2014年08月16日

■■【経営15訓】附章 自分にとらわれると見えない

■■【経営トップ15訓】  第15訓 附章 「自分にとらわれると周りが見えない」


 グローバルな視点の経営者・管理職 


経営トップ15訓 ”当たり前”が実行できる



 経営コンサルタント歴25年を経過した時点で、(特)日本経営士協会の理事長を拝命することになりました。その際に、自分自身を戒める意味で「理事長十戒」を作り、それを日々座右におきながら仕事をしてきました。 私の経営に対する考え方の基本は「当たり前のことが当たり前にできる」「暖かい管理ができる」、その様な企業作りのお手伝いをしています。 理事長歴も長くなり、そろそろ後任の選定やその人への傾斜引き継ぎを考える時期といえましょう。この十戒に加筆をして、企業や組織のトップ・管理職の方々に向けて焼き直したものを「トップ15訓」としてまとめてみました。経営トップの皆さんだけではなく、私自身にも必要なことなので「社員」という言葉と共に「会員」という言葉も使っています。  まだまだ内容的には不充分ですが、今後もこれをベースに推敲・改訂を重ねて参りますが、その第一版として茲にご披露させていただきます。トップの方々や管理職で日夜ご奮闘されている方に、少しでもご参考になれば幸いです。



第 15 訓 附章

自分にとらわれると周りが見えない

■ 唯摩経から学ぶ

 三蔵法師の簡約で有名な大乗仏教の経典の一つであります、唯摩経(ゆいまきょう)には、「自分にとらわれると苦悩が生まれる」という言葉があります。

 事象を見たときに、「自分の都合」を起点としてそれを見ますと、自分との違いを見出し、それが苦悩に繋がるということでしょうか。自分自身の考え方に固執するために、相手がいいたいことを充分に咀嚼し、それを理解に繋げようという思考回路が閉ざされてしまうのでしょう。

 唯摩経には「自分にとらわれると、周りが見えない」という関連事項の記述もあります。本シリーズの中で「新幹線理論」について記述してありますが、それにも通ずる面があります。自分自身の殻に閉じこもってしまいますので、周囲の状況を客観的に見ることができないのです。あたかもサングラス(色眼鏡)をかけて周囲を見るがごとくとなり、サングラスの色に染まって見えてしまうのです。

 すなわち、自分だけの知識や経験、思考等がサングラスの色に相当し、その色でしか見られません。そのために自分の考え方やあり方が正しくて、間違えているのは周囲の方であって、なぜ自分の言うことがわかってもらえないのだろうかと益々内向きな思考に陥ってしまうのです。

■ 見る、視る、観る、看る 「観すると心が乱れない」

 唯摩経では、「観すると心が乱れない」、すなわち「観る」という言葉を「第三者の様な目で自分を見つめる」ことであるといっています。自分を客観視することにより、自分にとらわれることのない精神を養うことができると言っています。

 経営コンサルタントの世界では、「観察する」ことから、企業内では気がついていない潜在的な問題・課題を発見することができることが多々あります。このことは、唯摩経でいる「観る」に通じることで、唯摩経では客観的に自分を観るというように記述されていますが、われわれ経営コンサルタントでは、「客観的に事象を捉える」という意味で「観る」という言葉を使います。英語で言いますと「watch」という言葉に相当するのでしょう。

 私たちは、いろいろな物を平素から観ていますが、あまり意識を配しないで目に入ることが大半ではないでしょうか。すなわちこれには「見る」という文字を当てると良いと思います。英語で言いますと「see」となるのでしょうか。

 「視る」という文字もあります。「見る」よりは意識をし、「観る」ほど客観的ではないですが、それに近い見方をする言葉として私は捉えています。英語で言えば「look up」という言葉に近い様に思えます。

 それに対して、われわれ経営コンサルタントは「顧問先の経営をみる」という表現を使うことがあります。この場合には「診る」という字を充て、医師の「診察する」に近い見方をします。

 「患者をみる」という言葉も「みる」ですが、この場合には「看る」という言葉が適しているでしょう。

 同じミルでも、立場や状況により、用いる漢字が異なります。日本語の奥深さでしょうか。それを母国語としている私たちは、言葉の持つニュアンスということを大切にしたいですね。それが失われると日本語の奥深さと共に、日本人が先祖代々受け継いできましたきめ細かな感情も失ってしまう様に思えます。

 




同じカテゴリー(経営トップ15訓 Th1)の記事

この記事へのコメント
ものの見方や考え方が大事だと教わり、知っている
つもりになっていたが、理解していたことは僅かばかり、
いかに自分の視野が狭かったかと思っております。

コンサルタントとしての知識やスキルも重要ではあるが、
それ以上に身に付ける大事なものが今の自分には
不足しているなと、考えさせられました。
Posted by 我妻隆吉 at 2014年08月17日 06:57
かつて某航空会社は倒産以前には、次のように考えていました。
各本部のやるべき仕事は予算で決められた経費を使って着実に業務をこなすこととされ、その事を疑う人もいなかった。A氏がヒアリングをしていた時、
「これは社内の常識なんです」という言葉を何度もされた。本社と現場で働く従業員との交流もほとんどないことも、A氏は感じたそうです。
更に、某航空会社は倒産することはない、なぜなら「国が何とかしてくれる」
という信仰に近い考え方が、経営幹部の人たちに蔓延していた。某航空会社だけではなく、100程ある関連子会社でも同じような状態だったそうです。
しかも、関連子会社の経営はすべて親会社への依存で成り立っており、
誰も収益を改善しようとは考えていなかった。
以上のように、某航空会社の社員の能力は優秀であっても、考え方次第で、
人生でも仕事でも大きな結果を左右してしまうことになります。
つまり優秀な能力や熱意があっても、考え方が間違うと、一流企業すら、
倒産しかねません。
A氏のコンサルタントはこのように行ったそうです。
企業内では気づかない潜在的な問題・課題を発見を支援するのがコンサルタントだと感じます。そして客観的事象を捉えるのは「観る」であり、その処方箋は「診る」ことだと思います。
Posted by 小平一雄 at 2014年08月22日 16:18
10年以上も東ジャワに滞在しながら、今もってインドネシア語を初級クラスから抜けきらないのは、これまで、Directorとしてインドネシア語を使い、工場の中に所在することが多く、話し相手は、従業員やサプライヤーなどが多かったせいであることが明らかでした。

如何に可笑しなインドネシア語を話していても、相手が一生懸命に聞いてくれたわけです。その証左とも言えるのは、私が直接、警察や税関の役人などと話をしようとするのを、私の部下はいつも咎めていました。Directorインドネシア語を、フツーのインドネシア語に通訳する人間が必ず必要であると主張するのです。

恥ずかしいことであります。そのことが理解できるようになったのもかなり時間が経ってからのことでありました。

聴いて、そして、時には訊いてくれる人がたくさんいたのであります。聞くだけでは理解できない、あるいは誤解がより多くあり得るため、ネゴが利かないこともあったのであります。これで、十数年もやってこれたのは、奇跡であり、今は余所の会社の社員になってしまった、良き部下たちの心づくしがあったからと、心から感謝する次第です。もっと、早く気がつくべきであったのであります。

いろいろな意味で人に尽くすべき理由を、たくさん持っているように感じております。
Posted by 小林一也 at 2014年08月25日 18:38
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。