 支援方針
経営コンサルタントの使命は
お客さまの悩み、問題・課題等をいっしょに考え
解決するための支援をすることです。
 専門分野
・事業計画書(知的資産経営)の策定
・営業マネジメント
・ISO品質マネジメントシステムの構築
Posted by 経営士経営士 at 2014年05月28日 07:17
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。