2015年02月02日

■■【経営マガジン】2月2日号 経営とコンサルティング

■■【経営マガジン】2月2日号 経営とコンサルティング



 【経営マガジン】
は、毎週月曜日に発行しています。その姉妹マガジンであります 【今日のマガジン】のをその他の日の午前中にあわせて発行しています。そこでは【今日の独り言】【今日は何の日】【今日の出来事】【映像に見る今日の話題】などを盛り込んでいますので併せてご覧下さると幸いです。

2月2日(月)


■【今日の出来事】

政府日銀:財政資金対民間収支・税収実績(財務省)
民間:新車・軽自動車販売台数、百貨店売上高
米国:個人所得、個人消費支出、ISM製造業景況感指標

【時事用語解説】

ISM:Institute for Supply Management
 製造業景況感指数のこと。全米供給管理協会が発表する企業の景況感を示す指数、米国の景気先行指標として注目される。(証券用語解説集)

■【今日のブログ】
 午前零時 【今日は何の日
 午前発信 【
小説・経営コンサルタント竹根の起業日記
 正午発信 【
経営マガジン
 夜間発信 【
トップ+コンサルタント情報

【映像に見る今日の話題】 映像 
国の決算書、赤字はどのくらい?

 財務省は、国の財政状況を分かりやすく示すため、一般会計と特別会計を合わせた財務内容を、民間企業の決算様式にならい、「国の財務書類」としてまとめています。
 平成25年度末の国の資産と負債の状況をまとめました。前年3月時点で負債が資産を上回る債務超過の額は過去最大の490兆円余りでした。この10年間で2倍に膨らんでいます。赤字国債を出さなければならないことがこのことからわかります。
 日本は、これで良いのでしょうか?

【今日は何の日】
 夫婦の日

 「ふ(2)ふ(2)」を「ふうふ」と読ませ、その語呂から、2月2日は「夫婦の日」です。

 ある統計によると、日本人夫婦の60%が仲が良い夫婦であると認識しているそうです。一方で、別の統計によると「来世でも同じ日とを伴侶にしたいか」という質問に対しては
・・・・・<続き


■【ウェブサイト更新】

■【経営コンサルタントへの道】

 【経営コンサルタントへの道】サイトは、経営コンサルタントになるひとの60%が閲覧しています。

今日のお勧めブログ
■ 海外ビジネス情報・経営情報・セミナー案内 SF 経営コンサルタントとして不規則な仕事環境では、毎日ブログを複数本書くことは結構きついです。一方で、ブログに結合が出ますと、それが嫌でたまらないという困った性格をしています。その繰り返しから、いつの間にか毎日ブログを書くことが習慣となってきました。 戦後復興期に当時の通産省や産業界の勧奨を受け、日本公認会計士協会と母体を同じくする、日本で最初にできた経営コンサルタント組織であります、経営士の先生向けの「経営士ブログ」です。ベテラン経営コンサルタントが書いているということで、系コンサルタントだけではなく、多くのビジネスパーソンにも読んでいただいています。 第二金曜日には「海外ビジネス情報」をお届けしています。 そのイントロ部分を以下に紹介しておきますので、記事と併せて読んで見てください。 経営者・管理職は、社内だけではなく、社外、それもグローバルな視点で、いろいろと見ていただきたいと考えています。そのために、経営に関する助成金や補助金、経営の参考となる各種の経営情報、セミナーや展示会にも足を運んで欲しいので、それら、思いついたときに、メモをとっておいて、皆様にお知らせしています。 とっておきの情報、経営コンサルタントが発する各種の情報も、毎月金曜日にお届けしています。毎日発行する【経営マガジンhttp://keieishi.dgblog.dreamgate.gr.jp/c2128.htmlにも掲載しています。 セミナー案内は、地域別に、時系列的に掲載し、直近のセミナーは、太字で見落としの内容に掲載しています。  海外ビジネス情報 ←クリック【経営者・管理職の皆様へお勧めブログ】 ◇ 心で経営 ◇ 経営マガジン・今日のマガジン ◇ 独立起業支援 ◇ 経営コンサルタントの使い方 ◇ 経営コンサルタントからのメッセージ ◇ 経営四字熟語・名言格言金言 ◇ 電通鬼十訓・経営15訓 ◇ ありし日の経営コンサルタント ◇ 時代の読み方 ◇ 経営情報・セミナー案内 ◇ 歴史に学ぶ経営 ◇ 経営コンサルタントの本棚 ◇ 旅・写真・趣味 ◇ ブログ案内 ◇ 税金Q&A ◇ IT・パソコン利用ノウハウ ◇ 環境を考えよう【経営コンサルタント(志望者)へのお勧めブログ】 ◇ 経営コンサルタントへの近道・資格取得 ◇ 経営コンサルタントになろう ◇ 経営コンサルタントQ&A ◇ 新米経営コンサルタント竹根の起業日記 ◇ ありし日の経営コンサルタント ◇ 経営士塾タスク ◇ 独立起業支援 ◇ 経営コンサルタントのためのIT講座 ◇ 歴史に学ぶ経営 ◇ 心で経営 ◇ 電通鬼十訓・経営15訓 ◇ 経営コンサルタントの本棚 ◇ 時代の読み方 ◇ ブログ案内 ◇ 経営情報・セミナー案内【趣味・旅行のブログ】 ◇ カシャリ!一人旅・写真・趣味

 

今週の独善解説・経営コンサルタントの独り言
【経営コンサルタントの独り言】   独断と偏見で、その日のNHK、日経などのニュースや話題などを、タイミング良く、できるだけ公平公正にお伝えしたいと思います。また、最後に私なりの私見も付けることがあります。読者の皆様からは「わかりやすい」をお褒めの言葉をいただいています。最新記事を時系列的に掲載しているまとめて【独り言】コーナーも併せてご覧下さると一層ヒントを得られやすくなります。(毎週火・木改訂)
■ 人間の寿命はどこまで延びるか? 2015/01/27 NHKにネクストワールドという番組が日曜日に放映されています。その第2回は「人間の寿命」というテーマでした。 なんと、人間の寿命は、現在は一日5時間ずつ延びているというのです。科学技術の革新がもたらす産物の一つです。このまま行きますと、30年後には、人間の平均寿命は100歳を超えるそうです。 NMNという7種の眠っている遺伝子を活性化するだけで、加齢速度を抑えることがすでにマウスの実験で実証されています。それを日本の食品会社がすでに量産化を始めています。頭脳の視床下部から老化を指令する物質が出るそうですが、それを抑えることにより、寿命を延ばすことができるようです。 病気を事前に察知して、警告を発してくれるようになるために、病気をしなくなるようです。再生医療分野に3Dプリンターを取り込むことで、臓器の再生技術は期待される草です。高難度の手術もミスなく行う手術ロボットも登場します。 また、「ナノマシン」という抗がん剤(マシンといっても機械ではなく薬)は、人間の体内を動き回り、がん細胞を見つけると抗がん剤を発射して、がん細胞をやっつけてくれるのだそうです。今日の抗がん剤は、がん細胞だけではなく、人間の健康細胞も攻撃してしまいますが、それがないのです。 寿命が延びるということは、素晴らしいことですが、一方で、生きることに楽しみを感じない人間にとっては苦痛でしかないのではないでしょうか。

 

経 営 情 報
  最新情報(毎日改訂) ←クリック◆《認定支援機関》認定支援機関向け海外展開支援研修の申込みを開始しました(独)中小企業基盤整備機構では、認定支援機関を対象に、海外展開支援のスキル向上を目的とした研修を実施します。詳しくは、以下のサイトをご覧ください。http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/kokusai/2014/140820kensyuu.html◆《補助金》津波・原子力災害被災地域雇用創出企業立地補助金(商業施設等復興整備補助事業:民設商業施設整備型)の二次公募を開始しています本補助金は、原子力災害被災地域及び津波浸水地域(岩手県、宮城県、福島県)において、住民生活を支える商業機能の回復を図ることにより、住民の早期帰還と復興の加速を図る観点から、津波・原子力災害被災地域雇用創出企業立地補助金を拡充し、まちづくり会社等による商業施設の整備を支援するものです。[公募期間]平成26年10月10日(金)~平成27年3月31日(火)詳細については、以下のページをご覧ください。http://www.chusho.meti.go.jp/shogyo/shogyo/2014/141010saigai.htm◆《転嫁対策》更なる原材料・エネルギーコストの価格転嫁対策を実施します経済産業省では昨年10月3日、円安などを背景とした原材料・エネルギーコスト増加分の転嫁対策パッケージを公表・実施しております。円安の進展等を踏まえ、今般、更なる転嫁対策を講じることとしました。詳しくは、以下のサイトをご覧ください。http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/torihiki/2015/150123Shitauke.htm◆《金融支援》中小企業・小規模事業者への資金繰り支援・事業再生支援を強化します中小企業庁は、この度、閣議決定された「地方への好循環拡大に向けた緊急経済対策」(平成26年12月27日)及び「平成26年度補正予算案」(平成27年1月9日)を踏まえ、事業規模9兆円の金融支援により、中小企業・小規模事業者に対する資金繰り支援や事業再生支援に万全を期してまいります。詳しくは、以下のサイトをご覧ください。http://www.meti.go.jp/press/2014/01/20150109006/20150109006.html◆《認定情報》下請中小企業振興法に基づく認定申請を受け付けています中小企業庁では、下請中小企業者等が、連携して行う取引先の開拓を図る取組を対象とする「特定下請連携事業計画」の認定申請の受付を行っています。法認定を受けると、各種支援措置の対象となります。詳しくは、以下のサイトをご覧下さい。http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/torihiki/2013/131226shitauke.htm◆《相談窓口》下請かけこみ寺をご活用ください ~原材料・エネルギーコスト増に関する相談窓口を新設~中小企業庁では、中小企業・小規模事業者の取引上の悩み相談を広く受け付けている「下請かけこみ寺」(全国48か所)において、新たに、原材料・エネルギーコスト増に関する相談窓口を新設するとともに、専門の相談員を配置しました。また、消費税の転嫁拒否等の相談をお受けする専門フリーダイヤルを設置していますので、お気軽にご相談ください。[下請かけこみ寺フリーダイヤル]    0120-418-618[消費税転嫁対策専用フリーダイヤル]  0120-300-217詳しくは、以下のサイトをご覧ください。http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/torihiki/2012/0510FreeDial.htm また、メールやWebフォームでのご相談も受け付けております。詳しくは、以下のサイトをご覧ください。http://www.zenkyo.or.jp/kakekomi/◆《補助金》平成26年度補正予算「地域ネットワーク活用海外展開支援事業」の公募を開始します本事業は、中小企業等のグループが、地域の支援ネットワークによる支援を受けつつ、各地域の資源や産業等の特色を活かしながら海外展開を目指す事業を支援することにより、中小企業の国際競争力を強化するとともに、全国津々浦々の地域や中小企業・小規模事業者の活性化を図り、もって国民経済の健全な発展に資することを目的としています。詳しくは、以下のサイトをご覧ください。http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/kokusai/2015/150126kokusai.html

 ■■ 経営コンサルタントへの道 ←クリック

 経営コンサルタントを目指す人の60%が閲覧





上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。