2014年11月30日

■■【カシャリ!一人旅】 福井県 永平寺7 仏殿

■■【カシャリ!一人旅】 福井県 永平寺7 仏殿

    

思い立ったらカシャリ!

へたの横好きで撮った写真をここにまとめておくことにより、必要なときに見やすいようにと考え、単なる思いつきで着手しました。

他人様に見ていただくというより、自分の作品を整理するためのページです。

 福井県 永平寺
http://zen-eiheiji.jp/
 関連資料
1244年(寛元2年)、道元禅師(1252年入滅)を開祖とした
曹洞宗の坐禅修行の道場です。

越前国の波多野義重(はたのよししげ)公の勧めにより、
領地である越前国志比庄に移り、
大佛寺を建立しました。

1244年(寛元2年)、道元禅師47歳のときに
「永平寺」と改められました。

道元禅師修行僧の指導とともに、
修行僧が守るべき規則となる清規(しんぎ)を定め、
現在も当時のままの修行生活が続けられています。

山門、仏殿、法堂(はっとう)、大庫裡(くり)、
僧堂、浴室、東司(とうす)の、
七つの堂が揃った七堂伽藍が立ち並んでいます。

仏   殿
七堂伽藍の中心的建物で、1902年(明治35年)に改築されました。屋根は中国宋時代様式の二重屋根に、床は石畳となっています。 建築美が際立つ伽藍と言われています。
須弥壇(しゅみだん)と呼ばれる壇の中央には、本尊の釈迦牟尼仏が祀られています。右に未来弥勒仏、左に過去阿弥陀仏が安置され、 過去・現在・未来の三世如来が祀られています。 
欄間には禅宗の逸話が図案化された十二枚の彫刻がはめこまれています。 ↓ 仏殿に登る石段     ↓ 仏殿前の石灯籠

   永平寺の写真は、以下のサイトでもご覧いただけます。

  永平寺 ←クリック

  http://www.glomaconj.com/butsuzou/meisho/fukui/fukui-eiheiji.htm
 




同じカテゴリー(【カシャリ!ひとり旅】 北陸)の記事

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。