2014年12月21日

■■【経営コンサルタントのトンボの目】生まれ変わったシンボル

■■【経営コンサルタントのトンボの目 生まれ変わった大阪・道頓堀のシンボル

  経営コンサルタント事務所
  B・M・S・21代表 山本 修 先生
  日本経営士協会 理事 関西支部長

 山本先生は、美容サロンを独立開業され、その経験を元にサロン経営者に「商品管理」「顧客管理」「計数管理」を提案し、サロン経営の生産性向上に成果を上げてこられました。近年は中小企業のコンサルタントとしてもご活躍中です。

 また「日本経営士協会 関西支部長」として活躍されておられます。

 筆者詳細情報 http://www.jmca.or.jp/meibo/pd/0060.htm




◆  生まれ変わった大阪・道頓堀のシンボル  ◆


      ~ 江崎グリコ電光掲示板 ~




 大阪道頓堀と言えば、「くいだおれ太郎」「かに道楽の蟹」「グリコ」の看板


は3大名物である。


 大阪の人なら一度は目にしたことがあると思われる、大阪道頓堀のシンボルと


して親しまれてきた江崎グリコの電光看板が、10月23日リニューアルした。


昭和10年に登場した初代から数えて6代目になるという。




 筆者は、60年前初めて大阪に来た時に、従兄弟が道頓堀に案内してくれて、


「戎橋」の上から見上げたのが初めてであった。何代目の看板であったのかは知


らないが、等身大のランナーの看板を見たときに、従兄弟が「これを見ないと大


阪に来たとは言えない」と自慢げに言ったことを今でも鮮明に覚えている。





■ 6代目の制作と5代目の引退




 6月26日、5代目の引退カウントダウン企画では、2大スターが共演した。


名物人形の「くいだおれ太郎」と「5代目」が記念撮影で話題を呼び、グリコの


看板リニューアルは、もはや大阪全体の関心事となった感がある。


 その後何度かリニューアルして代替わりしたことと思われるが、大きなニュー


スにはならず、自分の記憶には残っていない。




 新しい6代目は、日本の研究者3氏に決まった今年のノーベル物理学賞でも話


題となった発光ダイオード(LED)約14万個を使用し、ランナーをはじめ、


周りの景色も、変幻自在の映像が流せるのが特徴であると言う。




 6代目の制作は着々と進行し、ランナーを配した基本構図が完成すると、7月


24日には、広島市内で点灯試験が行われた。


 8月17日、5代目の引退の日である。午後10時に看板の全てのライトが消


え、通行人らは一様に声を上げて驚いていたと言う。看板の裏で手動で消灯した


グリコ広告部の鈴木さんは「緊張したが、多くの人達の別れを惜しむ声を聞いて


感動した」と言っていたという。





■ リニューアル工事と6代目のお披露目




 消灯直後からリニューアル工事に入ったが、8月25日には“代走”として女


優の綾瀬はるかさんをプリントした工事幕が登場し、観光客らを飽きさせない仕


掛けであった。


 その裏で5代目は解体されひっそりと取り外された。工事の足場は、工事幕と


看板のわずかな隙間に限られ、作業には細心の注意が求められる工事であったと


言われる。 




 6代目の取り付けは、9月下旬にスタートし、10月1日には、いよいよラン


ナーの顔の部分が設置された。台風の影響により、工事幕を外すハプニングもあ


ったが、10月23日ようやくお披露目。  


 代走を務めた綾瀬はるかさんらが点灯スイッチを押すと、色鮮やかな映像が流


れ、音楽に合わせてランナーが手拍子するなど、大阪の新しいシンボルが“ド派


手”なデビューを飾ったのである。




参考資料 産経新聞より



■■ 経営コンサルタントの独り言 クリック

 経営コンサルタントの視点から、経営や人生のヒントになりそうなことやブログの中から選りすぐった文章を掲載しています。

 それを実現するには、簡単に、短期間に出版できる方法があります。




同じカテゴリー(■経営特訓教室)の記事

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。