2014年06月24日

■■【経営士塾】406-4 自分分析トータルチャートの改訂

■■【経営士塾】 プロ中のプロを自育・共育 406-4 自分分析トータルチャートの改訂

 この記事は、日本経営士協会独自の「経営士塾」塾員のためのブログです。

  経営士塾
  http://www.glomaconj.com/seminar/shutokuhosho/shutokuhosho.htm


 チャレンジメールタスク 406-4 自分分析トータルチャートの改訂

5月度の経営士塾で自分分析に挑戦しました。

人事労務にウェイトを置いたコンサルティングだけではなく、社員研修の一環としてもしばしば使われます。

そこで、経営士塾では、塾員が各自で自分分析をコンサルティングの一環に組み込むことを前提として、これを商品化するためには、どの様なことに留意したら良いでしょうか。

このテーマはブログタスクですので、このブログにコメント機能を用いて回答してください。




同じカテゴリー(経営士塾タスク)の記事

この記事へのコメント
現在私は全くのオリジナルではありませんが、商品化して実行しています。主にシニアを対象にした能力開発です。
それは「プラットフォーム能力」といいます。
A.自己想像力〈セルフ・コントロール〉
  1.事実を受け入れる力(①気持ち切り替え思考、②ポジディブ思考)
  2.価値を生み出す力(①本質探索志向、②自己俯瞰志向)
  3.環境に適応する力(①行動変容姿勢、②場の創出姿勢)
B.友人構築力〈ヒューマン・タッチ〉
  1.クローズド型構築力(①自然体、②他者受容・共感、③他者尊重)
  2.オープン型構築力(①交流機会創出、②瞬間的自己表現、③積極的関係構築)
C.独自の仕事力〈オペレーション・スキル〉
  1.自己完結力(①フットワーク、②現代情報リテラシー、③ビジネス・マナー、④段取り力)

以上を整理、理解した上で、シニアになった時の役割やシニア像を定めることになります。そこからこれからの行動計画を作成していくプログラムとしています。ほぼ1日の研修になります。
Posted by 小平一雄 at 2014年06月24日 13:37
我妻です。

●自分分析のスタイル(自分史分析)
1.過去を洗い出す
①. マトリックスを活用する
   年代×歩んできた道
②. 自分史チャートを活用する
   横軸は年代、縦軸は達成感、充実感、喜び、幸せなど
③. ロジックツリーを活用する

2.過去を分析する
『行動と思考』の共通パターンを見つける
自分の価値感を明確にする


●自分分析を商品化するためのポイント
1.存在を知ってもらう
○ 何なのか?
   ⇒ 『自分分析』とは自己理解なり

2.興味をもってもらう
○ 必要性は?
⇒自己理解になぜ『自分分析』が必要なのか

3. 欲しいを思ってもらう
○ 目的は?
⇒ 『自分分析』で何を知ればよいのか

4.買ってもいい理由を提供する
○注意点は?
⇒本当の自分を知るための『自分分析』とは

5.買えない理由をすべて潰す
○ 効果は?
⇒『自己分析』をどのように活用していくのか
Posted by 我妻隆吉 at 2014年06月28日 06:25
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。