2014年05月26日

■■【経営士塾】405-2 メールタスク自分分析 小平先生

■■【経営士塾】 JKJ1402-405-2 メールタスク自分分析 小平先生

 この記事は、日本経営士協会独自の「経営士塾」塾員のためのブログです。

  経営士塾
  http://www.glomaconj.com/seminar/shutokuhosho/shutokuhosho.htm


■■■ ポジショニング戦略のフレームワークを使用して

テキスト ボックス: デザイン重視

 


円/楕円: 他人スキル円/楕円: 自分の新スキル円/楕円: 他人スキル円/楕円: 他人スキル角丸四角形: ニーズ変化の方向性円/楕円: 自分現行商品テキスト ボックス: 機能重視テキスト ボックス: 画
一
的
設
計
テキスト ボックス: カスタマイズ可能

 

 自分や他人の優位性を4象限のマップに位置付けることで、今後の競争優位なコンサル戦略を構築できます。

 自分のスキル戦略を構築します。つまり他人がまだ提供しておらず、今後のニーズ変化の方向性に合致する位置づけを発見し、スキル戦略を構築するのです。

 各自のスキルが属するマーケットを特徴づける特性を縦軸、別の特性を横軸とするマップを作成し、自分と他人の競合するスキルを位置付ける。今後これらのスキルがどのような市場ニーズをもつかを把握できます。




同じカテゴリー(経営士塾タスク)の記事

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。