2014年08月06日

■■【経営士塾7月度課題】 407-4 経営資本対営業利益率

■【経営士塾7月度課題】メールタスク 407-4 経営資本対営業利益率


http://stat100.ameba.jp/blog/ucs/img/char/char2/131.gif この記事は、日本経営士協会独自の「経営士塾」塾員のためのブログです。


  経営士塾
  http://www.glomaconj.com/seminar/shutokuhosho/shutokuhosho.htm


 【課題】メールタスク 407-4 経営資本対営業利益率


 経営士塾7月度に学びました、この指標について、その概要を説明してください。


 また、この指標を要素分解するとどの様な展開ができるでしょうか。類似していて結構ですので、できるだけたくさんの計算式をブレインストーミング的に書き出してください。


【解】小平一雄 先生 2014729


経営資本対営業利益率の概要


経営資本対営業利益率=営業利益÷経営資本 <基本式>(1)


経営資本対営業利益率は、経営資本がどれだけの営業利益を生み出すことができるのか、という割合です。

  要するに、この数値が高い程、より少ない経営資本でより多くの営業利益を獲得できる、

ということになります。

(1) 式を要素分解すると

1. 経営資本対営業利益率=営業利益/経営資本
           経常利益+(営業外収益-営業外費用)/経営資本

2. =税引前利益+(特別利益-特別損失)+(営業外収益-営業外費用)/経営資本


3. =当期純利益+(法人税、住民税及び事業税、法人税調整額)+(特別利益-特別損失)
      +(営業外収益-営業外費用)/経営資本

4.=売上高営業利益率×経営資本回転率


5.=(営業利益/売上高)×(売上高/経営資本)


【解】 小林先生 2014/08/01



【解】 稲葉先生 2014/08/05


経営資本対営業利益率(%)


概要

会社が本来の経営活動に使用している資産(経営資本)から営業利益をどの程度上げているかを示した指標。本来の営業活動による収益性を示しており、高ければ高いほうが良いとされている。

要素分解

[営業利益]÷[経営資本] x 100

[売上高-売上原価-販管費]÷[経営資本] x 100

[営業利益]÷[総資産-建設仮勘定-投資等-繰延資産] x 100


 



 




 







同じカテゴリー(経営士塾タスク)の記事

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。