2014年08月16日

■■【経営士塾】408-OP1自分にとらわれすぎると見えない

■■【経営士塾】 JKJ1402-408-OP1 オプション・ブログタスク 自分にとらわれると周りが見えない


 この記事は、日本経営士協会独自の「経営士塾」塾員のためのブログです。

  経営士塾
  http://www.glomaconj.com/seminar/shutokuhosho/shutokuhosho.htm

 オプション・ブログタスクは、経営士塾のメインテーマからはずれたり、エクストラ・ワーク的な要素が大きかったりする場合に、希望者のみが回答するためのタスクです。

 ブログタスクの要領で、このブログのコメント機能を用いて回答して下さい。


■ オプション・ブログタスク 408-OP1  自分にとらわれると周りが見えない


下記URLの経営士塾ブログを読んで、感ずるところを記述して下さい。

  http://keieishi.dgblog.dreamgate.gr.jp/e113391.html





同じカテゴリー(経営士塾タスク)の記事

この記事へのコメント
「キク」と同じように、もしくはそれ以上に「ミル」にはたくさんの言葉がある事を初めて意識したように思います。日本人として意味の違いを意識し使い分けたいと思いました。
また経営コンサルタントとしては、自分自身はもちろん顧客企業をより客観的に観察する力を磨くべきであることを改めて認識しました。
Posted by 稲葉 隆治 at 2014年08月31日 12:32
『見る、視る、観る、診る』は階層の深さのようなもので、
物事を要素に分解して、関連性を図りながら体系化すること。
すなわち、『大所高所から見る』に通じるものがあると思います。

そのような見方が出来ると、俯瞰的に見ていると言えるのでは
ないかと、そのな感じがします。
Posted by 我妻隆吉 at 2014年09月01日 19:12
『見る、視る、観る、診る』は階層の深さのようなもので、
物事を要素に分解して、関連性を図りながら体系化すること。
すなわち、『大所高所から見る』に通じるものがあると思います。

そのような見方が出来ると、俯瞰的に見ていると言えるのでは
ないかと、そのな感じがします。
Posted by 我妻隆吉 at 2014年09月01日 19:15
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。