2014年07月19日

■■【経営士塾】メールタスク407-4 経営資本対営業利益率

■■【経営士塾】 プロ中のプロを自育・共育 メールタスク 407-4 経営資本対営業利益率

 この記事は、日本経営士協会独自の「経営士塾」塾員のためのブログです。

  経営士塾
  http://www.glomaconj.com/seminar/shutokuhosho/shutokuhosho.htm

 メールタスク 407-4 経営資本対営業利益率

 経営士塾7月度に学びました、この指標について、その概要を説明してください。

 また、この指標を要素分解するとどの様な展開ができるでしょうか。類似していて結構ですので、できるだけたくさんの計算式をブレインストーミング的に書き出してください。

 因みに、「要素分解法」というのは、当協会で伝承されてきました当協会ならではの分析手法の一つと言えます。残念ながら、この手法を引き継いでいる会員が少なくなり、その立ち消えを懸念して、経営士塾におきまして「真のプロ経営士・コンサルタントの数値の見方」コーナーで採り上げています。

 その伝承にご興味のある会員さんは、是非経営士塾にご参加され、習得と独自性を持った発展にご活用ください。


 簡単に、経営士塾で用いました「経営資本対営業利益率」に関するパワーポイント画面の一部を紹介して起きます。一般的には「総資本対営業利益率」を用いることが多いと思いますが、塾長は、敬仰経営活動におけますコンサルティングの視点から、こちらの指標をしばしば利用します。

 いずれ、経営士塾では「総資本対営業利益率」についても要素分解法を利用した説明をいたします。



 経営資本対営業利益率というこの指標を、要素分解法を利用した展開数式を一例として紹介しておきます。


 この展開式を基に、各要素を分析することにより、きめ細かな分析が可能となり、財務関連の種々の士業の先生と、経営士・コンサルタントとの差異化(差別化)として示せ、また実力発揮をアッピールできることと確信しています。












同じカテゴリー(経営士塾タスク)の記事

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。